Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

アパートで洗濯機を稼働させる時間の目安!騒音を予防しよう

2019.7.30

アパートなどでは、思いもよらない生活音が原因で騒音問題を招いてしまう可能性があるのですが、そのなかに「洗濯機の稼働音」も含まれています。

衣類などを清潔に保つために洗濯機の使用は欠かせないものですが、騒音問題に発展しないように注意したいですよね。

そこで、今回はアパートで洗濯機を稼働させる時間の目安や、騒音予防の方法などについてお伝えしていきます。

アパートで洗濯機を稼働させる時間の目安について

さまざまな人たちが一緒に暮らすアパートでは、騒音問題に対する意識を高めることが重要ですよね。

洗濯をするために何気なく洗濯機を使っていたとしても、時間帯によってはそれを騒音だと捉えてしまう人もいるかもしれません。

そのため、騒音予防を意識するのであればアパートで洗濯機を稼働させる時間の目安について考えておきましょう。

まず、いうまでもないことかもしれませんが、あまりにも朝早くであったり、夜遅い時間の使用はNG行為です。

これはあくまでも常識的な問題です。

朝早すぎる時間や夜遅すぎる時間に洗濯機の音が響いてしまったら、周囲の部屋に住む人たちの睡眠を妨げてしまう可能性が高まってしまいますよね。

したがって両者に当てはまらないような時間と考えられている「朝8時~夜20時」の間に洗濯を済ませておくのが理想的なのではないでしょうか。

一般的にはこの間であれば洗濯機を稼働させても問題は起こりにくいといわれているので、ひとつの目安としておくのがおすすめです。

アパートで洗濯機を使用する!夜の時間帯に対する意見

アパートでは何気ない生活音も騒音問題に結びついてしまう可能性がありますが、洗濯機は稼働音が響いてしまうことで知られていますよね。

そのため、騒音予防を意識して一般的には「朝8時~夜20時」といった時間に洗濯を済ませておくのが得策であるということを前項でお伝えしましたが、なかなか現実的ではないという人も多いようです。

夜遅くまで残業をしている人や、ライフスタイルの違いが見られる人などは、帰宅する時間が遅くなったりしてしまう場合もあることが考えられますよね。

また、休日だけではなく平日にも洗濯機を稼働させる必要性がある人も多いとは思いますが、平日の夜ということで周囲の部屋で暮らしている人たちに気を遣ってしまう場面もあるでしょう。

そんな平日の夜の時間帯に洗濯機を使用することに対する意見は実にさまざまで、「夜21時まで」という人も存在すれば、「夜23時まで」という意見を持つ人も存在します。

平日に洗濯を全く行わないというのは現実的ではないため、場合によっては上記の時間も目安として考えても良いのかもしれません。

仕事がお休みの休日は洗濯機の時間を朝8時~夜20時の間におさめて、平日は「夜21時まで」「夜23時まで」という意見を参考にするという方法もありますね。

アパートで洗濯機を稼働させる人はコレを確認!

ここまでアパートで洗濯機を稼働させるときの時間の目安についてお伝えしてきました。

洗濯機を稼働するということは多かれ少なかれ音が伝わってしまう恐れがあるということを心の片隅に置いておきましょう。

そこで、騒音予防を行うために確認していただきたいことが「そのお部屋の防音性能」についてです。

もともと、防音性能を気にしていてアパートを構造の観点からみて選択をしたという人もいるかと思いますが、そうでない場合にはこの点に注目してみましょう。

洗濯機が設置してあるお部屋では、周囲の部屋からどのくらいの音量の生活音が聞こえるのか確認してみればだいたいの目安がつくといわれています。

全く音が耳に入らなかったり気にならない場合や、少し音が伝わってくる程度であるなら防音効果が発揮されているアパートであるという判断をしやすいのではないでしょうか。

その反対に、周囲の部屋からの音が響き渡って気になるという場合には、防音効果は期待できないと判断できますので、注意が必要だということがうかがえますね。

洗濯を行う時間を意識するだけでは不十分?騒音予防を!

アパートで稼働音が響きがちな洗濯機を使用するときには、使用時間の範囲を意識するということは大前提となります。

常識の範囲内で行えばお互い様ですし、アパートの住民同士で騒音問題を抱えることは少ないと考えられていますが、必ずそうであるとは言い切れないものですよね。

そもそもアパートの構造面からみて防音効果が薄いタイプのアパートもありますし、いくら時間を意識していても周囲の部屋に住む入居者が洗濯機の音に敏感になってしまう場合も考えられます。

また、価値観や音に対する感じ方などは人それぞれ異なっているのが事実ですし、洗濯機の稼働音がうるさいといわれてしまうケースも否めませんよね。

洗濯を行う時間だけを意識するだけで十分とは言い難いため、前もって騒音予防を行っておくのが安心感が高まるのではないでしょうか。

おすすめの騒音予防の方法としては、「防振ゴムの有効利用」があります。

洗濯機を稼働させると大きな振動とともに音が出てしまうのが特徴的ですよね。

その振動音を和らげる効果を発揮する防振ゴムを入手するのが最適でしょう。

洗濯機の下にこちらのアイテムを設置するのが一般的な使い方です。

騒音予防の観点からみると洗濯方法を変えてみるのも手

先ほどは、アパートで洗濯機を使用するときの時間を意識するだけではなく、防振ゴムなどを利用した騒音予防を実施することをおすすめいたしました。

アパートで洗濯機を稼働させることで騒音問題を招かないようにするためには、洗濯方法を変えるのもひとつの騒音予防の手段として捉えることが可能になります。

よく聞く方法としては、「予約タイマーのセットを行う」という方法です。

洗濯を行う理想的な時間帯の範囲として考えられていたのが「朝8時~夜20時」ですから、こちらの範囲内におさまるようにセットできると良いでしょう。

また、「休日だけ洗濯機を稼働させる」ということを行っている方も存在するとのことです。

仕事などの予定がない休日の「朝8時~夜20時」に洗濯機を稼働させるのでしたら、騒音予防効果が期待できることから安心感が高まりますよね。

しかしながら、洗濯物が溜まっている場合には少々手間のかかる作業と感じてしまう可能性もあります。

コインランドリーで洗濯を行うのも有効なアパートの騒音予防策!

ここまでみてきたように、アパートでの洗濯を行う時間帯を意識したり、騒音予防として道具の使用や洗濯方法を変えたりするのが、簡単にできる騒音予防ですよね。

ここで忘れてはいけないのが「コインランドリー」で、頼れる存在です。

外部で洗濯を行う方法といったらコインランドリーに行くのが通常ですが、そもそもアパート内で洗濯機を稼働させていないため騒音問題にはつながりません。

また、当然ながら費用や移動の手間は少しかかってしまうのですが、朝早いうちに洗濯を済ませたい場合や夜遅い時間になってしまった場合に大活躍してくれるのではないでしょうか。

コインランドリーで洗濯をするという選択肢を選ぶのも立派な騒音予防策になりますので、お近くにコインランドリーがある場合や、車での移動が可能であるという場合には検討してみても良いでしょう。

洗濯機の使用時間を意識しつつ騒音予防の方法を試そう

アパートに住み始めると、洗濯機を稼働させても問題が発生しにくい時間の範囲について疑問が生じがちかもしれません。

上記でお伝えしたように、「朝8時~夜20時」の間でおさまるように洗濯機を稼働させるのがベストな判断だと考えられているので目安にしておきましょう。

また、時間だけを意識するのではなく、有効なアイテムの活用や洗濯方法の変更などを検討して騒音予防をしておくほうが安心感が高まるのでおすすめです。

 - アパート, 住宅