アパートの清掃は大切!清掃の仕事ができないなら委託する!

アパートの経営をしている方によっては、建物や周辺の清掃が大変だと感じる方もいることでしょう。

アパートの周りに雑草やゴミが落ちていれば、新しく入居者を募集したとしてもなかな入居してもらえないということもあり得ます。

また、建物や周辺だけでなく、部屋のなかが綺麗にされていない場合も同様です。

清掃をすることが難しいのであれば、アパートの清掃の仕事を引き受けてくれる管理会社や業者に委託するのはいかがでしょうか。

今回は、アパートの清掃が必要な個所や清掃をするメリット、アパートの清掃の仕事を委託することに関してお話しします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

引っ越しでアパートのガスコンロを買う場合のサイズ選び

引っ越しなどでガスコンロを買わなければならないことがあります。アパートなどに備品としてついてい...

隣人と良好な関係をキープ!騒音予防は一戸建てでも行う!

「一戸建てだから騒音問題は引き起こさないだろう」と、思ってはいませんか。共同住宅と比較しても...

アパートに居住する子供のいる家庭の騒音トラブル解決法

子供は子供らしく元気が一番!と見守りたいところですが、住んでいるところが賃貸アパート、となれば話...

アパートの防音対策!子供の足音を床に響かせないためには?

やんちゃ盛りの小さな子供がいるご家庭では、部屋のなかを走り回ったり、飛び跳ねてしまうことは日常茶...

旗竿地の購入は後悔するだけ?!ブログで学ぶ成功例

住宅を建てる場合、旗竿地という言葉を聞いたことがあるかもしれません。旗竿地とは、狭い通路の延...

アパート探し中の車所有者の方必見!駐車場が狭い場合の対策

これからアパートの物件を探す方や現在住んでいる方で、車を所有しているという場合も多いのではないで...

アパートでもできる!キッチンをおしゃれにする方法をご紹介

アパートなどの賃貸物件では、昔ながらのシステムキッチンだったり、狭いスペースに小さなシンクとコン...

アパートで一人暮らしをするときのレイアウト~1Kの部屋編~

アパートの1Kの部屋で一人暮らしを始めるという方はいませんか。1Kという間取りは広さに限りが...

アパートの洗濯機から水漏れがあったときはどうすればいい?

アパートに住んでいると、自分だけでは解決できない問題が出てくるのものです。洗濯機からの水漏れ...

アパート契約でキャンセル料が発生?その契約と注意点とは?

せっかく気に入ったアパートを見つけても、やむを得ない事情でキャンセルを避けられないことがあります...

アパートの苦情を直接注意するのはNG!相談はどこにする?

アパートに住んでいれば、誰でも騒音などのトラブルに巻き込まれる可能性は考えられます。耐え切れな...

建売住宅を購入するなら?オプション設備のおすすめを調査!

新築で戸建ての住宅を購入する場合には、注文住宅か建売住宅かになるでしょう。建売住宅は、土地を...

狭いアパートでも大丈夫!簡単にできるキッチンの収納術

キッチンが狭くて収納するスペースが足りないと、鍋や調味料が出しっぱなしになってしまったりして、ス...

アパートで音楽を楽しみたい!騒音トラブルを予防しよう

世界には多種多様な音楽のジャンルがあり、人それぞれによく聴くようなお気に入りの音楽があると思いま...

アパートに引っ越ししたら挨拶は必要?挨拶の基本的なマナー

アパートに引っ越しをする時には、新たな地でお世話になる近隣住民に対して、引っ越しの挨拶は欠かさずした...

スポンサーリンク

アパートの部屋のなかの清掃には何が必要?

アパートの清掃は、建物や部屋の大きさによっては手が回りきらないこともあるため、清掃の仕事を引き受けてくれる業者や管理会社に委託している方も多いでしょう。

先に、どんな清掃が必要なのかを部屋の清掃から見ていきましょう。

前の入居者が退去してからハウスクリーニングが入りますが、空き室になっている間も定期的に清掃が必要です。

空き室である部屋を清掃する理由は、物件を見に来た方が「ここに住みたい」と決めてもらうためにも、良い状態にしておくためです。

・掃除機やほうきなどで床のホコリを取る
・壁紙にカビが生えないようにするために、空気の入れ替えをする
・ベランダのゴミ拾い

また、これ以外にも、室内の設備の定期点検も併せて行う必要があります。

例えば、換気扇の異常はないか・壁紙の剥がれはないか・照明器具が付いて入れば電球は切れていないか・排水設備のチェックなどをします。

いつも清潔を保っておき、いつでも入居できる状態にしておくために行うものです。

アパートでは共用部分の清掃も必要!

定期的に室内の清掃をしておくと、内見に来た方も気持ちよく部屋を見ることができますが、他にも建物周辺や共有部分の清掃も必要です。

室内に比べて共有部分や建物周辺となれば、清掃する範囲も広いためそういった仕事を全て業者や管理会社に委託している方もいるでしょう。

共有部分や建物周辺の清掃には、次のようなものがあります。

・草取り
・共有部分の掃き掃除
・ゴミ拾い
・モップがけ
・エントランスのドア拭き

草がうっそうと生い茂っていたりゴミが落ちていたりすれば、内見に来た方だけでなく既に入居している方も気持ちのいいものではありません。

清掃を行う頻度は経営者によっても大きく違いますが、大体週に2~3回から1ヶ月に1回はアパートを訪れて清掃をしている方が多いです。

また、設備や建物の点検を定期的に行うことで、早期に問題を発見することができるというメリットもあります。

清掃を定期的に行うことは清潔を保つなだけではない!

アパートの経営者にとって、部屋は満室の状態が理想であり、空室の状態はできるだけ避けたいものです。

全ての部屋を満室にしておくためにも、常に、空いている部屋や建物周辺・共有部分などを清潔に保つことが大切なので、「清掃はやるべき仕事」として認識しておきましょう。

さらに、定期的に清掃をすることは、清潔になるということ以外にこんなメリットもあります。

●不法投棄を防ぐ

ゴミ置き場が綺麗な状態であると、不法投棄を防ぐことに繋がりやすくなります。

ゴミ置き場がゴミであふれかえり、散乱している状態であると「誰も管理していないのだから」とゴミを捨てていく方もいるといいます。

しかし、ゴミ置き場が清潔な状態であると、しっかり管理されているということから周囲の目が気になり不法投棄をしにくくなるともいわれています。

●空き巣や放火の対策になる

空き巣は、侵入しようとしている建物の下見にくることが多いといいます。

頻繁にアパートの経営者が清掃をしに来ていることによって「管理が行き届いているから」と諦めることもあるといいます。

また、建物周辺に燃えやすいゴミが落ちていないかなどをチェックすることも、放火を未然に防ぐことに繋がるとされています。

アパートの清掃の仕事ができない!そんなときは?

アパートの経営者が清掃をすると、自分の目で建物や部屋の劣化を確認でき、問題に対して早期に気づくことができるというメリットもあります。

また、入居者がどんな方かを知ることもできるでしょう。

しかし、アパートから離れたところに住んでいる方は、定期的に清掃をすることは難しくなります。

そんなときは、管理会社に委託してみるのも1つの方法です。

賃貸経営をする上で必要な業務は、管理会社に費用を払うことでその業務を委託することができます。

管理会社によっては、どの業務を委託するのかを細かく設定することもできるので、アパートの清掃の仕事ができないような場合には、清掃業務のみの費用を払って委託してみてはいかがでしょうか。

費用は管理会社によっても異なりますが、清掃や点検など業務ごとに費用が設定されているところが多いといいます。

管理会社から専門業者に清掃の仕事を委託することも?

自分でアパートの定期的な清掃をすることが難しい場合は、管理会社に委託する方法もあるとお伝えしましたが、管理会社も清掃に関して精通しているとは限りません。

管理会社によっては、自社社員ですべての業務を行っているところもありますが、それはとても稀だといいます。

ほとんどの管理会社は、それぞれの専門業者に再委託をしているケースが多くあります。

たとえば、エントランス部分のコーティング剤が剥げてしまった場合は、管理会社からコーティングの専門業者に委託します。

掃除機をかけたり草取りをしたりなど、どんな方でもできるような仕事は再委託しないこともありますが、その判断は管理会社によっても異なります。

再委託となれば、再委託された専門業者の見積りの上に管理会社の管理費用が上乗せされた見積りが出されることもあるので、管理会社に内訳をしっかりと聞くようにしましょう。

清掃の仕事を直接業者にお願いする手もある!

アパートまでの距離が遠いとこまめに清掃するのは難しいですし、管理会社に頼んだとしても自社社員で全てを行っているところは少なく、再委託していることが多いとお話ししました。

そうなると、管理会社の管理費用に再委託された業者の費用が上乗せされるケースもあるので、費用が割高になる可能性もあります。

アパートを経営するのにあたって清掃は必要なものではありますが、清掃にかかる費用は抑えたいところですね。

できるだけ費用を安く済ませるならば、直接清掃業者に清掃の仕事を委託するのも方法の1つです。

業者によって清掃のアプローチの方法は異なりますが、日常的な清掃と定期的な清掃があるといいます。

日常的な清掃は、文字の通り頻繁に行われる清掃のことをいい、部屋・階段・エントランスの掃き掃除やモップがけ、エントランスなどにあるガラス拭き、ゴミ置き場の清掃などです。

定期的な清掃は、床にワックスをかける、エアコンや換気扇の清掃などがあります。

また、アパートの経営者によっては「換気扇の清掃だけやってほしい」など一部のみの清掃を希望される方もいらっしゃるかもしれません。

業者によっては、必要な部分だけの清掃の委託を受けているところもあるといいます。

しかし、金額が必ずしも安く抑えられるとも限らず、管理会社や管理会社が再委託した方が費用が安く済むという場合もあり得るので、多数から見積りを出してもらうといいでしょう。

アパートは清潔を保とう!

アパートの経営者にとって、自分の物件が満室になっていることは嬉しいことですね。

「ここに入居したい!」と思ってもらうためには、建物や建物の周辺・部屋などを清掃し、清潔を保つことも大切なことの1つです。

もしも、自分で清掃するのが難しいのであれば、管理会社や業者に委託するのもよいでしょう。

ただし、会社によって金額が異なる場合もあるので、さまざまなところから見積りとって検討してみましょう。