アパートが暑い!特に二階の場合には対処法を実践しよう!

「なんだかアパートの部屋が暑いな…」と感じた経験はありませんか?

アパートが暑いと感じている方は二階で生活を送っている方が多いようです。

お部屋が暑苦しいと生活がしにくいですし何とか緩和させたいものです。

そこで、当記事ではアパートの二階が暑いと感じてしまう理由や、その場合の対処法などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの給湯器トラブル!異音がする場合の原因と対処方法

アパートやマンションなどの賃貸物件に住んでいると、様々な音が聞こえてくるものです。その音のなか...

アパートの契約更新のときに無職だと更新できない?

アパートの契約更新を前に、会社を辞めてしまった。『アパートの契約更新のときには、言わなくてはダ...

アパートの決まりでペット不可!猫と暮らしたい人は?

可愛らしい見た目と自由気ままな性格が魅力でファンも多いのが、ペットとして大人気の猫ですね。ア...

ご近所トラブル回避の豆知識、マンションの騒音の伝わり方

マンションなどの集合住宅に住んだことのある方なら、大半が経験しているであろう騒音ですが、これが結構...

アパートの防音対策!子供の足音を床に響かせないためには?

やんちゃ盛りの小さな子供がいるご家庭では、部屋のなかを走り回ったり、飛び跳ねてしまうことは日常茶...

アパートの表札ってどうしてる?豆知識や作り方をご紹介

アパートに既にお住まいの方や、これからアパートに住もうとお考えの方のなかで、「表札」の掲示をどう...

狭いアパートでも大丈夫!簡単にできるキッチンの収納術

キッチンが狭くて収納するスペースが足りないと、鍋や調味料が出しっぱなしになってしまったりして、ス...

無理に開けない!アパートの郵便受けが開かないときの対処法

アパートの郵便受けが開かないとき、皆さんはどうしますか?もし開かない場合であっても、無理やり...

アパート一棟の建築費はどのくらい?相場や資金についての話

アパート一棟を建てるのに、どのくらいの建築費がかかるのでしょうか?持っている土地を有効活用した...

建売住宅と分譲住宅の違い!自由に建てたい場合はどの住宅?

新築一戸建てを将来的に検討している方は多いことでしょう。土地を探していれば、建売住宅と分譲住...

建売住宅で後悔しないための日当たりチェックと対策

建売住宅の内覧会。絶対に後悔したくないですよね。価格・立地条件・間取り・収納・日当たり、すべ...

アパートの更新料が引き落とされた!返金はしてもらえる?

アパートの契約には更新があり、その際に更新料を取られることがあります。なかには更新料の設定に...

アパートの契約期間の途中で解約したい!気をつけることは?

アパートを契約したものの、何らかの理由で引っ越ししなければならないことだってありますよね。しか...

中古物件の価格が上昇中!大阪のマンション事情

ここ数年大阪の中古物件、特にマンションの価格が上昇傾向にあります。いざ、大阪でマンション購入を...

礼金の値下げ交渉は、新築物件でも応じてもらえるのか?

アパートの入居時には、大きなお金が必要になります。入居時には、家賃だけでなく、敷金・礼金・仲介...

スポンサーリンク

特にアパートの二階が暑い!その理由について

現在アパートの二階にお住いの方のなかには、お部屋が暑いことを実感している方もいるかと思います。

一般的にはアパートの一階と比較すると二階のほうが暑いと感じるケースが多い傾向にあります。

そこで、そのようにいわれている理由をこの項で考えていきましょう。

ひとつめに考えられる理由としては、「屋根に熱がこもってしまった」ということが挙げられます。

太陽の光をあびた屋根は熱を帯びている状態です。

特に猛暑とも表現されるほどの暑さが厳しい時期になると、相当な熱を帯びてしまう傾向にあります。

たくさんの熱を帯びてしまった屋根は熱を逃がすのに時間がかかってしまいます。

その結果、熱放射が引き起こされ、熱気がキープされてしまうというわけです。

ふたつめに考えられる理由としては、「空気の性質で暑くなる」ということが挙げられます。

空気の性質的には、熱気はお部屋の上部に集まりやすいということで知られていますよね。

なぜこのようになるのかといいますと、暖気は冷気よりも軽いという特徴を持つためです。

アパートが暑いのは二階だからという理由だけではない?

前項でお伝えした通り、アパートの二階で生活を送っている場合は暑いと思ってしまうことが多いのですね。

しかしながら、アパートが暑いと感じてしまうのには他にも理由があるとのことです。

そこで、こちらの項ではアパートが暑いと感じてしまう他の理由について考えていきましょう。

他の理由としてまず最初に挙げたいのが、「窓がない・1箇所しかない」ということです。

アパートのお部屋がいくつかある場合には、そのなかには窓がないお部屋も存在するかもしれません。

また、窓が1箇所しかない設計のお部屋にお住いの方もいるかと思います。

そういった場合には窓を開けることが不可能、または開けても空気の循環はそこまで良くないということになりますよね。

涼しい風をあびたり、空気の入れ替えを行ったりできない環境下だと熱気を逃がすことは難しくなってしまいます。

さらに、「お部屋の向き」によっても暑いと感じてしまう可能性があります。

例えば、夕方に暑さが気になることが多いのが西向き設計のお部屋ですから、夕方に帰宅するというライフスタイルを送っている方は暑さに悩んでしまう場合もあるかもしれません。

アパートの二階が暑い場合にはエアコンや扇風機を活用するのが一般的

特にアパートの二階にお住いの方で暑いと感じている方は、どのようにして乗り切れば良いのでしょうか。

ここからはアパートの二階が暑い場合にできることをお伝えしていきます。

暑いときの救世主としては、やはりエアコンが名高いですよね。

電気代が気になってしまう、という方も熱中症になっては元も子もありませんから暑い時期くらいは我慢をしないほうが賢明でしょう。

エアコンの言わずと知れた冷却効果を発揮してもらいます。

このとき、扇風機も一緒に稼働させておくのがおすすめです。

扇風機には、身体の表面に帯びた熱を解放されてくれるという効果が見込めるのも嬉しいポイントになります。

このように、効果的かつ効率的にお部屋の冷却を図りたいという場合には、エアコンだけに頼るのではなく扇風機も稼働させるのも良いということがうかがえますね。

お部屋が暑いなら除湿をしよう!生活しやすさがアップ

先ほどはベーシックな暑さを和らげる方法をお伝えしました。

しかし、アパートの二階の暑さが厳しいという場合には他の対処法も知っておきたいものです。

お部屋が暑い場合に重要となってくる要素で着目したいのが「湿度」です。

じめじめとした湿気が気になる日もあるかと思いますが、湿気がある日のほうが暑苦しさを覚える傾向にあるでしょう。

ですから、なるべく湿気を飛ばしてあげるように心がけると良いですよ。

例えば、エアコンが設置してあるお部屋でしたら除湿モードに切り替えて運転するのも有効手段です。

しかし、エアコンが存在しないお部屋もなかにはあるかもしれません。

そのようなときには除湿器を使用するのが手っ取り早い方法です。

小さいサイズのものも市販されていますから、試しやすいかもしれません。

お部屋の除湿が実施されれば、暑さが緩和されて生活しやすさがアップするはずです。

換気扇を活用するのも◎!

エアコンや扇風機の使用、除湿を行う、といった対処法をここまでにお伝えしてきました。

アパートの二階がものすごく暑いというわけではなく、多少の暑さを感じているという程度でしたら換気扇をまわしてみるのも良いかもしれません。

お部屋に換気扇が存在する場合には換気扇を作動させてみてください。

暑い場合には空気の循環を促進させてあげるのがカギになります。

換気扇が作動しているときには、当然ながら空気の循環は行われていますよね。

しかしながら、換気扇自体やアパートによってはその稼働音が響いてしまう可能性も考えられます。

もし、お住いのアパートが古い場合や防音性が低いことが分かっている場合には騒音トラブルのことを考慮し、場合によっては長時間の使用は避けたほうが良いかもしれません。

アパートの二階が暑い場合!その他の対処法について

上記では、アパートの二階が暑いと感じるときに行えるさまざまな対処法をお伝えしてきましたが、その他の対処法も存在しています。

他には、「便利なアイテムを有効利用する」ということを挙げることができます。

近年では暑さが厳しいことで、暑さ対策として活用できるアイテムが続々と登場しているのが印象的です。

例えば、水を含ませたシートを首に巻き付けるようにして、首を冷やしていく商品もあります。

また、冷却効果が発揮できる額に貼り付けるタイプのシートもよく見かけますので活用しましょう。

さらに、「打ち水を施す」という対処法も挙げられます。

暑いときにはアパートのベランダに出て打ち水を行うのも暑さが緩和できるので良いですよ。

これは打ち水によって起こる気化熱の作用が深く関係しています。

打ち水は昔からある知恵を生かした暑さを軽減する対処法としても名高いですよね。

また、斬新な方法ですが「家電の電源を切る」というのも暖気を抑える手段なのだそうです。

家電というものは多少なりとも熱を帯びているのは想像できますよね。

ですから、少しでも熱気を軽減させたい場合には、家電の電源を切るだけの簡単処置で対応できるとのことですから、手軽な対処として覚えておけば活用できるでしょう。

以上のように、アパートの二階の暑さを緩和させるその他の対処法は存在していますから、参考にしてみると後々役に立つときが訪れるかもしれません。

アパートの二階が暑い場合には何かしらの対処をしていこう

アパートの二階が暑いと考えられている理由としては、「屋根に熱がこもってしまった」、「空気の性質で暑くなる」ということが挙げられました。

また、アパートの二階に限らず、「窓がない・1箇所しかない場合」、「お部屋の向きが関係している場合」にも暑さを感じる可能性があるので注意しましょう。

暑苦しい環境では生活のしやすさに影響を及ぼしてしまいますから、上記で挙げたような対処法をとって暑さを緩和させるようにしましょう。