Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

賃貸の窓や壁に飾ろう!貼って剥がせるジェルやテープ類

2019.5.22

賃貸物件にお住まいの方は、退去時に原状回復の義務が生じます。

その為、窓や壁などをオシャレに飾りたいと考えている方の中には、退去時のことを考え二の足を踏まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

近年、100均やホームセンターでも、窓の飾り用に貼って剥がせるジェルやリメイクテープが多数あります。

賃貸物件で貼って剥がせる飾りを使用する際に、安心して原状回復できる飾り付け方法について、室内に飾り付ける際の注意点などを交えながら、ご紹介します。

室内の窓などを飾りつける前に知っておきたい「原状回復」について

賃貸物件の窓や室内をオシャレに飾り付ける前に、ご注意いただきたいのは退去の際に必須になる「原状回復」についてです。

借りている室内の汚れや傷の放置、借主の不注意によるフローリングや壁紙等の色落ち、ジェルの飾りを使用した際の窓の染み、壁にできた釘穴やネジ穴の跡等は、退去時に借主が修繕しなくてはなりません。

また、ペットによる傷やお子様の落書きなどによる汚れ、痛みといったものも、原状回復に含まれています。

原状回復については、退去時に不動産会社や大家とトラブルに発展することもあります。

そのため、借りているお部屋をオシャレに飾りつける前に、必ず「退去する際に原状回復ができる飾り」を選ぶことが大切なポイントになってきます。

賃貸の窓にジェルの飾りは使える?ジェルの注意点

室内の窓をオシャレに飾りつけることができるジェルの飾りは、種類も豊富でお手頃な価格で手に入り、お誕生日や季節のイベントなどにも使用できますので、とても人気があります。

しかし、ジェルの飾りはとても高温に弱く、太陽の日差しが強く当たる箇所や特殊加工の施されている窓ガラス、壁や家具などに使用すると色移りをおこす場合もあります。

賃貸物件でジェルの飾りを使用する際は、特殊加工されていない、且つ直射日光の当たらない窓ガラスに使用するように、注意することがとても重要です。

また、長期間に渡りジェルの飾りを貼り続けますと、太陽の直射日光による熱などで、ジェルの粘着部分が溶けだしてしまい、剥がした際に粘着跡が残るケースもあります。

粘着跡や色移りを防ぐためにも、ジェルの飾りは長期間貼り続けないことが大切です。

剥がしたジェルの飾りは、ジップロックなどに入れて、涼しい箇所で保管することで何度でも繰り返し利用することができます。

ジェルの飾りは、賃貸物件にお住まいの方でも、使用する際の保存方法や注意事項などをきちんと守って使用することで、安心して利用することができます。

ジェルの飾り跡が窓に残ってしまった場合の落とし方

ジェルの飾りは使用方法や注意事項をきちんと守ることで、賃貸物件でも安心して利用することができますが、中には、ついつい剥がし忘れてしまうこともあるかと思います。

万が一、賃貸物件でジェルの飾りを剥がし忘れてしまいますと、窓ガラスに色移りをしてしまう場合やジェルの飾りの粘着跡が窓ガラスに貼り付いたまま残ることもあります。

そこで、窓ガラスにジェルの飾りが色移りしてしまった場合などの、落とし方についてご説明いたします。

ジェルの飾り跡や色移りは、主に100均などでも販売されている、マニキュアを落とす際に使用する除光液やリムーバーを利用することで落とせる場合もあります。

方法としましては、普段メイク落としなどでも使用されている、コットンに除光液を染みこませ、ジェルの飾り跡へ数分~数十分程度、貼り付けて下さい。

除光液やリムーバーが原因で変色などが起きる場合もありますので、使用される前には必ずパッチテストを行っておきましょう。

もし、除光液やリムーバーが垂れてきた場合は濡れた雑巾で拭きとりましょう。

ジェルの飾り以外にも!賃貸の壁にも使える「リメイクテープ」

貼って剥がせる飾りの中には、家具や壁などにも使用できる「リメイクテープ」といった商品があります。

デザインもレンガ調からボタニカルな絵柄まで、実に様々な種類があり、100均やホームセンターなどで気軽に購入することができます。

しかし、こちらも賃貸物件で使用する際は注意が必要です。

キッチン周りや壁などをオシャレに飾れるリメイクテープは、ジェルの飾りと同じく、高温に弱い商品です。

その為、直射日光が当たる箇所や冷蔵庫などの熱がこもる箇所で使用されますと、粘着部分が跡になり残ってしまう場合があります。

また、長期間貼り付けたままのリメイクテープを剥がす際に、壁紙などがリメイクテープと共に剥がれてくるケースもありますので、直に貼り付けることは大変危険です。

ですから、賃貸物件の窓や壁、キッチン周りなどにリメイクテープを飾りつける際は、粘着力の弱いマスキングテープを事前に貼り付け、その上からリメイクテープを飾りつけることをおすすめします。

また、近年では賃貸物件の壁の傷や汚れを防止できる、クリアタイプの「壁保護シート」といった商品もあります。

こういった商品をリメイクテープの下に貼り付けることで、退去の際にも剥がしやすく、原状回復がしやすくなります。

マスキングテープを使用して窓や壁に飾りをつける方法

賃貸物件でリメイクテープなどを使用する際に利用できるマスキングテープですが、実は壁にポスターを貼ったり、写真を飾ったりする時にも、大いに活用することができます。

マスキングテープとは本来、塗装業者が家屋の塗装の際に、塗装箇所以外にペンキが付着しないよう、カバーするために使用されてきました。

その為、粘着力がとても弱く、剥がすことを前提とした作りになっていますので、賃貸物件の窓や壁など色々な箇所で安心して使用することができます。

しかし、マスキングテープもジェルの飾りやリメイクテープなどと同様に、長期間貼ったままにしておくことができません。

マスキングテープも湿気や高温に弱く、長期間貼り続けますと劣化に伴って窓や壁に粘着部分が貼り付き、跡が残りやすくなる場合もあります。

また、劣化したマスキングテープは切れやすく、剥がす際にとても時間が必要になる場合もありますので、窓や壁に長期間飾り続ける場合は、マスキングテープをこまめに張り替えるなどの注意が必要です。

壁に釘や画鋲の傷跡を付けない飾りつけ方法

賃貸物件に飾りを付ける際は、ジェルの飾りによる色移りだけでなく、壁に飾りを付けるときに使用する、釘や画鋲の跡が残らないよう注意をすることも重要です。

特に釘や画鋲を何度も使用した壁の傷跡は、次第に穴が大きくなり、目立つこともあります。

壁穴の大きさや状況によって異なりますが、退去時に壁紙の張り替えなどの修繕が必要になるケースもあります。

そのため、賃貸として借りているお部屋で釘や画鋲などがついた飾りの使用は、極力避けた方が良いでしょう。

カレンダーなど、少し重みがありマスキングテープでは止まらない飾りなどを壁に飾る際には、市販で販売されている「貼って剥がせる粘着剤」が便利です。

壁などに様々な飾りを付ける際の方法のひとつとして、是非活用してみて下さい。

また、両面粘着タイプの剥がせる商品もあります。

こういった商品は強力な粘着力がありますが、のり残りも無く綺麗に剥がせます。

壁紙や家具、窓のガラスやプラスチックなど、幅広く使用できる特徴もありますので、賃貸物件にお住まいの方へ大変オススメです。

上記の様なテープを使用される際は、使用後に剥がす時に壁などが傷つかないよう、丁寧にゆっくり剥がす事がコツになります。

賃貸物件でも窓や壁に飾り付けを楽しもう!

室内を飾り付ける際は、退去時の原状回復について注意して頂き、貼って剥がせるものを使用することがポイントといえます。

また、壁に飾る際には、事前にマスキングテープや保護シートを壁に貼ることで、飾りを剥がす際に壁紙が一緒に剥がれてしまうことを防ぐことにつながりますので是非お試し下さい。

今回ご紹介したジェルやリメイクテープ、マスキングテープなど以外にも、賃貸物件で使用できる飾りは色々ありますので、是非自分らしいオシャレなお部屋作りを楽しんでみて下さい。

 - レイアウト, 住まい, 暮らし