家賃6万円で余裕のある生活をするには手取りがいくら必要?

アパートやマンションの家賃は、一度契約を結ぶと、住み続ける限り、その金額を支払い続けなければなりません。

毎月支払わなければいけないのですから、手取り収入に見合った家賃の物件を選ぶ必要があります。

具体的に、どのように決めれば良いのでしょうか。

6万円の家賃を基準にして、お話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

給湯器が故障したら?賃貸に住んでいる場合の対処法

賃貸にお住いの方で、給湯器が故障してしまったら、どこにまず連絡したらいいのかという、疑問が出てくる...

窓からの冷気を断熱シートで対策!驚きの100均アイテム!

冬の寒い時期に窓から冷気が入り、お部屋が寒くて暖まらないといったお悩みはありませんか?暖房機...

窓にブラインドをセット!セット方法・使い方・ケア方法まで

ひそかに話題になっており、注目されつつあるのが窓にセットする「ブラインド」です。オフィスだけで...

賃貸のベランダの管理は誰が?ドアが開かない原因あるある

賃貸物件には、ベランダが付いている部屋も多いです。ベランダがあると、部屋の中に置いておくには...

賃貸物件のウォシュレット等の水漏れはパッキンが原因?

多くの家庭で使用されているウォシュレットや洗濯機等の水道栓に設置されているパッキンが、思わぬ水漏...

自分で直せる!玄関のドアノブが緩みはじめた時の対処法!

玄関ドアを開閉するためのドアノブは、使用年数とともに劣化してきます。ドアノブがグラグラと緩み...

生活が変わって家賃が間に合わない!支払い日は変更できる?

賃貸を契約したときと、住み続けていくと環境が変化することが多々あります。就職や転職で職場が変わ...

家賃は前払い?後払い?自分で決めることはできるのか

現在借りているお部屋の家賃、前払いか後払い、迷ったことはありませんか?『契約期間の家賃を支払うん...

窓をお洒落に変身!DIYに必要なアイテムは100均で揃えよう

DIYと聞くと少し大変そうに思えますが、100均のアイテムでお手軽にご家庭でも窓のDIYが出来ま...

家の窓に目立つ油膜を落としたい!取り方のコツはある?

普段、窓ガラスの掃除をしていますか?窓は、家の中に光を取り入れる大きな役割を持つ場所です...

窓の開閉操作をする「ハンドル」を交換したい時どうする?

築年数が経っている住宅では、窓のハンドルなど使用頻度の高い部分はどうしても壊れてきてしまうもので...

幼稚園の近くに引っ越す?駐車場の問題について知っておこう

住んでいる場所の近くに幼稚園や保育園ができることになると、反対運動が起こることがあります。...

分筆すると土地の相続税評価が下がる!?それって本当なの?

元々ひとつだった土地を分筆した場合、土地の相続税評価額が変わるということを耳にします。しかし、そ...

会社の家賃補助は同棲でも続けられる?二人とも受けられる?

賃貸物件に住んでいる方は、会社から家賃補助を受けている場合がありますよね。それでは、今まで一...

賃貸物件に関する疑問を解決!大家さんと管理会社の違いとは

マンションを借りるとき、まずは不動産屋さんに物件を紹介をしてもらって、大家さんと賃貸契約をするのが一...

スポンサーリンク

適正な家賃は手取りから考える

自分の収入から考えて、適正な家賃がどのくらいになるのかを考えてみましょう。

月々の家賃の支払いは、負担にならない金額を目指します。

一般的に、家賃は月収の1/3に抑えるものと言われています。

例えば、18万円の月収であれば、6万円ですよね。

しかし、この目安に従って家賃を決めてしまうと、支払いが大変に感じる人が多いと思います。

家賃の支払いに苦しまないために、家計のやりくりから、家賃を決めていくことが大切です。

家賃は月収の1/3と先ほどお話しましたが、この「月収」は、単純に給与明細に記載されている金額ではありません。

実際に銀行に振り込まれるのは、社会保険料や税金を差し引かれた金額ですよね。

いわゆる、手取りと言われる金額です。

家賃を決める際には、この手取り金額の中で、やりくりすることを考える必要があります。

月収18万円であったとしても、実際に銀行に振り込まれるのは、15万円程度になるでしょう。

そうなると、15万円でのやりくりを考えます。

15万円の1/3は5万円です。

先ほどの月収18万円で出た家賃6万円と、「1万円」も家賃の差額が出てしまいました。

家賃は毎月の出費になりますので、1万円の差は大きいものです。

実際の家計のやりくりは、手取り金額で行わなければなりません。

ですので、手取り収入を基準にして、家賃やその他の費用を計算していくようにしましょう。

家賃6万円は高い?安い?

家賃は、家計に占める割合が高すぎると、生活を苦しくしてしまいます。

手取り金額に占める家賃の割合は、同じ家賃6万円だったとしても、手取り18万円の人にとっては30%ですし、手取り30万円の人にとっては20%です。

同じ金額でも、収入によっては高かったり、安かったりします。

貯蓄・家賃・生活費と、ゆとりをもって生活するためにも、大きな固定費である家賃は、しっかり考えて決めなければなりません。

貯蓄や生活をゆとりあるものにするために、家賃は手取りの30%以下を目指しましょう。

しかし、実際に部屋探しをすると、新築に住みたい、広さが欲しいなど、欲が出てきますよね。

「家賃は6万円まで」と決めていても、住みたい物件が7万円だったとしたら、1万円くらいなら頑張れると思ってしまいがちです。

しかし、家賃は固定費です。

毎月、必ず払わなければなりません。

給料が減った、バイトができなくなったなど、収入に変化があっても待ってくれません。

「なんとなく」「だいたい」という気持ちで家賃を決めてしまうと、後で自分が困ることになります。

自分の支払える家賃の額は、しっかり計算しておきましょう。

手取りの30%が6万円でも適正な家賃ではない!

それでは、具体的に例を挙げてみましょう。

家賃を手取り収入の30%以下にするのであれば、手取り20万円で6万円までですね。

しかし、これは目安にしてください。

実際には、生活水準や家族構成によって、月々に掛かる生活費は変わります。

生活費は、食費・日用品・レジャー費などのことです。

手取り20万円で、生活費が12万円掛かっているとすると、残りは8万円です。

水道光熱費1万5千円、通信費と保険料で3万円とすると、残りは3万5千円です。

6万円の家賃を払うと、2万5千円の赤字になります。

このように、手取り収入の30%の家賃にしても、実際には赤字になってしまうことがあります。

そのため、だいたい払えそうというアバウトな計算ではなく、実際に負担できる家賃の金額を、しっかりと計算しておく必要があります。

家賃6万円で余裕のある生活をするには

余裕をもって生活するためには、家賃の目安を手取り収入の25%くらいに抑えておくのがおすすめです。

特に、一人暮らしをする場合は、家賃が生活費を圧迫しがちです。

手取り収入の30%を家賃に充ててしまうと、自由に使えるお金や貯蓄に、お金が回らなくなります。

家賃6万円払うには、手取り収入が23万円程度必要と考えておきましょう。

生活費のモデルは、このようになります。

・家賃 6万円
・水道光熱費 1万5千円
・食費 3万円
・日用品 3万円
・レジャー費 3万円
・通信費 1万5千円

合計18万円

これであれば、毎月の貯蓄額が5万円程度は確保できます。

生活費にもゆとりがあり、苦しい生活になるというわけでもありません。

ゆとりのある生活を保つために、ボーナスがあったとしても、それは生活費に入れないようにしましょう。

予定外の出費のために、貯蓄に回しておいたほうが良いですよ。

家賃は固定費!節約するなら見直そう

手取り収入から家賃の金額を割り出して決めることは、簡単ではありません。

それは収入だけでなく、家族構成やライフステージによっても変化するからです。

できることなら、安く抑えておくことをおすすめします。

6万円の家賃を毎月払うと、年間で72万円です。

72万円は大金です。

手取り収入から計算した家賃額が6万円だったとしても、さらに安い家賃の物件に住めば、その分、ほかのところに使えます。

例えば、趣味にかけるお金や旅行代です。

家計のやりくりを見直す際に大切なのは、固定費の見直しと言われています。

日々のお買い物によって、金額が変わる変動費で節約しようとすると、毎日のことなので、だんだんとストレスになっていきます。

毎日小さな金額を節約するよりも、月々の固定費(家賃や保険料)を見直したほうが、ストレスなく節約ができるのです。

そういった意味で、家賃を低くするというのは、固定費の大きな削減になります。

不動産屋で物件を探す際には、希望の家賃をはじめに聞かれます。

「6万円くらいまで」と伝えると、5万8千円~6万5千円くらいまで、6万円に近い物件ばかり紹介されます。

ですから、はじめは希望の家賃を低めに設定しておきましょう。

安くて希望に合った物件が見つかるかもしれませんよ。

家賃をできるだけ安くしたい、と不動産屋に相談しておくことも大切ですよ。

手取りの30%ならOKというわけではない

これまでにお話してきたことをまとめますと、家賃は手取り収入の30%を上限として、考えておくことが大切です。

また、収入における家賃の割合は、ライフステージによっても変化することを覚えておきましょう。

・一人暮らし
・夫婦二人
・子どもがいる家族

それぞれライフスタイルが異なりますし、生活費の比重が変わります。

同じ6万円の家賃を払うのでも、交通の利便性を求めるのか、居住空間の広さを求めるのかで、大きく違いますよね。

お金を貯めやすい夫婦二人の時期に、家賃を20%~25%程度に抑えて、余ったお金を貯蓄に回しておくと、その後の生活にゆとりが生まれます。

また、固定費を見直すと、支出の大きな削減になるとお話しましたね。

大きな固定費である家賃は、改善しようと思っても、すぐに実行に移すことが難しい部分です。

そのため、住まいを決める際に、生活に負担を掛けない家賃をじっくりと検討することが、とても重要です。

手取りの30%であればOKと考えるのではなく、30%は上限と考えます。

できるだけ家賃を抑えるようにすれば、ゆとりのある生活を送ることができるはずです。

家賃は無理なく払える金額にする

自分の手取り収入から、無理なく払える家賃の金額を知っておくことは大切です。

家賃が払えない、生活費が足りない、ということにならないように、しっかりと生活を設計していきましょう。

家賃は、生活費の中では大きな支出です。

低く抑えられるときに抑えておくと、将来ライフスタイルが変わったときにも、ゆとりのある生活を送ることができますよ。