マイホームの駐車場!アスファルトにするメリットデメリット

マイホームを建てる場合、駐車場をどうするかによって家全体の雰囲気が決まってきますよね。

駐車場の素材としては、コンクリートやアスファルトで検討する方も多いでしょう。

こちらでは、駐車場をアスファルトにした場合のメリットデメリットをご紹介します。

コンクリートとの違いもお伝えしますので、比較してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サイディングはニチハとケイミューどっちがいいの?特徴は?

注文住宅を建てるときサイディングを選びますが、数が多すぎてどれを選んだらよいのか悩んでしまいます...

モルタルの壁にネジでしっかりと固定させる方法をご紹介

一戸建て家屋には、外壁にモルタルが使用されていることが多いです。そのモルタルの壁にネジで何か...

排煙窓がワイヤーのせいで開閉しにくい?修理と予防方法は

皆さんは排煙窓をご存知ですか。工場や店舗などの非住宅によく使われてる窓で、ワイヤーとその...

駐車場の目地には何を使う?人工芝を使うメリットを知ろう!

新築で駐車場を造る場合、駐車場の素材は何がいいのでしょうか?見た目の美しさとメンテナンスの楽...

鉄骨造は熱に弱い?!耐火建築物にするための仕様とは

火災は恐ろしい災害のひとつです。人が多く集まるような大規模な建築物で火災が起こると、被害...

木造住宅のここが不安!ベランダの耐荷重はどれくらいなの?

ベランダにプランターを置いて、ちょっとしたガーデニングを楽しんでいる方もいらっしゃるのではないでしょ...

ALC外壁とは?定期的な塗り替えによる補修が機能維持に大切

建物の外壁によく使われる建材に「ALC外壁」と言われるものがあります。このALC外壁は何でで...

新築一戸建てに庭は必要?おしゃれな庭にするポイント

一戸建てを購入するとき、庭があったほうがいいのか、無くてもいいのではないかと迷う方は多いのではな...

内装に黒を取り入れる!シックでおしゃれな雰囲気の家づくり

高級感があり、重厚でカッコいいイメージの色に「黒」があります。黒は、インパクトのある色なので...

窓のサイズを見直してローコスト住宅に!規格品もコスパ良し

家のデザインや雰囲気、さらに快適性をも方向付ける窓。家を建てる際にはとても重要なポイントとな...

窓が大きいリビングはメリットよりもデメリットが多い!?

存在感のある大きな窓がリビングにあったらどうでしょうか。日当たりも確保できる上、いつでも解放...

間取りの悩み解決!ブログで公開されている間取りから学ぶ!

家を新たに建てる際に、頭を悩ませることの一つが「間取り」でしょう。その家でこれから生活していくこ...

モルタルとはどんなもの?材料の配合で強度はどう変わる?

モルタルは、建物の外壁材やレンガ塀などの接着材、土間の仕上げ材など、建築によく使われる建材です。...

サイディングの釘が目立つ!釘打ち工法のデメリットと対処法

おしゃれなデザイン・機能性・コストの面から人気が高いサイディングの外壁。現在、日本の住宅の約...

鉄骨造の坪単価は?事務所を建てるのに必要な費用と構造体

事務所を建てるとなれば、どういった構造体にするかを決めなければなりません。軽量・重量鉄骨造の...

スポンサーリンク

マイホームを建てるなら!駐車場も同時に考えよう

マイホームを建てるとなると、見積もりの高さにビックリすることがありますよね。

さらに、駐車場まで造るとなると、相当な金額となってしまうことでしょう。

そのため、駐車場はマイホームを建ててから造るという方もいるようですが、できれば一気に済ませてしまうほうがおすすめです。

駐車場を後から造る場合、それまで土のままの駐車場で車を出し入れすることになります。

晴れの日は良いですが、雨の日などはタイヤで足場がぐちゃぐちゃになってしまうことが考えられます。

車だけでなく、乗り降りの際には靴が汚れてしまうこともありますよね。

補強もされていない土では、車の重みによって地面がどんどん下がっていってしまうこともあるでしょう。

そうなると、初めからマイホームと一緒に駐車場を頼んでおけば良かった、ということになりかねません。

予算の都合もありますが、できればマイホームと駐車場は同時に造ってしまうことをおすすめします。

予算が心配なのであれば、素材を変更することで費用を低くすることも可能です。

次項から、アスファルトやコンクリートで造った場合の違いについて確認していきましょう。

マイホームの駐車場の素材!アスファルトにした場合のメリット

マイホームの駐車場の素材を何にしようと思った場合、アスファルトやコンクリートが思い浮かぶ方が多いと思いますので、ここからは、両方の特徴についてご説明していきます。

こちらでは、アスファルトで駐車場を造る場合のメリットをお伝えします。

【アスファルトのメリット】

◯価格が安い

コンクリートと比べるとアスファルトは安く駐車場を造れることが多いようです。

ただし、費用にあまり差がないこともあるようですので、実際には見積もりを取って確認してみてください。

◯早く乾く

アスファルトは施工してから乾くまでが早いため、駐車場として早く利用できます。

◯工期が短くて済む

アスファルトは早く乾きますので、養生期間や工期を短くすることができます。

◯静音性がある

コンクリートよりも軟らかいアスファルトは、車の出し入れなどでの音が比較的静かです。

◯排水性が高い

アスファルトは排水性が高いため、水たまりなどができにくい特徴があります。

◯滑りにくい

排水性が良いため、雨の後などでも滑りにくいです。

マイホームをアスファルトの駐車場に!デメリットは?

こちらでは、マイホームをアスファルトの駐車場にした場合のデメリットをお伝えします。

【アスファルトのデメリット】

◯耐久性が低い

工期が短くて済むアスファルトですが、耐久性の低さにデメリットがあります。

アスファルトは軟らかいため、毎日の車の出入りや狭い部分での切り替えしなどで使っていくうちに、補修が必要になるでしょう。

穴が空いたり、ヒビが入ってしまうような事例が多いようです。

◯熱くなりやすい

アスファルトは熱をためやすく、真夏の暑い季節には高温になってしまうことがありますので、注意が必要です。

また、熱によって柔らかくなってしまうこともあるようです。

◯トータルでは割高になりやすい

アスファルトは初期費用が安く済んだとしても補修が必要なことが多いため、トータル費用としては割高になってしまうことが多いです。

◯駐車場が黒くなる

駐車場をアスファルトにすると、アスファルトの黒色になってしまいます。

家全体とのパランスが良ければ問題ありませんが、場合によってはバランスが悪くなってしまうこともありますので注意しましょう。

マイホームの駐車場をコンクリートで造るメリット!アスファルトとの違い

ここからは、マイホームの駐車場をコンクリートで造った場合のメリットデメリットを確認していきます。

アスファルトとの違いを見ていきましょう。

まずは、コンクリートのメリットからです。

【コンクリートのメリット】

◯経年劣化があまりない

コンクリートのメリットは、アスファルトと違い耐久性の高さにあります。

耐久性に優れて丈夫なコンクリートは経年劣化があまりありませんので、お手入れはほとんど必要ない場合が多いでしょう。

◯アスファルトほど熱くならない

コンクリートは熱さに強いため、アスファルトほど表面が熱くなってしまうことがありません。

◯維持費がほとんどかからない

コンクリートは耐久性が高いため、維持費を考える必要はほとんどないでしょう。

◯駐車場を明るくできる

白色か灰色のコンクリートは、アスファルトと比べて明るい駐車場にすることができます。

家とのバランスも取りやすいでしょう。

耐久性のあるコンクリートの駐車場!デメリットは?

こちらでは、マイホームの駐車場をコンクリートにした場合のデメリットをお伝えします。

【コンクリートのデメリット】

◯価格が高い

アスファルトと比べて、コンクリートは費用が高くなってしまう場合が多いです。

実際には見積もりを取って比べる必要がありますが、一般的には価格が高い傾向にあるようです。

ただし、維持費がほとんどかからないことを思うと、アスファルトと比べてどちらがメリットが高いのか考える必要があるでしょう。

◯乾くのに時間がかかる

アスファルトと違い、コンクリートは施工してから乾いて固くなるまで時間がかかります。

マイホームの駐車場としては、1~2週間を目安として考えたほうが良いでしょう。

アスファルトのように冷えればすぐ使えるということはありませんので、注意が必要です。

◯ひび割れが起きることがある

コンクリートは温度変化によって膨張したり収縮したりする性質があります。

そのために、ひび割れが起きることもあります。

◯雨の日は滑りやすい

表面が滑らかなコンクリートは、アスファルトと違って滑りやすい場合があります。

マイホームの駐車場をコンクリートにしたい!費用を抑えるには?

ここまで、マイホームの駐車場をアスファルトにした場合とコンクリートにした場合の、メリットデメリットをお伝えしてきました。

それぞれ特徴がありますので、どちらがより自分たちのマイホームに合っているのか考えてから決める必要があるでしょう。

一般的にはマイホームの駐車場はコンクリートで造る方が多いですが、コンクリートの費用が気になる方に、費用を抑えるポイントをご紹介します。

◯全面コンクリートにしない

コンクリートは初期費用が高くなりがちですが、駐車場全面をコンクリートにしなければ、費用を抑えることが可能です。

車のタイヤが載る部分のみコンクリートにし、その他の部分は砂利や芝生で対応すると、費用は抑えることができるでしょう。

コンクリートは水はけが良くありませんが、駐車場の一部を砂利などにすれば、その部分に水は浸透していきます。

◯複数の業者から見積もりを取って比較する

家を建てた住宅メーカーに駐車場も頼む場合、他の外構業者などに見積もりをもらって比較すると良いでしょう。

直接業者に頼むことで、費用が安く済む場合もあります。

マイホームの駐車場!アスファルトにする場合はデメリットも考慮

マイホームの駐車場は、アスファルトやコンクリートで検討する方が多いと思いますが、それぞれのメリットデメリットを知っておくと決めるのに迷わなくて済みます。

アスファルトは費用が安いことが多いですが、耐久性が低く、後から補修の費用がかかることを覚悟しておく必要があります。

コンクリートは初期費用がかかるものの、高い耐久性によりメンテナンスはほぼ必要ありません。

どちらが自分たちのマイホームに合っているかよく検討してから決めることが大切でしょう。