夏のアパートは2階が暑い!夜の暑さを軽減させる方法は?

アパート住まいでなくても夏は暑いものですが、アパートの2階は特に暑いと訴える方が多いようです。

仕事から帰ってきて陽が落ちているにも関わらず部屋の中が暑いと、休もうにも休めない方もいらっしゃるかもしれませんね。

部屋が暑すぎると、夜寝るのにも苦労することでしょう。

アパートの2階の暑さに負けないよう、簡単な対策をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの更新料とはどんなもの?支払いは交渉が可能?

アパートや賃貸マンションに住んでいると、家賃だけでなく「更新料」がかかる時期があります。契約の...

狭いアパートの部屋でも大丈夫!広くおしゃれに見せるコツ

「アパートの部屋が狭い」「おしゃれなインテリアを置く場所がない」と感じている方はいませんか?...

アパート退去時にしておきたい掃除場所!掃除の仕方も解説!

アパートを退去する際は、掃除を行うことが常識とされています。掃除をしないまま退去してしまうと...

アパートの壁に画鋲はOK?補修方法と便利なアイテムのご紹介

アパートの部屋の壁に、カレンダーやポスター、時計などを飾りたいと思う人は多いですよね。ア...

アパートのドアが原因となる音に関するお悩みを一気に解決!

アパートに住んでいる方は、共同住宅であるが故に、様々な音に関する悩みを抱えていらっしゃると思いま...

アパートの更新料が引き落とされた!返金はしてもらえる?

アパートの契約には更新があり、その際に更新料を取られることがあります。なかには更新料の設定に...

中古物件の価格が上昇中!大阪のマンション事情

ここ数年大阪の中古物件、特にマンションの価格が上昇傾向にあります。いざ、大阪でマンション購入を...

アパートの部屋番号のつけ方とは?記載の際の注意点も!

現在アパートのような共同住宅にお住いの方は、ご自身がお住いのアパートの部屋番号がどのように決めら...

新築時の差し入れ!どのくらいの頻度で何を持っていく?

夢と希望が詰まったマイホーム。真夏の炎天下でも、木枯らし吹きすさぶ季節でも、一生懸命作業...

アパートの火災保険!賃貸契約の更新と共にするべき?

アパートの契約時には、賃貸契約と同時に火災保険に入っている方がほとんどかと思います。その火災...

アパートは音が伝わりやすい?!夜も快適に生活できるのか

アパートと聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか?同じ築年数で立地が一緒なら、RC造のマン...

アパートの住民からの苦情!パターン別の対応について

今までアパートに住んでいて他の住民から苦情を受けたことがないという人でも、いつ苦情を受けるような状...

入居中のアパートで家賃を急に値上げと言われた時の対処法

賃貸アパートに住んでいると、毎月の家賃支払いは家計にも大きな影響を与えます。そんな家賃がもし急に...

建売住宅と分譲住宅の違い!自由に建てたい場合はどの住宅?

新築一戸建てを将来的に検討している方は多いことでしょう。土地を探していれば、建売住宅と分譲住...

家を新築!階段の設計で注意すべき点とは?失敗例から学ぼう

家を新築する際は、決めるべきことが山ほどあります。その中の一つが「階段」です。階段で特に失...

スポンサーリンク

アパートの2階はなぜ暑い?夜も暑い理由は?

夏場のアパートは暑いとよく耳にしますが、なぜそんなにも暑くなってしまうのでしょうか。

アパートは2階建てであることがほとんどですが、2階だと天井の上にあるのは屋根ですよね。

2階の部屋は、太陽の光をたっぷり浴びた屋根の熱がそのままダイレクトに伝わってくることによって暑くなってしまいます。

それは夜になっても続き、屋根に溜まった熱気によって部屋の中がいつまでも暑いという状態が続いてしまうことになるのです。

1階は元々日当たりが良くないことが多く、屋根からの熱は2階が遮ってくれるため、2階ほどは暑くならないのですね。

夏は外にいても暑いのに、部屋に帰ってきてからもじっとりと暑い状態が続いてしまうと、うんざりとしか言いようがないかもしれません。

他にも1階よりも2階が暑い理由として、熱は基本的に上に溜まりやすいということが挙げられます。

1階よりも2階のほうが熱が上がってきますので、2階が暑いという結果になってしまうのです。

日中仕事で外出して窓を閉め切っていれば、暑い空気がこもってしまうのも仕方がないかもしれませんね。

暑い夜は眠れない!?西向きで2階のアパートは熱さが倍増

アパートの2階がなぜ暑いのかというと、

・屋根の熱が伝わってくるから
・熱は上に溜まりやすいから

という2点が挙げられました。

2階には暑い条件が元々あるということになりますよね。

そして、この条件に加えて部屋が西向きであった場合、さらに大変な暑さを味わうことになってしまいます。

西日の強さはご存知の方も多いかと思いますが、夏の強い日差しに加えて西日がガンガンあたるような部屋では、太陽の熱を屋根から浴びることになります。

すると下から上がってる熱が溜まり、西日によって窓ガラスや壁からたっぷりと日差しを浴びることになるのです。

こうなると、夏場の暑さは尋常じゃないものになってしまい、夜になっても暑さがいつまでも残ってしまう現象も起きてしまうはずです。

そうなると、夜なら涼しいと思っているのに予想外の暑さで、身体も心も参ってしまうかもしれません。

夏の暑さを乗り切るためには、部屋の中を快適にし、夜ぐっすり眠れるような環境にする必要があります。

次項からは、夏の暑さに負けない対策をご紹介します。

アパートの暑い夜を快適に!家に帰ったら換気をしよう

仕事から帰ってきてアパートの部屋に入ったとき、あまりの暑さで気分が悪くなってしまうこともありますよね。

そのようなとき、まず家に帰ったらしていただきたいことがあります。

それは、「部屋の換気」です。

夏場は外でも暑いため、換気しても変わらないと思われるかもしれませんが、まずは部屋に溜まった熱気を追い出すことが先決です。

部屋に窓が2か所あれば両方とも開けて、空気の通り道を作りましょう。

窓が1箇所しかない場合は、玄関の戸をチェーンなどをしたまま少し開けた状態にしておきます。

空気の通り道が作れれば、部屋に溜まった空気はスーッと流れていくはずです。

こもった空気を入れ替えるだけでも、部屋に入ったときの気分の悪さは軽減されることでしょう。

扇風機をお持ちであれば、部屋の端から窓に向かって風を流すことによって暑い空気を早く入れ替えることができます。

2階は特に空気がこもりやすいため、夜快適に過ごすためにも空気の入れ替えは必ず行うことをおすすめします。

ちょっとしたひと手間で、快適に過ごせるかどうかが決まってくるのです。

カーテンでできる工夫!日中閉めれば夜の暑さを軽減できる

アパートに夜帰ってきたとき、カーテンはいつもどのような状態になっていますか?

レースカーテンはしていても、厚地カーテンを開けている方が多いのではないでしょうか。

その場合、レースカーテンを通して直射日光が入り込み、部屋には熱が溜まりやすい状態になってしまいます。

窓から入る直射日光は夏場は特に強力であり、もし西向きの部屋であるならばさらに強力な直射日光を浴び続けることになります。

そうなると、部屋の中は外にいるときよりも暑い状態になっているかもしれません。

一度暑くなってしまった部屋は、夜になってもクールダウンさせるになかなか時間がかかりそうですよね。

このような場合に簡単にできる工夫として、厚地カーテンも閉めておきましょう。

厚地カーテンを閉めておけば、窓から入る熱は窓とカーテンの間にある程度留めることができます。

日中部屋にいる方は厚地カーテンを閉めていては部屋の中が暗くなってしまいますので、この場合は遮熱カーテンを使うことによって対策できます。

窓への対策も忘れずに!これでアパートの暑い夜を切り抜けよう

こちらでは、窓への対策を考えていきます。

〇断熱シート

断熱シートは、窓ガラスに貼ることによって窓から入ってくる太陽の熱をシャットダウンするものです。

種類があり、夏用・冬用・オールシーズン用と分かれています。

夏用のシートは直射日光を遮るだけでなく、紫外線を防いだりするタイプを選ぶこともできます。

水貼りタイプなら、付けたり剥がしたりが容易です。

便利な断熱シートですが、網入りガラスや熱射反射ガラス・熱線吸収ガラスに使用すると窓ガラスがひび割れたり割れるなどのリスクがあります。

ご自分のアパートの窓ガラスが断熱シートに適しているかは事前によくご確認ください。

〇すだれをする

窓の外にかけるものとして、すだれがあります。

すだれは昔から使われているものですが、今ではシェードなどとも呼ばれており、種類も色々豊富に揃っています。

窓からの熱をすだれによって遮ることによって夜暑いことを軽減させることができるでしょう。

エアコンと扇風機のダブル使いもおすすめ!

アパートが暑い場合、換気をすることやカーテン・窓への対策をお伝えしてきました。

しかし、本格的な暑さではエアコンなどの力を借りることも必要でしょう。

こちらでは、エアコンと扇風機の上手な使い方をご紹介していきます。

〇エアコンの使い方

換気を行った後、まだ暑い場合はエアコンを使ってみます。

一度部屋にこもった空気は部屋から追い出していますので、何もしないよりは早く冷えることでしょう。

エアコンの運転は、冷房よりもドライのほうが体感的には涼しく感じるかもしれません。

温度と共に湿度も低くなればより涼しくなりますので、最初はドライで運転しても良いでしょう。

〇扇風機の使い方

部屋がある程度涼しくなってきたら、エアコンの設定温度をギリギリ暑さを感じない程度まで上げます。

そして、扇風機を回して、涼しい空気を循環させましょう。

もし、夜が暑くてエアコンだけだと風邪を引いてしまうような方は、扇風機を体に直接当てないよう回すと身体が冷えすぎないようにできますよ。

しっかり冷やすにはエアコンの力を、冷えた部屋を継続させるには扇風機も一緒に使うことをおすすめします。

アパートの暑い夜は様々な対策で乗り切ろう

アパートは特に2階が暑いことで知られていますが、それには屋根からの熱が直接伝わってくることと、熱は上にこもりやすいということがありました。

対策としては、まずは換気を行うこと、厚地カーテンは閉めるか遮熱カーテンを使うこと、窓には断熱シートやすだれをすることが挙げられましたね。

エアコンと扇風機の使い方によって快適に過ごすこともできますので、上手に対策して暑い夜を乗り切っていきましょう。