畳にフローリングマットを敷いても大丈夫?カビ対策が重要!

畳にフローリングマットを敷くだけで、和室から洋室に簡単にイメージチェンジができます。

しかし、畳にフローリングマットを敷くことは、カビが発生するリスクを伴うため注意が必要です。

これから、畳にフローリングマットを敷くとなぜカビが生えやすくなるのか、またカビが生えないための対策についてご紹介していきます。

畳に生えてしまったカビの掃除方法もご紹介しますので、そちらも目を通してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓の鍵の交換方法を自分で覚えて防犯性の向上とコスト削減

窓の鍵が壊れてしまっては、多くのことに支障が出てくるでしょう。安全の面でも、鍵がうまく使えな...

敷金の返金はいつ?損をしないために知っておこう!

賃貸に住んでいて引っ越しが決まったら、敷金がいつ返金されるのか気になりますよね。どれくらい返...

ウォシュレットの水漏れはストレーナーの詰まりが原因!?

ウォシュレットの水漏れで困ったことはありませんか?近年、日本の家庭の半数以上が、ウォシュレッ...

延べ床面積の計算の仕方は?平米(m2)と畳数・坪数の関係も

住まい探しをする際や、新しい家を建てる際に、「延べ床面積」という言葉を耳にすることがあると思いま...

借主が貸主から敷金を返金された際の領収書の書き方は?

賃貸借契約において、敷金を預け入れる場合が多いですよね。敷金は、貸主の担保としての性質のもので...

賃貸住宅の床への傷防止対策と普段から気をつけたいこと

マンションやアパートなどの、賃貸住宅の床に目立つ傷をつけてしまった場合に、修理費用を請求されるのでし...

部屋の窓が開かない・閉まらない!その原因と対処法をご紹介

毎日使用している窓がスムーズに「開かない」「閉まらない」と、その窓を使用することがストレスに感じ...

木造住宅の騒音トラブルを防ぐ!床の防音対策おすすめ商品

木造住宅は、主に木材を使用している住宅のことで、日本では最もポピュラーな構造形式です。一方で、...

音が鳴り響く物件問題!静かな部屋の見分け方とは!

賃貸などの物件で最も多いトラブルといわれるのが、「騒音トラブル」です。年中騒音が鳴り響くような部...

窓にDIYをするだけで防寒対策ができる!傷を付けない作り方

近年、オシャレで可愛い窓の飾りの材料は、100均やホームセンターでも手軽に購入できて、誰でも簡単...

ベランダに洗濯機を置いて使う物件!問題点と対策をご紹介!

近年の賃貸物件では、室内に洗濯機置き場がある物件が主流になっていますが、なかにはまだベランダなど...

家賃の引き落とし日が土日祝の場合!いつ引き落とされるの?

賃貸に住んでいる場合、家賃は引き落としにしている方がほとんどですよね。その引き落としですが、...

農地転用の疑問!青地や白地とは何?転用しても大丈夫?

農地転用をして宅地とし、家を建てようと考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、農地...

鍵を部屋に取り付けたい!目的や状況によって鍵を選ぼう!

鍵がついていない部屋に、何らかの理由で後から鍵を取り付けたくなることもあるでしょう。鍵を取り...

登記は自分でする?登録免許税と専門家に頼んだ際の費用は?

家を新築するとなれば必要になるのが不動産登記で、マイホーム購入をした際は必ず行わなければなりませ...

スポンサーリンク

床にフローリングマットを敷こう!

畳の上に敷くだけで和室を洋室に変えられるフローリングマットですが、その魅力は低価格なうえに大きな工事が必要ないことです。

床を畳からフローリングに変えようと思うと、それなりの費用がかかります。

また、賃貸住宅にお住いの場合、床の工事自体が難しいことも多いでしょう。

その点、フローリングマットは敷くだけで、簡単に部屋のイメージを変えられます。

色や柄も豊富なフローリングマットを敷けば、自分好みの部屋をすぐに手に入れることができるのです。

その他に、防音のためや、家具の重さで畳がへこむのを予防するためにも、フローリングマットは役立ちます。

床の上に敷くフローリングマットは、なにも畳の上に敷いて部屋を洋室に変える役割だけではありません。

フローリングの上にフローリングマットを敷けば、日常生活における傷や汚れも防げます。

賃貸住宅では、床の傷や汚れで修理費用を請求される可能性もありますので、この点もうれしいですよね。

このように、床に敷くことで様々なメリットがあるフローリングマットですが、なかには「畳にカビが生えてしまった」というケースがあるようです。

次項で、その点についてお話ししましょう。

フローリングマットを敷くと畳にカビが生える!?

フローリングマットを敷くことで、畳にカビが生えてしまう大きな原因に「通気性の悪さ」が考えられます。

なぜなら、カビは通気性が悪くジメジメした場所に生えることが多いからです。

本来であれば、畳には湿気を吸収、あるいは放出してくれる機能が備わっているため、湿度を調整してくれるはずです。

しかし、フローリングマットを畳の上全面に敷いている場合は、湿気の逃げ道や通り道を妨げてしまいます。

そのことが原因となり、フローリングマットと畳の間にカビが発生してしまうのです。

とくに、梅雨などの湿度が高い季節は注意が必要です。

部屋に湿気がたまり、さらにカビが生えやすい環境となってしまうでしょう。

これらのことを踏まえて考えると、畳とフローリングマットの相性はあまりよくないことが分かります。

しかし、溜まってしまった湿気を逃がすことができれば、カビの予防対策にもつながるはずです。

畳のカビ対策のためには湿気は厳禁!

フローリングマットと畳の間にカビが生えるのを防ぐためには、部屋の湿気を極力少なくすることが大切です。

まず簡単にできることとして、部屋の換気をこまめに行うようにしてください。

カビはジメジメした環境が長期間にわたって続くことで増えてしまいます。

それを防ぐためには、天気のよいカラッと晴れた日に、十分な換気を行うことがカビ対策として有効になります。

また、梅雨時期などで晴れる日が少なく換気が難しい場合は、除湿器を使うのもいいかもしれません。

除湿器を使えば、部屋の湿度をある程度コントロールできます。

カビが生えない室内環境にするためには、できるだけ湿度を65%以下に抑えるとよいでしょう。

少しの工夫でも、畳にカビが生えずらくなる環境を作ることができるはずです。

フローリングマットを畳に敷くときに注意すること

フローリングマットを敷くときにいくつかの注意をするだけでも、カビが生えるのを抑制できます。

まずフローリングマットを敷く前に、畳の掃除を行いましょう。

畳が汚れたままフローリングマットを敷いてしまうと、その汚れがカビの栄養源となってしまい増殖してしまいます。

そのため、畳の汚れはきれいに掃除し、しっかりと乾燥させてからフローリングマットを敷くようにしてください。

できるなら、フローリングマットを敷く前日に、畳の掃除を済ませておくとよいでしょう。

この他には、畳とフローリングマットの間に吸湿シートを敷くのもおすすめです。

吸湿シートが溜まってしまった湿気を吸い取ってくれるので、カビが生えにくくなります。

しかし、いくらカビ対策を施しても、部屋の位置や環境によっては、どうしても湿気が溜まりやすいこともあります。

そのような場合は、フローリングマットを床全面ではなく一部分に敷くようにすると、通気性が少しは改善されるはずです。

フローリングマットにも寿命がある!メンテナンスが大切!

床に敷かれている畳には寿命があります。

日常づかいをしていたり、日に焼けたりすることで、畳もいずれ交換しなければなりません。

それと同様に、フローリングマットにも寿命が存在します。

フローリングマットの種類や日頃の使い方にもよるので、詳しい耐用年数をお答えすることが難しいのですが、木材の剥がれや変色が見られるようになったら、交換するとよいでしょう。

フローリングマットを長く使い続けるためには、メンテナンスが重要です。

こまめにフローリングマットの表面を掃除していれば、交換の時期を遅らせることができるはずです。

そして、年に数回はフローリングマットを外して、畳の上をきれいに掃除するようにしてください。

掃除後の畳はよく乾燥させ、その上に再度フローリングマットを敷くことで、カビが好む湿気を逃がすことができるでしょう。

畳に生えてしまったカビの掃除方法

いくらカビ対策をしていても、畳とフローリングマットの間に湿気がたまり、カビが生えてしまうことはあるでしょう。

そのようなときは、まずエタノールを試してみてください。

エタノール:7に対して水:3の割合でスプレー式のポンプに入れ、畳の上に吹きかけるのです。

こうすることで、畳に生えてしまったカビを殺菌できます。

しかし、この方法はカビを死滅させることはできますが、カビ特有の黒い汚れを落とすことはできません。

カビの黒い汚れを落とすためには、重曹と酸素系漂白剤を使いましょう。

重曹と酸素系漂白剤を同量で混ぜ合わせ、綿棒などを使って畳に生えてしまったカビの黒い汚れ部分に置きます。

5分ほど経ったら布で拭きとってください。

重曹と酸素系漂白剤を広範囲に使うと、畳が変色してしまうことがあるので、カビ以外の部分に塗らないように注意しましょう。

カビを掃除し終わったら、畳をよく乾燥させてください。

畳に湿気が残ったままフローリングマットをかぶせてしまうと、さらにカビがひどくなってしまいますので、気を付けるようにしてください。

最後の仕上げとして、たっぷりの水に少量の酢を加えた酢水で畳を拭く方法があります。

この方法は、畳のカビ予防として効果を発揮してくれますが、その際も畳をよく乾燥させることを忘れないようにしてください。

何をするにしても、畳に湿気が残らないような配慮が大切です。

カビ対策に必要なのは湿度のコントロール!

畳とフローリングマットの間にカビが生えなくなるようにするためには、湿度をコントロールすることです。

部屋の空気をこまめに入れ替えて、湿気がたまらないように工夫をしてください。

もし、時間があればフローリングマットを剥がして、定期的に畳の掃除を行うとよいでしょう。

畳に生えてしまったカビでも落とす方法はありますので、あきらめずに実践してみてください。