これで失敗しない!新築戸建の後悔ランキングをチェック!

マイホームを建てるのは、ほとんどの人が一生に一回のことです。

新築の戸建に住むのは、憧れですよね。

しかし、家を建てるということは、たいていの人は初めての経験です。

慣れていないため、建てた後に後悔することもあります。

どのようなポイントに気を付ければ、後悔せずに済むのでしょう。

後悔するポイントを、ランキングにしてまとめました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートで音が気になるなら!おすすめ防音グッズを試そう

アパートに住んでいて気になってしまう音。他の住人が出す音だけでなく、自分が出す音が響いてない...

アパートの賃貸借契約書を紛失したらどうしたらいい?

いざアパートを退去しようとしたときに、契約書が見当たらない。契約書がなければ、どうなるのでしょ...

アパートのエアコンが故障した!修理代はだれが負担するの?

アパートの部屋の温度を調整してくれるエアコン。もし、そのエアコンが故障したらどうすればい...

なぜアパートの保証会社を利用する?保証料の金額は?

アパートを借りる時、賃借人に保証会社を利用することを義務付ける物件が多くなっています。保証料...

中古一戸建てをリフォームして住む!ブログから見るその魅力

一戸建てを購入するというと、多くの人は新築を想像します。しかし、あえて中古一戸建てを購入し、...

アパートの給湯器トラブル!修理・交換したい場合には?

アパートの給湯器に関するトラブルも、よく起きがちなトラブルなのかもしれません。では、アパート...

アパートの駐車場に知らない車が!?無断駐車への対処方法

車を所持している方にとって、車を保管するスペースとして駐車場が欠かせません。それは賃貸住宅で...

アパートの車庫証明!引っ越しによってどう手続きするのか?

アパートへ引っ越しするのに、車を持っている場合は車庫証明を取得する必要があります。基本的には...

一戸建ての防犯対策を大公開!シャッターだけでは危険なの?

空き巣の被害に遭っている方は、残念ながら後を絶ちません。被害の多さに、もはや人事ではありません...

夏のアパートは2階が暑い!夜の暑さを軽減させる方法は?

アパート住まいでなくても夏は暑いものですが、アパートの2階は特に暑いと訴える方が多いようです。...

新築のオプションは何が良かった?注文住宅のおすすめ設備

新築の注文住宅を建てる際、頭を悩ませるもののひとつが「オプション」です。どのようなオプション...

アパートの照明が故障!賃貸の照明器具修理費用は誰が負担?

アパートなどの賃貸物件で照明器具が故障してしまったとき、その修理費用はいったい誰が負担するのかご...

賃貸アパートでもできるDIYでキッチンをおしゃれにアレンジ

賃貸アパートにお住いの人は、キッチンの収納やデザインにお悩みをお持ちかもしれません。毎日使う...

アパートのキッチンを快適に!物の区別方法と収納術

主に料理を作るキッチンは、調味料や調理器具など、たくさんの物が集まる場所でもあります。それゆえ...

アパートの郵便受けを手作りで改良したい!その方法とは?

アパートでは、ドアに投函口がついている「ドアポスト」タイプの郵便受けがよく見受けられます。...

スポンサーリンク

ランキング1位・お金の後悔

ランキングの1位は、現実的なお金の問題です。

・住宅ローン

夢の戸建を手に入れたけれど、返済計画が甘く、生活が苦しくなったという人がたくさんいます。

仕事を転職した、業績が悪化した、子どもが増えたなど、人生にはいろいろな転機があります。

今は返済できるかもしれませんが、収入や支出の増減によっては、ローンの返済が生活を圧迫します。

共働きだったけれど、体調を崩して妻が専業主婦になったなど、生活の変化もあります。

こういった変化も考慮に入れて、ローンを組むことが大切です。
頭金なしや、借入額を目いっぱい借りるなどは、リスクも伴います。

「どうにかなる」ではなく、無理のない返済計画を立てましょう。

さらに、住宅ローンで後悔しないために、ローンの総支払額も、しっかり認識しておきましょう。

見なければならないのは、月々の返済額だけではありません。
利息はいくら払っているのかも、しっかり認識する必要があります。

例えば、2500万円のローンを30年、金利1%で借りるとします。

頭金、ボーナス払いなしにします。
そうすると、月々の支払額は80,409円です。

30年毎月支払い続けると、最終的には2894万円になります。
394万円分を、利息として払っていることになります。

2500万円借りたつもりが、実際には、2894万円を借りたということになります。

これを20年ローンにすると、月々の支払114,973円、総支払額は2759万円です。
総支払額の差は、135万円です。

月々の返済額だけを見て、無駄に長期のローンを組んでしまうと、大きな後悔をすることになります。

「月々の返済〇〇円」という言葉に、惑わされないようにしましょう。

しかし、先ほどもお伝えした通り、無理な返済は、自分の首を絞めることになります。
繰り上げ返済などを利用して、生活に合わせた返済計画を立ててください。

ランキング2位!戸建を建てるときは家族計画も一緒に

続いて、家を建てて後悔したランキング2位です。

・間取り

特に、収納の設計で後悔したという人が多いようです。

賃貸住宅に住んでいた頃よりも収納スペースが多くなったけれど、「出し入れがしにくくなった」「クローゼットの場所が悪かった」「もっと収納を多くすればよかった」など、不満が出てきてしまうようです。

収納したいもののサイズ・量と、収納スペースの幅や奥行き、高さが合っているのか、測っておくと良いですよ。

また、動線も大切です。

使う場所としまう場所が近いのか、スムーズにしまえるのかチェックしておきましょう。

間取りの後悔は、他にもたくさんあります。

このような例があります。

子どもが増えることを想定して、子ども部屋を3部屋作ったら、スペースを区切り過ぎて、家が狭くなってしまった。

戸建を立てるときには、家族計画も考慮に入れる必要があります。

子どもが増える=部屋を増やす
と単純に考えるのではなく、子どもたちが巣立っていく20年後のことも想定して、間取りを計画すると良いでしょう。

単純に部屋を増やすのではなく、「子どもたちの勉強部屋」と「子どもたちの寝室」の2部屋で生活することもできます。

リビングを大きく取って、そこで子供たちを勉強させるのであれば、子どもたちの寝室だけでも良いことになります。

どのように生活したいのか、じっくり考えて間取りを決めましょう。

しかし、実際に図面を見ただけでは、素人には、どのくらいのスペースになるのか想像がつかないですよね。

であれば、今住んでいるお家の寸法を測ってみましょう。

そうすると、キッチンはもっと広くしたい、ここはもっと収納が必要など、なんとなく想像がつくと思います。

コンセントの設置場所で後悔しないために

ランキング2位の間取りの後悔と関係してきますが、配線の失敗も併せてお伝えしておきます。

コンセントやスイッチは、普段、何気なく使っていますよね。
戸建を建てる際には、この設置場所が意外に重要です。

毎日使うものですから、使いたい場所にない、数が足りないなど、配線について後悔する人は多いです。

いくつか例を挙げます。

・トイレのスイッチが、開いたドアの裏に隠れてしまう
・キッチンの棚にコンセントを付けなかったため、家電を使うときは移動しなければならない
・スイッチの場所が遠く、使う場所から手が届かない

扉が右開きなのか左開きなのか、それとも引き戸なのかで、使いやすいスイッチの場所は変わります。

設計では、電気の配線工事がしやすいように設計してしまうこともあるので、気を付けて見たほうが良いですよ。

コンセントの数は、坪数と同数が目安です。
30坪なら30個です。

生活動線に沿って、設置しましょう。

リビングでは、掃除機が一気にかけられる場所にコンセントがあるか、スマートフォンの充電ポイントはあるのかなど、細かいところまで考えるようにしましょう。

コンセントは、簡単に増やすことはできません。

延長コードだらけになってしまっては、せっかく新築の戸建なのにカッコ悪いですよね。
図面に使う家電を書き込んで、実際の動きを再現してみましょう。

ランキング3位!戸建は簡単に引っ越せない

ランキング3位は、自力で解決できない問題です。

・環境

道路沿いでも、そんなにうるさくないと思って家を建てたけれど、実際にはうるさくて、快適な生活ができなかったとなったら大変です。

防音壁を建てるのも、お金が掛かることです。

また、日当たりの問題や、土地の湿気の問題などもあります。

ゆったり田舎で暮らしたいと思ったけれど、田舎過ぎて買い物も大変になって、後悔しているという話も聞きます。

大丈夫と思ったけれど、不便や不快を感じて生活するのは、ツライものです。

駅近だけど日当たりが悪い、環境は良いけれど不便など、利点と欠点をしっかり把握しておきましょう。

下見をする際は、時間帯を変えて何度か訪れると良いですよ。

昼間は静かだと思ったけれど、夜になるとクルマの音がうるさく響くなど、気付かなかったことも出てきます。

戸建てを建ててしまうと、環境や立地は、修正することも修復することもできません。
何十年も住むことを考えて、慎重に進めましょう。

ランキング4位!信頼できる人を選ぶ

ランキング4位は、ハウスメーカー、不動産会社です。

見積もりを何社か取り、一番安いハウスメーカーに頼んだら欠陥住宅だった、なんていうことにならないよう、しっかりと見極めることが重要です。

ハウスメーカーを決める際、初めに出会うのは営業ですよね。

第一印象や相性が良いということが大切です。

しかし、それだけでなく、営業の知識と提案力が、どのくらいあるのかを見極めましょう。

色々質問してみて、すぐに的確な答えを出してくれるのであれば、しっかり経験を積んだ営業であることがわかります。

すぐに答えられなくても、調べて連絡をくれる姿勢をもっているような真摯な営業であれば、信頼できますね。

こちらの要望に対して、可能なのか不可能なのか、もしくは解決策を提案してくれるのかも重要です。

戸建を建てるのは、人生での大きな買い物です。

信頼できる人に任せたいですよね。

ハウスメーカーを決める際には、モデルハウスが素敵だったという理由だけで決めてしまうと、後悔することになります。

そこで仕事をしている人も、しっかり見ましょう。

ランキング5位!夢の戸建を建てたけれど後悔

ランキング5位は、

・無駄な設備

です。

新築の戸建を建てるとなると、誰しも気分が盛り上がるものです。

盛り上がった気分のまま、あこがれの設備を付けてしまうと後悔に繋がります。

実際には使わなかった、いらなかった、ということも起こりがちです。

いくつか見ていきましょう。

・吹き抜け/リビング階段
部屋を広く見せる効果がありますが、暖房効率・冷房効率が悪く、電気代がかさみます。

2階の面積が少なくなるので、部屋数が足りなくなるということもあります。

・お風呂を広くした/お風呂の窓を大きくした
浴槽が広いと、水道代と光熱費が掛かります。

しかも、お湯が冷めやすいということもあります。

「お風呂に入りながら景色を眺める」というあこがれで、窓を大きくしてしまうと、防犯上心配ですし、冬はとても寒くなってしまいます。

・天然素材の建材
無垢の床は、ナチュラルな風合いが素敵ですが、手入れが大変です。

長期間住むことを考えると、手入れが簡単なほうが、後悔せずに済みます。

また、漆喰や珪藻土の壁も、おしゃれな空間を演出してくれますが、汚れやすく掃除がしにくいです。

あこがれだけでなく、住んだ後のライフスタイルを想像して、使う設備を厳選しましょう。

まずは情報収集で知識を集める

家を建てるときは、まずは情報収集することが大切です。

建ててからでは遅いのです。

建てる前に雑誌をたくさん見る、住宅展示場をいくつも回る、実際に建てた人に話を聞くなどしておくと、後悔することも少なくなりますよ。

後悔しないために、できることは何でもしておきましょう。