1Kのアパートで二人暮らしがしたい!これって契約違反?

はじめはアパートやマンションの1Kで一人暮らしをしていても、友達や恋人が家に遊びに来るたびに、いっそのこと二人で暮らしたいという気持ちになったことはないでしょうか。

二人暮らしで家賃を出し合えば、家賃の支払いも楽になりますよね。

しかし、一人暮らしから二人暮らしになった場合、契約違反にならないのでしょうか。

また、契約違反とみなされた場合は、どんなことが考えられるかを解説していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウォシュレットで水漏れ発生!水抜き栓のチェックや対処法

ウォシュレットの普及率は80%を超えており、もはや日本人にとっては不可欠なものといってもいいかも...

間取りの悩み解決!ブログで公開されている間取りから学ぶ!

家を新たに建てる際に、頭を悩ませることの一つが「間取り」でしょう。その家でこれから生活していくこ...

木造建築の継手や仕口って何?古来からの伝わる優れた技法

日本では古来より木造建築が多くあり、現在まで伝わる木造建築は国宝や重要文化財になるほど貴重なものも存...

窓や扉があればOKなクーラー!?小型の冷風機で夏を涼しく

毎年、記録的な暑さを更新している日本の夏。エアコンなしで過ごすと熱中症の危険もあり、なにか対策...

マイホームの庭に人工芝を敷こう!特徴や選び方などをご紹介

一戸建てのマイホームを建てるなら、庭に芝を敷いてみませんか?とくに人工芝を敷くのがおすすめです...

マイホームを建てるなら間取りで後悔したくない!注意点は?

マイホームを買う。人生を変えるといっても良いほど大きな買い物です。マイホームを買うという...

「ロフトのはしごは邪魔だ」と不評?メリットも多くある!

ロフトの付いている部屋に憧れて、ロフト付きの物件を探している方もいらっしゃるのではないでしょうか...

庭に駐車場をつくりたい!価格を抑えたいなら砂利がおすすめ

ご自宅の庭に駐車場をつくりたいと思ったとき、舗装方法に何を選びますか。駐車場をつくるための舗...

一戸建てに太陽光発電をつける!3kwでの収支はどれくらい?

一戸建てに住んでいる場合、一度は太陽光発電をつけたいと思われた方も多いのではないでしょうか。...

軽量鉄骨と木造の違いは?住むならどちらの構造の家を選ぶ?

軽量鉄骨と木造の違いをご存知ですか?新築や中古物件など、一戸建てを購入しようと考えている時、...

軽量鉄骨造と木造の建物、どちらが防音性が高いの?

建物にはいくつかの建築構造があり、その中に軽量鉄骨造と木造があります。一般住宅や2階建てアパ...

ドアノック(ドアノッカー)の真鍮金具でマイホームを洋風に

玄関の印象は、その家全体の印象を左右するかもしれない重要なものです。これから夢のマイホームを...

木造住宅で気になる「床のきしみ」原因と対策方法を知ろう!

木造住宅にお住まいだと、床を歩くたびに「キシキシ」「ミシミシ」といった、きしみ音が気になることは...

エアコンの室外機から水漏れ!これって故障しているの?

エアコンを稼動させているとき、室外機のまわりが水浸しになっていることはありませんか?ベランダ...

オートロックは開け方が簡単!?暗証番号だけは侵入の危険大

賃貸物件において、しっかりとした防犯対策が備わっていることは重要なポイントとなります。その中で...

スポンサーリンク

一人暮らしに人気の1K事情

キッチンスペースと部屋の間に扉がある1Kは、一人暮らしをする方のなかでも人気があります。

その理由としては、玄関と部屋の間に扉があることで、プライバシーの面や断熱性がワンルームよりも高くなることではないでしょうか。

また、調理中の煙やにおいが部屋に侵入しにくく、毎月の家賃が低く設定されているといった点もあります。

部屋の数は1部屋ですが、平均して6帖前後と、生活していくうえでは申し分のない広さです。

浴室とトイレが分かれている物件からロフト付きの部屋まで、友達や恋人を招きやすい間取りでもありますよね。

しかし、はじめは一人暮らしも快適のように感じますが、友達や恋人が帰ってしまえば、寂しい気持ちが押し寄せてきます。

ふと、「二人暮らしだったら…」と考えることもあるでしょう。

では、1Kのアパートやマンションで友達や恋人と二人暮らしをすることは、契約違反にならないのでしょうか。

単身者専用の1Kで二人暮らしをすれば契約違反

前項でもお話ししたとおり、1Kの物件は一人暮らしには十分な物件です。

そして、家具の配置や物の量を制限すれば、二人暮らしができない広さではありません。

部屋が広ければ広いほど、二人暮らしに対する思いは強くなるかもしれませんね。

しかし、住んでいるアパートやマンションが単身者専用の物件だとしたら、契約書を交わしている時点で二人暮らしはできません。

単身者専用物件は、一人暮らしの方が生活しやすい環境にある物件なのです。

同棲をしている恋人や子供がいるファミリー層では、ライフスタイルが大きく異なりますよね。

こうしたライフスタイルの違いから、生活音がしてしまうのは防ぎようがありません。

生活音がしにくく、静かに過ごしやすい環境にある単身者向けの物件は、こうしたメリットがあるがゆえに人気なのです。

しかし、そうした環境を妨げる可能性が二人暮らしにはあるため、単身者専用の物件ではNG行為となっています。

もしも単身者向けのアパートやマンションで二人暮らしを考えているのであれば、こうした行為は契約違反となりますので気を付けましょう。

契約書に名前が記載されていなければ契約違反となる

それでは、単身者向けではない1Kアパートやマンションでの二人暮らしは可能なのでしょうか。

単身者専用ではないため、契約違反にならないとお考えの方も、なかにはいらっしゃることでしょう。

しかし、アパートやマンションに住めるのは、契約書に記載されている契約者と、契約書に記載している同居人だけになります。

契約書に、一緒に住もうとしている友達や恋人の名前が記載されていなければ、契約違反とみなされてしまうのです。

アパートやマンションを貸している側からすれば、入居者がどんな人なのか把握しておきたいことですから、当然のことですよね。

契約違反とみなされれば、何らかのペナルティを受ける可能性もありますので注意しましょう。

では、二人暮らしをするわけでなく、友達や恋人が泊まりに来ることは許されるのでしょうか。

また、そこから一緒に住むことになった場合、どのような手続きが必要になるかをみていきましょう。

二人暮らしではなく半同居状態もNG?!

アパートやマンションで一人暮らしをしていると、友達や恋人が家に遊びに来ることは自然なことです。

一緒に過ごす時間が楽しくなれば、泊まっていくこともありますよね。

しかし、こうした行為は契約違反にならないのでしょうか。

一つの見方としては、友人や恋人がどのように部屋で過ごしているかがポイントになります。

一般的な感覚からしてみると、月に一度泊まりにくる程度であれば、同居や同棲をしているとは考えにくいですよね。

しかし、週の半分以上も泊っているとなると、同居しているとみなされても仕方がありません。

また、泊まりに来る相手の家財道具や私物が持ち込んであれば、半同居状態であるといえるのではないでしょうか。

半同居や半同棲に定義はありませんが、週の半分以上を寝泊まりし、相手の荷物が置かれていればそのような見方もされてしまうのです。

1Kのアパートやマンションでは、二人暮らしよりも断然一人暮らしが多いため、ほかの入居者が異変に気付くこともあります。

管理会社に連絡がいってしまうのも、時間の問題かもしれませんね。

もちろん、隠れて二人暮らしをすることは契約違反行為にあたりますので止めましょう。

契約違反にならないように契約内容を変更しよう

完全なる二人暮らしでなくても、契約違反とみなされれば管理会社や大家さんから改善を求められます。

この時点で解決していかなければ、信頼関係の維持ができないとされ、最悪の場合は退去勧告を出されてしまうこともあるので注意してください。

というのも二人で暮らしている場合、家賃を折半にして支払う傾向があるため、貸主側からすると同居が解消されたときに家賃の滞納が起きないかが心配になります。

また、1Kに住む人数が増えたことで、退去時の原状回復費用が増すことも予想されるからです。

友人や恋人が家に泊まることが多くなってきたら、二人で今後のことを相談し合いましょう。

話し合ったうえで、現在のアパートやマンションで同居する場合は、契約書の変更が必要になります。

人数が増えることで敷金や家賃の増額を求められることもありますが、ほとんどの場合は契約変更が可能です。

隠れてコソコソ暮らすのではなく、堂々と生活ができるように手続きしておきましょう。

二人暮らしなら1Kよりも1DK以上がおすすめ

現在のアパートやマンションで二人暮らしをはじめる場合、契約内容の変更が必要であるとお伝えしました。

同居人の手続きには、以下のような事柄を記入していきます。

・名前
・年齢
・職業
・勤務先

これらに加え、住民票など、身分を証明するものの提示が求められます。

もしも災害に遭った場合、安否の確認を行うためです。

こうした手続きを終えれば契約違反とならず、二人暮らしをスタートさせることができます。

また、これを機に引っ越しを提案してみるのもいいでしょう。

1Kでも二人暮らしは可能ですが、一緒に住みはじめると狭く感じてくるかもしれません。

気の合った友人でも、ときには一人で過ごしたいと思うこともあるでしょう。

恋人と二人で暮らしていれば、いずれは結婚、出産と家族が増えていく可能性もありますよね。

そうした場合、おすすめの間取りは、1LDK以上です。

二人でくつろげる広いリビングのほかに部屋が1つあるため、二人暮らしには十分な広さでしょう。

2DKになるとダイニングキッチンのほかに部屋が2つあるため、それぞれのライフスタイルを維持しながら暮らせます。

二人暮らしをする準備をしよう!

気に合う友人、大好きな恋人と一緒に暮らせたら、とても充実した生活になることでしょう。

しかし、賃貸物件においては、契約内容に記載されていない人物との同居は違反だとしています。

契約違反となるとペナルティを科せられる場合もありますので、管理会社や大家さんにきちんと報告しましょう。

契約を変更できれば、新しい生活のはじまりです!