モルタルは必要?不要?DIYでも簡単な花壇の作り方をご紹介

花壇を自分で作ってみませんか?

ゆっくりと時間をかけて自分好みの庭を作りたい場合や、費用をなるべくおさえたい場合は、DIYがおすすめです。

DIYが初めでも見栄えのよいしっかりした花壇が作りたい場合は、モルタルやレンガを使う必要があります。

こちらでは、初心者でも簡単にDIYできるモルタルを使った花壇の作り方から、モルタルなどを使わなくても作れるおしゃれな花壇の作り方まで、いろいろな方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【天井造作】使用素材・下地の組み方について学ぼう!

今回は、空間の快適さを左右する「天井造作」を取り上げます。普段生活していて、天井について考え...

玄関にチャイムで大丈夫?テレビドアホンを取り付けると便利

家に来客があったとき、知らせてくれるのが玄関のチャイムです。何かに夢中になっていても、チャイ...

サイディングの張り方・塗装は難しい!DIY上級者でもご注意

外壁リフォームは、業者に依頼するのが一番安心ですが、長年DIYを趣味にされている方は挑戦してみた...

賃貸住宅におすすめ!「窓用エアコン」の取り付け方や選び方

エアコンというと、壁に室内機が設置されていて外に室外機があるような「壁掛けエアコン」をイメージされる...

換気のための窓の開け方!窓用換気扇や隙間の使い方もご紹介

毎日暮らしているなかで、日中は仕事に出かけているため、「部屋にいる時間はあまりない」という方も多...

窓の寸法や形状を知りたい!図面から読み取る方法を解説

新築やリフォームの図面を見ていると新たな生活のイメージが膨らみますね。そんなとき、窓の形状に...

納戸が物置状態に!クローゼットとの違いや納戸収納術を紹介

納戸は収納用に作られた部屋のことをいいます。1つの部屋として仕切ることで、収納した物を隠すこ...

ソフト巾木の交換で部屋の雰囲気を変えよう!自分で行う方法

家の内装を決めるときに「巾木(はばき)」という言葉を聞くことがあります。あまり馴染みのない言...

モルタルとは?セメントに配合する材料や比率がポイント!

家を建てる、あるいはリフォームの際に「モルタル」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。し...

嬉しい利点があるけど窓が大きいときは寒いの?寒さ予防を!

大きいサイズの窓が設置してあるお部屋だと、開放感が感じられたり、室内空間が明るくなる作用が見込め...

軽量鉄骨造のメリット・デメリットは?賃貸をお考えの方必読

アパートなどの賃貸物件を見ていると、建物の構造の種類に「軽量鉄骨」と書かれているのを見かけること...

駐車場経営でコンクリート舗装するなら!厚さはどれくらい?

駐車場経営は土地活用のひとつとして人気があります。アパート経営などに比べて初期投資が安く...

木造と鉄骨の見分け方は壁と屋根を見よう!建物の構造は?

家は木造と鉄骨造の構造に分かれるということをご存知の方も多いでしょう。しかし、構造は建物...

ドアチャイムの音や音量は変えられる?!故障の原因とは?

みなさんのご自宅にはドアチャイムはありますか?ドアチャイムを新しいものに買い替えると、「音が大き...

窓が大きいリビングはメリットよりもデメリットが多い!?

存在感のある大きな窓がリビングにあったらどうでしょうか。日当たりも確保できる上、いつでも解放...

スポンサーリンク

DIYで家に花壇を作ろう!

玄関や庭など、目に留まる場所に花がある家は素敵ですよね。

色とりどりの花や緑は周りを明るくし、家や外の空間をおしゃれに引き立たせてくれます。

庭や玄関先、道路に面したちょっとしたスペースなどに、花壇を作って花や緑で飾りたいと思う人は多いのではないでしょうか。

このように「自宅に花壇が欲しい」思った場合は、業者に依頼するだけでなく、DIYで自分で手作りするのも一つの方法です。

どんな花や緑の植物を植えるか自分で選ぶように、花壇の囲いも一から手作りできたら、よりガーデニングを楽しむことができるのではないでしょうか。

また、DIYで作れば材料費のみで済むため、費用を抑えることもできます。

では実際に、DIYでどのような花壇を作ることができるのでしょうか。

壁やレンガ積みによく使われる「モルタル」を使った本格的な花壇から、囲い材を置くだけの簡単施工の花壇まで、DIY初心者の人でも、失敗が少なく簡単に作れる方法をご紹介していきます。

DIYで作ってみよう!モルタルを使った「レンガの花壇」

レンガ積みの花壇と聞くと、かなりハードルが高いように感じますが、使うレンガの種類を工夫すれば、DIY初心者でも簡単に花壇が作れます。

レンガには、しっかり角のある直方体のものもありますが、初心者の場合は「アンティーク調のレンガ」がおすすめです。

凸凹した質感で角に丸みがあるアンティーク調レンガは、多少積み方が乱れても、違和感なくおしゃれな出来栄えにすることができます。

それではまず、モルタルを使った「レンガの花壇」の材料からご紹介します。

●材料

・土台に使うレンガブロック
・アンティーク調ミックスレンガ
・アンティーク調レンガのピンコロハーフ
・ドライモルタル(インスタントモルタル)
・水

土台になるレンガは一番下に置かれるため、おしゃれなアンティーク調ではなく、安定性の高い、角のある「レンガブロック」を用意します。

上へ積むレンガには、アンティーク調で色合いに違いが見られる「ミックスレンガ」を使います。

さらに、レンガの隙間を埋めるためのハーフサイズの「ピンコロレンガ」も用意しておきましょう。

レンガの数は、作る花壇の大きさによって変わってきます。

レンガ一つの大きさと、花壇全体の大きさから数を割出して用意しておきましょう。

ドライモルタルは水を入れて練り上げ、ペースト状にして、レンガ同士の接着させる目的で使用します。

ホームセンターやネットショップ等で、それぞれの材料を購入しておきましょう。

モルタルでしっかり仕上げるレンガ積み花壇のDIY方法

モルタルを使った花壇作りでは、材料を揃える他に、モルタル用の道具を揃える必要があります。

用意する道具は以下の通りです。

●道具

・トロ船
・バケツ(モルタルの練り上げ用)
・バケツ(水くみ用)
・シャベル
・コテ、ヘラ
・水平器
・スポンジ
・ゴム手袋

これらも、ホームセンターやネットショップで購入できるので、準備しておきましょう。

それでは、上記の道具を使ってどのようにDIYしていくのか、具体的な方法をご紹介します。

●DIY方法(レンガ積みの下準備)

①レンガを水に浸す

レンガが乾いていると、モルタルの水分が奪われ接着力が失われてしまうため、レンガは、前もって水に浸しておきましょう。

トロ船に水を張り、レンガを浸しておきます。

②花壇の完成形をイメージして土台のレンガを置く

③位置が決定したらシャベルで印をつける

④レンガを一旦退かし、印に沿って溝を掘る

土台となるレンガブロックが半分程度埋まるくらいの溝を掘ります。

⑤掘った溝を踏み固める

ここまでが、まずレンガ積みの下準備となります。

次の作業からは、モルタルを使うので、手早く行うようにしましょう。

DIYの腕の見せどころ!モルタルを使ったレンガ積みの方法

前項に引き続き、モルタルを使った「レンガ花壇」のDIY方法をご紹介します。

●DIY方法(レンガの積み方)

⑥モルタルを準備する

モルタルの説明書通りに水を混ぜ、コテで練っていきます。

このときゆるくなり過ぎないように注意しましょう。

⑦溝にモルタルを敷きつめる

掘って踏み固めた溝に、モルタルを敷きつめていきます。

砂利を敷いてからモルタルを敷きつめれば、よりしっかりした土台を作ることができますが、花壇のような低いレンガ積みの場合は砂利を使わなくても問題はありません。

⑧モルタルの上にレンガを乗せて並べる

モルタルが乾かないうちに、土台のレンガブロックを強めに押し込んで固定させ並べます。

⑨水平器で水平確認を行う

一段目が傾いていると全体的に傾きが出てしまうので、水平器を使ってしっかり水平確認しておきましょう。

⑩レンガとレンガの間(目地)にモルタルをつめる

目地幅は、13~15mm程度にし、コテやヘラを使ってモルタルを埋めていきます。

⑪二段目以降、段ごとにモルタルでレンガを固定する

二段目以降は、下段のレンガと位置をずらしてのせて行きます。

一段目のレンガの上に、モルタルを1cmほどの厚みで塗り、二段目のレンガをのせまましょう。

このとき、モルタルがレンガからはみ出ないよう、レンガの端まで塗らないようにします。

レンガからモルタルがはみ出てしまうと、拭き取る作業に手間がかかってしまい、見た目もよくありません。

横目地は、少し引っ込んだ状態になるように塗るのがポイントです。

レンガ同士の間に生まれる中途半端な大きさの隙間には、ピンコロハーフを入れて調整します。

また、積み上げていく途中では、水平器を使ってこまめに水平を確認していくとよいでしょう。

⑫目地を整えて完成

最後に目地をなぞり、整えたら完成です。

モルタル等で汚れた部分は、水を少量含ませたスポンジで拭き取りましょう。

モルタルは接着用途だけではない?!「モルタル下地仕上げ」のシンプル花壇

モルタルを使ったレンガ仕様の本格的な花壇のDIY方法をご紹介してきましたが、次にご紹介するのは、モルタル下地のみのシンプルな花壇です。

あえてモルタル下地のまま仕上げる、モルタル特有の灰色を活かしたシンプルな花壇も、おしゃれで比較的簡単にDIYすることができます。

それでは、「モルタル下地仕上げの花壇」の材料とDIY方法をご紹介します。

●材料

・ブロックレンガ(灰色ブロック)
・ドライモルタル(インスタントモルタル)
・水

●DIY方法

①ブロックレンガで花壇の囲いを作る

花壇の囲いとなる壁を、ブロックレンガを積んで作っていきます。

レンガ積みと同じ要領で、溝を掘り、土台を敷いた上に、ブロックレンガを積み重ねていきます。

詳しい作り方は、前にご紹介した「レンガ花壇」のDIY方法を参考にしてください。

使用するレンガは、モルタル塗りで隠れてしまうため、灰色であれば安いもので構いません。

②作った囲いのブロックレンガを十分に湿らせる

水を混ぜて練り上げて作るモルタルは、水分が奪われるとボロボロした状態になり、上手く塗ることができなくなるため、塗る本体であるブロックレンガをしっかり湿らせておく必要があります。

③モルタルを塗って仕上げる

コテを使い、均一な厚さになるように塗っていきます。

コテの使い方のポイントは、進行方向を少し浮かせた状態で動かすことです。

最初は凸凹であってもある程度塗り広げ、仕上げの段階でコテを真っ直ぐに当て、表面をならしていくようにしましょう。

腕前によってモルタル仕上げのできは変わってきますが、手作りならではの良さも出るので、ぜひチャレンジしてみてください。

モルタルを使わない!置くだけで作れる簡単な花壇

これまで、モルタルを使った本格的な花壇のDIY方法を2つご紹介してきましたが、「モルタルのような手の込んだDIYは無理」という方に、置くだけで作れるおしゃれで簡単な花壇をご紹介します。

●レンガを縦に埋めるだけの可愛らしい花壇

レンガを重ねた頑丈な囲い式の花壇ではなく、レンガの並べ方を工夫して作る可愛らしい花壇です。

花壇を作りたい場所に溝を掘り、レンガを縦方向に使い、溝に沿って埋めていきます。

このとき、すべて同じ高さにするのではなく、高さに違いを持たせて並べていきましょう。

庭の一角や、小さなスペースに最適な可愛らしい花壇です。

●「らくらくレンガ」を使った花壇

ネットショップで検索すると、「らくらくレンガ」という商品が見つかります。

このレンガは、元々固定用の穴が開けてあるため、専用のの目地板を使って組み立てるだけで、簡単に本格的な花壇を作る事ができます。

接着材の必要もなく、失敗することがないため、女性でも簡単にDIYすることができる優れものです。

色も豊富で、さまざまな形の花壇が作れるため人気の商品です。

●「レンガ風花壇ブロック」を使った花壇

この商品は、コンクリート素材でレンガ風に作られた花壇材で、複数のパーツを組み合わせることで、本格的なレンガ花壇を作ることができます。

レンガを四段積み上げた状態のパーツなので、しっかりとした囲いの花壇を作りたい方におすすめです。

こちらも、組み立てるだけなので、簡単にDIYすることができます。

このように、ネットショップやホームセンターを覗いてみると、いろいろな種類の花壇材が販売されているので、興味のある方は、自分の好みにあった材料を探してみるとよいでしょう。

DIYで自分好みのおしゃれな花壇をつくってみよう!

四季折々の花が咲き乱れる家は、憧れですよね。

花壇から手作りして、自分好みの庭が作れたらさらに愛着が湧くのではないでしょうか。

DIYで作る花壇には、モルタルなど本格的な材料を使ったものから、置いて組み立てるだけの簡単なものまで、さまざまな方法があります。

自分でもできそうな方法を選んで、おしゃれな花壇のDIYにぜひチャレンジしてみてください。