NO IMAGE

集合住宅での問題!管理会社へのクレームにも言い方がある?

マンションやアパートに住んでいて、「住人による騒音や様々な問題で悩んでいる」という人もいるのではないでしょうか。

そのようなときに、感情的になってクレームを言うのでは相手にうまく伝わらず、問題解決につながらない可能性もあります。

ここでは、住んでいる物件の管理会社などへクレームを伝える際の言い方や、騒音を防ぐためのポイントなどをご紹介していきますので、対応に困っている人は、ぜひ、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

貸でも大丈夫!ブラインドの特徴と取り付ける方法について

「ブラインドを取り付けたい、でも賃貸だから穴を開けるわけにはいかないし…」そんな風に思っている方...

賃貸物件に関する疑問を解決!大家さんと管理会社の違いとは

マンションを借りるとき、まずは不動産屋さんに物件を紹介をしてもらって、大家さんと賃貸契約をするのが一...

木造アパートは騒音が心配?新築物件なら大丈夫?

部屋探しをしている時、木造アパートは周りの騒音が心配という人は多いようです。木造に比べて鉄筋コン...

私道にまつわるトラブルとは?迷惑駐車などはどう対処する?

近隣トラブルの中でも多いものの一つに、私道への路上駐車などによる通行妨害があります。公道とは...

窓ロックで防犯効果をアップ!100均でも見かけるアイテム!

「まさか自分の家が侵入者に狙われるはずがないだろう」と油断するのは禁物です。いつ侵入者に狙われ...

家賃の自動引き落としを停止するためにはどうしたらよいか?

引っ越しすることが決まって、これまで家賃を銀行から自動引き落としで支払っていた場合、引き落としを停...

家賃自動引き落としについて知っておきたいことと手続き方法

家賃の支払いといえば、どのような方法を思い浮かべますか?また、現在自分の住んでいる賃貸物件の家...

家賃が給料の半分を占める生活は果たして成り立つのか?

一般的に、家賃は収入の1/3以内がよいといわれていますが、現実はけっこう厳しいようです。東京2...

窓に隙間テープを取り付けて防音効果を実感しよう!

「隙間テープ」は、使ったことがなくても名前を聞いたことがある方は多いアイテムかと思います。防寒...

親との同居が決まったら考えよう!間取りで失敗しないために

親との同居が決まったら、まず考えなければならないのが住居スペースの間取りについてではないでしょう...

玄関のインターホンの音が鳴らない!?原因と対処方法は?

玄関のインターホンが鳴らないと、来客や宅配便などが来ても気づくのが遅れてしまいますよね。それ...

家賃は妻の仕事の経費に計上できるのか?夫名義の賃貸の場合

専業主婦だった妻が在宅フリーランスの仕事を始めた場合、翌年の2月~3月に初めての確定申告をすると思...

窓の網戸はどう選ぶ?窓の開け方次第でも虫が侵入は防げる?

気持ちのよい天気のときは窓を開けて、部屋の空気を入れ替えたいですよね。そんなとき、外から虫が室内...

ベランダに洗濯機を置く場合の洗濯用品の収納はどうする?

賃貸住宅などで、洗濯機置き場がベランダにある場合に、風雨による洗濯機の傷みが気になります。また、...

新築前に容積率や建ぺい率を知っておこう!オーバーしたら?

家を新築しようと決めて、どのような間取りにしようかと考えている時は楽しいものですよね。しかし...

スポンサーリンク

集合住宅に住んでいると起こり得る問題

賃貸や分譲にかぎらず、マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいると、隣人や管理会社へクレームを伝えたくなるほどの問題が起こる可能性もあります。

具体的にどのような問題が起こり得るかは次のようなことです。

●生活音などの騒音

集合住宅での問題として多く挙げられるのは、深夜や早朝の時間帯の生活音や子どもが走ってたてる足音、仲間との騒ぎ声、テレビや音楽の大音量などの「騒音」があります。

●ペットの飼い方

ペット可の物件では、ペットを飼っている人がいることは承知で入居しますが、フンや尿の始末などをきちんと行わないと、ニオイに対してのクレームが出る可能性があります。

●駐車場の使い方

集合住宅では、駐車場も位置は決められてはいるものの、共同で使うことになります。

決められたスペースよりはみ出していたり、長い時間エンジンをかけたままでいたりするなどの行為がクレームのもととなるでしょう。

これらの問題をクレームとして伝える際の言い方について、後ほどご紹介していきます。

クレームを直接言いたい!言い方を考える前に管理会社へ

前章で挙げたような集合住宅での問題に対してのクレームを、その原因となっている住人へ直接言いたくなることがあるかもしれません。

しかし、突然その部屋へ訪問して、直接クレームを言うことにより、問題が解決するどころか「トラブルに発展してしまう」というケースは少なくありません。

テレビのニュースでも、隣人トラブルがもとで起きてしまった事件も聞かれるほどです。

問題のある住人へ言いたいことをどう伝えようかと言い方を考えて、実際に行動にうつしてしまう前に、まずは、その物件の大家さんや管理会社へ相談をしましょう。

しかし、クレームの言い方によっては、すぐに対応してもらえなかったり、流されたりする場合もあるかもしれませんので、管理会社などへ相談をする前に伝えることをまとめておく必要があります。

そのクレームの言い方のポイントについて、次章からご紹介していきますので、参考になさってください。

隣人や上下階からの騒音に耐えられない!管理会社へのクレームの言い方

先述したように、集合住宅でよくある問題としてあるのが、騒音のトラブルです。

上の階の子どもが走る足音がうるさいなどのように、「子どもだから仕方ない」と思うことでもありますが、度がすぎるとクレームを言わずにはいられなくなる場合もあるでしょう。

また、隣りの部屋から深夜になってもテレビや音楽の大きな音が聞こえるというのも、睡眠の妨げともなり、耐えがたいこととなります。

そこで、直接その住人へクレームを伝えるのではなく、管理会社などに相談をする場合にも、言い方に気をつけたいポイントがあります。

まずは、伝える必要のある事項をまとめましょう。

・どこのマンション・アパートに住んでいるか
・自分の名前
・困っていること(詳しい時間帯なども)
・どうしてほしいのか

電話やメールなど、どのような手段にしても、上記の事項について明確に伝えることが大切です。

特に、「どうしてほしいのか」がはっきりしているかしていないかによって、管理会社の対応も変わってくるかもしれません。

管理会社へのクレームの言い方を考えること以外にできること

集合住宅でのクレームを管理会社などへ伝える際の言い方についてはおわかりいただけたでしょうか。

問題解決のための対応をしてもらうためには、クレームを伝える際の言い方に気をつけるだけではなく、他にもできることがあります。

それは、騒音となっている実際の音を録音や動画として残し、そのデータを管理会社などで確認してもらうことです。

夜間や深夜などの時間帯での騒音を管理会社の人に実際に聞きに来てもらうことは難しいことです。

そこで、そのようなデータとして残しておくと、状況を確認しやすくなり、的確な対応も行なってもらえることが期待できるでしょう。

また、隣人の生活音などが気になる場合に自分で行なうことが可能な対策もあります。

●音が聞こえてくる壁側に本棚やタンスなどの大きめの家具を置く

●壁に遮音材などを貼る

などということです。

大きめの家具を壁側に置いたり、遮音材を貼ったりすることにより、隣りの部屋からの音を遮ることにつながるでしょう。

反対に管理会社からクレームを伝えられた場合

これまで、自分が管理会社に対してクレームを伝える際の言い方などについてお話ししてきました。

しかし、ときには、反対に自分が別の部屋の住人からクレームを言われる側になることもあるかもしれません。

もし、「子どもの足音がうるさい」などのクレームを言われた場合には、どのような対策をとることができるのかご紹介します。

●床に防音カーペットやシートを敷く

下の部屋に足音が響いてしまうのは、建物の構造なども原因となります。

床に、防音性のあるカーペットやシートを敷くことにより、下へ響いてしまう音を軽減することにつながるでしょう。

管理会社などからしつこくクレームを言われる前に、試してみてはいかがでしょうか。

●防音カーテンをつける

カーテンを防音性のあるものにすることによっても、部屋のなかの音が漏れることを防ぐことにつながります。

防音性のあるカーテンは、断熱や遮光に関しても効果があるとされていますので、様々なメリットが期待でき、おすすめです。

クレームを言う必要のないような物件を選ぶためには?

集合住宅でのクレームを管理会社に伝えるための言い方についてお話ししてきましたが、できることならば、クレームを言う必要のないような物件に住みたいものです。

そこで、できるだけ騒音などの問題に悩まされないような物件を選ぶためのポイントをご紹介します。

●最上階や角部屋を探す

最上階の部屋に住んでいれば、上の階からの足音などの騒音で悩むことはなくなります。

また、角部屋であれば左右の片方にしか部屋がありませんので、隣りの部屋からの生活音などが気になることが軽減されるでしょう。

●隣や上下階の部屋に子どもやペットがいるか確認しておく

物件を探している段階で、不動産会社の人に住人の状況を確認することも大切でしょう。

可能であれば、過去に騒音トラブルがなかったかどうかも聞いておくことがおすすめです。

問題のある物件に入居してしまってからでは、管理会社へ相談をしても解決するのが難しい場合もあります。

最初からできるだけ問題のない物件を選ぶために、これらのようなことを事前に確認しておくと良いでしょう。

クレームを伝える際は必要事項をまとめよう!

集合住宅での騒音問題などで悩み、クレームを管理会社に伝える際には、ここでご紹介した必要事項をまとめ、どうしてほしいのかを明確にしてから伝えることが大切です。

感情的になって自分の気持ちを伝えるだけでは、管理会社側も対応に困ってしまいます。

わかりやすくクレームを伝え、しっかりと対応してもらいましょう。

また、お互いに快適な生活を送るために、自分でもできることを試してみてはいかがでしょうか。