Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

アパートの住民から生活音が原因で苦情が!対処法は?

2019.10.3

アパートで暮らしている人は騒音問題が生じないように、マナーを守って生活することが求められます。

しかしながら人によって事情はさまざまで、ときにはアパートの住民から生活音が原因で苦情を受けてしまったということもあるでしょう。

今回は、どのようなパターンで苦情を受けると考えられるのか、アパートの住民から苦情を受けたらどう対処すると良いのかなどについて記載していきます。

アパートの生活音!人によっては苦情を言いたいと思わせてしまう

アパートといった共同住宅にお住いの方のほうが「騒音問題」に敏感になってしまっているといえますよね。

しかし、同じ生活音でも騒音問題にまで発展してしまうか、しないかという点には違いがみられます。

周囲の部屋にはいろいろな人が暮らしており、「ライフスタイル」が違えば「価値観」も異なっています。

また、子供がいる・いない、独身か、などの状況も深く関わってくる部分だといえます。

さらにペットを許容している物件であれば、なかにはペットを飼育している人もいますし、飼育していない人もいることでしょう。

そのため、思いもよらないことで相手の人から騒音の苦情を伝えられてしまう可能性があることを念頭においておくようにしましょう。

アパートなどの共同住宅にお住いの方は騒音と捉えられないように、マナーを守るのが暗黙の了解といえます。

気をつけられる部分(時間帯や音量など)は予め気をつけておくことに越したことはありません。

アパートの生活音は人によっては苦情を言いたいと思わせてしまうことだという点をおさえておきましょう。

生活音での苦情のパターンを考えよう

アパートの生活音が原因で苦情を言われてしまうというケースは少なくはないのですが、一体どのような感じで相手からの苦情を受けてしまうのでしょうか。

こちらの項では生活音での苦情のパターンを考えてみましょう。

まず挙げたいパターンとしては、「壁を叩かれる」というパターンでしょう。

人によってはドンドンと音が響き渡るくらい叩いてくる場合もあり、こちら側としては恐怖さえも覚えてしまうほどですよね。

こちらのパターンは「この部屋からの騒音の可能性が高い」ということを踏まえてしてきます。

相手に相当なストレスがかかっており、手っ取り早く騒音をなくしたいという気持ちを持っている可能性があると考えられます。

次に挙げたいパターンとしては、「口頭で苦情を受ける」というパターンでしょう。

強めの言い方で苦情を伝えられることもあります。

そういったときでもこちら側も強い言い方になるのではなく落ち着いて誠意をもって対応することが求められます。

穏便にアパートでの苦情を知らせる人は管理会社にいう

先ほどからアパートの生活音について苦情をいう場合のパターンを考えています。

では、他にどのようなパターンを挙げられるのかといいますと、「管理会社から苦情を知らされる」というパターンではないでしょうか。

一般的にアパートなどの共同住宅で騒音問題に悩まされたら管理会社または大家さんに相談するという方法が望ましいと考えられています。

アパート内で発生してしまった騒音問題を自分の力だけで解決しようとしてしまうと、未解決のままになってしまったり、他の問題を招く恐れさえもあるので管理会社などにも共有することが良いのですね。

こちらの方法をとる人は穏便にアパートの騒音問題を軽減したいと考えている方が大半でしょう。

その他のパターンとしては、「手紙を使用する」というパターンも考えられます。

手紙の使用の大きな利点として挙げられるのが匿名可能という点ではないでしょうか。

また、手紙には相手の人がどのような音に困っているのかなど詳しく書かれていることもあります。

アパートの生活音が原因で苦情を受けたらどう対処したら良いのか

いつどんなときにアパートの住民から騒音だと苦情をいわれてしまうか分からないのが実情ですよね。

では、アパートの生活音が原因で住民から苦情をいわれてしまった場合には、どのように対処をしていけば良いのか考えてみましょう。

苦情を知らさせるパターンは主に上記で述べた通りになっています。

まず挙げられるのが、「管理会社などに伝える」ということですね。

壁をドンドン大きな音をたてて叩かれた場合、口頭で苦情を受けた場合、手紙で知らさせた場合などは管理会社や大家さんは騒音の事実について把握していない傾向があります。

怖い思いをしたという場合もあるかと思いますので、管理会社や大家さんに相談しておきましょう。

もし、騒音に心当たりがないという場合ならこの点も言っておくのがベターです。

次に挙げられるのが、「相手の人に謝罪する」ということでしょう。

「騒音と捉えられている音には心当たりがないのに謝罪したくはない」と考えてしまう人もいるのかもしれませんが、相手の人にとってはその音が騒音になってしまっている事実があります。

また、騒音を出している本人からするとそれを騒音だと認識できていないケースもよく見受けられていますし、謝罪をすることで苦情がなくなることも考えられます。

アパートに防音策を施したり意識を持ったりすることが重要

アパート内で騒音問題が発生してしまったら前項で挙げたように管理会社などに伝えることや相手の人に謝罪をすることを行うのが先決です。

では、その後の対応として最適なのはどういった手段なのでしょうか。

それは、アパートに防音策を施したり意識を持ったりするという対処をとることを挙げます。

防音を目的にしている優秀なアイテムは多数展開されているので、床・壁・窓・ドア・などに使用してみてはいかがでしょうか。

アパートの住民に苦情をいわれたときにどんな音がしたのかといわれた場合には、その音が響かないように工夫をします。

このような音が騒音になっているという事実を受け入れて、意識をすることが重要です。

意識しないことには何も始まりません。

防音策を施していたとしても、あまりにも大きな音であるのであればシャットアウトしきれない部分があるからです。

騒音問題を解決しようとしているという気持ちが苦情をいってきた住民に伝わるように努力しましょう。

アパートの住民からずっと苦情をいわれてストレスに

ここまで、アパートの住民から生活音が原因で苦情をいわれたらどのように対処をしていくのが良いのかという点を述べてきました。

苦情を受けた側は相手の人に謝罪したり、防音策を施したり、騒音が軽減できるように意識したりすることが大事でしたよね。

しかしながらこのように対処をしていても、アパートの住民からずっと苦情をいわれ続けてしまうなんていうケースも存在しています。

このように何度も何度も騒音に関する苦情を受けていると、苦情を受けている側であってもストレスを溜めてしまうことに結びつきます。

なかにはかなり神経質になってしまう方もいるようです。

騒音の原因になっている生活音を発生させないように注意を払うことももちろん求められていますが、過剰なストレスを抱えてしまうのは心身に悪影響を与えてしまうので良くありません。

ずっと苦情をいわれているとなると、管理会社や大家さんに伝えるのが得策ですね。

アパートの住民からの苦情を受けたらしっかりとした対応を

アパートの住民から生活音が原因で苦情を受けた場合には、驚いたり慌てたりしてしまいそうですが、しっかりとした対応をするように心がけましょう。

「管理会社などに伝える」「相手の人に謝罪する」「防音策を施す&意識を持つ」といったことを行いましょう。

また、苦情を受け続けている場合には、ストレス過多の状態を防ぐためにも管理会社や大家さんに伝えておくと安心感が高まります。

 - アパート, 住宅