アパートのお風呂の排水溝が詰まったらどう対処する?

お風呂を使っている時に排水溝が詰まって水が溢れ、慌てたことはありませんか?

アパートでは、2階や3階など上の階で水を溢れさせてしまうと、下の部屋に水漏れし、大変な事態を招くことがあります。

お風呂の排水溝は、なぜ詰まってしまうのでしょうか?

こちらでは、アパートに多く見られるユニットバスの排水溝の詰まりを中心に、その原因と対処法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

引っ越しでアパートのガスコンロを買う場合のサイズ選び

引っ越しなどでガスコンロを買わなければならないことがあります。アパートなどに備品としてついてい...

もしもに備えるアパートの地震保険!加入で控除が受けられる

アパートの入居と共に加入することの多い火災保険ですが、地震保険と帯同して加入すると保険料控除が受...

アパートでのギター練習はどうしてる?気になる騒音対策

思いっきりかき鳴らすギターは、本当に爽快ですよね。ストレス社会と呼ばれる現代、大きな音を出す...

アパートを退去する際の流れ!退去挨拶マナーを心得ておこう

転勤などで、住んでいたアパートを退去する場合に、退去する際の大家さんへの連絡の流れはご存知ですか...

アパートのキッチンを快適に!物の区別方法と収納術

主に料理を作るキッチンは、調味料や調理器具など、たくさんの物が集まる場所でもあります。それゆえ...

分譲と賃貸と分譲賃貸。それぞれのマンションの見分け方

ひと口にマンションと言っても、賃貸マンション・分譲マンションがありますよね。さらに、分譲賃貸...

マンションにピアノを置きたい!置き場所を決める際の注意点

「ピアノを部屋に置きたいけれど、マンションだとピアノの音が近所迷惑にならないか心配…」という方も...

アパートのドアが壊れた!ドア交換にかかる費用は誰が払う?

アパートに住んでいると、災害やトラブルなどで玄関のドアが壊れてしまうことも少なくないといいます。...

賃貸アパートは世帯主=契約者なのか?住宅手当申請のために

アパートの賃貸契約をする際、通常は年収が一番高いであろう世帯主が契約者となります。しかし、住宅...

オートロックの開け方の種類!解除方法がわからないときは?

オートロックの賃貸物件は、防犯面を考慮すると安心感が高くて魅力的な物件に映るのではないでしょうか。...

家を新築!階段の設計で注意すべき点とは?失敗例から学ぼう

家を新築する際は、決めるべきことが山ほどあります。その中の一つが「階段」です。階段で特に失...

アパート契約時に加入した火災保険は更新時に見直そう

新しいアパートに引っ越しをしたとき、賃貸契約と同時に加入しなければならないのが火災保険です。多...

賃貸アパートの郵便受けに防犯対策をして身を守ろう!

住宅のドアがピッキングなどによって破られ、空き巣などの被害に遭う例が後を絶ちません。そのため、...

住んでいるアパートがペット不可!交渉次第でOKになる?!

賃貸アパートに住んでいて、ペットを飼いたいと思った方も多いことでしょう。しかし、そのアパート...

マンションのオートロックは実は開け方が簡単?過信は禁物!

オートロック付きのマンションに住んでいると、防犯面の高さから安心して暮らすことができますよね。...

スポンサーリンク

アパートのお風呂の排水溝はどんな構造?

アパートのお風呂には、ユニットバスが多く設置されています。

ユニットバスというと、浴槽とトイレ、洗面所の3つが一室に収まっているタイプを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、ユニットバスとは本来「工場で浴槽と天井・壁・床などをセットで製造した浴室」を指し、一体成型された浴室の総称です。

つまり、浴槽とトイレが別空間に設置されていても、一体成形されたものであればユニットバスと呼ぶのです。

ユニットバスには、洗面台と浴槽が一体の2点ユニットバスと、トイレまで一体となった3点ユニットバスがあります。

一室にコンパクトにまとまっているユニットバスは、アパートに適しているためこのどちらかが設置されていることが多いです。

ユニットバスを使用中に、排水溝から水が溢れ出したことはありませんか?

シャワー中に排水溝から排水が溢れたり、浴槽のお湯を抜いた時に、洗い場の排水溝から水が上がってきたことはないでしょうか。

これらの現象はどうして起こってしまうのでしょう?

その原因の1つは、ユニットバスの排水溝の構造にあります。

ユニットバスの多くは、排水の構造として「浴槽の排水」と「洗い場の排水」が洗い場の床下にある排水溝に一緒に集まる仕組みになっています。

また、洗面台の排水も一緒の集まる仕組みの場合もあります。

この排水溝の仕組みが水が溢れる原因に関係しているのです。

では、なぜそのような仕組みになっているのでしょう?

次項で詳しくご説明していきます。

排水溝から水が溢れるのはなぜ?アパートのお風呂に見られる排水トラップとの関係

アパートなどのお風呂のユニットバスでは、排水が流れる洗い場の床下に「排水トラップ」と呼ばれる構造があります。

排水トラップとは、下水の臭いや害虫の侵入を防ぐため、配水管と下水管の間に常に水を溜めておく仕組みのことです。

溜めた水が配水管を塞ぐ「ふた」となり、下水からの臭いや害虫を防ぎます。

ユニットバスでは、排水トラップ1つで、浴槽と洗い場の2ヶ所の排水溝を塞ぐふたの役割を果たすのです。

浴槽の排水溝の中を覗くと水が溜まっているのが確認できます。

また、洗い場にある四角形の目皿(排水口カバー)を外して中を覗いても、水が溜まっているのが確認できます。

これは、1つの排水トラップが枝分かれし、片方が浴槽の排水溝に、もう片方が洗い場の排水溝に繋がっている証拠です。

このように、浴槽と洗い場の排水は、流れ出る場所が共通しているため、それらを繋ぐ管のどこかに詰まりが生じると、排水溝から水が溢れてしまうことがあるのです。

では、排水溝の構造のどこにどのような詰まりが起きてしまうのでしょう?

次項では、考えられる詰まりの原因についてご説明していきます。

アパートのお風呂の排水溝が詰まる原因は何?

前項で、アパートのお風呂に多いユニットバスの排水溝の構造をご説明しました。

では、お風呂の排水溝から水が溢れるとき、詰まりを起こすのはどこなのでしょう?

考えられる箇所は4つあります。

・浴槽の排水溝(排水栓)
・洗い場の排水溝(排水口)
・排水トラップ
・排水管

排水溝から水が溢れてくるような場合は、排水が流れるこれら4箇所のどこかに、何かしらの障害物が詰まっていると考えられます。

では、排水溝を詰まらせてしまう原因物質には、どのような物があるのでしょう。

原因物質には、以下のようなものがあります。

●お風呂用品の固形物

お風呂場の手入れを行っているにも関わらず、急に排水溝の詰まりを起こすような時は、入浴剤の袋の破片などお風呂用品の破片で洗い場の排水口が詰まっていることが多いです。

入浴剤以外にも、詰め替え用のシャンプーやリンスの切り口部分や、シャンプーボトルのキャップ、カミソリの刃など、排水溝に流れて詰まっていることがあります。

排水口の網(ヘアキャッチャー)に引っかかれば良いですが、破片が流れて排水溝や配水管に詰まり、髪の毛や石鹸カスなどを吸着しながら大きな塊になると、除去が困難になってしまいます。

お風呂用品の固形物は、パイプクリーナーなどの薬品でも溶かすことはできないので、お風呂場で固形物を落とした時には、放置せずすぐに回収しておきましょう。

次項でも原因物質をさらに挙げていきます。

お風呂の排水溝を詰まらせるいろいろな原因物質

お風呂の排水溝で詰まりを起こす原因物質には、次のようなものもあります。

●髪の毛

お風呂の排水溝を詰まらせる原因として最も多くを占めるのが「髪の毛」です。

ヘアサイクルによって自然に抜ける髪の毛の多くは、シャンプー時に洗い流されます。

そのため、お風呂の排水溝にはすぐ髪の毛が溜まってしまうのです。

髪の毛は、排水溝の奥まで流れやすく、また石鹸カスや皮脂汚れなども付着しやすいため、排水トラップや排水溝、下水管などを詰まらせる大きな原因となります。

シャンプー後は、ヘアキャッチャーに溜まった髪の毛を小まめに取るよう心掛けましょう。

●石鹸カスやシャンプーカス、皮脂や垢などが蓄積したヘドロ状の汚れ

石鹸やシャンプーのカス、また洗い流された皮脂や垢などは排水時に蓄積し、ヘドロ状となって髪の毛や固形物と絡み合いながら成長し、排水溝をふさぎます。

これらは、必然的に溜まってしまうものなので、パイプクリーナーで小まめに除去する必要があります。

排水溝を詰まらせる原因物質には、このようにいろいろな物があることが分かります。

アパートで水を溢れさせてしまうと、周りの住人にも被害が及ぶ可能性があります。

排水溝が詰まってしまったら、水の使用を止めすばやく対処しましょう。

では、排水溝の詰まりを改善させるにはどうすればよいのでしょう?

次項から、その有効な対処法をご紹介していきます。

アパートのお風呂の排水溝が詰まった時の対処法

アパートのお風呂の排水溝が詰まり水が溢れてきてしまったら、次のような方法で対処してみましょう。

●ヘアキャッチャーに溜まったゴミを取り除く

ヘアキャッチャーに固形物や髪の毛が溜まることで、詰まりは発生します。

石鹸カスなども付着しヘドロ状になると、網の目が覆われ、水の流れがせき止められてしまいます。

まずは、洗い場の排水口カバーを外し、目立つゴミをキレイに取り除きましょう。

●パイプクリーナー(排水管洗浄剤)を使う

ゴミの取り除きで改善されない場合は、市販のパイプクリーナーを使いましょう。

ホームセンターやドラッグストアなどで塩素系のパイプクリーナーが購入できます。

パイプクリーナーは、髪の毛や垢などの有機物を溶かす作用があり、排水溝の詰まりや悪臭対策にも高い効果を発揮します。

効果をより高めるためには、薬剤を排水溝の奥深くまで直接届かせるのがポイントです。

そのため、排水溝の部品はできる限り取り外し、できれば排水トラップも分解しましょう。

排水口カバーを外し、中のヘアキャッチャーを取って排水溝の中が見えるようにします。

排水トラップが外せるようなら、持ち上げて取り外しましょう。

また、溜まっている水がなるべく引くまで待ち、汚れに直接薬液がかかるようにしましょう。

次項でもさらに、対処法をご紹介していきます。

お風呂の排水溝の詰まり改善に「ラバーカップ」を使う!

●ラバーカップを使う

長年の汚れや髪の毛の蓄積で固まってしまったものは、パイプクリーナーが浸透せずなかなか溶けない場合があります。

このような時は、パイプクリーナーをした後に、ラバーカップ(スッポン)を使用してみましょう。

水や空気の圧力で、蓄積した汚れを取り除くことができます。

使い方は次の通りです。

【事前準備をする】

俗にスッポンと呼ばれるラバーカップ(普通タイプ)を用意したら、事前準備を行います。

ラバーカップの使用で汚れた水が飛び散る可能性もあるので、事前準備として汚したくないものにはカバーをかけておきましょう。

また、アパートのユニットバスで多く見られる、お風呂の排水溝が洗面台の排水溝と繋がっているタイプの場合は、洗面台の排水口に雑巾やタオルをねじ込んで逆流対策をしておきます。

【水を溜める】

水を溜めて使用することで隙間がなくなり、ラバーカップの威力が増します。

浴槽の排水口から水を流し、排水トラップから溢れる程度水を溜めます。

【ラバーカップで圧をかける】

排水口をしっかりふさぐようにラバーカップを当て、押したり引いたりを繰り返します。

詰まりが抜けると、水が引いていくので分かります。

30分程作業しても抜けない場合には、一度水を引かせて、パイプクリーナーを流して放置してから、ラバーカップで圧をかけてみましょう。

頑固な詰まりの場合は、これを繰り返します。

自分で対処する方法をご紹介してきましたが、排水管の奥に固形物が溜まっている場合などは、自分では改善できません。

パイプクリーナーやラバーカップで改善できない場合には、業者さんにお願いしましょう。

お風呂の排水溝が詰まったらすぐ対処を!

お風呂は毎日使うものなので、排水溝が詰まってしまうと水が流せず入浴できなくなってしまいます。

アパートでは水が溢れると惨事になる恐れもあるので、そうなる前に排水溝は定期的に掃除しておきましょう。

詰まりの原因物質は臭いも発生させるので、排水溝の流れの悪さを感じたら早めに対処することが大切です。

こちらの記事を参考に、詰まりの原因を理解し、効果的な対処法で排水溝の詰まりを改善させましょう!