BSが映らない?まずアンテナやケーブルをチェックしよう!

BS放送とは衛星からの電波を受信することで見ることができる衛星放送です。

BSを接続することで、今まで見ることのできなかった専門的なチャンネルも楽しむことができます。

テレビでの楽しみを増やしてくれるBS放送ですが、映らなくなってしまったときはどうすればよいのでしょうか。

これから、BS放送が映らないときの原因や対処法についてご紹介していきます。

アンテナやケーブルの問題も視野に入れながら一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家賃6万円で余裕のある生活をするには手取りがいくら必要?

アパートやマンションの家賃は、一度契約を結ぶと、住み続ける限り、その金額を支払い続けなければなり...

建築物設計の基本!建蔽率と容積率の求め方を解説

整然とした街並を確保するために、建蔽率・容積率などの各種の決まりが定められています。建築物を設...

不動産売買による仲介手数料を半額や無料にするための交渉術

マンションやアパート、新築住宅などを購入するときに、ほとんどの場合、不動産屋さんにお願いすると思い...

賃貸中に名義変更をするための手続きについて知りたい

賃貸物件に居住中、名義変更したい場面が訪れることがあります。同居者との離別や死別、会社名義から個...

賃貸アパートの網戸が破れた!修理費を負担するのはだれ?

室内に虫が侵入することなく、空気の入れ替えができる網戸。どの窓にも取り付けてる賃貸アパートが、...

市街化調整区域は建物が建築できない!コンテナ倉庫もNG?

市街化調整区域にある土地は制限が多く、土地活用を諦めてしまう所有者もいます。しかし、まったく...

気になる騒音問題!窓の防音対策は隙間テープで簡単手軽に!

大きな道路に面した家や線路沿いや車通りが多い道のそばに住んでいる方は、外の音に悩まされているとい...

家賃の日割り計算はどうやるの?返金されない場合もある!?

賃貸物件に住んでいると、退去時の家賃の支払いが気になりませんか。月末まで入居している場合は問...

家の電気がつかないときはどうすればいい?原因と対処法は?

家の電気がつかないと焦りますよね。電気は今や日常生活に欠かせないものとなっており、電気無しの...

窓の高さの標準とは?採光・通風・プライバシーを確保する窓

これから住宅を建てる、購入するというとき、デザインや間取りなどは重視するかもしれませんが、窓まで...

自分で直せる!玄関のドアノブが緩みはじめた時の対処法!

玄関ドアを開閉するためのドアノブは、使用年数とともに劣化してきます。ドアノブがグラグラと緩み...

賃貸で家賃と共に支払う保証金!注意したい償却という条件

賃貸物件での契約で家賃と共に最初に支払うものとして、敷金・礼金・保証金などがあります。こ...

窓に貼れる遮光フィルムの種類は?100均でも効果ある?

賃貸物件にお住まいの際に、日差しが眩しい、カーテンが開けられないなど、入居されている物件の窓につ...

床面積の計算で迷いやすい階段!1階と2階はどう計算するの?

家を建てる場合、建ぺい率と容積率を意識する必要があります。なぜなら、建ぺい率と容積率の値によ...

窓に貼ったプチプチが剥がれない!上手な剥がし方はある?

窓に貼ったプチプチがキレイに剥がれず、お困りではありませんか?窓用のプチプチシートは、断熱や...

スポンサーリンク

「BSが映らない・・・」その前に!そもそもBS放送とはなに?

ここでは「BS放送が映らない」とお悩みの方に向けてお話を進めていきますが、その前にまずBS放送とはどういうものなのかについてお話ししていきましょう。

一般的には地上波放送でテレビを楽しんでいるご家庭が多いのではないでしょうか。

地上波放送は地上に建っている電波塔を介して情報が届けられています。

ほとんどの場合が無料放送となり、多くのご家庭で取り入れられている放送形式となります。

それでは、BS放送は地上波放送とどのような違いがあるのでしょうか。

BS放送は衛星放送の一つで、人工衛星からアンテナを通して情報を受け取っています。

BS放送を見られるようにするためには、別途BS放送を受信するためのパラボラアンテナの設置が必要で、こちらも多くの番組が無料で放送されています。

BS放送を始めとする衛星放送の魅力といえば、様々なジャンルの放送がたくさん用意されているということです。

一日を通して、スポーツや映画など、自分の見たいジャンルに特化した番組を楽しむことができます。

このように、多くの楽しみを与えてくれるBS放送ですが、テレビに突然映らなくなってしまうことがあります。

その原因と対処法についてこれからお話ししていきましょう。

突然BS放送が映らなくなったらまず何をする?

BS放送を見ようとして、突然映らなくなってしまったら、まず何を確認すればいいのでしょうか。

BS放送が見られない、映らない原因として、最初に考えられるのがテレビの故障です。

テレビが故障していたら、BS放送が映らないのは当然ですよね。

まずはテレビを再起動してみましょう。

一度テレビの電源を落とし、電源プラグをコンセントから抜いてください。

そして、テレビに繋がれているケーブルも一度抜いてしまいましょう。

外したケーブルを間違いがないように元の場所に接続して、テレビの電源を入れなおします。

もしこれでもBS放送が映らないようならば、他の場所に原因があるはずです。

その原因を知るためには、アンテナレベルを確認してみましょう。

アンテナレベルの状態を見れば、大まかな原因を知ることができるはずです。

BS放送が映らない原因はアンテナレベルが教えてくれる!

アンテナレベルとは、接続の状態を数値で表してくれる便利な機能です。

アンテナレベルを見れば、どこにBS放送が映らない原因があるのかをある程度予測することができます。

アンテナレベルを確認するためには、テレビの本体設定から進めていきましょう。

画面にアンテナレベルが映し出されたら、その数値を確認していきます。

画面にはどれくらいの数値が表示されているでしょうか。

BS放送を見るために必要な数値は50~81が適正値とされています。

もし、この数値が50以下の場合、BS放送を見るための電波の力が足りていないということになります。

電波を受信する力が弱まっている理由は、アンテナの不具合であることが多いようです。

次章からはアンテナの受信環境の確認方法をご紹介していきましょう。

設置しているBS用のパラボラアンテナは大丈夫?

BS放送は、衛星からの電波をキャッチするために、地上波放送とは別にパラボラアンテナを設置する必要があります。

このパラボラアンテナは、向きが少しずれたりするだけでもテレビに映らなくなってしまうほどの、とてもデリケートな機器です。

これからBS放送が映らないときの、パラボラアンテナの不具合の可能性について考えていきましょう。

●アンテナの向きがずれている

最近、強風が吹いたりするようなことはありませんでしたか。

もしかすると、強い風の力でパラボラアンテナの位置がずれてしまったかもしれません。

または、雪の重みでパラボラアンテナが下を向いてしまった可能性もゼロではないでしょう。

●衛星からの電波が遮断されている

雪は、パラボラアンテナの向きを変えてしまうだけではなく、衛星からの電波を遮る障害物となってしまうこともありますので、注意してください。

また、パラボラアンテナが向いている方向に新たな建物が建ってしまうことも、電波が届かなくなる原因となってしまうでしょう。

パラボラアンテナによるBS放送が映らない原因はこの他にもあります。

この続きは次章でお話ししていきます。

まだまだある!パラボラアンテナによるBS放送が映らない原因

それでは、BS放送が映らない原因を探るために、パラボラアンテナの不具合についてさらに考えてみましょう。

●アンテナに汚れが付着している

パラボラアンテナの表面に汚れがついているだけでも、衛星からの電波を受信する力が弱まってしまいます。

パラボラアンテナは家の外に設置されていることが多く、汚れがつきやすいです。

そのため、定期的にパラボラアンテナの表面をきれいに掃除するようにしてください。

●アンテナからのケーブルに異常がある

古いケーブルを使っている場合、劣化や規格落ちによりBS放送が見られなくなることがあります。

新しいケーブルの方が性能も良く、電波を受信する力も強いので、最新式のケーブルに変えてみるのもいかもしれませんね。

●アンテナ自体が破損している

パラボラアンテナも、長年使っていると破損することもあるでしょう。

見た目で破損が分かるような状態になってしまったら、新しいパラボラアンテナに交換することをおすすめします。

劣化が心配ならBS用のアンテナを室内に設置しよう!

BS用のアンテナは室外に設置しているケースが多く、時がたてば雨や風による劣化は避けることはできません。

その経年劣化を少しでも防ぐためには、BS用のアンテナを室内に設置してみてはいかがでしょうか。

BS用のアンテナを室内に設置する場所は、南西の方向にある窓際を選んでください。

ただでさえ微弱なBS放送の電波なので、窓一枚あるだけでも大きな電波の障害となり得ます。

そのため、電波をより多く取り込むために、設置する方向はズレのないように細かく設定してください。

設置場所や方向が決まり、受信電波の状況も十分なことが確認できたら、アンテナがズレることのないように固定します。

部屋の中にBS用のアンテナを設置すると、ちょっとしたことで体が当たり、位置がずれてしまうことがあります。

また、アンテナの周りに物を置いてしまうと、電波を受信する邪魔になることがあるので、注意してください。

十分な受信電波を確保できれば、BS用のパラボラアンテナを室内に置いても問題はないはずです。

「BS放送が映らない」ということのないよう、細かな設定を怠らないようにしましょう。

BS放送はアンテナが重要!

BS放送は、アンテナの状態で左右されるといっても過言ではありません。

アンテナを正しく設置すれば、「BSが映らない」ということも少なくなるでしょう。

しかし、BS放送用のアンテナは、設置する方向や配線なども専門的な知識が必要になるケースがあります。

ご自分での設置が難しい場合は、専門の業者に頼むのも必要かもしれませんね。