BSが映らない?まずアンテナやケーブルをチェックしよう!

BS放送とは衛星からの電波を受信することで見ることができる衛星放送です。

BSを接続することで、今まで見ることのできなかった専門的なチャンネルも楽しむことができます。

テレビでの楽しみを増やしてくれるBS放送ですが、映らなくなってしまったときはどうすればよいのでしょうか。

これから、BS放送が映らないときの原因や対処法についてご紹介していきます。

アンテナやケーブルの問題も視野に入れながら一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

知っておこう!マンションの窓についている三角マークの意味

マンションやビルの窓を見たときに、三角のマークを目にしたことがある方もいらっしゃることでしょう。...

大家さんは頼れる味方!部屋を賃貸する際は心を込めて挨拶を

ちょっと前までは、アパートやマンションを賃貸したら、まずは「大家さんにご挨拶する」というのが常識...

木造アパートは騒音が心配?新築物件なら大丈夫?

部屋探しをしている時、木造アパートは周りの騒音が心配という人は多いようです。木造に比べて鉄筋コン...

窓から入ってくる冷気!プチプチを貼るのが防寒対策になる?

冬場になると、窓をしっかり閉め、鍵も閉めているのに、「部屋のなかが寒い」という思いをされている方...

防火地域や準防火地域でもできる窓や扉をおしゃれにする方法

家を建てるとき、内装はもちろん、外壁もこだわりたいですよね。外からうかがえる、おしゃれな...

隣人の騒音が原因で夜も眠れない人はどうすればいいの?

アパートやマンション住まいの方は、普段快適な生活を送れているでしょうか?快適な生活を送るために...

窓からの冷気対策に!隙間テープを貼る位置やポイントとは?

寒い季節に、窓を閉めてエアコンをつけていても室内の温度が上がりにくい場合があります。それは、外か...

BSアンテナを設置する方向は?障害物があるときはどうする?

家を新築したり、引っ越しなどで新たな住居に住むことになったとき、たくさんの番組が楽しめるBSアン...

窓の掃除は新聞紙だけでも充分!簡単なやり方を解説

掃除の中でも窓の掃除は大仕事のようなイメージがありませんか?そんな窓の掃除も、実は新聞紙を使え...

家賃の目安が知りたい!手取り18万円の場合の適正家賃とは?

賃貸物件に暮らす場合、家賃は手取り収入のうち、どのくらいまでであればよいのでしょうか。一般的...

貸主から敷金の返還で領収書の発行を要求された場合の対処法

賃貸を退去する際、部屋の状態が良ければ、普通なら敷金が返還されることになります。しかし、敷金...

防犯やイタズラ防止に!窓用のストッパーは100均商品が優秀

100均で購入できる窓用のストッパーを使ったことはありますか?窓をしっかり防犯したい時や、窓...

支払った敷金が返金される?お金が戻ってくるのはいつ頃?

アパートなどを探していると、家賃や礼金のほかに、「敷金」といった項目がありますよね。この敷金...

自分で窓やクーラーの掃除をしよう!そのときのコツは?

ご自宅の窓やクーラーの掃除をやらなければいけないと分かっていても、掃除方法や正しいやり方などが気...

窓に貼るフィルム!外から見えないからプライバシー効果抜群

賃貸物件に住んでいると、1階に住んでいる場合は特に、窓からの他人の視線が気になる方が多いのではない...

スポンサーリンク

「BSが映らない・・・」その前に!そもそもBS放送とはなに?

ここでは「BS放送が映らない」とお悩みの方に向けてお話を進めていきますが、その前にまずBS放送とはどういうものなのかについてお話ししていきましょう。

一般的には地上波放送でテレビを楽しんでいるご家庭が多いのではないでしょうか。

地上波放送は地上に建っている電波塔を介して情報が届けられています。

ほとんどの場合が無料放送となり、多くのご家庭で取り入れられている放送形式となります。

それでは、BS放送は地上波放送とどのような違いがあるのでしょうか。

BS放送は衛星放送の一つで、人工衛星からアンテナを通して情報を受け取っています。

BS放送を見られるようにするためには、別途BS放送を受信するためのパラボラアンテナの設置が必要で、こちらも多くの番組が無料で放送されています。

BS放送を始めとする衛星放送の魅力といえば、様々なジャンルの放送がたくさん用意されているということです。

一日を通して、スポーツや映画など、自分の見たいジャンルに特化した番組を楽しむことができます。

このように、多くの楽しみを与えてくれるBS放送ですが、テレビに突然映らなくなってしまうことがあります。

その原因と対処法についてこれからお話ししていきましょう。

突然BS放送が映らなくなったらまず何をする?

BS放送を見ようとして、突然映らなくなってしまったら、まず何を確認すればいいのでしょうか。

BS放送が見られない、映らない原因として、最初に考えられるのがテレビの故障です。

テレビが故障していたら、BS放送が映らないのは当然ですよね。

まずはテレビを再起動してみましょう。

一度テレビの電源を落とし、電源プラグをコンセントから抜いてください。

そして、テレビに繋がれているケーブルも一度抜いてしまいましょう。

外したケーブルを間違いがないように元の場所に接続して、テレビの電源を入れなおします。

もしこれでもBS放送が映らないようならば、他の場所に原因があるはずです。

その原因を知るためには、アンテナレベルを確認してみましょう。

アンテナレベルの状態を見れば、大まかな原因を知ることができるはずです。

BS放送が映らない原因はアンテナレベルが教えてくれる!

アンテナレベルとは、接続の状態を数値で表してくれる便利な機能です。

アンテナレベルを見れば、どこにBS放送が映らない原因があるのかをある程度予測することができます。

アンテナレベルを確認するためには、テレビの本体設定から進めていきましょう。

画面にアンテナレベルが映し出されたら、その数値を確認していきます。

画面にはどれくらいの数値が表示されているでしょうか。

BS放送を見るために必要な数値は50~81が適正値とされています。

もし、この数値が50以下の場合、BS放送を見るための電波の力が足りていないということになります。

電波を受信する力が弱まっている理由は、アンテナの不具合であることが多いようです。

次章からはアンテナの受信環境の確認方法をご紹介していきましょう。

設置しているBS用のパラボラアンテナは大丈夫?

BS放送は、衛星からの電波をキャッチするために、地上波放送とは別にパラボラアンテナを設置する必要があります。

このパラボラアンテナは、向きが少しずれたりするだけでもテレビに映らなくなってしまうほどの、とてもデリケートな機器です。

これからBS放送が映らないときの、パラボラアンテナの不具合の可能性について考えていきましょう。

●アンテナの向きがずれている

最近、強風が吹いたりするようなことはありませんでしたか。

もしかすると、強い風の力でパラボラアンテナの位置がずれてしまったかもしれません。

または、雪の重みでパラボラアンテナが下を向いてしまった可能性もゼロではないでしょう。

●衛星からの電波が遮断されている

雪は、パラボラアンテナの向きを変えてしまうだけではなく、衛星からの電波を遮る障害物となってしまうこともありますので、注意してください。

また、パラボラアンテナが向いている方向に新たな建物が建ってしまうことも、電波が届かなくなる原因となってしまうでしょう。

パラボラアンテナによるBS放送が映らない原因はこの他にもあります。

この続きは次章でお話ししていきます。

まだまだある!パラボラアンテナによるBS放送が映らない原因

それでは、BS放送が映らない原因を探るために、パラボラアンテナの不具合についてさらに考えてみましょう。

●アンテナに汚れが付着している

パラボラアンテナの表面に汚れがついているだけでも、衛星からの電波を受信する力が弱まってしまいます。

パラボラアンテナは家の外に設置されていることが多く、汚れがつきやすいです。

そのため、定期的にパラボラアンテナの表面をきれいに掃除するようにしてください。

●アンテナからのケーブルに異常がある

古いケーブルを使っている場合、劣化や規格落ちによりBS放送が見られなくなることがあります。

新しいケーブルの方が性能も良く、電波を受信する力も強いので、最新式のケーブルに変えてみるのもいかもしれませんね。

●アンテナ自体が破損している

パラボラアンテナも、長年使っていると破損することもあるでしょう。

見た目で破損が分かるような状態になってしまったら、新しいパラボラアンテナに交換することをおすすめします。

劣化が心配ならBS用のアンテナを室内に設置しよう!

BS用のアンテナは室外に設置しているケースが多く、時がたてば雨や風による劣化は避けることはできません。

その経年劣化を少しでも防ぐためには、BS用のアンテナを室内に設置してみてはいかがでしょうか。

BS用のアンテナを室内に設置する場所は、南西の方向にある窓際を選んでください。

ただでさえ微弱なBS放送の電波なので、窓一枚あるだけでも大きな電波の障害となり得ます。

そのため、電波をより多く取り込むために、設置する方向はズレのないように細かく設定してください。

設置場所や方向が決まり、受信電波の状況も十分なことが確認できたら、アンテナがズレることのないように固定します。

部屋の中にBS用のアンテナを設置すると、ちょっとしたことで体が当たり、位置がずれてしまうことがあります。

また、アンテナの周りに物を置いてしまうと、電波を受信する邪魔になることがあるので、注意してください。

十分な受信電波を確保できれば、BS用のパラボラアンテナを室内に置いても問題はないはずです。

「BS放送が映らない」ということのないよう、細かな設定を怠らないようにしましょう。

BS放送はアンテナが重要!

BS放送は、アンテナの状態で左右されるといっても過言ではありません。

アンテナを正しく設置すれば、「BSが映らない」ということも少なくなるでしょう。

しかし、BS放送用のアンテナは、設置する方向や配線なども専門的な知識が必要になるケースがあります。

ご自分での設置が難しい場合は、専門の業者に頼むのも必要かもしれませんね。