マイホームの駐車場!アスファルトにするメリットデメリット

マイホームを建てる場合、駐車場をどうするかによって家全体の雰囲気が決まってきますよね。

駐車場の素材としては、コンクリートやアスファルトで検討する方も多いでしょう。

こちらでは、駐車場をアスファルトにした場合のメリットデメリットをご紹介します。

コンクリートとの違いもお伝えしますので、比較してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

木造住宅のここが不安!ベランダの耐荷重はどれくらいなの?

ベランダにプランターを置いて、ちょっとしたガーデニングを楽しんでいる方もいらっしゃるのではないでしょ...

駐車場やアプローチの素材でおしゃれな外構を目指そう!

家を建てるなら、周りから「おしゃれな家」と思われる家を目指したいですよね。おしゃれな家という...

家の内装にもこだわりたい!窓枠の色選びのポイントをご紹介

新しく家を建てる方のなかには、家の内装もしっかりこだわりたいという方もいらっしゃるでしょう。そ...

窓のデザインやサイズで変わる家の印象!間取り表記の見方は

窓が家の外観を左右することは大いにあるでしょう。そのため、デザインやサイズにはこだわりた...

新築時に考慮すべき駐車場!デザイン選びのポイントと注意点

家を建てようとした時、駐車場をどうしようか悩む方はとても多いです。どのような種類・デザインの...

エレベーターが急停止して出られない!ドアの開け方はある?

何かしらの原因でエレベーターが停止してしまい、ドアも開かないという不安になるようなトラブルに遭遇...

オール電化とガスどちらを選ぶ?変更したいときに考えること

家を新築・改築したり、生活費の節約などを考えたりしたときに気になるのが、オール電化とガスのどちら...

木造建築の継手や仕口って何?古来からの伝わる優れた技法

日本では古来より木造建築が多くあり、現在まで伝わる木造建築は国宝や重要文化財になるほど貴重なものも存...

家の内装のデザインをイメージ!家庭でも簡単に使えるソフト

家づくりを始める際に、「自分の理想の間取りや内装のデザインを実現したい」と考えている方も多いので...

間取りの相談は不動産会社への相談と、住まいブログを参考に

これから新築を建てようと思っている方、または良い間取りの建売住宅やマンションを求めている方はまずは住...

マイホームの内装はどう決める?おしゃれに仕上げるポイント

マイホームを建てるとき、壁や床、天井や設備の配置といった内装のことで悩むことも多いかと思います。...

「ロフトのはしごは邪魔だ」と不評?メリットも多くある!

ロフトの付いている部屋に憧れて、ロフト付きの物件を探している方もいらっしゃるのではないでしょうか...

モルタルの特性とは!モルタル玄関のメリット・デメリット

住宅の玄関に使われる素材は、「タイル」「石材」「モルタル」などが一般的です。今回取り上げるの...

オートロックの暗証番号が他人に漏れている!変更はできる?

オートロック付きマンションは、防犯効果が感じられやすいため人気ですよね。しかし、オートロック...

No Image

納戸とサービスルームに違いはあるの?部屋との違いも確認!

マンションなど賃貸物件の間取りを見ていると、納戸・サービスルームなどと表記されているのに気づくこ...

スポンサーリンク

マイホームを建てるなら!駐車場も同時に考えよう

マイホームを建てるとなると、見積もりの高さにビックリすることがありますよね。

さらに、駐車場まで造るとなると、相当な金額となってしまうことでしょう。

そのため、駐車場はマイホームを建ててから造るという方もいるようですが、できれば一気に済ませてしまうほうがおすすめです。

駐車場を後から造る場合、それまで土のままの駐車場で車を出し入れすることになります。

晴れの日は良いですが、雨の日などはタイヤで足場がぐちゃぐちゃになってしまうことが考えられます。

車だけでなく、乗り降りの際には靴が汚れてしまうこともありますよね。

補強もされていない土では、車の重みによって地面がどんどん下がっていってしまうこともあるでしょう。

そうなると、初めからマイホームと一緒に駐車場を頼んでおけば良かった、ということになりかねません。

予算の都合もありますが、できればマイホームと駐車場は同時に造ってしまうことをおすすめします。

予算が心配なのであれば、素材を変更することで費用を低くすることも可能です。

次項から、アスファルトやコンクリートで造った場合の違いについて確認していきましょう。

マイホームの駐車場の素材!アスファルトにした場合のメリット

マイホームの駐車場の素材を何にしようと思った場合、アスファルトやコンクリートが思い浮かぶ方が多いと思いますので、ここからは、両方の特徴についてご説明していきます。

こちらでは、アスファルトで駐車場を造る場合のメリットをお伝えします。

【アスファルトのメリット】

◯価格が安い

コンクリートと比べるとアスファルトは安く駐車場を造れることが多いようです。

ただし、費用にあまり差がないこともあるようですので、実際には見積もりを取って確認してみてください。

◯早く乾く

アスファルトは施工してから乾くまでが早いため、駐車場として早く利用できます。

◯工期が短くて済む

アスファルトは早く乾きますので、養生期間や工期を短くすることができます。

◯静音性がある

コンクリートよりも軟らかいアスファルトは、車の出し入れなどでの音が比較的静かです。

◯排水性が高い

アスファルトは排水性が高いため、水たまりなどができにくい特徴があります。

◯滑りにくい

排水性が良いため、雨の後などでも滑りにくいです。

マイホームをアスファルトの駐車場に!デメリットは?

こちらでは、マイホームをアスファルトの駐車場にした場合のデメリットをお伝えします。

【アスファルトのデメリット】

◯耐久性が低い

工期が短くて済むアスファルトですが、耐久性の低さにデメリットがあります。

アスファルトは軟らかいため、毎日の車の出入りや狭い部分での切り替えしなどで使っていくうちに、補修が必要になるでしょう。

穴が空いたり、ヒビが入ってしまうような事例が多いようです。

◯熱くなりやすい

アスファルトは熱をためやすく、真夏の暑い季節には高温になってしまうことがありますので、注意が必要です。

また、熱によって柔らかくなってしまうこともあるようです。

◯トータルでは割高になりやすい

アスファルトは初期費用が安く済んだとしても補修が必要なことが多いため、トータル費用としては割高になってしまうことが多いです。

◯駐車場が黒くなる

駐車場をアスファルトにすると、アスファルトの黒色になってしまいます。

家全体とのパランスが良ければ問題ありませんが、場合によってはバランスが悪くなってしまうこともありますので注意しましょう。

マイホームの駐車場をコンクリートで造るメリット!アスファルトとの違い

ここからは、マイホームの駐車場をコンクリートで造った場合のメリットデメリットを確認していきます。

アスファルトとの違いを見ていきましょう。

まずは、コンクリートのメリットからです。

【コンクリートのメリット】

◯経年劣化があまりない

コンクリートのメリットは、アスファルトと違い耐久性の高さにあります。

耐久性に優れて丈夫なコンクリートは経年劣化があまりありませんので、お手入れはほとんど必要ない場合が多いでしょう。

◯アスファルトほど熱くならない

コンクリートは熱さに強いため、アスファルトほど表面が熱くなってしまうことがありません。

◯維持費がほとんどかからない

コンクリートは耐久性が高いため、維持費を考える必要はほとんどないでしょう。

◯駐車場を明るくできる

白色か灰色のコンクリートは、アスファルトと比べて明るい駐車場にすることができます。

家とのバランスも取りやすいでしょう。

耐久性のあるコンクリートの駐車場!デメリットは?

こちらでは、マイホームの駐車場をコンクリートにした場合のデメリットをお伝えします。

【コンクリートのデメリット】

◯価格が高い

アスファルトと比べて、コンクリートは費用が高くなってしまう場合が多いです。

実際には見積もりを取って比べる必要がありますが、一般的には価格が高い傾向にあるようです。

ただし、維持費がほとんどかからないことを思うと、アスファルトと比べてどちらがメリットが高いのか考える必要があるでしょう。

◯乾くのに時間がかかる

アスファルトと違い、コンクリートは施工してから乾いて固くなるまで時間がかかります。

マイホームの駐車場としては、1~2週間を目安として考えたほうが良いでしょう。

アスファルトのように冷えればすぐ使えるということはありませんので、注意が必要です。

◯ひび割れが起きることがある

コンクリートは温度変化によって膨張したり収縮したりする性質があります。

そのために、ひび割れが起きることもあります。

◯雨の日は滑りやすい

表面が滑らかなコンクリートは、アスファルトと違って滑りやすい場合があります。

マイホームの駐車場をコンクリートにしたい!費用を抑えるには?

ここまで、マイホームの駐車場をアスファルトにした場合とコンクリートにした場合の、メリットデメリットをお伝えしてきました。

それぞれ特徴がありますので、どちらがより自分たちのマイホームに合っているのか考えてから決める必要があるでしょう。

一般的にはマイホームの駐車場はコンクリートで造る方が多いですが、コンクリートの費用が気になる方に、費用を抑えるポイントをご紹介します。

◯全面コンクリートにしない

コンクリートは初期費用が高くなりがちですが、駐車場全面をコンクリートにしなければ、費用を抑えることが可能です。

車のタイヤが載る部分のみコンクリートにし、その他の部分は砂利や芝生で対応すると、費用は抑えることができるでしょう。

コンクリートは水はけが良くありませんが、駐車場の一部を砂利などにすれば、その部分に水は浸透していきます。

◯複数の業者から見積もりを取って比較する

家を建てた住宅メーカーに駐車場も頼む場合、他の外構業者などに見積もりをもらって比較すると良いでしょう。

直接業者に頼むことで、費用が安く済む場合もあります。

マイホームの駐車場!アスファルトにする場合はデメリットも考慮

マイホームの駐車場は、アスファルトやコンクリートで検討する方が多いと思いますが、それぞれのメリットデメリットを知っておくと決めるのに迷わなくて済みます。

アスファルトは費用が安いことが多いですが、耐久性が低く、後から補修の費用がかかることを覚悟しておく必要があります。

コンクリートは初期費用がかかるものの、高い耐久性によりメンテナンスはほぼ必要ありません。

どちらが自分たちのマイホームに合っているかよく検討してから決めることが大切でしょう。