アパートを解約する期限・電話の仕方・退去届の内容とは?

進学や就職、転勤、結婚など、お住いのアパートを退去して引っ越しを行うときも出てくるかと思います。

はじめてアパートを解約するとなると、いろいろとやることがあって慌ててしまいそうですよね。

そこで、当記事では、アパート解約の大まかな流れや、解約期限、電話のかけ方、退去届の内容など、引っ越しの際には目を通しておきたいことを記載していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

狭いアパートのリビング収納術!スペースを有効に利用しよう

リビングは、居室の中でも多くの時間を過ごすスペースです。そんなリビングは、心身ともにくつろげ...

アパート賃貸契約書の書き方、作り方で防げるトラブル

アパートの貸し借りで多くのトラブルが発生します。契約書を交わし、お互い納得したはずなのに…。...

新築のオプションは費用がかかる!選ぶポイントを押さえよう

新築する際、間取りやインテリアなど、決めなければならないことはたくさんあります。ベーシックな家を...

なぜアパートの保証会社を利用する?保証料の金額は?

アパートを借りる時、賃借人に保証会社を利用することを義務付ける物件が多くなっています。保証料...

新築の場合ご近所への配慮が大切!挨拶はどこまでするべき?

新築を建てようと考えている場合、ご近所への挨拶はどこまですればいいのでしょうか。昔から挨拶は「...

アパートに支払う最初の家賃はどうなるの?日割り家賃とは?

アパートに入居するとき、月の途中から住むことが多いのではないでしょうか。しかし、アパートの家...

土地活用を検討中!アパートを建てる費用はいくらかかるの?

これからアパート経営していくことを検討している方は、まず、「アパートを建てるのに費用がいくらかかる...

アパートのお湯が出ない!水・ガス・給湯器の状態をみよう

アパートでお湯を使用したいなと思ったとき、お湯が出ない場合には慌ててしまいがちです。そのよう...

マンションで火災報知器が鳴った!誤作動のときはどうする?

火災を知らせる住宅用火災警報器と自動火災報知器。とくに、マンションの廊下に響き渡る火災報知器...

アパートでのギター練習はどうしてる?気になる騒音対策

思いっきりかき鳴らすギターは、本当に爽快ですよね。ストレス社会と呼ばれる現代、大きな音を出す...

分譲と賃貸と分譲賃貸。それぞれのマンションの見分け方

ひと口にマンションと言っても、賃貸マンション・分譲マンションがありますよね。さらに、分譲賃貸...

退去時のアパートの壁紙の張り替えはだれが負担する?

住んでいたアパートを退去する際、原状回復が求められますよね。原状回復に関する項目の中では...

アパートの契約更新のときに無職だと更新できない?

アパートの契約更新を前に、会社を辞めてしまった。『アパートの契約更新のときには、言わなくてはダ...

アパートで雨漏りが発生!家賃減額の交渉をする人も存在?

知らぬ間にアパートで雨漏りが発生していたとなると驚いてしまいますよね。雨漏りによってこうむっ...

アパートとマンションどっちがいい?様々な視点で考える

部屋を借りるため不動産会社に行くと、たくさんの賃貸住宅がありますよね。家賃や間取りが書かれた...

スポンサーリンク

流れを把握してスムーズにアパートを解約する

アパート契約を交わすときには、同時に解約の流れも把握しておくことが重要です。

引っ越しをしなければならなくなったときに焦らないように、ポイントをおさえておきましょう。

◆退去通知を済ませる

アパート契約を解約するという旨を、貸主側に知らせるために行うことです。

一般的には電話や書面での対応が多いようですが、アパートによって異なります。

◆不動産会社に連絡を行う

引っ越し日について伝える必要があります。

退去の立ち合いをいつ行うかという話もします。

◆引っ越しに関わる手続きなどを済ませる

水道や電気、ガスの解約も必要となります。

また、住民票の転居届などの手続きを済ませることも求められます。

◆退去の立ち合いを済ませる

アパート契約を交わして借主になったら原状回復義務が発生します。

お部屋をキレイに保つことが重要です。

傷ついていたりする箇所が見当たるかどうか、退去の立ち合いで確認していきます。

◆不動産会社に部屋の鍵を返す

◆敷金の清算と返却が行われる

アパートを解約!どのタイミングで電話する?

さて、アパートを解約する際の大まかな流れはご理解いただけたかと思います。

まず、アパートを解約するという内容を貸主側に伝えなければなりません。

では、どのようなタイミングで電話などをして相手に伝えるのが良いのでしょうか。

結論からいいますと、契約しているアパートによってさまざまです。

基本的には、退去の1か月前までと設定しているアパートが多く見受けられているのが現状です。

他にも、2か月前までに設定しているアパートもあります。

このような内容ですが、どこに記載があるのかといいますと、アパート契約をするときに結んだ賃貸借契約書のなかです。

一般的にアパートを契約したら賃貸借契約も受け取るのが普通のことですから、チェックすればアパート解約の際に連絡を入れる期限を知ることができます。

もちろんそれだけではなく、連絡先も明確化されているのが一般的です。

アパートを解約する場合はこのように電話で伝えよう!

アパートを解約する気持ちが固まった場合、電話で貸主側にそのことを伝えるのですが、基本的には不動産会社に電話をかけるケースが多い傾向にありますね。

先ほどもお伝えした通り、連絡するべき相手の情報は賃貸借契約書に明確に示されているのが大半なのでみてみましょう。

さて、連絡先がしっかりと把握できたらいよいよ電話をかけていきますが、意外と迷いがちな点なのかもしれません。

ここで、アパートの解約を行う際、電話で伝えるべきことをおさえておきましょう。

それは、「住所・氏名・退去する日・連絡先」などです。

重要事項ですから、メモしておくなどしてしっかりと相手に伝えてください。

このとき、電話での連絡のみで終了するケースと、退去届の提出が必須であるケースがあるのでその点も確認してみると安心感が高まりますね。

アパートの契約に関してわからない点があった場合には、しっかりと確認して不安を残さないようにしましょう。

電話だけではなく書類が必須で自力で作成する場合も!

アパートの解約の手続きを進めるときには、電話だけではなく書面の提出が必須となっているケースも存在していましたね。

不動産会社に電話をかけて退去したいという内容を伝えたとき、書面である退去届が必須である場合には教えてくれますし、手元にないという場合には送ってくれるかと思います。

不動産会社に返送を行うタイプでしたらスムーズに記載がしやすいのかもしれません。

なかには、自力で退去届を作成しなければならない場合もありますが、こういったケースにおいては、どうすればいいのか迷ってしまいますよね。

引っ越し前はただでさえ慌ただしいタイミングでもありますし、なるべく滞りなく作業を行うに越したことないはずです。

そこで、次項では退去届を自力で作成するために、具体的な内容を確認してみましょう。

知っておきたい!退去届の内容とは?

こちらの項ではアパート解約時の退去届の作成内容についてお伝えしていきます。

電話で解約の旨を伝えるだけで手続きを済ませることができない場合や、自力で退去届を作成する場合に役立つ知識となり得るはずです。

まず、タイトルとして「賃貸借契約解約届」などという文字を入れていきます。

次に、アパート契約の「解約日」を入れていきましょう。

気になるのが家賃に関してかと思いますが、解約日に設定した日までの家賃は生じることになるのが一般的です。

あまりにも解約日に設定した日よりも前に退去をしてしまうと、その分の家賃がもったいないことになってしまいます。

そして、「アパートや借主の情報」を記載していきましょう。

アパートの名前とともに部屋番号も一緒に示してください。

そのあと、借主の名前や住所、連絡先といった情報も明確化しましょう。

さらに「アパートを解約したい訳」についても書きますが、就職や転職、進学といったことなどが挙げられるのではないでしょうか。

「退去立会日時」も、設定済みである場合には明確化しておきます。

まだ未定ならその欄だけ作っておき、何も記載しなくてOKです。

日時の設定が済んだら不動産会社に知らせるようにすれば問題ありませんよ。

また、「転居先の住所」を示しておくのも忘れずにしましょう。

賃貸契約に関係する書類の郵送や返送が行われる可能性も考えられることから、重要な項目になりますね。

他にも、「その他」の欄を作成し、振り込み先口座について示す人もいます。

敷金の返却などがスムーズにいくことにも結び付くため、書いておくと安心感が高まりますね。

以上、大まかな流れですが、このような形で退去届は作成されていきます。

内容をしっかりと把握して、自力で作成可能な状態にしておくと良いですよね。

賃貸借契約書が見当たらずアパートの解約期限が分からない

上記では、アパートの解約期限についての内容は、賃貸借契約書に明確化されているということをお伝えしました。

そのため、自分が住んでいるアパートの解約期限が曖昧である場合には賃貸借契約書を再度みておく必要性があるのです。

しかし、困ってしまうのが「賃貸借契約書が見当たらない」という事態が発生してしまったときです。

そんなときにはどう対処するべきかといいますと、貸主や不動産会社(仲介会社)に電話で相談してみるという方法がありますよ。

口頭で教えてくれる場合もありますし、賃貸借契約書のコピーを依頼することも可能になるでしょう。

また、注意したいのが賃貸借契約書のコピーにかかる可能性のある手数料の有無です。

引っ越しを決めたというときに慌てないように、普段から賃貸借契約書の保管をしっかりとしておくのが理想的です。

解約期限・電話のかけ方・退去届の内容を前もって把握!

何かとバタバタと慌ただしい雰囲気の引っ越し前。

少しでも心に余裕をもっておくために、予めアパート解約の際にはどうするべきかという点を把握しておくことが重要なポイントです。

まずは賃貸借契約書で解約期限を確認しておき、電話での連絡のみで終了するケースと退去届の提出が必須であるケースがあるということを理解しておきましょう。

そして、その他の手続きをひとつひとつ進めていきます。