Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

アパートの壁に画鋲は使える?代わりになるものはある?

2019.9.7

アパートなどの賃貸物件の場合、退去時に修繕費用がかかることがありますよね。

そのため、壁に画鋲を使用してもいいものか悩んでしまうことってありませんか?

では、アパートの壁に画鋲を使うと、修繕費用はかかるのでしょうか。

今回は、壁紙に画鋲を使用すると修繕費用はかかるのかについてと、画鋲の代わりとなる代用品についてご紹介していきます。

アパートの壁に画鋲を使っても大丈夫?

基本的に、アパートの壁に画鋲を刺しても修繕費用はかからないといわれています。

国土交通省では、「現状回復をめぐるトラブルとガイドライン」というものを公表しています。

これは、貸し手と借り手、どちらが修繕費用を負担するのかというトラブルを未然に防止するために設けられたものであり、費用負担のあり方について妥当と考えられる一般的な基準をまとめたものです。

このガイドラインによると、通常生活している際についてしまったお部屋の傷や汚れの修繕費用に関しては、大家が負担することとされています。

壁に画鋲を刺すことも、生活していればあり得ることとして考えられるため、修繕費用は基本的に借り主はかからないとされているのです。

ただし、このガイドラインに関しては、あくまでもガイドラインとして公表されているものですので、法的な効果は期待できません。

そこで、確認してほしいのがアパートの賃貸契約書です。

賃貸物件を借りる際には、必ず「賃貸契約」を交わしていると思います。

画鋲を壁に刺しても問題ないのかということに関しては、この賃貸契約書に記載されている内容が最も効力が強いといえます。

契約書に記載してある画鋲の使用については、使用の可否が備考欄などに小さく記載されていることもあるようですので、隅々まで確認しておきましょう。

もしここで、「画鋲の使用不可」とあれば、画鋲の代わりとなるものを用意する必要があります。

また、画鋲に関しての内容が記載されていないこともありますから、気になる方は大家さんや管理会社に問い合わせてから使用することをおすすめします。

アパートの壁紙に画鋲を使用するときの注意点

先ほどお伝えしたように、画鋲を壁紙に使用できるかどうかは、まずアパートの契約書を確認してみましょう。

契約書に「画鋲の使用可」などの記載があれば、画鋲を使用しても問題ないでしょう。

ただし、これはあくまでも通常の使用の範囲内であることが条件です。

では、「通常の使用」とはどの程度の範囲を表すのでしょうか。

生活をしていく中で、画鋲を使用する場面といったら、カレンダーやポスターなどを留めるのに使いますね。

つまり、通常の使用というのは、カレンダーやポスターを画鋲で留める程度のことをいいます。

そのため、重みのあるものを飾ることで穴が広がってしまったり、画鋲を複数刺して無数の穴を開けてしまったものに関しては、修繕を負担する可能性が出てきます。

ですから、契約書に「画鋲の使用可」とあった場合でも、画鋲による無数の穴や下地ボードや壁紙が大きく傷ついてしまわないように注意しましょう。

もし、画鋲を使用するのが不安というのであれば、画鋲の代わりとなる代用品を使用するのもおすすめの方法です。

代用品については、次項からご紹介していきます。

画鋲の代わりに!壁紙の穴が目立たない代用品①ホチキス

アパートの壁紙に画鋲を使用するとき、穴が気になるという方も多いと思います。

カレンダーやポスターだけでなく、インテリアや絵画を飾りたいという方にとっては、大きな問題となるでしょう。

ここからは、アパートの壁紙の穴を目立たせずに飾りつけができる代用品をご紹介していきます。

画鋲の代わりに使用してみてはいかがでしょうか。

●ホチキス

ホチキスは、画鋲に比べると非常に細いため壁に穴を開けたとしてもほとんど目立ちません。

ホチキスを使用するときは、180度開くものを使用してください。

お好きなポスターをたくさん飾りたい場合でも、穴が目立たないホチキスなら思う存分飾ることができます。

また、ネットショップで販売している「壁美人」という商品を使えば、ラックなどの重いものも設置可能です。

この壁美人は壁掛け金具で、なんとホチキスで取りつけることができるので、画鋲や釘が打てない壁でも取りつけることができます。

耐荷重6kgまでかけることができますので、ラックだけでなく時計やカバン、コートかけとしても活用してもよいですね。

画鋲の代わりに!壁紙の穴が目立たない代用品②ニンジャピン

アパートの壁紙に使用する際、画鋲の代わりとなる品物でおすすめしたいのが「ニンジャピン」です。

ニンジャピンの特徴は、V字型の断面形状であることです。

通常の画鋲の場合、どうしても丸く穴が残ってしまいますが、ニンジャピンの特徴であるV字型の断面形状のおかげでほとんど壁に穴が目立つことがありません。

その効果は、少し凸凹とした壁紙や、柄が入った壁紙であれば、ピン跡を探してもなかなか見つけられないほどです。

また、お気に入りの写真やポスターなどを飾る際、どうしても穴が開くことに抵抗を感じてしまう方もいると思います。

ニンジャピンは、壁紙だけでなくポスターや写真の穴も残りにくいという特徴があるので、どちらにも跡を残したくないという方にはおすすめなのです。

ただ、ニンジャピンは構造上、普通の画鋲よりも強度が低くなっています。

そのため、硬い壁や重いものをぶら下げるのには適していません。

また、15本で864円(税込)と画鋲の中では高価になります。

画鋲の代わりに!壁紙の穴が目立たない代用品③ひっつき虫

画鋲の代わりになる品物で、ほかにおすすめなのが「ひっつき虫」です。

ひっつき虫は、繰り返し貼って剥がすことができる接着剤で、ポスターや写真、メモの仮止め、小物の固定などに使用することができます。

量も形も自分の思うように変化させることができますので、使いたい分だけ使用できるのもうれしいポイントですね。

使い方も非常に簡単で、ひっつき虫のシートからお好きな分を引きちぎり、指先で丸めてポスターなどの裏面に貼りつけ、壁に押し当てるだけです。

粘着性が高いですが、壁紙を傷めてしまうことなく簡単に剥がすことができます。

剥がす際、ひっつき虫が残ってしまうことがありますが、ほかのひっつき虫を一緒にくっつけることで、きれいに取ることができます。

ひっつき虫は画鋲のように壁紙に穴を開けることがないため、アパートなどの賃貸物件や新築の壁に穴を開けたくないという方には非常におすすめな商品です。

画鋲以外でアパートの修繕費用が負担になるケースとは

ここまで、アパートの壁紙に画鋲は使用しても問題ないのかについてや、画鋲の代わりとなる代用品についてご紹介しました。

壁の修繕は画鋲のほかにも様々ありますよね。

シミ汚れ、タバコのヤニ、日焼け、家具によってできた傷など、ほかにも様々なことが挙げられますが、これらの修繕費用はどちらが負担することになるのでしょうか。

●貸し主負担

前にもお伝えしたように、基本的には通常の使用で発生してしまったものに関しては、貸し主が負担することが一般的です。

貸し主負担になる可能性が高いものに関しては、以下のものが挙げられます。

・壁の日焼け(ポスターや絵画の跡)
・電化製品による黒ずみ
・エアコン設置時の穴

●借り主負担

では、続いて借り主負担になる可能性の高いものについて見ていきましょう。

・家具などの移動でできてしまった傷
・タバコによるニオイ、黄ばみ
・深く残った油汚れ
・落書き
・ペットの尿によるニオイや汚れ
・結露によるカビ
・ビスや釘によってできた穴

基本的に、借り主が負担する可能性が高いものは、入居者の不注意によってできてしまったものや、定期的に掃除をしなかった場合の汚れや傷が該当します。

賃貸物件に住む際は、なるべく修繕費用を抑えるために定期的に掃除をしたり、穴が目立たないものを使用したりと工夫してみることをおすすめします。

賃貸アパートの壁に穴を開けたくないのなら!

基本的に画鋲程度の穴であれば修繕費用はかからないとされていますが、アパートによっては画鋲の使用が不可となっているところもあります。

その場合は、穴が目立ちにくい商品を活用し、解決していきましょう。

穴を目立ちにくくすることができれば、お部屋のインテリアを楽しむ幅も広がります。

今はいろいろな商品がありますから、ぜひ試してみてくださいね。

 - アパート, 住宅