農地は農地転用と土地地目変更登記が必要!かかる費用は?

土地を使っていなければ種類を変えて活かしたいものですが、その際にされる登記は土地地目変更登記といいます。

しかし、農地から他の土地の種類に変えたいとなれば先に農地転用をしなければなりませんが、それに伴う費用はどのくらいなのでしょうか。

今回は、土地の地目についてや土地地目変更登記について、農地転用にかかる費用などもお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

住所の正式名称を知りたい!どのように検索すれば分かる?

住所を正式名称で書くことはできますか。普段の生活で手紙やアンケート用紙を書く際には、番地など...

住所を教えたくない!郵送時にはどう対応するのが良い?

家族や友達・恋人など親密な関係の人であるのであれば自分の住所を伝えるのにも躊躇しないと答える方が...

地目が原野の土地に住宅を建てる場合!注意すべきポイントは

住宅を建てるために土地の購入を検討している方なら、地目という言葉を聞いたことがあるかもしれません...

地目が「田」の土地を駐車場にしたい!手続きと注意点は?

使っていない田んぼを有効活用するために、駐車場や宅地にしようと考える人は多いと思います。地目...

境界フェンスをDIYで安く取り付ける!その方法と注意点は?

お隣さんとの境界はどのようにされていますか。プライベート空間を保つために、目隠しにもなって、...

境界トラブルを防ぐ!ブロック塀の積み方や撤去費用について

隣地との境界線上にあるブロック塀をめぐり、近隣トラブルに発展してしまうケースは少なくありません。...

住所の正式な表記を検索するには?書き方やコツも知りたい

みなさんは住所の正式な表記を普段からしっかりと把握できていますか。普段は簡易的な表記で住所を...

新築なら隣接する家との境界に注意!塀トラブルを避けるには

新築を検討している皆さんなら、新しいマイホームの思案に楽しい気持ちでいっぱいですよね。しかし...

家を建てる際は擁壁も重要!「耐用年数」は構築物にもある?

新築の住宅を建てる際に、ただ土地を購入して家を建てるだけではなく、「擁壁」を設置することが必要になる...

住所の正式な書き方とマンション名の表示について

住所を正式にマンション名を入れて書くことができますか?きっと書けますと言われるかもしれません...

地目が「畑」の土地に家を建てたい!気になる地盤について

家を建てるには、まず土地が必要です。宅地として土地を利用する際、気になる事項の一つに「地盤の...

境界線上?敷地内?フェンスの位置で費用が折半になる!?

土地の境界にフェンスを建てることで、隣人や通行人の視線を気にせずに生活をすることができます。...

塀や擁壁をきれいにしたい!洗浄・塗装のDIYにチャレンジ!

ご自宅の印象を左右する、塀や擁壁(ようへき)は汚れていませんか?いくら家の外壁やエントラ...

擁壁の確認申請は必要?擁壁の高さによって確認不要の場合も

擁壁があるような中古住宅や、擁壁を造る必要がある土地の購入を検討している方は、擁壁の確認申請について...

旗竿地にカーポートを建てる際よくある隣家からの苦情とは?

旗竿地とは読んで字の如く旗の形をした土地のことを言います。つまり、通路部分が狭く、奥が広くなって...

スポンサーリンク

土地地目変更登記にかかる費用の前に土地の種類を知ろう

農地を他の土地の種類に変えるとなれば農地転用が必要で、そのあと土地地目変更登記する必要があります。

それについての費用は後程お伝えするとして、先に土地の種類や土地地目変更登記についてお話しします。

土地地目変更登記とは、地目という土地の種類を変更することをいいますが、次のようなものがあります。

・宅地
・山林
・田んぼ
・畑

ここでは割愛しますが、土地の種類はこれ以外にもおおよそ20種類くらいあります。

日本にある土地のすべては網のようにしっかりと分けられており、その土地の区画は地番という番号が付けられています。

そして、その区切られた土地はどこにあるものなのか、種類やその広さになどすべての内容が不動産登記の登記事項証明書に記録されます。

記録された内容はすべて法務局で管理されており、どんな方でもそれを見ることが可能です。

土地地目変更登記とは?

続いて、土地地目変更登記についてお伝えしましょう。

土地地目変更登記は簡単にいうと、土地の種類を変更することをいいます。

その土地がどういう種類であるかを登記する必要がありますが、用途や使用目的に変更があった場合は、登記事項証明書に登記されている内容も変更する必要があります。

例えば「山林の土地を宅地に変更したい」となれば、変更があった日から1ヶ月以内に「土地の種類が変更になった」ということを申請しなければなりません。

また、土地が2つある際「それぞれの土地の種類が違うので揃えたい」と合筆登記をするケースもありますが、その場合は併せて土地地目変更登記を行う必要があります。

次項からは、土地地目変更登記にかかる費用はどのくらいなのか、農地の地目を変える前に行う「農地転用」についてもお話しします。

土地地目変更登記にかかる費用はどのくらい?

土地地目変更登記を行うとなれば費用がかかりますが、自分で手続きを行う場合と専門家に依頼する場合では大きく異なります。

最初に自分で行った場合ですが、事前に土地の案内図を取らなければならないため、それに費用がかかりますが数百円程度で発行することができます。

また、登記をする際は登録免許税がかかることもありますが、土地地目変更登記の場合はかかりません。

しかし、登記を専門家に依頼する場合、その金額はケースによって異なるものの3万円以上かかることもあるといいます。

土地地目変更登記にかかる手間を「できるだけ減らしたい」となれば、専門家に依頼するのもよいかも知れませんが、自分で行うと費用をできる限り抑えることができるといえるでしょう。

また、自分で土地地目変更登記を行った際に必要なものですが、以下の2点はどんな土地地目変更登記にも共通して必要になるものです。

・地目変更を行うための登記申請書
・土地の案内図

場合によってはこちらの2点以外に必要になることもありますが、後にお話しする農地転用をする場合に限らず共通して必要になる書類なります。

そのため「自分で行いたい」という方は覚えておくといいでしょう。

農地転用したい!土地地目変更登記はできるの?

これまで、土地の種類や土地地目変更登記についてお話ししましたが、農地転用する際の土地地目変更登記の場合は注意が必要です。

それは、農地法が絡んでくるためであり、そのなかでも農地法第3条・第4条・第5条が強く関わってきます。

第3条:用途を変更する

こちらは、例えば田んぼとしていた地目を「宅地に変えたい」となったときに、その用途のみを変更するというような場合に行います。

第4条:所有権を変更する

土地の売買がされれば、購入者に所有権が変わります。

また、土地を譲り受けた場合も同じです。

第5条:用途も権利もどちらも変更する

例えば、他の人が持っている田んぼの土地を宅地として購入し、所有権が変わる場合は、第5条が適用されます。

農地転用する際は、これらの農地法に従い農業委員会から農地転用の許可を受ける必要があります。

農地転用の許可が下りないと、土地地目変更登記をすることはできません。

それでは、農地転用の手続きはどのような流れで行われて、どのくらいの費用がかかるのかも見ていきましょう。

農地転用はどんな手続きが必要なの?

先にお話ししましたが、農地の地目変更をするためには農地転用が必要になります。

どのような流れで手続きをするのか、見ていきましょう。

今回お伝えするのは、1つの例となっていて状況によっても異なることがありますので、参考としてお読みいただければと思います。

・事前に準備する

農地転用をする前に、書類の準備が必要になります。

対象としている農地の登記事項証明書や、土地の案内図を取得しておきます。

・実際に農地に足を運んで状況を把握する

対象となる農地に行き、どういった利用がされているのかを見ておきます。

その際に、地積測量図を持っているようであれば、それを元に地境の確認を行うといいでしょう。

使用されている状況を把握するというのは、実はとても重要であり、この確認を怠ってしまうと農業委員会で土地について伝える際に困ってしまうことになります。

・農業委員会に相談する

ここでやっと相談になるので、把握している農地の状況を伝えます。

農地転用のケースによっては農業事業所からの印鑑が必要になることもあるので、もしもそういったものが必要なのであれば、どこに行けばよいのかなども聞くようにしましょう。

また、事前に集めた書類以外に必要なものがあるかどうかも確認しておきます。

・必要なものを揃えて農業委員会の窓口へ行く

必要なものがすべて揃ったら、農業委員会の窓口に持って行き、農地転用の許可を待つだけになります。

農地転用にかかる費用は、次項でお話しします。

農地転用にかかる費用はどのくらい?

農地転用の申請をするとなると、気になるのが費用ですが「できるだけ費用を抑えたい」という思いはどなたでもあるはずです。

おおよその金額は専門家に依頼した場合、農地法第5条のケースで考えると、おおよそ3万円から5万円程度がかかりますが、これは届出のみの金額です。

届出をしたあとは、そのあと得なければならない許可をもらう必要がありますが、こちらは相場で5万円から15万円かかることもあります。

自分で行う場合は、農地法第3条のように用途のみを変更するとなった場合、数千円の費用で済み、第5条の場合も1万円程度で済むことが多いといいます。

必要な書類が多くあるケースが殆どなので、一般的には専門家に依頼する方が多い傾向にありますが、ご自分で書類を集めることができて手続きに行けるのであれば、費用を抑えることができますね。

農地転用の許可が下りたあとは土地地目変更登記をするので、その手続きも専門家に依頼するとなると、できることはご自分で行っていただくのも、よいのかもしれません。

農地は農地転用をしてから土地地目変更登記をする

土地には様々な種類があり、土地の種類を変更するとなれば土地地目変更登記をする必要があります。

しかし、農地の場合は先に農地転用をしなければなりません。

専門家に依頼すると、手間がなくスムーズに手続きを行ってくれますが、費用が高くなることが多いということを覚えておきましょう。