窓のサッシに隙間が!?隙間風防止には隙間テープが効果的!

せっかく建てた家も、時がたつとともに調子が悪くなる場所が出てくるものです。

窓も例外ではありません。

窓にあらわれる不具合にはサッシの隙間が挙げられ、寒さの厳しい冬場などにはサッシの隙間から入り込む冷たい風に悩まされることもあるでしょう。

その悩みを解決するためには隙間テープがおすすめです。

これから隙間テープについて詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓ガラスにシール!ステンドグラス風にして防犯対策

換気やお部屋の開放感に欠かせない窓、防犯の面でさまざまな工夫を施している方も多いでしょう。特...

家の窓に目立つ油膜を落としたい!取り方のコツはある?

普段、窓ガラスの掃除をしていますか?窓は、家の中に光を取り入れる大きな役割を持つ場所です...

賃貸物件の退去は家賃の支払いに注目!日割りの計算方法は?

賃貸物件を引っ越すときに不安材料となるのが家賃の支払いです。特に月の途中に引っ越す場合は、家...

位置指定道路の持分がない家!売買にどう影響するのか?

もし位置指定道路に家が接していた場合、その道路の持分があるかないかは重要です。なぜなら、家を...

床面積にバルコニーは含まれる?屋根・柱・壁の有無が重要!

これから家を建てる方、あるいはリフォームする方の中には、バルコニーの設置を考えている方もいることでし...

家を建てるのに重要な建ぺい率・容積率!調べ方を知りたい!

家を建てるのに、建ぺい率・容積率を知っているのと知っていないのとでは、大きな差があります。建...

窓の遮光性を高めるメリットは?おすすめの遮光方法も紹介!

「日差しが強くて部屋が蒸し風呂状態になってしまう…」「寝室に街灯の光が入ってきてよく眠れない!」...

アパートでも設置OK!玄関や窓に猫の脱走防止対策をしよう

近年のペットブームの影響からか、ペット可のアパートをよく見かけるようになりました。アパートで...

建蔽率と容積率を考える!駐車場は屋根の有無がポイント

マイホームを建てるとき、「建蔽率」や「容積率」という言葉を目にしたことはないでしょうか。普段...

中古でも賃貸でも!窓をDIYでおしゃれに変身させよう!

自分らしいスタイルで暮らすためにDIYをする、という考え方が浸透してきました。住宅の購入...

敷金の返金はいつ?損をしないために知っておこう!

賃貸に住んでいて引っ越しが決まったら、敷金がいつ返金されるのか気になりますよね。どれくらい返...

納戸を使いやすくする収納術!DIYにチャレンジしよう!

納戸は狭いというイメージをお持ちではないでしょうか。たしかに、雑多に収納していれば、すぐに荷...

1kの賃貸で始める一人暮らし、インテリアにもこだわりたい

初めての一人暮らしには、夢や憧れがいっぱいですが、独立したての身の上では、1kの賃貸物件を借りるのが...

窓を交換して住宅の快適性を高めよう!4つの方法を解説!

築年数が経過した住宅はさまざまな部分が劣化し、断熱性などが落ちてしまうことが多いです。そのよ...

LDKのそれぞれに合うおすすめの照明の色は?

ご自宅の照明の色にこだわっていますか?照明の色を変えるだけで、部屋の雰囲気を大きく変えることが...

スポンサーリンク

隙間風が気になる!窓のサッシに問題が!?

隙間風は「笛鳴り現象」ともいわれ、家の中にいるのに風がピューピューと入り込んできて、寒い思いをした経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

隙間風が入り込んでしまう原因は、窓のサッシに問題があるようです。

とくに、引き違いタイプの窓の場合、隙間風が発生しやすいです。

引き違いタイプの窓とは、二枚以上のガラス窓をレール上で左右に動かすことで開け閉めする窓のことです。

一般的なご家庭で多く取り入れられているタイプの窓と言えるでしょう。

引き違いタイプの窓のサッシは、ゴムパッキンなどで気密性を保っています。

しかし、窓枠とサッシの調整が不十分だったり、ゴムパッキンが経年劣化してしまったりすることで隙間から風が入り込んでしまうのです。

窓のサッシ自体を調整するためには、ある程度の知識や技術が必要です。

ご自分での調整も可能ですが、場合によっては隙間風が前よりもひどくなってしまうこともあるでしょう。

また、できれば高い費用をかけずに隙間風を防止したいですよね。

そのようなときは隙間テープを試してみてはいかがでしょうか。

窓のサッシに隙間テープを貼ろう!その効果とは?

隙間テープとは、窓にできてしまった隙間を埋めるためのアイテムです。

最近では100円ショップなどでも売られるほど、安価でポピュラーなものになってきました。

片側が接着面になっていて、簡単に貼りつけることができます。

窓に隙間テープを正しく貼ることで、外からの隙間風を防ぐことができます。

また、室内の暖かい空気を逃すこともなく、快適な室内温度を保つことが可能です。

そのため、暖房に掛かっていた費用を抑えることができるはずです。

隙間テープで得られる効果はそれだけにはとどまりません。

窓のサッシの隙間がなくなるということは、音が外に漏れにくくなるということです。

つまり、防音効果としての役割も果たしてくれるのです。

ご近所への音漏れを気にしている方には、とてもうれしい効果ですよね。

このような効果を知れば、隙間テープを実際に貼ってみたいと思う方もいるのではないでしょうか。

それではまず隙間テープの選び方からご紹介していきましょう。

たくさんの種類がある!隙間テープの選び方

現在では隙間テープもたくさんの種類のものが販売されています。

隙間テープにはスポンジ素材のものが多く、扱いが簡単なことが多いです。

折り曲げて使用することもでき、初心者の方でも失敗することなくサッシに貼ることができるはずです。

もし、間違って貼ってしまったとしても、あわてずにもう一度貼りなおせば修正可能です。

窓の結露が心配な場合は、防水タイプの隙間テープを選ぶとよいでしょう。

防水タイプならば、結露による隙間テープの剥がれも心配する必要がありません。

そして、防音に優れた隙間テープを選ぶなら、ラバー質のものがおすすめです。

ラバー質素材には音を吸着する働きがあるので、高い防音効果を期待できます。

この他にも毛足の長い起毛タイプやモヘアタイプなど用途によって選ぶことができます。

カラーやサイズもいくつか展開されているので、ご自分の目的に合ったものを選んでみてください。

窓のサッシに隙間テープを貼る前に!注意するポイントは?

隙間テープを実際に貼る前に、注意するポイントをいくつかお話ししていきます。

まずは、隙間テープを貼る場所の確認をしておきましょう。

窓のサッシの隙間が空いているところや、冷気が入り込みやすい窓の下のレール部分に隙間テープを貼ると、隙間風や寒さ対策として効果があります。

また、窓のサッシやレールの状態も把握しておいてください。

窓のサッシやレールは汚れがたまりやすい場所でもあります。

隙間風とともに砂やほこり汚れが運ばれてきて、窓のレールにたまってしまうのです。

汚れがついたまま隙間テープを貼ってしまうと、すぐに剥がれてしまうので、隙間テープを貼る前にはきれいに掃除しておくようにしてください。

接着面がぴったりと密着することで、隙間テープを長く使うことができるでしょう。

隙間テープを貼りつけよう!

それでは隙間テープの貼り方をご紹介していきます。

①窓のサッシをきれいに掃除する

先ほどお話をした通り、隙間テープを貼る前に窓のサッシを掃除しておきます。

②隙間テープを貼る場所のサイズを測り、はさみで切り取る

窓の隙間風を防ぐためには、隙間ができないようにぴったりと隙間テープを貼る必要があります。

そのため、メジャーなどでサイズをしっかりと採寸して、切断面がいびつにならないように慎重に切断してください。

③隙間テープを貼りつける

サイズを測った隙間テープを目的の場所に貼りつけます。

窓のサッシに隙間テープを厚く貼りつけてしまうと、窓が閉まらなくなってしまうこともありますので、注意しながら貼っていきましょう。

基本的に、隙間テープはただ貼りつけるだけなので、あまり難しい作業はありません。

しかし、作業にまだ慣れていない方の場合は、失敗してしまうこともあるでしょう。

そのようなときのことを考えて、隙間テープを買うときは少し多めに購入しておくとよいでしょう。

隙間テープは劣化により貼り直しが必要になるときもありますので、余分に保管しておいても損はないはずです。

とはいえ、長期間の保管となると隙間テープの粘着性が弱くなってしまうことも考えられます。

保管する場所には日光の当たらないところを選んで、次回貼るときのことを考えながら適度な量の購入を検討してみてください。

隙間テープだけじゃない!窓周辺の隙間風対策

窓のサッシの隙間から入ってくる隙間風を防止するためには、隙間テープ以外の対策もあわせて行うとより効果を実感できるでしょう。

●カーテンを工夫する

隙間風による寒さを予防するためには、窓の前に厚めのカーテンをつけるようにしてください。

窓の下から冷たい空気が入ってこないように、カーテンは長めに調整するのがおすすめです。

●カーテンボックスをつける

カーテンの上にできてしまう隙間は、カーテンボックスを使って塞ぎましょう。

カーテンボックスにはデザインやカラーもたくさんの種類がありますので、部屋のイメージを変えることなく設置することができます。

●窓際に冷気ブロックパネルを置く

窓の下から入り込む冷気を遮断するように、窓の前に冷気ブロックパネルを置きます。

窓に立てかけるだけの簡単な方法なので、手間もかかりません。

少しの工夫をするだけでも、体感温度を大きく変えることができるはずです。

簡単で便利な隙間テープで隙間風をブロック!

窓のサッシの隙間には、隙間テープを貼りましょう。

簡単に隙間風を防ぐことができる隙間テープですが、その他に防音としての役割も持っています。

市販されているものには、用途に分けて様々な種類が売られていますので、状況や目的に合わせて使い分けるとよいでしょう。

隙間風を防ぐためには隙間テープ以外にも便利なアイテムがありますので、あわせてご使用してみてはいかがでしょうか。