間取りの悩み解決!ブログで公開されている間取りから学ぶ!

家を新たに建てる際に、頭を悩ませることの一つが「間取り」でしょう。

その家でこれから生活していくことを考えると、間取りをどう決めるかはとても重要です。

しかし、どのような間取りが果たして自分たち家族に合っているのかわからないものですよね。

そこで、ブログで公開されている間取りを参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築完成!素敵なお部屋を作り上げる手順と必要なものリスト

夢の新築マイホームが完成し、新たな土地で始まる新生活を思い描くと心が躍りますよね。しかし、新生...

隣人トラブルにならないために!新築一戸建てで心得たいこと

夢のマイホームを手に入れて、これから素敵な生活をスタートできるという時、誰もが心躍る気持ちでいっ...

鉄骨造は熱に弱い?!耐火建築物にするための仕様とは

火災は恐ろしい災害のひとつです。人が多く集まるような大規模な建築物で火災が起こると、被害...

マイホームで後悔しやすいこととは?ブログを書いて情報交換

夢のマイフォームを建てるとなると、心が躍りますよね。しかし、後で「こうすればよかった」などと...

自分で直せる!玄関のドアノブが緩みはじめた時の対処法!

玄関ドアを開閉するためのドアノブは、使用年数とともに劣化してきます。ドアノブがグラグラと緩み...

内装職として独立するには?独立の方法や年収についてご紹介

私たちはアパートや寮、戸建住宅等何かしらの建物に住んでいます。住んでいる部屋を見ると壁には壁紙...

ルーバー窓ハンドルが固まる!?開閉のためにはこまめに掃除

ハンドルで開閉することができる窓をルーバー窓と呼びますが、どのように取り扱えば長持ちするかご存知...

建売住宅の購入を後悔!売りたいと思ってしまう理由とは?

一戸建てといっても、注文住宅と建売住宅があります。注文住宅よりも割安になることから、建売...

家を建てるブログからわかる素敵な平屋の魅力

今、平屋は幅広い世代から人気を集めています。和風建築だけでなく、スタイリッシュなコンクリート...

軽量・重量鉄骨造ってどんな建物?柱の寸法に違いがあるの?

建物の構造として、鉄骨造はポピュラーですね。そんな鉄骨造には軽量鉄骨と重量鉄骨があることをご...

新築一戸建てに庭は必要?おしゃれな庭にするポイント

一戸建てを購入するとき、庭があったほうがいいのか、無くてもいいのではないかと迷う方は多いのではな...

窓に開いた隙間が気になる!ゴムパッキンの劣化が原因かも?

ご自宅の部屋で過ごしているときに「エアコンの効きが悪い」と感じたことはありませんか?または、...

窓にシャッターは必要?働きを知って取りつけを検討しよう!

家を建てるためには、部屋の間取りや内装から外観まで、たくさんのことを決めなければなりません。...

悩む間取り!階段下の有効活用にはトイレや収納がいい!?

家を新築するとなって、一番悩むのが間取りでしょう。その人それぞれの生活スタイルによって、間取りは...

窓のサイズが一般的なのはどの位?大きさや種類を徹底調査!

普段生活をしていて、窓は人の生活に欠かせないものであり、日に一度は触れるものではないでしょうか。...

スポンサーリンク

家づくりで間取りは重要!

家を新築する際に、間取りは非常に重要なポイントになります。

私たちにとって、家はほっと一息つける場所ですよね。

しかし、現実には掃除や洗濯、料理などの家事をたくさんこなさなくてはなりません。

家事は、できるだけスムーズにこなしたいものですが、間取りによっては家事をこなすのにもストレスが生じるかもしれないのです。

例えば、狭い廊下の先に洗濯機も置いてある洗面所とトイレがある間取りの場合、朝の身支度などに忙しい時間帯には家族がそこに集中します。

同じ場所に家族が集中してしまうと、他の家族がそこを通りにくい状況になります。

そうなると、洗濯物を干したくてもすんなり廊下を通ることができず、イライラの原因にもなるのです。

このようなことにならないように、家族の動線や家事の動線をあらかじめ想定しておいて間取りを決めることが重要といえます。

ブログで間取りを公開している方は、その間取りにしてよかった点や悪かった点などを一緒に記載していることが多く参考になりますので、間取りを決める前に見てみることをおすすめします。

ブログで公開されている間取り・成功例①

実際に家を建てた方が公開しているブログには、成功した間取りや失敗した間取りについて具体的に記載されていることが多いです。

まずは、成功した間取りからみていきましょう。

【シューズクローク】

靴だけを収納する下駄箱ではなく、傘やジャンパー、防災グッズなどの玄関付近に置いておきたいものをしまえる収納スペースですね。

これを玄関先につくることによって、出かける時の身支度がとてもスムーズになります。

また、シューズクロークの中がごちゃごちゃしているときに急な来客があっても、ドアやロールスクリーンなどをつけておくことによって目隠しになるので便利です。

【リビングクローゼット】

ハサミやペン、ガムテープや掃除道具など、収納場所に困りやすいものって案外ありますよね。

そこで、リビングクローゼットをつくっておくと、そこにこまごました物や大きい物まで収納しておくことができるのでとても便利です。

こちらも、ドアをつけておくことによってすっきりとした空間になります。

ブログで公開されている間取り・成功例②

引き続き、ブログで公開されている間取りの成功例についてご紹介していきましょう。

【家事スペース】

家事スペースとは、室内干しができたり、アイロンかけができたりするスペースのことです。

夫婦共働きでなかなか日中に洗濯物を干しておけないなど、室内干しが日課のご家庭も多くあるでしょう。

洗濯機がある場所のすぐ隣に家事スペースの間取りにしておくと、洗濯物をすぐ干すこともでき、乾いたらすぐその場でアイロンをかけることもできるのです。

夫婦共働きで忙しいご家庭の家事動線としてばっちりですよね。

【パントリー】

パントリーとは、食料品やキッチンまわりのものを収納しておくスペースのことです。

パントリーがあると、乾物やペットボトルなどの常備品を収納しておくことができるので、その分キッチンがすっきりとします。

また、コーヒーメーカーや炊飯器などの電化製品をパントリーにおいておくことで、生活感を出さずにオシャレなキッチンを演出することもできるでしょう。

自分の生活パターンや好みなどによってどう間取りを決めるのかは異なります。

間取りを決める際には、ご自分やご家族がどういった生活スタイルなのか改めて考えておくようにしましょう。

ブログで公開されている間取り・失敗例①

ブログで公開されている間取りは、成功例だけではありません。

失敗例こそ参考にするべきだと思います。

さっそくご紹介していきましょう。

【配線】

間取りの失敗例で上位にランクインするのが配線についてです。

配線の失敗の具体例は以下のようなものがあります。

・玄関の照明スイッチを遠くに配置してしまい、靴を履いてからは電気を消せない

・キッチンの調理家電の数のわりにコンセントの数が少なく、一度に調理家電を使用したいときはその都度別のコンセントがあるリビングまで移動しなくてはいけない

この二つの具体例はあくまでも一部です。

配線での失敗は多くの人が経験しているので、ブログでチェックしてみてくださいね。

【収納】

収納に関しては、たくさんつくれば何も問題ないような気もしますが、そういうわけでもありません。

例えば、リビングに壁面収納をたくさんつくってしまったために、ソファなどの家具が壁付けでおけなくなってしまうというような問題が起きます。

反対に、住空間を広くしたいからということで収納を少なくすると、その分、物が散乱してしまう原因ともなるのです。

このようなことがないように、間取りを決める際は自分たちが持っている物の収納場所や、家具家電のおき場所をあらかじめ決めておく必要があります。

ブログで公開されている間取り・失敗例②

ブログで公開されている間取りの失敗例はまだたくさんあります。

引き続きご紹介していきましょう。

【広さ】

リビングを広くしたいからと、キッチンを狭くする間取りも一考する必要があります。

もしも、ご夫婦やお子さんと一緒に料理を楽しむご家庭であれば、キッチンが狭いと身動きが取りづらく非効率です。

また、同じようにリビングを広くしたいという理由で玄関を狭めてしまって失敗したという方もいます。

玄関はその家の第一印象を左右する場所なので、もう少し広くして気をつかえばよかったというような理由です。

住んでからのいろいろなことを想像して間取りを決めることが大切だということですよね。

【他人の視線】

間取りを決める際に案外気がつかないのが他人からの視線についてです。

例えば、リビングのカーテンを開けたらすぐ隣家の庭で、視線が気になりカーテンを閉めっぱなしにしているなどという間取りがあります。

このようなパターンですと、自分の家なのになかなかくつろげないといったことになってしまいます。

以上のように、間取りには成功例もあれば失敗例もあります。

図面上で間取りを決めている際には気がつかないこともブログには多く記載されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

間取りで成功するポイント

これまでご紹介してきたブログで公開されている間取りの成功例や失敗例をふまえて、最後に間取りで成功するポイントについてお話をしておきましょう。

まず、ここまでお話ししましたように、前もってご家族全員の生活パターンを洗い出しておく必要があります。

また、持っている物の収納場所、おき場所を想定しておくことも大切です。

そうすることで、自分たち家族の住みやすい間取りが導き出されてくることと思います。

ただし、注意点があります。

床面積が同一でも、間取りによってコストが変わるのです。

そのコストは最初に建築会社に支払うものだけではなく、住んでいるうえでかかる費用にも関係してくるのです。

例えば、真四角の家より、どこか一部でも凹凸がある家はその分工事に手間がかかるので建築費が上がります。

また、立方体の家と直方体の家を比較すると、床面積が同一でも直方体の家の方が外壁面積が大きくなります。

そうなると、外気と触れる外壁面積が大きい直方体の家の方が、光熱費が割高になってしまうということなのです。

このように、間取りを自分たちの暮らしやすいように決めることも大切ですが、それによりコストが思ったよりかかってしまう原因ともなります。

ですから、暮らしやすい間取りを考えると同時に、コスト面に目を向けるのも大切だといえるのです。

成功例・失敗例を参考に自分たちに最適な間取りを!

間取りは、家族の生活パターンを参考にして決めていくことが重要です。

しかし、思うままに間取りを決めてしまうと、思ったよりコストがかかってしまったということにもなりかねません。

そのようなことにならないように、間取りが公開されているブログをぜひ参考にしてみてくださいね。

家族みんなが満足できる間取りを探してみましょう!