家賃の振込手数料を安くしたい!確認してほしいこととは?

家賃を振り込む際にかかってくる振込手数料ですが、どのように振り込むかによって振込手数料の金額が違ってきます。

場合によっては800円を超える振込手数料が取られてしまうこともありますので注意が必要です。

振込手数料はどういう場合に金額が違ってくるのか、また一番安く済ませる方法はないのか気になるところです。

家賃の振込手数料を少しでも安くする方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロフトには高さ制限がある!家を建てる前に知っておきたい事

ロフトがある家に憧れている方も多く、設計段階からこだわって建てられたマイホームを見かけると羨ましく...

窓のサッシに隙間が!?隙間風防止には隙間テープが効果的!

せっかく建てた家も、時がたつとともに調子が悪くなる場所が出てくるものです。窓も例外ではありま...

賃貸契約期間の途中で契約内容などは変更できる?

賃貸契約期間中、何が起こるのか、誰にも予想はできません。予想しなかったことでも、あらかじめ知って...

大家さんは頼れる味方!部屋を賃貸する際は心を込めて挨拶を

ちょっと前までは、アパートやマンションを賃貸したら、まずは「大家さんにご挨拶する」というのが常識...

1人暮らしの家賃が知りたい!東京23区内外の平均を比較!

ようやく春になりました。新生活がスタートし、心が弾む季節ですね。地方から上京された学生の...

床をきれいに保とう!ワックスがけの頻度や基本の手順は?

新築の家や、賃貸物件に入居して間もないころはきれいだった床も、時がたち長く生活を続けることでどん...

家賃の日割りなどで退去費用を損しないポイントをご紹介!!

引っ越しは何かとお金がかかりるので、少しでも安くしたいものです。引っ越し先の初期費用も抑えた...

家賃の値下げ交渉をしたい!築年数の古さはポイントになる?

賃貸物件を探していると、「家賃が高い」という理由で、初めから候補に入れない物件もあることでしょう...

住所には正式な書き方がある!必ずマンション名まで書こう!

突然ですが、皆さんは、自宅の住所を書くとき、どのように書いていますか?マンション名などが入る...

敷金の返金はいつ?損をしないために知っておこう!

賃貸に住んでいて引っ越しが決まったら、敷金がいつ返金されるのか気になりますよね。どれくらい返...

賃貸中に名義変更をするための手続きについて知りたい

賃貸物件に居住中、名義変更したい場面が訪れることがあります。同居者との離別や死別、会社名義から個...

敷金は預けたお金!精算、返金はいつになる?

お部屋を探す時から「敷金」というのを目にすると思います。入居するときは、初期費用として請求されお...

準防火地域だとサッシの価格が高くなる?その他の地域は?

都市計画として、都市の防災のために「防災地域」・「準防火地域」・「法22条区域」があります。...

知っておくべき家賃未払いから裁判、立ち退きまでの流れ!

賃貸物件に住んでいる以上、家賃を支払う義務があります。しかし、何らかの事情で家賃の未払いを続...

賃貸物件の火災保険に加入してる?更新はどうすればいいの?

賃貸物件を借りるとき、火災保険にはきちんと加入していますか?火災保険に未加入のまま万が一でも...

スポンサーリンク

家賃の振込手数料が高い!どうして振込手数料が違うの?

家賃を振り込む際に一緒に支払う振込手数料ですが、金額が高いと少し気になってしまうところですよね。

家賃の支払いがあるのに振込手数料も払う必要があるとなると、振込手数料は少しでも安く済ませたいと思うことでしょう。

振込手数料には安い・高いがあるようですが、どうして金額が違ってくるのでしょうか。

それは、銀行側が家賃振込の処理にどれだけの手間がかかるかということに関係しているようです。

まず言えるのは、家賃の振込手数料は振込先と自分の銀行との関係によって金額が変わってくる、ということです。

振込手数料の金額は、「同じ銀行で同じ支店」→「同じ銀行で違う支店」→「他の銀行」

の順番でだんだん高くなっていきます。

また、振込金額によっても差があり、多くの銀行で3万円を境に振込手数料に違いが出てきます。

3万円未満と3万円以上で分けられ、金額には100~200円程の差があり、3万円以上のほうが高くなっています。

他にも、どういう形で振り込むかという振込方法によっても金額が変わってきます。

こちらに関しては後述し、次項からは銀行によって差が出てくる振込手数料についてお伝えしていきます。

振込先の銀行によって振込手数料は変わる!一番安く済むケースは?

前項で、家賃の振込手数料は、「同じ銀行で同じ支店」→「同じ銀行で違う支店」→「他の銀行」の順で安いとお伝えしました。

ここからは、振込先の銀行によって変わる振込手数料を、安い順にご説明していきます。

一番安く済むケース、それは振込先の銀行と自分の銀行との関係が「同じ銀行で同じ支店」であることでした。

自分の銀行口座が振込先と同じ銀行で同じ支店であれば、銀行としての手続きは支店内で全て済んでしまいますので、振込手数料が安く済むことは想像がつきますよね。

実際の振込手数料を見てみても、振込方法によっては無料で済むことがあります。

とはいえ、同じ銀行で同じ支店の場合は振込方法が無料で済むケースも多いのですが、窓口からの場合540円かかる銀行もありますので注意が必要です。

また、こちらのケースが適用されるのはなかなか珍しいことだと言えます。

振込先が銀行も支店も全く同じであることはなかなか無いため、たまたま一致した場合は本当にラッキーなケースだと考えていいでしょう。

家賃の振込手数料がまだ安く済むケース!「同じ銀行で違う支店」の場合

先ほどは家賃の振込手数料が一番安く済むケースである、「同じ銀行で同じ支店」の場合をご説明してきました。

振込手数料は安く済みますが、実際にはめったに無いケースでしたね。

次にお話ししたいのは、「同じ銀行で別の支店」の場合です。

支店まで一致することは難しいですが、大手銀行でしたら支店が全国に沢山ありますので、こちらのケースは一般的にも発生しやすいケースだと思われます。

同じ銀行で別の支店であれば、まだ振込手数料を安く済ませることができます。

「同じ銀行で同じ支店」の場合と比べると、振込手数料が同じで済む場合と金額が高くなる場合があります。

ただし、金額が高くなると言っても100円程度の差になりますので、大きく金額が違ってきてしまうことはありません。

大手銀行の振込手数料を参考にすると、振込方法によっても違いがあり、金額は0~540円と開きがあることが分かります。

振込先の銀行と自分の銀行との関係も気になりますが、振込方法によっては500円もの差があるのは注目すべき点だと言えるでしょう。

家賃の振込手数料が安くないケース!他の銀行への振込

最後に、一番振込手数料がかかるケースです。

振込先の銀行と自分の銀行が違う「他の銀行であること」が挙げられます。

これも想像してみればお分かりになるかもしれませんが、銀行が違うのであれば手続きにもそれだけ時間を要することになります。

そのため、他銀行への振込では振込手数料が一番かかってしまうということになるのです。

しかし、手数料がたくさんかかるとはいえ、このようなケースが大半ですよね。

ここからは、実際の振込手数料の金額から確認していきましょう。

まず、窓口で支払う場合ですが、大手銀行では3万円以上の家賃の支払いにかかる手数料は864円です。

窓口で支払うケースは一番振込手数料がかかることになりますので、節約したい場合には窓口で支払うことは避けたほうがいいでしょう。

窓口での振込を避けて、一番安く済む振込方法をすれば432円となっていますので、窓口での支払いと比べると400円程の差があるということになります。

ここまで振込先の銀行と自分の銀行との関係による振込手数料の金額の差についてお伝えしてきましたが、振込方法によっての差もあなどれません。

次項からは、振込手数料を安くする振込方法をお伝えしていきます。

自分の銀行を変えなくてもOK!振込方法を変更してみよう

ここまで、振込先と自分の銀行との関係性についてお伝えしてきました。

同じ銀行で同じ支店、または同じ銀行で違う支店である場合は、他の銀行である場合よりも家賃の振込手数料を安く済ませることができましたね。

しかし、実際には他の銀行である場合も多く、窓口で払う場合は振込手数料が864円とかなりの金額になってしまいます。

これを避けるにはどうしたらいいのでしょうか?

これには、前項から何度かお話ししている振込方法を変更することで対処していきます。

振込方法は、どこの銀行であっても窓口での振込が高く設定されています。

前項でもお伝えしましたように窓口での振込は極力避けたほうが望ましいです。

それでは、別にどのような振込方法があるかというと

・ATMでカードから支払う
・ATMで現金で支払う
・インターネットバンキングで支払う

の3つの方法が挙げられます。

一つ目の「ATMでカードから支払う」は、ご自分の銀行カードを使ってATMから支払うことができる手軽な方法です。

大手銀行の振込手数料を確認すると、432円と一律であることが多いようですので、窓口で支払うよりも安く済ませることができます。

次に、「ATMで現金で支払う」方法ですが、同じ銀行で同じ支店または違う支店の場合は432円ですが、他の銀行での支払いは648円となり高くなってしまう場合もあります。

最後のインターネットバンキングについては、次項でお伝えします。

インターネットバンキングで家賃の振込手数料を安くしよう

ここでは、家賃の振込手数料を安く済ませるための振込方法として、インターネットバンキングをご紹介していきます。

インターネットバンキングとは、パソコンや携帯からインターネットを使って利用する金融機関のサービスのことを指します。

パソコンや携帯から何でもできるようになってきている時代ですので、金融機関に関してもわざわざ銀行に出向いて窓口で手続きしてもらう手間を省けるようになっているのです。

インターネットバンキングのメリットは、振込手数料を安くすることができるという点です。

店舗も窓口も必要ないインターネットバンキングですので、振込手数料を安くすることも可能なのですね。

実際の振込手数料がどうなのかと言うと、同じ銀行であれば無料か108円、他の銀行であれば324円か432円程度ということです。

実際の振込手数料は各銀行のホームページなどでも確認できますので、気になる方は比較してみてください。

家賃の振込手数料を安くするならATMカード払いかインターネットバンキングで

家賃の振込手数料は、同じ銀行で同じ支店・同じ銀行で違う支店・他の銀行の順で高くなっていきます。

また、振込方法によっても振込手数料は違ってきます。

振込方法として、窓口での振り込みは振込手数料が一番高くなってしまいますので避けたほうが賢明です。

振込手数料を最も安くできる方法は、ATMでのカード払いかインターネットバンキングになりますので、こちらの方法を検討されてみてはいかがでしょうか。