Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

アパートのWiFiが繋がらない原因は?改善方法を見つけよう!

2019.11.22

アパートなどの賃貸住宅にお住まいの方の中には、インターネットを楽しむために「WiFi」を利用していることもあるかと思います。

便利で使いやすいWiFiですが、突然接続が繋がらなくなってしまうことがあるようです。

WiFi環境を頼りにインターネットを利用している方にとっては、大きなダメージとなることでしょう。

それでは、なぜ急にインターネットが利用できなくなってしまうのでしょうか。

WiFiが繋がらない原因を探し、その原因に対する改善方法を見つけていきましょう。

繋がらない原因を知るために!WiFiの仕組みや特徴は?

アパートなどの賃貸住宅でWiFiが繋がらない原因を知るためには、まずWiFiがどのような仕組みで成り立っているのかを理解する必要があります。

WiFiは「ワイファイ」と読みます。

無線でインターネットを楽しめる接続技術のことを指し、電波を飛ばすことで端末まで情報を届けているのです。

ただ、ケーブルなどによる配線の必要がないと言っても、電波を送受信するための専用の機器は必要です。

その専用の機器がWiFiルーターになります。

WiFiルーターがあれば、複数の端末を無線でインターネットに繋ぐことができますが、電波を届けられる範囲には限りがあります。

選ぶWiFiルーターの種類によっても変わるのですが、その範囲はおおよそ数十メートルの場合が多く、アパートの部屋の広さによっては、WiFiが届かないこともあるでしょう。

WiFiを使うことの大きなメリットとしては、大容量のデータを高速で送受信できるところにあります。

スマートフォンなどの契約では、データの容量に限りが設けられているケースもあるでしょう。

もし、そのデータ容量を超えてしまった場合は、通信速度も低下するはずです。

しかし、WiFiを利用すれば、その悩みを解決できるだけでなく、場合によってはモバイル契約料金自体も抑えられます。

このように、手軽にそして便利に利用できるWiFiは、私たちの生活になくてはならない存在となってきているのです。

アパートのWiFiが繋がらない3つの原因

現代の私たちの生活には、インターネットが密接にかかわっています。

多くの人たちがスマートフォンやパソコンを持っているため、インターネット環境の善し悪しが生活の質に影響することもあるのではないでしょうか。

そんな係わりの深いインターネットも、WiFiを利用することにより、さらに使いやすい環境を整えられるようになりました。

とはいえ、WiFiもときに不調になることはあり、WiFiが繋がらなくなることで不便なアパートでの生活を強いられることもあるでしょう。

WiFiが繋がらない事態に陥ってしまった場合には、いくつかの原因が考えられます。

アパートならでは、そしてWiFiならではの原因もありますが、その中から3つの原因に絞ってご説明していきます。

①場所や時間が適していない

②接続先の間違い

③端末や接続機器の不調

それぞれの原因や改善方法についてはこれから詳しくご紹介していくので、一つずつ確認してみてください。

アパートのWiFiが繋がらない原因と改善方法【場所や時間が適していない】

それではまず、アパートのWiFiが繋がらない原因として「場所や時間が適していない」ケースについてお話ししていきます。

先ほども少しお話ししましたが、WiFiは使用できる範囲に限りがあります。

その範囲は、WiFiルーターを中心に数十メートルであることが多いのですが、その範囲を超える部分で端末を利用した場合、WiFiが繋がらなくなります。

改善方法としては、WiFiルーターを設置する場所を工夫することです。

すべての部屋でWiFiを利用したいのであれば、できるだけ部屋の中心にあたる部分にWiFiルーターを設置しましょう。

WiFiを利用する部屋が決まっているのであれば、その部屋がWiFiの範囲に入るような場所を選んでください。

そして、WiFiを利用する時間によっても、WiFiが繋がらない原因となることがあります。

アパートなどの集合住宅では、WiFiを利用する時間帯が重なることが多いです。

ご利用のWiFiがもしアパートの住民全体で共有している場合は、利用者が多いほどWiFiが繋がりにくくなるという現象が起きやすくなります。

とくに、住民がアパートで過ごしているであろう夜の時間帯は、WiFiが繋がりにくくなります。

この原因に対する改善方法に関しては、WiFiを利用する時間帯をずらすという対応が有効です。

アパートの他の住民がWiFiを利用していないタイミングを意識することで、回線の繋がりにくさを改善できるはずです。

アパートのWiFiが繋がらない原因と改善方法【接続先の間違い】

次のアパートのWiFiが繋がらない原因としてお話しするのは「接続先の間違い」についてです。

WiFiを端末で利用するためには、SSIDと呼ばれるネットワーク名と暗号化キーを入力する必要があります。

この入力を間違うと、WiFiを利用することはできません。

SSIDと暗号化キーはWiFiルーター本体のどこかに記載されているはずです。

携帯するタイプのWiFiルーターであれば、操作画面から情報を見ることができます。

SSIDと暗号化キーを確認できたら、間違いがないように入力してください。

すると、それぞれの端末でWiFiをオンにすることができ、インターネットに繋げられるはずです。

SSIDや暗号化キーはアルファベットと数字の羅列で間違えやすいので、誤りがないように一つ一つ確認しながら入力しましょう。

アパートのWiFiが繋がらない原因と改善方法【端末や接続機器の不調】

アパートのWiFiが繋がらない原因として最後にお話しするのが、「端末や接続機器の不調」です。

スマートフォンやパソコンといった端末の不調も、WiFiが繋がらない原因となります。

もし、複数の端末を利用していて、どれか1つだけWiFiと繋がらないという場合は、その端末を一度確認してみてください。

SSIDと暗号化キーを入力し接続もオンになっているのにWiFiが繋がらない場合は、その端末が故障しているかもしれません。

この場合は、WiFiルーターの問題ではないので、お手持ちの端末のメーカーに問い合わせて、不調の状態や改善方法について問い合わせてみてください。

また、WiFiルーター本体が不調のケースもあります。

一度WiFiルーターの電源を入れなおしてみてください。

それでも、WiFi環境が改善しない場合は、WiFiルーターを貸し出しているプロバイダに状態を伝えてみましょう。

プロバイダによっては、WiFiルーターを交換してくれることもありますので、あきらめずに対応してみてください。

まだある!アパートのWiFiが繋がらない原因と改善方法

ここまで、アパートのWiFiが繋がらない原因を3つに絞って詳しくご紹介してきました。

WiFiが繋がらない原因はこの他にもありますので、さらにいくつかお話ししていきます。

●電子機器の電波が影響している

アパートでは部屋の広さが限られていることもあり、電子レンジなどの電子機器とWi-Fiルーターが近くに置かれていることもあるでしょう。

ただ、電波の送受信で使われるWi-Fiルーターは、電波を発する電子機器との相性はあまり良くありません。

そのため、Wi-Fiルーターを置く場所は、電子機器と離した場所に設定したほうが良いでしょう。

●電源が入っていない

単純に端末やWi-Fiルーターの電源が入っていないことも、WiFiが繋がらない原因となり得ます。

スマートフォンなどは、ふとした拍子に電源をオフにしてしまうこともありますので、オンになっているかをまず確認してみてください。

●使用料金の未払い

Wi-Fiルーターを使用するためには、契約したプロバイダに使用料金を支払わなければなりません。

使用料金に未払いがある場合は、当然WiFiは繋がらなくなります。

アパートの繋がらないWiFiには原因に対応した改善方法を実践しよう!

普段からインターネットを利用している方にとっては、突然WiFiが繋がらなくなってしまうと、とても困りますね。

今回は、アパートでWiFiが繋がらなくなる原因と改善方法について詳しくお話ししたので、思い当たることはないか確認して改善方法を試してみてください。

意外に単純なことが原因でWiFiが繋がらなくなっているのかもしれませんよ。

 - アパート, 住宅