マイホームの内装をこだわりの「ナチュラルスタイル」に!

マイホームを建てるなら、内装にもこだわりたいものですよね。

インテリアスタイルには、ナチュラルやモダン、シンプルなど様々な種類があり、それぞれに固有のおしゃれなイメージがあります。

こちらでは、不動の人気を誇る「ナチュラルスタイル」に注目して、内装でのポイントやコーディネートの工夫などをご紹介していきます。

記事を参考に、素敵な内装づくりにチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オール電化とガスどちらを選ぶ?変更したいときに考えること

家を新築・改築したり、生活費の節約などを考えたりしたときに気になるのが、オール電化とガスのどちら...

物件選びのめやすに!軽量鉄骨と木造の特徴や耐用年数の違い

アパートの物件をお探しの方で、木造と軽量鉄骨造の建物にはどのような違いがあり、どんな特徴があるの...

嬉しい利点があるけど窓が大きいときは寒いの?寒さ予防を!

大きいサイズの窓が設置してあるお部屋だと、開放感が感じられたり、室内空間が明るくなる作用が見込め...

窓用エアコンの利点・掃除の仕方・業者を選択するコツは?

壁掛け用のエアコンが使用できる環境下であるならばそちらを使用しているかと思いますが、そうではない場合...

賃貸物件に便利な窓用エアコン!冷えないのは一体なぜ?

アパートやマンションなどの賃貸物件では、エアコンが取り付けられない場合もありますよね。その場合...

悩ましい家の間取り!ブログを参考に失敗しないようにしよう

マイホームはとても大きな買い物であるため、購入するときは極力理想に近づけたいものです。しかし...

木造のメゾネットは音が響く?ファミリーで住むときの注意点

メゾネットとは、1つの住戸が2フロアにまたがっており、部屋の中の階段で行き来できるような集合住宅...

オートロックで暗証番号が設定できるものもアリ!注意点は?

オートロックのなかには暗証番号が設定されているものもあれば、そうではないものもあります。今回...

内装を白で統一した家ってどう?メリット・デメリットは?

内装が「白」で統一された家は美しく、目を引きますよね。「白」は明るく、清潔感が感じられる色で...

マイホームの庭に人工芝を敷こう!特徴や選び方などをご紹介

一戸建てのマイホームを建てるなら、庭に芝を敷いてみませんか?とくに人工芝を敷くのがおすすめです...

内装に黒を取り入れる!シックでおしゃれな雰囲気の家づくり

高級感があり、重厚でカッコいいイメージの色に「黒」があります。黒は、インパクトのある色なので...

ウォシュレットで水漏れ発生!水抜き栓のチェックや対処法

ウォシュレットの普及率は80%を超えており、もはや日本人にとっては不可欠なものといってもいいかも...

庭や駐車場に枕木を使いたい!選び方や注意したいことは?

庭の花壇の土止めや駐車場の床材としての施工など、枕木の使用方法は実に多彩です。最近では外...

窓用エアコンは便利?取り付けは業者に依頼せず簡単DIY!

「エアコンを安く買いたい」「賃貸で設置工事ができない」などの場合に選ばれることも多い窓用エアコン...

窓に取り付けられるエアコンがある?!隙間はどうするの?

日中の最高気温が35度以上になる猛暑日には、熱中症の危険もあるためエアコンなどをうまく活用してい...

スポンサーリンク

マイホームを建てるなら内装もこだわりたい!

マイホームを建てるなら、間取りだけでなく内装にもこだわりたいものですよね。

長く暮らしていく空間だからこそ、自分や家族のスタイルに合った家づくりや内装づくりをしたいと思うものです。

家の内装のインテリアスタイルには様々な種類がありますが、「モダンスタイル」「シンプルスタイル」「ナチュラルスタイル」の3つが基本スタイルです。

それぞれのスタイルには、次のような固有のイメージがあります。

まず「モダンスタイル」は、メタルやガラスのように、硬質または透明感のある素材で作られたデザイン性の高い家具を使ったスタイルです。

色は、白や黒、グレーといったモノトーン系で、人工的な色合いが特徴です。

生活感を感じさせない、クールでスタイリッシュなイメージがあります。

「シンプルスタイル」は、余計なモノは置かず、こだわりのアイテムだけで作り上げるスタイルです。

すっきりとした空間でありながらも、居心地の良さが感じられるのが特徴です。

色は、白を基調に自然を感じさせる木のベージュや植物のグリーンで統一され、素朴でスタイリッシュなイメージがあります。

こちらの記事で取り上げる「ナチュラルスタイル」は、言葉通り「自然」を感じさせるスタイルです。

次項では、「ナチュラルスタイル」とはどのような特徴を持つスタイルか、詳しくお話ししていきます。

「ナチュラル」な内装とはどんなスタイル?

「マイホームの内装はナチュラルスタイルにしたい」と考える人は多く、ナチュラルスタイルは定番の人気を誇ります。

ここではそんな「ナチュラルスタイル」にはどのような特徴があるのか、詳しくご紹介していきましょう。

ナチュラルスタイルは、前にも挙げたように「自然」を感じさせるスタイルです。

インテリアスタイルは、「素材」「色」「形」「質感」の4つの構成要素によってスタイルが決まってきますが、ナチュラルスタイルでは具体的にどのような要素を取り入れたものなのでしょうか。

まず「素材」としては、自然素材の木や石や植物、温もりをもたらす天然繊維からできている布や織物などを取り入れて配置します。

「色」は、木の色であるベージュやブラウンと、明るさを引き立てる白を中心に植物のグリーンを配置し、自然を感じる明るい色合いにするのが特徴です。

「形」は、人工的ではなく自然な線や面を利用したもの、「質感」は、肌触りがよく温かみを感じる素材本来の質感が味わえるもので構成します。

ナチュラルスタイルは、全体的に落ち着いた温かみを感じるイメージにするのが特徴です。

ナチュラルスタイルは要素によってさらに分けられる?!

前項では、ナチュラルスタイルについて大まかなイメージをお伝えしましたが、このナチュラルスタイルはさらに要素の構成の違いよって細かく分けられます。

詳細に分類すると「ナチュラル」「シンプルナチュラル」「フェミニンナチュラル」「マニッシュナチュラル」の4つです。

それでは、それぞれの違いを見ていきましょう。

マイホームの内装には、どのナチュラルスタイルを取り入れるか参考にしてみてくださいね。

●ナチュラル

オーソドックスで定番のスタイルが「ナチュラル」です。

素材は、床や家具には無垢材や天然木の表面化粧材を使い、壁には珪藻土やテラコッタタイル、装飾品には木綿や麻、皮などが使われます。

色は、木や木綿の生成り色のように、ベージュやブラウン系を多く配置し、白もほどよく取り入れた自然を感させる色で構成します。

形は、木材の曲線を生かした自然な曲線や、自然な直線でデザインしたものを使い、素材本来の質感を活かし、ツヤを抑えた仕上がりにします。

●シンプルナチュラル

ナチュラルテイストでありながら、シンプルで単純化したデザインで仕上げるスタイルです。

素材には、木や珪藻土のような自然素材を使う他に、木目のないシナ合板やタイル、ステンレスなど人工的な素材も使います。

色は、木のベージュや珪藻土の白の他に、ステンレスの色やペイントによる寒色を配置します。

形は、人工的でフラットなデザインで構成し、すっきりとした印象を与えるスタイルです。

全体的に滑らかでツルツルした質感のイメージで仕上げます。

まだあるナチュラルスタイル!マイホームの内装にはどのタイプを取り入れる?

引き続き、ナチュラルスタイルの他のタイプについて見ていきましょう。

●フェミニンナチュラル

ナチュラルの中でも、可愛らしく優しい雰囲気に仕上げるスタイルです。

素材は、無垢材などの天然素材に、丸みをおびた古い木材を使ったり、使いこまれた柔らかい木綿など使ったりと、優しさを感じられる素材で構成します。

色は、アイボリー系で、茶系の中でも明るく柔らかい色で統一します。

形は、丸みのある曲線を多く取り入れ、フリルやレースのような可愛らしさと繊細さのあるラインを強調し、全体的に柔らかい質感のイメージで仕上げます。

●マニッシュナチュラル

ナチュラルに重厚感とワイルドさを取り入れたスタイルです。

素材は、切り出した無垢材や使い古した木や革の他に、重厚感のある鉄やコンクリートを使います。

色は、使い込まれた味わいを出す深いブラウンやベージュ、鉄やコンクリートのグレーなど、渋みや無機質感を出す色で構成します。

形は、切り出してそのまま利用したようなワイルド感を出すデザインで、太くがっちりしたイメージをもたせ、質感も素材そのままのあら削りな仕上がりにします。

このように、自然を感じさせるナチュラルスタイルであっても、使う素材の種類や形、色などを変えるだけで、いろいろなバリエーションのスタイルが作られます。

「マイホームの内装をナチュラルスタイルにしたい」と考えている場合は、ご紹介したどのスタイルを希望するか細かく検討しておくと、コーディネーターへの相談がスムーズに行えるでしょう。

内装をナチュラルスタイルに変える!そのポイントをご紹介

マイホーム購入時に、内装すべてを専門のコーディネーターにお任せするとなると、それなりの費用がかかります。

また、建売物件や中古物件など既に作られている家の内装をナチュラルスタイルにしたい場合には、自分でコーディネートすることもあるでしょう。

そのような場合には、いくつかポイントを押さえて家具や小物、壁紙などで取り入れれば、ナチュラルな空間を作ることができます。

ここでは、お部屋をナチュラルスタイルに仕上げるポイントをご紹介していきます。

●床や壁の一部に、「木」の素材や質感を取り入れる

ナチュラルスタイルで欠かせないのは、「木」です。

木目のある素材や、ベージュやブラウン系の素材を取り入れましょう。

敷くだけでフローリングになるウッドカーペットや、ウッド調の壁紙、木製の収納棚など、ネットショップなどで簡単に設置できるものが販売されているので利用してみましょう。

●内装で広い面積を占める部分には「白」を使う

ナチュラルスタイルでは床に「木」を使うのが鉄則といえますが、その他の面積を多くとる壁や天井には「白」を使いましょう。

白は、木の質感との調和がとりやすい色なので、広い面積に利用するとおしゃれで自然な空間を作ることができます。

●グリーンを取り入れる

木の色や質感に加えて、観葉植物などのグリーンを取り入れると、さらにナチュラル感がプラスされます。

木の色と、白、グリーンの3つの要素は、ナチュラルさを演出するのに欠かせない要素なので、ポイントとして押さえておきましょう。

マイホームの間取りすべてを心安らぐナチュラルスタイルに!

マイホームの内装をナチュラルスタイルにするのであれば、家全体どの部屋もナチュラルスタイルで統一したいものですよね。

リビングやキッチン、トイレなど、それぞれ用途が違うので、ナチュラルスタイルを作り上げるためには工夫が必要です。

最後に、ナチュラルスタイルにする部屋別のポイントについてご紹介します。

●リビング・ダイニング

床・壁・天井・カーテンなど木目の素材と、ベージュ・ブラウン系、白を基調とした内装に、同系の家具や小物、時計などでアクセントをつけます。

壁の一部を板張りにしたり、ドアをブラウン系にしたりすると、リズムのある空間に仕上がります。

壁は、漆喰を使って石の感じを出すのもおすすめです。

また、観葉植物でグリーンをプラスしましょう。

●キッチン

家電や換気扇、調理器具など、鉄やステンレスのものも多いキッチンには、飾り棚や窓枠に木目を取り入れてナチュラル感を出しましょう。

ベージュやブラウン系だけでなく、白木など清潔感のある白を基調とした木目のある壁や棚を作っても素敵です。

●寝室

白過ぎる部屋は緊張感を与えてしまうため、寝室ではリラックスできるように、落ち着いたブラウンの床や生成り色のシーツなどを取り入れて、心休まる空間に仕上げると良いでしょう。

●トイレ

清潔感のある白を基調に、古木の梁や落ち着いたブラウン形のテラコッタタイルの床などを取り入れて、くつろげる空間に仕上げましょう。

マイホームの内装を理想のナチュラルスタイルに!

マイホームは、日頃の疲れを癒すことができる、くつろげる空間にしたいものです。

自然を感じるナチュラルスタイルは、マイホームの内装の中でも選ばれることの多い人気のスタイルです。

そんなナチュラルスタイルにも、取り入れる要素によって違ったテイストがあるので、自分の好みに合うナチュラルスタイルを見つけましょう。

ご紹介してきたようなポイントを押さえて、おしゃれで快適な空間を作ってくださいね。