管理会社から賃貸物件を直接借りるとメリットがいっぱい!

管理会社から直接賃貸を借りると、仲介手数料が無料になるなど、巷には多くの噂があります。

そもそも管理会社とは、どういう会社のことを言うのでしょうか?

管理会社と仲介会社はどう違う?

どっちに申し込むのが良い?

そんな不動産業界内の管理会社の詳細をお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベランダに洗濯機を置いて使う物件!問題点と対策をご紹介!

近年の賃貸物件では、室内に洗濯機置き場がある物件が主流になっていますが、なかにはまだベランダなど...

分筆すると土地の相続税評価が下がる!?それって本当なの?

元々ひとつだった土地を分筆した場合、土地の相続税評価額が変わるということを耳にします。しかし、そ...

住所には正式な書き方がある!必ずマンション名まで書こう!

突然ですが、皆さんは、自宅の住所を書くとき、どのように書いていますか?マンション名などが入る...

BS用の室内アンテナを設置したい!映らない原因や対処方法

BS放送を楽しみたい方の中には、さまざまな理由からアンテナを室内に設置したい方もいるのではないで...

無理のない家賃の目安は?手取り15万円で始める一人暮らし

現在、新社会人の初任給の平均は、だいたい20万円くらいです。しかし、社会保険料などを差し引か...

築年数が古い物件も選択肢に!安くておしゃれな物件もある

賃貸物件を探している人のなかには、築年数10年以内など、選択の幅をぐっと狭めている人もいらっしゃる...

窓からの冷気対策に!隙間テープを貼る位置やポイントとは?

寒い季節に、窓を閉めてエアコンをつけていても室内の温度が上がりにくい場合があります。それは、外か...

窓の開閉操作をする「ハンドル」を交換したい時どうする?

築年数が経っている住宅では、窓のハンドルなど使用頻度の高い部分はどうしても壊れてきてしまうもので...

窓からの冷気を遮断!冬を暖かく過ごすおすすめ方法をご紹介

暖房をつけていても部屋がなかなか暖まらなかったり、底冷えを感じたりすることはありませんか?部屋...

賃貸のベランダの管理は誰が?ドアが開かない原因あるある

賃貸物件には、ベランダが付いている部屋も多いです。ベランダがあると、部屋の中に置いておくには...

ベランダの洗濯機を綺麗に保つには?おすすめDIYで解決!

マンションやアパートなどの賃貸で、洗濯機を置くスペースが外という物件があります。ベランダは室...

支払った敷金が返金される?お金が戻ってくるのはいつ頃?

アパートなどを探していると、家賃や礼金のほかに、「敷金」といった項目がありますよね。この敷金...

賃貸物件退去日までの日割り家賃を安く済ませるポイントは?

賃貸物件を退去する際、退去日までは当然家賃を支払うことになります。では、この退去日とはいつの...

窓を交換するときのために!高さなど寸法を知っておこう

建物に窓は欠かせませんが、実際にどんな大きさのものなのか、取り付け位置の高さも含めて寸法を把握し...

その私道はだれのもの?通行権がないと車が通れないかも!?

車で道路を走るときに、その道路が公道か私道かについて考えている方は少ないのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

賃貸の管理会社とは?

管理会社とは、賃貸マンション、アパート、オフィスなどの賃貸物件を管理運営している会社のことを言います。

管理には大きく分けて、入居者の管理と建物の管理があります。

大家さんが全て直接このような業務を行うこともありますが、規模によっては難しくなってきます。

また、日本の不動産に関わる法律や業務は大変複雑で、法律も都度更新されていきます。

こういったことを把握しながら、契約から管理まで全てを大家さんが行うことはなかなか難しくなってきています。

そこで、専門的な知識とノウハウを持っている管理会社へ管理委託することで、スムーズな賃貸管理が行えるようになります。

最近では賃貸物件の数が増え、空室対策のために管理会社も様々なサービスを行うようになってきました。

基本的な管理の他に、24時間緊急対応や健康相談などサポート体制を整えている管理会社も多くなってきました。

管理会社が、その賃貸物件を管理しているか確認したい場合、空室が出たら募集のため物件に直接「空室募集」の掲示をしている場合が多くあります。

また、連絡先の表示のために、エントランスなど外からも見えるところに掲示している場合もあります。

賃貸の管理会社と仲介会社の違い

まず、不動産屋さんの中にもいくつか種類があり、賃貸に関わる主なジャンルは「管理会社」と「仲介会社」になります。

管理会社は前記した通り、賃貸物件の管理と運営がメインになります。

家賃の集金や建物のメンテナンス、入居者からのクレーム対応などを行います。

入居してから困ったことが起こった時、契約までお手伝いしてくれた不動産屋さんに連絡しても「管理会社へ連絡してください」と言われた経験のある方もいると思います。

入居してからの窓口は、この管理会社になります。

管理会社は、大家さんと「管理業務委託契約」を契約して管理委託料が主な収入となっています。

仲介会社は客付業者とも呼ばれ、主に仲介手数料が収入になります。

仲介業務をメインに行っており、賃貸物件に空室が出れば募集を行い、申し込みから契約までを行います。

大家さんから直接、募集のみを委託される場合もありますが、他の不動産屋さんが所有している物件を仲介したりしています。

賃貸を直接借りるには管理会社へ連絡?

管理会社と直接契約したい場合、不動産の情報ポータルサイトなどを見てもどこが管理会社か見分けがつかないと思います。

不動産管理会社と大家さんには、2つの契約方法があります。

「媒介契約」と「代理契約」です。

募集図面や情報サイトに「媒介」や「代理」と記載がある場合は、管理会社であることが多いです。

媒介契約とは、大家さんは複数の不動産屋さんに賃貸契約の依頼をできます。

しかし、入居時の契約の締結などは補助作業になることが多いです。

代理契約は、大家さんは1つの不動産屋さんとしか賃貸契約ができません。

入居時には、申し込みから審査、契約まで一連で行ってくれます。

また、気になる物件がある場合は、空室の部屋や建物入り口に管理会社の連絡先が掲げてあることが多いので、そこに直接連絡することも可能です。

問い合わせたら必ず申し込み、というわけではないので、気軽にお問い合わせをして見ましょう。

管理会社と直接契約すると仲介手数料は安くなる?

管理会社と直接契約をすると仲介手数料がなくなる、という話を聞きます。

結論から言うと稀なケースです。

まず、管理会社の多くは不動産業です。

不動産業は、賃貸契約をした際、手数料として家賃1ヶ月相当の請求ができます。

申し込みから契約までを不動産屋さんで行った時点で、ほとんどの場合、仲介手数料を請求されます。

ちなみに、1ヶ月を超えての手数料の請求は、規定があるのでできません。

また、管理会社は大家さんから報酬をもらえるので、借主からは手数料をもらわないので、無料になるというお話も見受けられます。

これは、仲介手数料無料になる可能性がある話ですが、大抵の場合、大家さんが出す「報酬」は「宣伝広告費」等の名目になります。

この場合は、申し込みから契約まで行った不動産屋さんは、借主から仲介手数料1ヶ月、貸主から宣伝広告費1ヶ月をもらうことができます。

お部屋探しの際は、この広告宣伝費ありなしの表示はされていないことがほとんどです。

特に募集の際に見せる必要がない部分になりますので、混乱を招かないようにしています。

管理会社と直接やりとりするメリット

賃貸で管理会社と直接契約をすると、メリットはたくさんあります。

仲介専門の不動産屋さんは、多くの物件を紹介してくれますが、建物ひとつずつの管理状態や詳細は、把握していないことが多いです。

また、仲介手数料が主な収入源なので、1件でも多く契約をする必要があります。

そのため、契約を急がせようとする傾向も見受けられます。

管理会社は、入居した後も長く付き合っていくため、丁寧な対応を期待することができます。

建物管理、入居者管理をしている場合は、日常業務として巡回や設備のチェックをおこなっています。

また、退去の際立会いをおこなったり、入居時の入居者への対応もおこなっているので、建物のこと、お部屋のことをよく知り尽くしています。

質問や疑問にもスムーズに対応してくれることが多く、速やかな案内をしてくれます。

気になる住んでからの環境も教えてくれることが多いです。

個人情報なので細かくはお話できませんが、学生が多い、家族が多い、若い方が多いなどの点からオススメをしてくれます。

管理会社の方が融通がきく可能性あり!

賃貸を借りる時、なるべくスムーズに早く契約をしたいと考える方も多いと思います。

その際は、直接管理会社とやり取りした方がスムーズにいくでしょう。

管理会社は日頃から物件管理、入居者管理の業務のため大家さんと頻繁に連絡を取っています。

審査の際なども、人柄や印象を託けてくれたり、入居開始日を相談にのってくれたりします。

また、建物のことをよく知っているので、現在入居中で退去予定の場合も、室内写真を多く見せてくれたり、同タイプの違う空き部屋を内見させてくれたりします。

最近では、新築の段階で早くから入居募集を行うようになりました。

管理契約を結んでいる場合は、建築している段階から建物の情報を持っているので、そういった管理会社さんに巡り会えれば、いち早く新築に入居できる場合もあるようです。

賃貸を借りる際は管理会社に頼ろう

賃貸を借りる際は、お部屋探しから契約まで、不慣れなことも多くストレスになりがちです。

管理会社と直接やりとりができれば、物件の詳細や住むにあたっての環境など詳しく教えてくれることが多くあります。

また、大家さんとの距離も近いので、入居審査など契約条件など相談に乗ってくれることもあります。

入居してからも付き合っていく不動産屋さんになるので、ぜひ気軽に相談してみてください。