窓用エアコンの利点・掃除の仕方・業者を選択するコツは?

壁掛け用のエアコンが使用できる環境下であるならばそちらを使用しているかと思いますが、そうではない場合には窓用エアコンを使用するという人が増加傾向にあります。

窓用エアコンは窓にセットすれば作動可能なので、とても画期的なアイテムです。

そこで今回は、窓用エアコンの利点・掃除の仕方・窓用エアコン掃除専門の業者を選択する際のコツについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マイホームの間取りはどう決める?成功例を見てみよう!

注文住宅でマイホームを建てる場合、どのような間取りにするか迷いますよね。実際、間取りに失敗し...

駐車場の床塗装・白線引きがしたい!DIYでのやり方を伝授!

「自宅の駐車場を塗装してみたい!」という、DIY好きな方はいらっしゃいませんか?自分で作業す...

木造と鉄骨の見分け方は壁と屋根を見よう!建物の構造は?

家は木造と鉄骨造の構造に分かれるということをご存知の方も多いでしょう。しかし、構造は建物...

新築を建てるなら駐車場の寸法が大事!縦列駐車はどうなる?

戸建てを考える場合、駐車場をどうするのかも大事な決め事になります。駐車場の大きさは、車の車種...

窓の外し方を詳しく解説!旧トステム~新リクシルの場合

日常的に外気や風雨にさらされる窓は、定期的に掃除しておきたい箇所です。しかしながら、窓そのも...

増築する際に必要な確認申請!概要や費用についてご紹介

増築を考えている場合、知っておきたい手続きに「確認申請」があります。増築は、好きなだけ増...

窓に素敵なカーテンを取り付けよう!正しい寸法の測り方

既製品でもオーダーメイドでも、窓に取り付けるカーテンを購入するときは、カーテンのサイズを調べる必...

エアコンの室内機・室外機から水漏れ!ドレンホースが原因?

私たちが生活を送るうえで必需品ともなってきたエアコンですが、室内機や室外機から水漏れが起きること...

鉄骨造の種類と坪単価を比較!店舗併用住宅の注意点は?

自宅を建てる土地が商店街の中にあったり人通りの多い道に面していたりする場合、1階を貸店舗にした店舗併...

納戸が物置状態に!クローゼットとの違いや納戸収納術を紹介

納戸は収納用に作られた部屋のことをいいます。1つの部屋として仕切ることで、収納した物を隠すこ...

間取りはどうする?ブログで得た家事動線を楽にするポイント

一生のなかで、おそらく一番高い買い物がマイホームなのではないでしょうか。リビングを見渡せるキ...

窓のサイズを見直してローコスト住宅に!規格品もコスパ良し

家のデザインや雰囲気、さらに快適性をも方向付ける窓。家を建てる際にはとても重要なポイントとな...

鉄骨造の家の特徴は?鉄骨造に合う外壁や外壁の種類をご紹介

大きな地震がいつか起こることを想定して、鉄骨造の住宅を建てる方が増えていると言われています。...

駐車場に砂利を敷くなら!メリットデメリットを確認しよう!

新築で駐車場が必要な場合、駐車場をどのようにするか決まっていますか?一般的に一軒家などでは、...

窓が大きいリビングはメリットよりもデメリットが多い!?

存在感のある大きな窓がリビングにあったらどうでしょうか。日当たりも確保できる上、いつでも解放...

スポンサーリンク

画期的な窓用エアコンを使用してみてはいかが

日本の夏は猛暑といわれているほど暑さが厳しいのが特徴的で、躊躇わずにエアコンを作動させてしまうほどです。

壁掛け用のエアコンが設置してあるお部屋であるならば問題はないのですが、そもそもエアコンがないお部屋もあるかと思います。

そのお部屋に壁掛け用のエアコンを設置したいと思っていても、お部屋のスペースや構造を考慮するとエアコンの設置を諦めてしまうという方も少なくはないのではないでしょうか。

その場合、扇風機を使うという選択肢もありますが、「扇風機だけでは暑すぎる」と誰もが口をそろえていうほど夏の暑さは厳しいので、物足りなさを覚えてしまうこともあるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、窓用エアコンと呼ばれる画期的なアイテムです。

こちらは取付枠を窓にセットして、窓にエアコンを設置してしまおうという優れものです。

あくまでも窓用エアコンなので、壁掛け用のエアコンのほうが広い範囲を涼しくしてくれる効果を持ち合わせています。

窓用エアコン使用時の範囲の目安とされているのが、6畳以下のスペースです。

窓用エアコンの利点は何か、掃除の際には業者に頼むべきかと気になる点が多いかと思いますので、順にご紹介していきます。

業者の方を頼らずに窓用エアコンをセットできるのも嬉しい

壁掛け用のエアコンの取り付けが困難である場合に、窓用エアコンを活用する人は増加しています。

そんな窓用エアコンですが、業者の方に依頼して窓に取り付けを行っているという方は少ないのが事実です。

前項でも少しふれましたが、窓用エアコンを窓にセットする流れは複雑な作業ではなかったですよね。

取付枠を窓に設置→窓用エアコンを入れるという2段階の作業だけで済んでしまいます。

窓用エアコンは比較的扱いやすいアイテムです。

そのため、自力で作業を済ませているのが一般的です。

その反対に壁掛け用のエアコンの場合には必然的に専門の業者の方に依頼することになるのが基本でしょう。

当然、その分ある程度の費用もかかってしまうという点も考慮しなければいけません。

自力で作業が済ませられる分、窓用エアコンは取り付けにかかる費用が生じないので、そこも嬉しいポイントではないでしょうか。

次項では、窓用エアコンの掃除についてお話を進めていきます。

業者の方に頼む前に!窓用エアコンの簡単な掃除をする習慣を

窓用エアコンをゲットしてしっかりと取り付けられると、きっと見事に活躍してくれるでしょう。

猛暑が続く夏の季節には、窓用エアコンを作動させて乗り切りましょう。

しかしながら、何度も何度も窓用エアコンを作動させているとどうしても汚れが蓄積されてしまうのが事実ですね。

汚れがあまりにも蓄積してしまうと、窓用エアコンの内部がひどい状態になってしまう恐れがあります。

こうなってしまうと、個人では手に負えずに専門の業者の方に依頼することが求められます。

そのため、個人でできる簡単な掃除を定期的に行うことを習慣にできるのが理想的です。

では、肝心の窓用エアコンの掃除とはどういった掃除なのかといいますと、「フィルター」を清潔にするということです。

単純明快ではありますが、フィルターだけが窓用エアコンで掃除可能とされている唯一の場所になります。

つまり、この部分だけしっかり行えば大丈夫だというわけですね。

フィルター掃除+内部乾燥で清潔な窓用エアコンに!

前項でお伝えした通り、窓用エアコンを大切に使用するためにも、長く稼動するよう寿命を延ばすためにも、定期的にフィルターの掃除を施すのが得策でしょう。

それにプラスして、窓用エアコンの内部を乾かしてあげるのも有効な手段です。

一般的な窓用エアコンには「内部乾燥」が可能となっており、そのような機能が備えてある傾向にあります。

思っているよりも窓用エアコンの内部というのは湿度が高い状態になりやすいです。

湿度が高い状態ですとカビを招く恐れがあり、健康面を考えるとそれは控えたいというのが本音ですよね。

見た目にも気持ちが悪いのがカビですので、なるべく招きたくないものです。

そこで役立つのが窓用エアコンの内部乾燥で、気になる湿気を飛ばしてくれる効果が期待できます。

どのように操作すれば良いのか迷ったら、取扱説明書を読んでみて確認をとってみてください。

もしかしたら、窓用エアコンの定期的なケアが難しくてできないという方もいるかと思います。

そのような人は専門の業者の方に窓用エアコンの掃除を依頼するのも良い判断でしょう。

窓用エアコンの掃除を業者の方に頼むのもおすすめ&有効な方法

「忙しいから」「面倒だから」などいろいろな理由から、窓用エアコンの掃除を定期的に行えずにいるという方も少なくはないかと思います。

日頃から行える窓用エアコンの掃除というのは、前項でお伝えした通り「フィルター掃除+内部乾燥」で済みますから、特に難しい作業ではないことがうかがえますよね。

時間に余裕がある方や掃除に抵抗感がない方はスムーズに取り組めるかと思いますが、なかなかそうもいかないという方は専門の業者の方に掃除を頼んでみてはいかがでしょうか。

窓用のエアコンをはじめ、エアコンの知識も豊富なはずですし、なりよりもプロの力を借りることで納得のいく仕上がりになるかと思われます。

費用がかかってしまうのはもちろんですが、清潔な衛生環境の保全、長期間の稼動が可能と、それだけの価値があるのでおすすめです。

そこで、次項では窓用エアコン清掃業者を選ぶときに着目したいポイントをお伝えしていきます。

掃除を依頼したい業者とは?ポイントを解説

「窓用エアコンの掃除を専門の業者の方に依頼したいな」とお考えの方に向けて、こちらの項では選ぶ際のポイントを解説していきます。

まずは、「損害賠償保険に入っている業者」を選択するのが鉄則だといわれています。

業者の方はその道のプロとはいえ、私たちと同じひとりの人間です。

もしかしたら、窓用エアコンの掃除を行っている際に故障や破損を引き起こしてしまう可能性もゼロではありませんよね。

そのため、多くの業者はこの対策として損害賠償保険に入っているといわれています。

念のために、何か起きたときに保険で対処可能な業者に依頼するのが優先です。

次に、「自社のホームページがある・法人登記を済ましている」という業者を視野にいれることが望ましいでしょう。

こちらはどちらも安心感の高さや信頼性を確認するうえで、重要なポイントとなっています。

特にホームページの記載内容でその業者について、信頼できるのかどうか察知しやすいです。

窓用エアコンも掃除を行うのが大切!

壁掛け用のエアコンを使用できない環境下にいたとしても、活躍してくれるのが窓用エアコンですよね。

長く使用するため、そして自らの健康を守るためにも汚れやカビが蓄積しないように掃除を行うのが理想的です。

もし、それが難しいという方は専門の業者の方に掃除の依頼をしてみるのもひとつの手段でしょう。