駐車場の床塗装・白線引きがしたい!DIYでのやり方を伝授!

「自宅の駐車場を塗装してみたい!」という、DIY好きな方はいらっしゃいませんか?

自分で作業すれば、そのぶん施工費用を抑えられます。

そこで今回は、下地調整のやり方から塗装手順などを、順にご紹介していきます。

また応用編として、白線引きのやり方も取り上げますから、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓に取り付けられるエアコンがある?!隙間はどうするの?

日中の最高気温が35度以上になる猛暑日には、熱中症の危険もあるためエアコンなどをうまく活用してい...

ドアチャイムの音や音量は変えられる?!故障の原因とは?

みなさんのご自宅にはドアチャイムはありますか?ドアチャイムを新しいものに買い替えると、「音が大き...

納戸が物置状態に!クローゼットとの違いや納戸収納術を紹介

納戸は収納用に作られた部屋のことをいいます。1つの部屋として仕切ることで、収納した物を隠すこ...

鉄骨造のマンションの防音性とは?騒音問題を避けるためには

賃貸物件に住む際には、部屋の設備や周辺の環境だけではなく、特に気をつけたいことがあります。そ...

一軒家のおすすめの間取りは?ファミリーに人気の間取り紹介

一軒家の購入を考えている方は、どのような間取りにすれば良いのか悩んでいるのではないでしょうか。...

ウォシュレットの水漏れはストレーナーの詰まりが原因!?

ウォシュレットの水漏れで困ったことはありませんか?近年、日本の家庭の半数以上が、ウォシュレッ...

中古住宅をセルフリフォーム!DIYならブログを参考にしよう

ご自宅をDIYでリフォームしたいとお考えの方は、ネット上に公開されている「ブログ」で情報収集して...

駐車場の目地には何を入れる?《芝生・砂利・レンガ・玉竜》

新築を建てると同時に、駐車場の外講工事に取り掛かる方も多いのではないでしょうか。駐車場の工事...

モルタルとは?セメントに配合する材料や比率がポイント!

家を建てる、あるいはリフォームの際に「モルタル」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。し...

サイディングは釘を打つ施工方法!タッチアップ補修が必要?

建物の外壁で使用するサイディングボード。表面を塗装する塗り壁とは違い、ボードを張り合わせて仕...

トイレに換気扇がない場合!後付けのポイントや費用について

トイレは毎日しっかりお手入れしないと、「ん?なんか臭う…」なんてことにもなりかねません。嫌な...

軽量鉄骨造の耐用年数はどれくらい?アパート選びのポイント

アパートには、木造・鉄骨造(軽量鉄骨と重量鉄骨)・鉄筋コンクリート造などがあります。それぞれ...

ウォシュレットの水漏れトラブルの対処とTOTOの高い信頼性

生活の中で水回りの設備は、とても大切な役割を持っています。ところが、突然水漏れが起きてしまい、...

グランドピアノのために増築!確認申請は必要?戸建ても検討

グランドピアノは重く、近隣住民の方にとっては騒音になりますので、「床が丈夫な防音室を増築したい」...

家の電気がつかないときはどうすればいい?原因と対処法は?

家の電気がつかないと焦りますよね。電気は今や日常生活に欠かせないものとなっており、電気無しの...

スポンサーリンク

駐車場のDIY塗装は必要?まずは下地調整から!

ご自宅の駐車場がコンクリートなら、DIYでの塗装補修を考えてみてください。

メンテナンスが必要だと判断できる目安は、以下の通りです。

・表面が劣化している(ガタつき、ひび割れ)
・粉っぽくなっている
・色あせている
・古い塗料が剥がれている

このような症状があるなら、そろそろ塗装しておくべき時期かもしれません。

駐車場の見栄えが悪いと、家全体のイメージダウンにつながってしまいますから、早めに補修しておきたいところですよね。

きれいに塗装していく前に、まずは下地調整からはじめましょう。

下地調整とは、塗装前の下準備のようなものです。

剥がれかかっている古い塗膜があるなら、サンドペーパーなどで取り除いておきましょう。

そのほかに、汚れが気になるときは、水を流しながらデッキブラシでこすってみてください。

駐車場は、砂やホコリ、苔、カビなどが付着しやすいです。

きれいに掃除できたら、しっかりと乾かしておきましょう。

ちなみに、油分汚れは「ペイントうすめ液」で落ちますし、カビ汚れなら市販の「カビ取り剤」で対処してみてください。

駐車場の下地調整!ひび割れはどうする?

汚れを落とせたら、次は、ひび割れや凹みの補修をしておきましょう。

こちらもDIY可能な作業です。

駐車場は、重量のある車が毎日出入りする場所ですよね。

負荷がかかりやすいので、ひび割れは起こりやすいと言えるでしょう。

モルタル系の補修材を用意すれば、コンクリートのひび割れは直せますが、できれば強度の高いものを選んでください。

「高強度」とうたっている製品がおすすめです。

その使い方は、製品ごとに異なり、水を加えて施工するものや、そのまま注入できるものなどさまざまです。

細かなひび割れ程度でしたら、ノズルタイプのものが便利でしょう。

補修箇所の大きさに合わせて製品を選び、隙間を埋めてください。

駐車場の隙間を埋められたら、養生と下塗りも行なっておきたいところです。

塗料をつけたくない箇所には、養生用のマスキングテープを貼ってください。

そして、表面には「シーラー」を塗っておきましょう。

シーラーとは、下塗り塗料のことです。

コンクリートは、塗料の吸い込み量が多いので、塗装面を整えるためにも塗っておくのがおすすめです。

このひと手間で、仕上がりに差が出てきます。

(※塗料によっては、シーラー不要なものもあります)

いよいよ駐車場のDIY塗装!作業に必要なもの・注意点は?

下地調整と養生、シーラーの下塗りができたところで、いよいよ駐車場の塗装作業に取りかかります。

DIYなので、道具もすべて自分で用意していきます。

塗装時に必要なものは、以下の通りです。

・コンクリート床用塗料(水性)
・刷毛
・ローラー
・ローラーバケツ
・ポリ手袋

これらは、ホームセンターやインターネット通販で購入できます。

コンクリート床用塗料にもさまざまな種類がありますが、水性塗料は乾燥が早く、比較的手軽に扱えます。

塗りにくいときは、少量の水で薄めてください。

そして、刷毛やローラーは、数種類のサイズを揃えておきましょう。

小さめの刷毛は、塗りにくいコーナー部分などに適しており、大きなローラーは広い面に適しています。

塗装の準備が整いましたら、いくつかある注意点にも目を通しておいてください。

●降雨が予想される日の塗装は避けるようにする

●均一に塗るよう心がける

●一気に塗ろうとしない

●乾燥してから修正する

駐車場塗装の作業手順をご紹介!

それでは、駐車場塗装の作業手順を見ていきましょう。

作業ごとに、そのポイントもお伝えしていきます。

塗料の刺激から肌を守るためにも、まずはポリ手袋を装着しましょう。

【作業手順】

①塗料はかき混ぜておく

塗装をはじめる前に、塗料を混ぜておきましょう。

底から混ぜるようにすると、均一になります。

②端・コーナーから塗っていく

前述したように、細かい部分の塗装には小さい刷毛を使います。

真ん中からではなく、端のほうから塗っていきましょう。

③広い面を塗っていく

広い面には大きな刷毛やローラーを使います。

塗料を入れたローラーバケツを用意し、ローラーに十分な塗料を含ませてください。

ゆっくり塗っていくと、失敗しにくいです。

④塗料が乾く前に養生を外す

下準備で貼ったマスキングテープを剥がします。

塗料が乾く前に外すことがポイントです。

⑤完全に乾かす

乾燥時間の目安(水性塗料の場合)は、夏期なら30~60分程度、冬期なら2~3時間となります。

これで作業は完了です。

DIYに慣れていない方は、慎重に作業していきましょう。

駐車場の白線引き!準備すべきものは?

駐車場の塗装方法は、お分かりいただけたでしょうか。

ここからは、白線引き(アスファルト向け)のやり方についてお話ししていきます。

DIYでの白線引きには、市販の「道路線引き用塗料」を使用します。

準備するものは、以下の通りです。

・道路線引き用塗料
・メジャー
・チョーク
・チョークリール
・マスキングテープ(粗面用)
・刷毛
・ローラー
・ローラーバケツ
・ポリ手袋

上記は、白線の位置決めからはじめるときを想定しています。

道路線引き用塗料は、白色以外にも黄色などのカラーバリエーションがあります。

使用環境やお好みで選んでみてください。

準備すべきものの中で、聞き慣れないのは「チョークリール」でしょうか。

チョークリールとは、位置決め線をつけるときに使用する工具です。

糸にはチョークの粉末がつきます。

大体1,000~2,000円前後で販売されていますので、白線引きをするなら、ぜひ手に入れておきましょう。

DIYでも大丈夫!白線引きの作業手順

それでは、駐車場の白線引きのやり方をご紹介します。

コンクリート塗装のときと同様に、天気の晴れた日に行ないましょう。

また、ポリ手袋で手を保護することも忘れないでください。

【作業手順】

①白線の位置決めをする

駐車場の広さや車の大きさ、白線の太さなどを考慮しながら、メジャーでサイズを測り、位置を決めましょう。

中型車が入る区画は、全長4.8メートル、全幅1.7メートルが目安です。

②位置を線にする

両端にチョークで印をつけたら、チョークリールで真っ直ぐ線を引きます。

③マスキングテープを貼る

線に合わせてマスキングテープを貼ります。

(※二重になったマスキングテープの枠内を塗装するイメージです)

④白線塗料を塗る

塗料をローラーバケツに入れてから、ローラーで塗っていきます。

マスキングテープからはみ出さないように塗ってください。

塗り残した部分は、刷毛で塗ります。

⑤塗料が乾く前に養生を外す

徐々にマスキングテープを剥がしていきます。

⑥完全に乾かす

このとき、「立ち入り禁止」という張り紙をしておくと安心です。

これで作業は完了です。

「これならDIYでもできそう!」と思えたでしょうか。

真っ直ぐな線を引くために、二名以上で作業するのがおすすめです。

駐車場塗装・白線引きはDIYでも可能!

駐車場の劣化が見られるようなら、自分でメンテナンスしてみるのもいいでしょう。

簡単な塗装をするだけでも、その印象は大きく変わります。

用意すべき道具はいろいろとありますが、次回塗装するときにも利用できます。

また、少し難易度は上がりますが、アスファルトの白線引きにもぜひチャレンジしてみてください。

思ったよりも、簡単にできるかもしれません。