ドアを開ける&閉める音の対策は?騒音被害に悩んだ場合は?

「たかがドアを開ける音や閉める音」と、ドアの開閉に伴って発生する音を軽く考えてはいけません。

知らず知らずのうちに勢いよくドアを開閉してしまって、大きな音を立てているかもしれませんよ。

ドアの音は思った以上に建物全体に大きく響くもので、共同スペースにおいては騒音被害の原因となります。

そこで、ドアの開閉に伴う音を緩和させる方法や、反対に上下隣人のドアの開け閉めの音が気になった時にどうしたら良いのかお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓用エアコンは便利?取り付けは業者に依頼せず簡単DIY!

「エアコンを安く買いたい」「賃貸で設置工事ができない」などの場合に選ばれることも多い窓用エアコン...

鉄骨造の家の特徴は?鉄骨造に合う外壁や外壁の種類をご紹介

大きな地震がいつか起こることを想定して、鉄骨造の住宅を建てる方が増えていると言われています。...

木造住宅には欠かせない筋交いの入れ方!バランスもチェック

木造住宅を建てるうえで知っておきたいことがあります。それは、耐震性能を実現させるための筋交い...

軽量鉄骨造の耐用年数はどれくらい?アパート選びのポイント

アパートには、木造・鉄骨造(軽量鉄骨と重量鉄骨)・鉄筋コンクリート造などがあります。それぞれ...

「窓」と「扉」の違いは何?それぞれの建具の用途とは?

「窓」と「扉」の違いは何かご存知ですか?普段、何気なく使っている言葉ですが、明確な違いを問わ...

1Kの物件にあるキッチンは狭いのが悩み!その対策とは?

1Kなどの物件で一人暮らしを始めた方やこれから物件を探そうとしている方は、キッチンが狭いというデ...

嬉しい利点があるけど窓が大きいときは寒いの?寒さ予防を!

大きいサイズの窓が設置してあるお部屋だと、開放感が感じられたり、室内空間が明るくなる作用が見込め...

増築する際に必要な確認申請!概要や費用についてご紹介

増築を考えている場合、知っておきたい手続きに「確認申請」があります。増築は、好きなだけ増...

マイホームを建てるなら間取りで後悔したくない!注意点は?

マイホームを買う。人生を変えるといっても良いほど大きな買い物です。マイホームを買うという...

二世帯住宅にリフォームしたい!ブログから情報を得てみよう

少子高齢化といわれている現代では、二世帯住宅への関心が高まっています。その証拠に、共働きで子...

駐車場の目地には何を使う?人工芝を使うメリットを知ろう!

新築で駐車場を造る場合、駐車場の素材は何がいいのでしょうか?見た目の美しさとメンテナンスの楽...

納戸が物置状態に!クローゼットとの違いや納戸収納術を紹介

納戸は収納用に作られた部屋のことをいいます。1つの部屋として仕切ることで、収納した物を隠すこ...

玄関にチャイムで大丈夫?テレビドアホンを取り付けると便利

家に来客があったとき、知らせてくれるのが玄関のチャイムです。何かに夢中になっていても、チャイ...

鉄骨造は熱に弱い?!耐火建築物にするための仕様とは

火災は恐ろしい災害のひとつです。人が多く集まるような大規模な建築物で火災が起こると、被害...

木造の家を建てるには外壁も重要!種類や厚さによっての違い

これから木造などの家を建てることを検討している方は、様々な設備などを決める必要があり、忙しいこと...

スポンサーリンク

ドアを開ける&閉める音は意外と大きく響く!

気にしたことがある方も少なくはないかと思いますが、ドアを開ける音や閉める音というのは大きな音量になりがちなのです。

特に深く考えずに普通にドアを開ける・閉めるという行為を繰り返していては、他の人を不快にさせてしまうことだってありえるのです。

仮にアパートといった賃貸物件においては、ドアの開閉時の音が騒音問題の引き金となってしまった案件も存在するほど身近な問題だといえます。

賃貸物件ではなく持ち家に住んでいたとしても、一緒に暮らしている人のドアを開ける音・閉める音が響き渡っていたとしたらあなたはどう思うでしょうか。

人によってはあまり気にしないという方もいるでしょうが、その反対の意見ももちろんありますよね。

賃貸物件で暮らしているにしろ、持ち家で暮らしているにしろ、ドアを開ける音・閉める音でお互いの関係性を悪くしたくないものです。

ドアを開ける音や閉める音は意外と大きく響くということを認識して、お互いが気を遣いあえるのが理想的ですよね。

ドアを開ける&閉める音の緩和に役立つアイテムとは?

さて、ドアを開ける音や閉める音をうるさく感じる方が少なからず存在するのはお分かりいただけましたね。

もし、ドアを開ける&閉める音でアパートの上下や隣部屋に住む住民からクレームを受けてしまった場合や、一緒に住む人のドアを開ける&閉める音が気になってしまう場合は、何か対策をして乗り切りましょう。

特に前者の場合には「騒音問題」にまで発展していることから、何もせずに放っておくのは厳禁です。

では、どのように対策を行うのが最適なのか考えていきたいのですが、ここで話題になっているお助けアイテムをお伝えしていきます。

それは「消音テープ」と呼ばれるテープで、ドアに取り付けることで気になる音を緩和する効果が期待できるといわれています。

この消音テープが果たす役割としては、「クッション材としてドアの開閉の衝撃を抑える」ということでしょう。

つまり、衝撃を吸収することで音が響いてしまうことを予防するのですね。

しかも、この消音テープのメリットは扱いやすさという点にもあります。

ドアが接触する箇所に沿って、消音テープを密着させるようにくっつけていくという手順だけで設置ができますから、気軽に行えるのが最大の魅力でしょう。

アパートを退去する時には消音テープを取り外せば良いので、賃貸物件にお住いの人でも行いやすい騒音対策ともいうことができますね。

ポイントをおさえて消音テープの効果を高める

先ほど「ドアを開ける音&閉める音の緩和に役立つアイテム」としてご紹介した消音テープですが、ただ単にくっつけるだけではその効果が薄まってしまうためもったいないです。

そこで、消音テープが持ち合わせている効果を高めるための扱い方のポイントを解説していきます。

まずは、「前もって消音テープをくっつけたい箇所はキレイにしておく」という点を挙げます。

普段からドアが接触する箇所は頻繁に掃除をしている、という人はなかなかいません。

意外と汚れやゴミなどが付着している可能性がありますから、そのまま消音テープを取り付けると接着効果が軽減してしまい、取り付けてもすぐにはがれてしまう恐れがあります。

おすすめの掃除方法は、中性洗剤と乾燥状態のタオルや布を使用する方法です。

最初に中性洗剤で洗浄して、次にタオルや布で拭くという流れが適しているでしょう。

次に挙げたいポイントとしては、「ピッタリのサイズの商品を使用する」という点です。

いろいろなサイズ感の消音テープが市販されていますが、サイズを確認せずに入手してしまうのは好ましくありません。

ご自身のお住いのドアが接触する箇所にきちんと隙間テープを取り付けるには、サイズ(幅)がピッタリでないと上手くいかないのです。

カットの仕方によっても消音テープが発揮する力を左右する

効果的にドアを開ける&閉める音を緩和させるためにも、前項でご紹介したポイントの他にも以下のこともおさえておくと安心感が高まります。

その他のポイントとしては、消音テープをカットする時には「垂直にカットする」という点でしょう。

誤って切断面を斜めにカットしないように注意を払うようにしましょう。

そして、最後のポイントとしては「貼り終えた消音テープの密着度をアップさせる」ということで、これも重要なことです。

一度消音テープを取り付けるとしたら、長くその状態をキープしたいというのが本音のはずです。

ですから、ここで最後の一押しとしてヘラなどを使い、消音テープの密着度をより高める工夫を凝らすのです。

さらに、消音テープをくっつけるときにはチェックするべきことが存在しています。

それは、「消音テープがあってもドアを開けることや閉めることが可能かどうか」という点です。

消音テープを利用した方のなかには、ドアの開閉が難しくなってしまったという事態を引き起こしてしまったケースも存在しているため、このような事態にならないように確認をしたいですね。

アパートの他の住民のドアを開ける&閉める音が迷惑だったら?

ここまでは、ご自身や一緒に暮らしている人がドアを開ける&閉める音を緩和させるために効果がある消音テープについて、いろいろとご紹介してきました。

続いてはこのようなパターンではなく、アパートといった賃貸物件において、他の住民のドアを開ける&閉める音が気になってしまったらどのように行動するべきなのかをお伝えしていきます。

ある程度の音であれば平気だという意見の方もいれば、迷惑に感じてしまう音だという方もいますから、大きなストレスにならないようにするためにも対処しておきたいものですね。

理想的な行動としては、「大家さんや管理会社の人に伝える・相談する」ということが挙げられます。

このような騒音トラブルを解決させたり、住民の悩みも聞いてくれるのが通常ですから、「この辺の部屋のドアの開閉音が気になる」という点を伝えてみてください。

大家さんや管理会社の人に伝えたらどのような対応が期待できるのか

ドアを開ける&閉める音が気になるときには、大家さんや管理会社の人に伝えるのが得策だとお伝えしました。

伝えた後には、どのような対応が期待できるのでしょうか。

まず考えられるのが、騒音の原因を作っている住民にその旨を伝えてくれるということでしょう。

例えば、電話を通じて相手に注意を促す場合・共同の掲示板にその旨が記された手紙を貼り付けてくれる場合・手紙や書類を作って相手のポストに入れてくれる場合・ダイレクトに相手の部屋に訪問する場合などが想像できます。

他にも、あまりにも騒音の状況が酷くて、改善の余地がないと判断されたときには、もう少しハードな選択肢も考えられるのではないでしょうか。

例えば、強制退去をさせてくれることや別の部屋に移すことも最終手段としては考えられるものですよね。

考えられる選択肢はさまざまですから、その状況に応じて臨機応変に対応をしてくれるはずです。

ドアを開ける音や閉める音にも配慮が必要!

アパートといった賃貸物件にお住いであれば、他の住民からドアを開ける音や閉める音が気になるとクレームが入ってしまう恐れがありますし、逆に周囲の騒音に悩まさせてしまう可能性もあります。

他にも、たとえ持ち家に住んでいたとしても一緒に暮らしている人のドアの開閉音に嫌気がさしてしまうことだって可能性としてはゼロではありません。

「ドアを開ける音や閉める音は響きやすい」ということを自覚して、ひとりひとりが対策していければ良いですよね。