夏のアパートは2階が暑い!夜の暑さを軽減させる方法は?

アパート住まいでなくても夏は暑いものですが、アパートの2階は特に暑いと訴える方が多いようです。

仕事から帰ってきて陽が落ちているにも関わらず部屋の中が暑いと、休もうにも休めない方もいらっしゃるかもしれませんね。

部屋が暑すぎると、夜寝るのにも苦労することでしょう。

アパートの2階の暑さに負けないよう、簡単な対策をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

引っ越しでアパートのガスコンロを買う場合のサイズ選び

引っ越しなどでガスコンロを買わなければならないことがあります。アパートなどに備品としてついてい...

【新築一軒家】おすすめの間取り・人気の間取りが知りたい!

新築で一軒家を建てるなら、後悔しない間取りの決め方を学びたいところですよね。この記事では...

マンションの駐車場が機械式の場合!種類や特徴・注意点は?

都市部では駐車場のスペースが多く取れないようなマンションで、機械式の駐車場が増えています。ビ...

アパートのトラブル!給湯器の電源が入らないときの対策は?

仕事の疲れを癒やすには、あたたかいお風呂に浸かってゆったりと過ごしたいものです。ところが、ア...

壊れたアパートのドアを修理、補修する方法をご紹介!

アパートに住んでいるとドアが開かなくなったり、ドアが軋んだり、ドアに何かをぶつけて傷つけてしまっ...

アパートのベランダでプールは非常識?考えられる問題点

暑い夏の時期になると、「子供をプールで遊ばせてあげたい!」と思う親御さんも多いでしょう。しか...

アパートの一階は寒い?防寒対策で快適な部屋を目指そう!

「アパートの一階は冬が寒い」という話を聞いたことを聞いたことはありませんか。これは事実な...

アパートの清掃は大切!清掃の仕事ができないなら委託する!

アパートの経営をしている方によっては、建物や周辺の清掃が大変だと感じる方もいることでしょう。...

アパートで雨漏り!修理費用は大家さん負担?それとも借主?

現在住んでいるアパートで突然雨漏りが発生してしまった場合、当然ながらビックリしてしまいますよね。...

土地活用を検討中!アパートを建てる費用はいくらかかるの?

これからアパート経営していくことを検討している方は、まず、「アパートを建てるのに費用がいくらかかる...

アパートなどの賃貸物件に住むなら!ルールや注意点を学ぼう

アパートやマンションなどの「賃貸物件」で暮らすときには、どのようなことに注意すべきなのでしょうか...

アパートのリビングが狭い!広く見せるにはどうしたらいい?

広々としたリビングでの生活が理想であっても、どうしてもスペースが限られてしまうのが、アパートなど...

アパートでBS・CS放送が映らないときの解決方法とは!?

新しく引っ越してきたアパートで、「BS・CS放送が映らない!」という状況になってしまったら、どう...

アパートでもできるDIY!2×4材を使って棚を作ろう!

DIYブームにより、男性だけでなく女性にもDIYが趣味という方が増えてきました。一見厳しそう...

マンションでピアノを弾くために!物件の選び方と防音対策

マンションを探している方の中には、ピアノが弾けることを条件としている方もいるでしょう。し...

スポンサーリンク

アパートの2階はなぜ暑い?夜も暑い理由は?

夏場のアパートは暑いとよく耳にしますが、なぜそんなにも暑くなってしまうのでしょうか。

アパートは2階建てであることがほとんどですが、2階だと天井の上にあるのは屋根ですよね。

2階の部屋は、太陽の光をたっぷり浴びた屋根の熱がそのままダイレクトに伝わってくることによって暑くなってしまいます。

それは夜になっても続き、屋根に溜まった熱気によって部屋の中がいつまでも暑いという状態が続いてしまうことになるのです。

1階は元々日当たりが良くないことが多く、屋根からの熱は2階が遮ってくれるため、2階ほどは暑くならないのですね。

夏は外にいても暑いのに、部屋に帰ってきてからもじっとりと暑い状態が続いてしまうと、うんざりとしか言いようがないかもしれません。

他にも1階よりも2階が暑い理由として、熱は基本的に上に溜まりやすいということが挙げられます。

1階よりも2階のほうが熱が上がってきますので、2階が暑いという結果になってしまうのです。

日中仕事で外出して窓を閉め切っていれば、暑い空気がこもってしまうのも仕方がないかもしれませんね。

暑い夜は眠れない!?西向きで2階のアパートは熱さが倍増

アパートの2階がなぜ暑いのかというと、

・屋根の熱が伝わってくるから
・熱は上に溜まりやすいから

という2点が挙げられました。

2階には暑い条件が元々あるということになりますよね。

そして、この条件に加えて部屋が西向きであった場合、さらに大変な暑さを味わうことになってしまいます。

西日の強さはご存知の方も多いかと思いますが、夏の強い日差しに加えて西日がガンガンあたるような部屋では、太陽の熱を屋根から浴びることになります。

すると下から上がってる熱が溜まり、西日によって窓ガラスや壁からたっぷりと日差しを浴びることになるのです。

こうなると、夏場の暑さは尋常じゃないものになってしまい、夜になっても暑さがいつまでも残ってしまう現象も起きてしまうはずです。

そうなると、夜なら涼しいと思っているのに予想外の暑さで、身体も心も参ってしまうかもしれません。

夏の暑さを乗り切るためには、部屋の中を快適にし、夜ぐっすり眠れるような環境にする必要があります。

次項からは、夏の暑さに負けない対策をご紹介します。

アパートの暑い夜を快適に!家に帰ったら換気をしよう

仕事から帰ってきてアパートの部屋に入ったとき、あまりの暑さで気分が悪くなってしまうこともありますよね。

そのようなとき、まず家に帰ったらしていただきたいことがあります。

それは、「部屋の換気」です。

夏場は外でも暑いため、換気しても変わらないと思われるかもしれませんが、まずは部屋に溜まった熱気を追い出すことが先決です。

部屋に窓が2か所あれば両方とも開けて、空気の通り道を作りましょう。

窓が1箇所しかない場合は、玄関の戸をチェーンなどをしたまま少し開けた状態にしておきます。

空気の通り道が作れれば、部屋に溜まった空気はスーッと流れていくはずです。

こもった空気を入れ替えるだけでも、部屋に入ったときの気分の悪さは軽減されることでしょう。

扇風機をお持ちであれば、部屋の端から窓に向かって風を流すことによって暑い空気を早く入れ替えることができます。

2階は特に空気がこもりやすいため、夜快適に過ごすためにも空気の入れ替えは必ず行うことをおすすめします。

ちょっとしたひと手間で、快適に過ごせるかどうかが決まってくるのです。

カーテンでできる工夫!日中閉めれば夜の暑さを軽減できる

アパートに夜帰ってきたとき、カーテンはいつもどのような状態になっていますか?

レースカーテンはしていても、厚地カーテンを開けている方が多いのではないでしょうか。

その場合、レースカーテンを通して直射日光が入り込み、部屋には熱が溜まりやすい状態になってしまいます。

窓から入る直射日光は夏場は特に強力であり、もし西向きの部屋であるならばさらに強力な直射日光を浴び続けることになります。

そうなると、部屋の中は外にいるときよりも暑い状態になっているかもしれません。

一度暑くなってしまった部屋は、夜になってもクールダウンさせるになかなか時間がかかりそうですよね。

このような場合に簡単にできる工夫として、厚地カーテンも閉めておきましょう。

厚地カーテンを閉めておけば、窓から入る熱は窓とカーテンの間にある程度留めることができます。

日中部屋にいる方は厚地カーテンを閉めていては部屋の中が暗くなってしまいますので、この場合は遮熱カーテンを使うことによって対策できます。

窓への対策も忘れずに!これでアパートの暑い夜を切り抜けよう

こちらでは、窓への対策を考えていきます。

〇断熱シート

断熱シートは、窓ガラスに貼ることによって窓から入ってくる太陽の熱をシャットダウンするものです。

種類があり、夏用・冬用・オールシーズン用と分かれています。

夏用のシートは直射日光を遮るだけでなく、紫外線を防いだりするタイプを選ぶこともできます。

水貼りタイプなら、付けたり剥がしたりが容易です。

便利な断熱シートですが、網入りガラスや熱射反射ガラス・熱線吸収ガラスに使用すると窓ガラスがひび割れたり割れるなどのリスクがあります。

ご自分のアパートの窓ガラスが断熱シートに適しているかは事前によくご確認ください。

〇すだれをする

窓の外にかけるものとして、すだれがあります。

すだれは昔から使われているものですが、今ではシェードなどとも呼ばれており、種類も色々豊富に揃っています。

窓からの熱をすだれによって遮ることによって夜暑いことを軽減させることができるでしょう。

エアコンと扇風機のダブル使いもおすすめ!

アパートが暑い場合、換気をすることやカーテン・窓への対策をお伝えしてきました。

しかし、本格的な暑さではエアコンなどの力を借りることも必要でしょう。

こちらでは、エアコンと扇風機の上手な使い方をご紹介していきます。

〇エアコンの使い方

換気を行った後、まだ暑い場合はエアコンを使ってみます。

一度部屋にこもった空気は部屋から追い出していますので、何もしないよりは早く冷えることでしょう。

エアコンの運転は、冷房よりもドライのほうが体感的には涼しく感じるかもしれません。

温度と共に湿度も低くなればより涼しくなりますので、最初はドライで運転しても良いでしょう。

〇扇風機の使い方

部屋がある程度涼しくなってきたら、エアコンの設定温度をギリギリ暑さを感じない程度まで上げます。

そして、扇風機を回して、涼しい空気を循環させましょう。

もし、夜が暑くてエアコンだけだと風邪を引いてしまうような方は、扇風機を体に直接当てないよう回すと身体が冷えすぎないようにできますよ。

しっかり冷やすにはエアコンの力を、冷えた部屋を継続させるには扇風機も一緒に使うことをおすすめします。

アパートの暑い夜は様々な対策で乗り切ろう

アパートは特に2階が暑いことで知られていますが、それには屋根からの熱が直接伝わってくることと、熱は上にこもりやすいということがありました。

対策としては、まずは換気を行うこと、厚地カーテンは閉めるか遮熱カーテンを使うこと、窓には断熱シートやすだれをすることが挙げられましたね。

エアコンと扇風機の使い方によって快適に過ごすこともできますので、上手に対策して暑い夜を乗り切っていきましょう。