マイホームの内装をこだわりの「ナチュラルスタイル」に!

マイホームを建てるなら、内装にもこだわりたいものですよね。

インテリアスタイルには、ナチュラルやモダン、シンプルなど様々な種類があり、それぞれに固有のおしゃれなイメージがあります。

こちらでは、不動の人気を誇る「ナチュラルスタイル」に注目して、内装でのポイントやコーディネートの工夫などをご紹介していきます。

記事を参考に、素敵な内装づくりにチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

濡縁とウッドデッキの違いとは?濡縁の作り方の基本を学ぼう

あまり聞きなれない「濡縁」(ぬれえん)という言葉。何のことか全く想像の付かない方も多いと思い...

トイレに換気扇がない場合!後付けのポイントや費用について

トイレは毎日しっかりお手入れしないと、「ん?なんか臭う…」なんてことにもなりかねません。嫌な...

駐車場に砂利を敷くなら!メリットデメリットを確認しよう!

新築で駐車場が必要な場合、駐車場をどのようにするか決まっていますか?一般的に一軒家などでは、...

新築の木造住宅では壁紙に亀裂ができやすい!考えられる原因

新築の木造住宅では、壁紙に亀裂ができやすいということがあります。建てて間もないにもかかわらず...

マイホームを建てるときは木造の家を選ぶ!音が気になる?

長年の夢だったマイホームに、木造の家を選んだ方は多いのではないでしょうか。日本人に長く選ばれ...

鉄骨造の建物に施される耐火被覆とは?工事をする範囲と方法

これから家を建てることを検討している方のなかには、「地震や火災にも強い家にしたい」と考えている方...

賃貸のオートロックは安全?鍵の複製の心配がない解除方法

賃貸マンションに住む場合、オートロックの有無は決め手の一つですよね。オートロックの解除には一...

鉄骨造は熱に弱い?!耐火建築物にするための仕様とは

火災は恐ろしい災害のひとつです。人が多く集まるような大規模な建築物で火災が起こると、被害...

悩ましい家の間取り!ブログを参考に失敗しないようにしよう

マイホームはとても大きな買い物であるため、購入するときは極力理想に近づけたいものです。しかし...

木造のガレージをDIYでチャレンジ!確認が必要なこととは?

DIYでの木造ガレージの設置を検討している方は、実行に移す前にまず確認申請を行いましょう。自...

外壁材のサイディング!「釘」での固定はヒビが入りやすい?

サイディングは、近年広く普及している外壁材です。外壁用にあらかじめ成型した板を、壁に張って仕...

平面図を自分で書く!製図の基本や家具の書き方をご紹介!

建築には図面が必ずと言ってよいほど欠かせないものです。最近ではパソコンで平面図を容易に作成で...

ガスコンロの購入時は要確認!都市ガス用かプロパンガス用か

これから新しい物件に住むという方の中には、「ガスコンロを購入する必要がある」または「既に使用して...

内装職として独立するには?独立の方法や年収についてご紹介

私たちはアパートや寮、戸建住宅等何かしらの建物に住んでいます。住んでいる部屋を見ると壁には壁紙...

木造住宅を検討中の方必見!階段の寸法にも決まりがある?!

木造住宅などの家を建てる、またはリフォームを検討している方は、階段の存在についてどのくらい意識し...

スポンサーリンク

マイホームを建てるなら内装もこだわりたい!

マイホームを建てるなら、間取りだけでなく内装にもこだわりたいものですよね。

長く暮らしていく空間だからこそ、自分や家族のスタイルに合った家づくりや内装づくりをしたいと思うものです。

家の内装のインテリアスタイルには様々な種類がありますが、「モダンスタイル」「シンプルスタイル」「ナチュラルスタイル」の3つが基本スタイルです。

それぞれのスタイルには、次のような固有のイメージがあります。

まず「モダンスタイル」は、メタルやガラスのように、硬質または透明感のある素材で作られたデザイン性の高い家具を使ったスタイルです。

色は、白や黒、グレーといったモノトーン系で、人工的な色合いが特徴です。

生活感を感じさせない、クールでスタイリッシュなイメージがあります。

「シンプルスタイル」は、余計なモノは置かず、こだわりのアイテムだけで作り上げるスタイルです。

すっきりとした空間でありながらも、居心地の良さが感じられるのが特徴です。

色は、白を基調に自然を感じさせる木のベージュや植物のグリーンで統一され、素朴でスタイリッシュなイメージがあります。

こちらの記事で取り上げる「ナチュラルスタイル」は、言葉通り「自然」を感じさせるスタイルです。

次項では、「ナチュラルスタイル」とはどのような特徴を持つスタイルか、詳しくお話ししていきます。

「ナチュラル」な内装とはどんなスタイル?

「マイホームの内装はナチュラルスタイルにしたい」と考える人は多く、ナチュラルスタイルは定番の人気を誇ります。

ここではそんな「ナチュラルスタイル」にはどのような特徴があるのか、詳しくご紹介していきましょう。

ナチュラルスタイルは、前にも挙げたように「自然」を感じさせるスタイルです。

インテリアスタイルは、「素材」「色」「形」「質感」の4つの構成要素によってスタイルが決まってきますが、ナチュラルスタイルでは具体的にどのような要素を取り入れたものなのでしょうか。

まず「素材」としては、自然素材の木や石や植物、温もりをもたらす天然繊維からできている布や織物などを取り入れて配置します。

「色」は、木の色であるベージュやブラウンと、明るさを引き立てる白を中心に植物のグリーンを配置し、自然を感じる明るい色合いにするのが特徴です。

「形」は、人工的ではなく自然な線や面を利用したもの、「質感」は、肌触りがよく温かみを感じる素材本来の質感が味わえるもので構成します。

ナチュラルスタイルは、全体的に落ち着いた温かみを感じるイメージにするのが特徴です。

ナチュラルスタイルは要素によってさらに分けられる?!

前項では、ナチュラルスタイルについて大まかなイメージをお伝えしましたが、このナチュラルスタイルはさらに要素の構成の違いよって細かく分けられます。

詳細に分類すると「ナチュラル」「シンプルナチュラル」「フェミニンナチュラル」「マニッシュナチュラル」の4つです。

それでは、それぞれの違いを見ていきましょう。

マイホームの内装には、どのナチュラルスタイルを取り入れるか参考にしてみてくださいね。

●ナチュラル

オーソドックスで定番のスタイルが「ナチュラル」です。

素材は、床や家具には無垢材や天然木の表面化粧材を使い、壁には珪藻土やテラコッタタイル、装飾品には木綿や麻、皮などが使われます。

色は、木や木綿の生成り色のように、ベージュやブラウン系を多く配置し、白もほどよく取り入れた自然を感させる色で構成します。

形は、木材の曲線を生かした自然な曲線や、自然な直線でデザインしたものを使い、素材本来の質感を活かし、ツヤを抑えた仕上がりにします。

●シンプルナチュラル

ナチュラルテイストでありながら、シンプルで単純化したデザインで仕上げるスタイルです。

素材には、木や珪藻土のような自然素材を使う他に、木目のないシナ合板やタイル、ステンレスなど人工的な素材も使います。

色は、木のベージュや珪藻土の白の他に、ステンレスの色やペイントによる寒色を配置します。

形は、人工的でフラットなデザインで構成し、すっきりとした印象を与えるスタイルです。

全体的に滑らかでツルツルした質感のイメージで仕上げます。

まだあるナチュラルスタイル!マイホームの内装にはどのタイプを取り入れる?

引き続き、ナチュラルスタイルの他のタイプについて見ていきましょう。

●フェミニンナチュラル

ナチュラルの中でも、可愛らしく優しい雰囲気に仕上げるスタイルです。

素材は、無垢材などの天然素材に、丸みをおびた古い木材を使ったり、使いこまれた柔らかい木綿など使ったりと、優しさを感じられる素材で構成します。

色は、アイボリー系で、茶系の中でも明るく柔らかい色で統一します。

形は、丸みのある曲線を多く取り入れ、フリルやレースのような可愛らしさと繊細さのあるラインを強調し、全体的に柔らかい質感のイメージで仕上げます。

●マニッシュナチュラル

ナチュラルに重厚感とワイルドさを取り入れたスタイルです。

素材は、切り出した無垢材や使い古した木や革の他に、重厚感のある鉄やコンクリートを使います。

色は、使い込まれた味わいを出す深いブラウンやベージュ、鉄やコンクリートのグレーなど、渋みや無機質感を出す色で構成します。

形は、切り出してそのまま利用したようなワイルド感を出すデザインで、太くがっちりしたイメージをもたせ、質感も素材そのままのあら削りな仕上がりにします。

このように、自然を感じさせるナチュラルスタイルであっても、使う素材の種類や形、色などを変えるだけで、いろいろなバリエーションのスタイルが作られます。

「マイホームの内装をナチュラルスタイルにしたい」と考えている場合は、ご紹介したどのスタイルを希望するか細かく検討しておくと、コーディネーターへの相談がスムーズに行えるでしょう。

内装をナチュラルスタイルに変える!そのポイントをご紹介

マイホーム購入時に、内装すべてを専門のコーディネーターにお任せするとなると、それなりの費用がかかります。

また、建売物件や中古物件など既に作られている家の内装をナチュラルスタイルにしたい場合には、自分でコーディネートすることもあるでしょう。

そのような場合には、いくつかポイントを押さえて家具や小物、壁紙などで取り入れれば、ナチュラルな空間を作ることができます。

ここでは、お部屋をナチュラルスタイルに仕上げるポイントをご紹介していきます。

●床や壁の一部に、「木」の素材や質感を取り入れる

ナチュラルスタイルで欠かせないのは、「木」です。

木目のある素材や、ベージュやブラウン系の素材を取り入れましょう。

敷くだけでフローリングになるウッドカーペットや、ウッド調の壁紙、木製の収納棚など、ネットショップなどで簡単に設置できるものが販売されているので利用してみましょう。

●内装で広い面積を占める部分には「白」を使う

ナチュラルスタイルでは床に「木」を使うのが鉄則といえますが、その他の面積を多くとる壁や天井には「白」を使いましょう。

白は、木の質感との調和がとりやすい色なので、広い面積に利用するとおしゃれで自然な空間を作ることができます。

●グリーンを取り入れる

木の色や質感に加えて、観葉植物などのグリーンを取り入れると、さらにナチュラル感がプラスされます。

木の色と、白、グリーンの3つの要素は、ナチュラルさを演出するのに欠かせない要素なので、ポイントとして押さえておきましょう。

マイホームの間取りすべてを心安らぐナチュラルスタイルに!

マイホームの内装をナチュラルスタイルにするのであれば、家全体どの部屋もナチュラルスタイルで統一したいものですよね。

リビングやキッチン、トイレなど、それぞれ用途が違うので、ナチュラルスタイルを作り上げるためには工夫が必要です。

最後に、ナチュラルスタイルにする部屋別のポイントについてご紹介します。

●リビング・ダイニング

床・壁・天井・カーテンなど木目の素材と、ベージュ・ブラウン系、白を基調とした内装に、同系の家具や小物、時計などでアクセントをつけます。

壁の一部を板張りにしたり、ドアをブラウン系にしたりすると、リズムのある空間に仕上がります。

壁は、漆喰を使って石の感じを出すのもおすすめです。

また、観葉植物でグリーンをプラスしましょう。

●キッチン

家電や換気扇、調理器具など、鉄やステンレスのものも多いキッチンには、飾り棚や窓枠に木目を取り入れてナチュラル感を出しましょう。

ベージュやブラウン系だけでなく、白木など清潔感のある白を基調とした木目のある壁や棚を作っても素敵です。

●寝室

白過ぎる部屋は緊張感を与えてしまうため、寝室ではリラックスできるように、落ち着いたブラウンの床や生成り色のシーツなどを取り入れて、心休まる空間に仕上げると良いでしょう。

●トイレ

清潔感のある白を基調に、古木の梁や落ち着いたブラウン形のテラコッタタイルの床などを取り入れて、くつろげる空間に仕上げましょう。

マイホームの内装を理想のナチュラルスタイルに!

マイホームは、日頃の疲れを癒すことができる、くつろげる空間にしたいものです。

自然を感じるナチュラルスタイルは、マイホームの内装の中でも選ばれることの多い人気のスタイルです。

そんなナチュラルスタイルにも、取り入れる要素によって違ったテイストがあるので、自分の好みに合うナチュラルスタイルを見つけましょう。

ご紹介してきたようなポイントを押さえて、おしゃれで快適な空間を作ってくださいね。