Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

アパートでも壁掛け時計を飾りたい!付け外しはどうする?

2019.1.26

皆さんは、インテリアは好きですか?

自分のお部屋を、自分の好きなインテリアで飾ると、気分が上がりますよね。

賃貸アパートでは、壁掛け時計は飾りにくいですが、グッズを使えばアパートでも飾れます。

今回は、アパートで、壁掛け時計を飾る方法をお伝えします。

一体どうするのか、一緒に見ていきましょう!

壁掛け時計はお部屋のインテリアとして大人気!

「アパートだけど、どうしても壁掛け時計を飾りたい!」という人は多いです。

なぜ、壁掛け時計は、お部屋のインテリアとして人気なのでしょうか。

それは、やはり見やすいからというのが大きな理由です。

時計は、現在の正確な時間を知るためのものです。

現代人は、誰もが時間に追われた生活をしています。

時計を見ることで時間を把握する必要があるのに、肝心の時計が見づらいのでは意味がありません。

もちろん、置き時計でもその役割は果たせますが、それだけでは不便なことが多いです。

また、お部屋のインテリアとして考えたときに、お部屋のアクセントになりやすいのは、やはり壁掛け時計ではないでしょうか。

壁掛け時計があるかないか、また、そのデザインひとつで、お部屋全体の雰囲気も変わってきます。

このような理由から、壁掛け時計は多くの人に人気なのです。

「賃貸アパートでも、壁掛け時計を飾りたい」と思う人が多くいるのも、頷けますね。

しかし、アパートでは簡単に壁掛け時計を掛けるわけにはいきません。

制約があるからです。

制約を守りつつ、壁掛け時計を掛けるには、どうするべきなのでしょうか。

次の章でお伝えします。

アパートでも壁掛け時計にしたい!どうするのがいい?

前章のお話で、壁掛け時計が多くの人から絶大な支持を得ている理由が分かりましたね。

しかし、賃貸アパートに住んでいる人にとっては、壁掛け時計を飾りたいと思っても、実行するのはハードルが高いことが多いです。

インテリアにこだわって、自分好みの快適なお部屋にしたいと思っても、進まないとなると、それがストレスや悩みの種になりがちです。

なぜハードルが高いかと言うと、賃貸なので、壁にあまり大きな穴は開けられないからですよね。

しかし、そう言われてもどうしても壁掛け時計を飾りたい人は、一体どうするのがいいのでしょうか。

それには、便利グッズを使うという方法があります。

ネット通販サイトでは、本当に様々な商品が扱われ、販売されています。

その中には、アパートの壁でも壁掛け時計を飾れるという便利グッズがあるのです。

オシャレな人のオシャレなお部屋を特集している雑誌では、アパートであっても壁掛け時計を飾っている人がよく出ていますが、そうした人はこうしたグッズを上手に活用しているのです。

では、そのグッズがどんなものなのかや、その使い方・効果について、次の章で詳しくお伝えします。

アパートでの壁掛け時計の設置にはこのグッズが便利!

では、アパートで壁掛け時計を飾る際に、便利なグッズをご紹介します。

●「壁美人」

ホチキスを使って壁に取り付けるタイプの掛け時計フックなので、アパートなどによくある石膏ボードの壁に最適です。

ネット通販などで、数百円で購入することができます。

これなら穴が小さくて目立たないので、穴を開けることが厳禁とされているアパートでも、十分活用できそうですね。

しかし、「取り付けはどうするのか」「このグッズで本当に掛け時計が掛けられるのか」と、疑問に思っている人もいることでしょう。

掛け時計が掛からず、床に落下し、傷が付いてしまっては大変なことになるので、心配するのは当然です。

そこで、筆者の住むアパートで実際に検証してみました。

フックをネット通販で購入すると、大抵、フック専用の針が付いてきます。

針を止めるホチキスは、一緒に購入するなどして用意しますが、家にあるものでも使えるかもしれません。

フックを付ける位置(壁掛け時計を掛ける位置)を決めたら、フックの上の部分にホチキスの針を打ち込んでいきます。

打ち込む際は、ホチキスを横にするのがポイントです。

これだけでしっかりと固定されるので、掛け時計を掛けても、十分フックの役割は果たされます。

ただし、このフックに掛けられる時計の重さには、「何kg以下」という制限があるので、壁掛け時計の重さが制限以下であることを確認してから、使うようにしましょう。

壁掛け時計のフックを外すときはどうするの?

先ほどは、実際に壁にフックを取り付けて、そこに壁掛け時計を飾る方法をご紹介しました。

簡単に取り付けられて、しっかり使えるということも分かりましたね。

しかし、賃貸アパートでは、退去する際、それを外さなければなりません。

では外すときは一体どうするのか、それが今度は気になるのではないでしょうか。

もちろん、それも筆者がしっかり検証しました。

取り付けたフックを外す場合は、以下の手順で行います。

1、壁掛け時計を外す
2、掛け時計フックを止めているホチキスの針を外す

掛け時計フックのホチキスを外すときは、落ち着いて、1本ずつ慎重に行ってください。

ホチキスの針を雑に外すと、やはり壁に傷が付きますし、大きい穴が開いてしまうことも考えられます。

せっかくアパートの壁に穴を開けないように(ホチキスで穴を最小限に)したのに、外すときに穴を開けてしまってはもったいないですよね。

フックを固定する際、ホチキス針を壁にしっかりと打ち込むので、外しにくいかもしれませんが、焦らずに少しずつ抜いてみてください。

壁掛け時計を飾る場合に考えられるリスクとは?

ここまで、アパートでも使える壁掛けフックについて、その取り付け方と外し方をご紹介しました。

「これで、アパートでも安心して壁掛け時計を掛けられる!」と言いたいところなのですが、注意すべき点があります。

壁掛け時計用のフックを使って、アパートの壁に壁掛け時計を掛けている場合、リスクとして考えておかなければならないことがいくつかあるからです。

それが、

・壁掛け時計が突然フックから外れて落ちてしまう
・壁掛け時計用のフックごと壁から外れてしまう

といったアクシデントです。

地震など、何かの拍子に壁掛け時計が落下すれば、アパートの床に傷が付いてしまいますよね。

また、壁掛け時計の重さに耐えきれずフックごと外れたら、壁にも傷ができてしまうでしょう。

場合によっては、壁に穴が開いてしまうかもしれません。

では、フックを使って壁掛け時計を飾っていた人が、そのようなアクシデントに見舞われ、床や壁に傷を付けたり少し大きな穴を開けてしまった場合には、どうすればいいのでしょうか。

次では、そういった際に、入居者としてどうするべきかをお伝えします。

壁掛け時計が落下してアパートの壁や床に傷が!どうする?

まず、アパートで壁掛け時計フックを正しく使い、外すときも丁寧に作業をしても、どうしても小さな穴は開いてしまいます。

これは、仕方ありません。

しかし、その場合は、目立たない小さな穴なので問題はないでしょう。

問題は、先ほどのお話で出てきた、少し大きな穴が開いてしまった場合です。

どうするべきなのでしょうか。

壁の傷や、ホチキスの針穴より少し大きな穴であれば、市販の補修材を使って補修するという方法があります。

補修の際は、補修したことでさらに汚くならないように注意して、穴や傷を塞ぎましょう。

一方、フックから掛け時計が床に落ち、床に傷が付いてしまった場合は、敷金から補修の費用が引かれるので、それ以上傷つけないようにしましょう。

また、フックと掛け時計には相性があるので、掛け時計の作りによっては、フックが浮いてしまい、あまり安定しないことがあります。

落下しそうな時計は掛けないようにしたり、落下してもその衝撃を和らげることができるようにラグマットを敷いておくなどの予防策も取っておくと良いですね。

アパートでも壁掛け時計を楽しもう!

今回は、「アパートでも壁掛け時計を掛けたい!」という人に向けて、その方法や便利グッズなどをご紹介しました。

ご紹介したような方法なら、アパートでも安心して、壁掛け時計を楽しむことができますね。

お部屋に自分の好きなインテリアを飾り、それを眺めながら過ごす時間は、最高です。

落下による傷に注意して、楽しんでみてください!

 - アパート, マンション, 住宅