Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

マンションでピアノを弾く場合弾いていい時間はあるのか

2019.2.16

ピアノは脳の発達に効果があるとされ、子供から大人まで今も昔も人気があります。

音楽の時間にピアノの弾ける子が伴奏をしているのを見て、素敵だなと思うことも皆さんもあったのではないでしょうか。

昔は夕方ごろにピアノを練習している音を耳にすることがありましたが、最近では静かなものです。

ピアノの音は綺麗ですが、騒音問題に発展することもあります。

マンションでピアノを練習するならば、どのように対策すべきでしょうか?

一般的にマンションでピアノを弾いても大丈夫な時間は?

マンションでピアノを練習しても大丈夫な時間は、あるのでしょうか。

法律の話であれば、マンションでピアノを練習する時間を規制する法律はありません。

しかし、近隣の住民に迷惑が掛かれば騒音問題になってしまいます。

同じマンションの住人とは、できれば良好でありたいと思うのではないでしょうか。

ピアノの音はどうしても漏れてしまうものです。

ピアノは鍵盤を押すと、奥のハンマーが下から弦を打ちます。

弦の振動が駒を介して響板に伝わり、空気を振動させて大きな音を出します。

ピアノは楽器全体で音を出しているので、大きな音が出てしまうのは仕方のないことなのです。

音が大きいために、近隣の住民も気になってしまうものです。

ですが、許容できる範囲というのがあります。

ピアノを弾くときは、ピアノを弾く時間帯に気を付けましょう。

一般的には、朝8時から夜の8時~9時までが目安であるといわれています。

それ以降になると、就寝時間や家でゆっくりする時間と重なってしまいますので、マンションでのピアノの練習は控えたほうがいいでしょう。

マンションでピアノを弾いてはいけない時間は?

マンションに住んでいる場合、同じマンションに住む住人への配慮が必要不可欠ではないでしょうか。

近隣の方に迷惑がかからないよう、ピアノを練習する場合、弾く時間を考えなければなりません。

ピアノの音が、同じマンションの住民にとって害であると感じるようでは、騒音になってしまいます。

マンションでピアノを弾くのであれば、ピアノを練習する時間帯と長さが重要となるのです。

そのマンションが、空間に余裕のある間取りでなければ、音が伝わってしまうものなのです。

近隣の住民の寝ている時間である夜間や早朝などの時間は、なるべくピアノを弾かないように心がけましょう。

また、弾いても大丈夫そうな時間だからとピアノの練習をしていると、同じマンションの住人はずっとピアノの音を聴かされることになります。

近隣の住民にとって迷惑となる可能性がありますので、トラブル防止のため、ピアノを練習する時間は1日1時間など決めておくといいでしょう。

マンションの管理規約のチェック

マンションでは、たとえピアノやギターなどの楽器を弾くことが可能な場合でも、管理規約というものが存在します。

マンションの住人が就寝する時間である、早朝や夜間にピアノを練習しないようにしても、管理規約を破った場合、トラブルになってしまいます。

また、ピアノを練習する時間を1日1時間にしていても同様に、管理規約を破った場合、騒音問題に発展してしまいます。

管理規約というのは、マンションに住んでいる住人がトラブルなく仲良く過ごせるように作られたものです。

各マンションの実状に応じたルールで、区分所有者間の所有関係や権利・義務など基本的なことを定めています。

マンションで住人とトラブルを起こすことなくピアノの練習をしたいのであれば、まずは管理規約を確認するようにしましょう。

マンションの住人からピアノがうるさいと苦情が来た場合

マンションの管理規約を守って、ピアノを演奏する時間帯や時間の長さに気を付けていても苦情になる場合があります。

同じマンションの住人との騒音トラブルになった場合、互いに話し合ってルールを決めることが大切です。

人によって生活のリズムは違います。

近隣の住民とはピアノの音で苦情が来る前に、あらかじめ話をしておくのもひとつの手かもしれません。

話し合えそうならば、いつの時間ならばピアノの練習をしていいのか、何時にはやめてほしいのか話し合っておけば、マンション内でのトラブルも軽減ができるでしょう。

しかし、近隣の住民と話をすることも大事ですが、マンション内で迷惑がかからないようにピアノの音漏れをしっかりと対策することが大事です。

なるべくマンションでの音漏れをなくす対策

マンション内でピアノを弾く場合は、音漏れに配慮することが重要になります。

時間に関係なく、外部からのピアノの練習音は近隣の住民にはストレスになります。

ピアノ可のマンションであれば、防音対策もある程度されています。

少し工夫すれば、外部への音漏れを軽減することが可能です。

しかし、一般的なマンションでは、音漏れ対策はしっかりとしなくてはなりません。

マンション内でのピアノの騒音トラブルで一番多いのが、階下からのトラブルになります。

階下には床から振動が伝わり、その振動が騒音の原因となるのです。

また、上の階には空気の振動音が原因となります。

対策方法を考えるならば、音の伝わり方を知ることが重要になります。

音には音が空気の振動で伝わる「空気振動音」と、床や壁などの個体を伝わる「固体振動音」があります。

空気振動音は、人の話し声や車のクラクションがあげられます。

固体振動音は、足音や箸やフォークを落とした音などがあげられます。

マンション内で階下にピアノの音が聴こえないようにするならば、固体振動音が原因です。

ピアノを弾く時間には防振シートなどで、ピアノの音を遮音と吸音しましょう。

また、階上の対策は空気振動音が原因です。

階上の音漏れは一般的に少ないといわれています。

ですが、対策することは必要です。吸音効果のあるものを壁に貼り付けるようにしましょう。

また、ピアノを壁から少し離して設置することも大事です。

また、マンションでピアノを練習する時間は窓を閉めて、音を漏らさないようにすることも必須になります。

時間を気にせずピアノを練習する方法

マンションの管理規約でピアノは大丈夫ですが、近隣の住民を気にせず、練習したいと思う方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

できれば時間も気にせず練習したいと思う方もいるのではないでしょうか。

簡単な方法は、電子ピアノを使って練習をすることです。

電子ピアノであれば、音量調節をすることが可能です。

また、ヘッドフォンをつけてピアノを練習できるのでマンション内であっても、時間を気にせずに練習ができます。

最近のピアノは、グランドピアノであっても消音装置で電子音と生音を切り替えることも可能です。

ただし、鍵盤を叩く音やペダルを踏むときの振動音は響いてしまいます。

ピアノの下に防振マットを敷いて、振動音が下の階に響かないように配慮する必要があります。

マンションで時間を気にせずにピアノを演奏するならば、階上や階下の住人、近隣の住民にとってピアノ音が、ストレスとならないように気を配ることがなによりも騒音トラブルに発展しないようにする秘訣なのです。

マンションは音漏れ対策が大事

マンションでピアノを演奏するならば、管理規約のチェックや時間の配慮など近隣の住民に迷惑をかけないようにする心図解が大切になります。

そのためには、音漏れをしっかりと対策して、相手のことを考えることが何よりも大切なこととなるのです。

 - マンション, 住宅