木造住宅で気になる「床のきしみ」原因と対策方法を知ろう!

木造住宅にお住まいだと、床を歩くたびに「キシキシ」「ミシミシ」といった、きしみ音が気になることはありませんか?

このような床鳴りは、古い木造住宅だけに限らず、新築の場合でも起こり得ると言います。

今回は、その原因や対策について、詳しくお話ししていきましょう。

床のきしみ音を改善したい方、少しでも予防したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玄関チャイム鳴らない原因と対策!賃貸での費用負担は誰?

最近は玄関にチャイムがない家の方が珍しいでしょう。プライバシー保護や防犯対策としては優れ...

サイディングはニチハとケイミューどっちがいいの?特徴は?

注文住宅を建てるときサイディングを選びますが、数が多すぎてどれを選んだらよいのか悩んでしまいます...

1Kの物件にあるキッチンは狭いのが悩み!その対策とは?

1Kなどの物件で一人暮らしを始めた方やこれから物件を探そうとしている方は、キッチンが狭いというデ...

ドアを開ける&閉める音の対策は?騒音被害に悩んだ場合は?

「たかがドアを開ける音や閉める音」と、ドアの開閉に伴って発生する音を軽く考えてはいけません。...

賃貸のオートロックは安全?鍵の複製の心配がない解除方法

賃貸マンションに住む場合、オートロックの有無は決め手の一つですよね。オートロックの解除には一...

自分で直せる!玄関のドアノブが緩みはじめた時の対処法!

玄関ドアを開閉するためのドアノブは、使用年数とともに劣化してきます。ドアノブがグラグラと緩み...

木造カーポートをつくりたい!DIYに挑戦するときの注意点

ご自分が所有している敷地に、木造カーポートをDIYでつくりたいと思われている方もいるでしょう。...

窓や窓を囲む枠に名称はあるの?それぞれの役割もご紹介

住宅において欠かすことのできない窓ですが、たくさんの部材が組み合わさることで窓としての形が作られ...

軽量鉄骨と木造の違いは?住むならどちらの構造の家を選ぶ?

軽量鉄骨と木造の違いをご存知ですか?新築や中古物件など、一戸建てを購入しようと考えている時、...

内装を白で統一した家ってどう?メリット・デメリットは?

内装が「白」で統一された家は美しく、目を引きますよね。「白」は明るく、清潔感が感じられる色で...

駐車場の目地には何を使う?人工芝を使うメリットを知ろう!

新築で駐車場を造る場合、駐車場の素材は何がいいのでしょうか?見た目の美しさとメンテナンスの楽...

エアコンの室外機が動かない!困った時の対処法をご紹介

エアコンをつけたのに室外機が動かない、という事態に遭遇したことはありませんか?「エアコンが故...

軽量鉄骨造と木造の建物、どちらが防音性が高いの?

建物にはいくつかの建築構造があり、その中に軽量鉄骨造と木造があります。一般住宅や2階建てアパ...

木造と鉄骨の見分け方は壁と屋根を見よう!建物の構造は?

家は木造と鉄骨造の構造に分かれるということをご存知の方も多いでしょう。しかし、構造は建物...

サイディングの張り方・塗装は難しい!DIY上級者でもご注意

外壁リフォームは、業者に依頼するのが一番安心ですが、長年DIYを趣味にされている方は挑戦してみた...

スポンサーリンク

木造住宅で「きしみ」が発生しやすい理由!

日本国内で、最もポピュラーな住宅構造と言えば、「木造住宅」ですよね。

木造住宅は、床や壁だけでなく、土台となる柱にも木材を使用しています。

施工費用は比較的リーズナブルで、優れた吸湿性や断熱性を持っているのが特徴でしょう。

また、「暖かみ」や「温もり」といった、優しく穏やかな印象を与えることができるのも、コンクリート造住宅にはないメリットと言えます。

さて、ここから本題に入りますが、木造住宅がきしみやすい理由には「木の性質」が大きく関係しています。

自然素材である木材には、「調湿作用」があります。

調湿作用とは、自らの水分量を保とうと、空気中の水分を吸い込んだり放出したりする作用のことです。

この調湿作用が働くことによって、木材の伸び縮みや、反りが起こってしまいます。

きしみ音というものは、基本的に、木材同士がこすれ合うことで発生しますから、「木材が変形する→木材同士がこすれる→きしみ音が発生する」という構図になっているわけです。

多少のきしみ音は、自然現象とも言えますが、構造や施工法の影響を受けていることも考えられます。

それについては、次項で取り上げましょう。

床がきしむ原因!木造住宅の下地が問題?

ここからは、木造住宅の床がきしむ原因についてお話しします。

その原因は、大きく「構造」と「施工法(材料)」に分けられますが、まずは構造による原因を見てみましょう。

●下地や基礎部分の強度不足・ゆがみ

床を支えている「根太」や「大引き」、「床束」、「束石」という部分に、なにか問題があるかもしれません。

・根太(ねだ):床板を支えるための横木
・大引き(おおびき):根太を支えるための横材
・床束(ゆかづか):大引きを支えるための柱
・束石(つかいし):床束の下に据える石

根太や大引きが配置されている間隔や高さ、強度などによっては、床がきしむ原因となります。

大引きを支えている床束に関しては、数が不足しているときしみやすいようです。

また、束石などの土台が傾いていることも、きしみの原因となります。

床に十分な強度がなければ、人が歩くたびに負荷がかかって、だんだんと傾いていくはずです。

下地や基礎部分が傾くことで、床自体にもゆがみが生まれ、隙間ができてしまうというわけですね。

床のきしみは施工法や材料が原因かも!?

続いては、施工法や使用材料からくる原因をご紹介します。

●接着不良

接着剤で床板と根太を貼りつけている場合に考えられます。

床材と根太がうまく接着されていないと、その分ゆがみは起こりやすくなるでしょう。

●下地の木痩せ

木痩せとは、木材の水分が乾燥して、細くなってしまうことを指します。

床板を支える木材が痩せると、そこに隙間が生じ、きしみ音の原因となります。

●釘から音が出ている

フローリング床の場合、固定するための釘がゆるんで音がしているかもしれません。

また、下地と釘がこすれ合っている可能性もあります。

●フローリングの変形

下地だけではなく、フローリング自体が変形してしまうこともあります。

温風の出るヒーターやホットカーペットなどの暖房器具を使用していると、変形しやすくなるので注意が必要です。

●接合部分の膨張

フローリングの接合部でも、膨張や伸縮は見られます。

この現象は「実鳴り(さねなり)」とも言い、接着剤を注入すると改善する場合があります。

そのほかには、木造住宅の場合、シロアリなどの「害虫被害」が影響していることも考えられるでしょう。

キッチンやバスルームなどの水回りは、シロアリが好みやすい場所です。

このように、原因となるものはたくさんありますから、特定するのは至難の業です。

床のきしみ音を根本から改善するためには、どうすればいいのでしょうか。

床のきしみを直したいなら業者やハウスメーカーに相談!

床のきしみ音は、原因の特定が難しいものです。

木造住宅となると、素人目では余計に見極められなくなります。

また、自分で修復しようとして、もっとひどい状態になっては元も子もありませんよね。

そこで、専門のリフォーム業者へ相談してみるのがおすすめです。

床のリフォーム事例が豊富な業者を選び、必ず見積もりを取りましょう。

アフターフォローがしっかりとしていて、丁寧に対応してくれる業者を選んでください。

調べてみたところ、フローリングの張り替えなら、工事費込みで10万円程度(居室/6帖)と設定している業者がありました。

また、新築住宅の場合は、保証期間が設定されているはずなので、早めにハウスメーカーへ問い合わせてみてください。

そのまま放置してしまえば、被害が深刻化する恐れがありますので、まずは点検だけでもしてもらいましょう。

木造住宅は要注意!湿気対策できしみ音を防ぐ

ここでは、床のきしみ音を防ぐために「湿気対策」の方法をお伝えします。

特に木造住宅は、湿気の影響を受けやすいので、以下のことに気をつけてみてください。

【換気をする】

晴れた日には、必ず換気する習慣をつけておきましょう。

また、梅雨の時期には「除湿器」を利用するのがおすすめです。

【フローリングは水拭きしない】

基本的には、フローリングに水拭き掃除は不向きですが、もし水拭きが必要なときは、硬く絞ってから拭くようにしてください。

また、そのあとはしっかりと乾拭きしましょう。

【水をこぼしたらすぐに拭き取る】

フローリングに水をこぼしてしまったら、放置せずにすぐ拭き取ってください。

水分が染み込んでしまうと、木材の劣化につながります。

【ワックス掛けをする】

木材の表面を保護することも重要です。

フローリング専用のワックスは、定期的に掛けておきましょう。

【カーペットを敷く】

床を保護するという目的では、カーペットやマットを敷くことも有効です。

傷のつきやすいテーブル下やイス下には、厚手の生地がおすすめです。

市販のきしみ音対策アイテムをチェック!

これまで、木造住宅がきしみやすい理由や原因、湿気の対策方法についてお伝えしてきました。

最後になりますが、きしみ音の原因が「フローリング接合部分の膨張(実鳴り)」と確定しているなら、自力での補修も可能になります。

そこで、市販のきしみ音対策アイテムをいくつかご紹介します。

【高森コーキ:床鳴りピタット】

実鳴りを解消するための、特殊樹脂補修材です。

フローリングの合わせ目に注入することで、ゼリー状に変化し固まります。

【コニシ:ボンド フロアメンダー】

耐水性に優れている、エポキシ樹脂系の接着剤です。

床の補修だけでなく、木工品の強度回復、ひび割れ・隙間補修、アンカーボルト類の固着などにも使用できます。

【ハウスボックス:床鳴り止まるんです】

こちらの商品も注入タイプで、実鳴りを解消する効果が期待できます。

環境ホルモンを含まないため、身体にも環境にも優しい補修材でしょう。

木造住宅のきしみ音にはさまざまな原因が考えられる!

木造住宅は基本的に、木材で構成されているので、木の性質による「変形」が起こります。

そのため、多少のきしみ音なら仕方のないことと言えそうですね。

しかしながら、構造や施工法、害虫が原因となることもありますので、気になる方は調べてもらったほうがいいかもしれません。

また、普段から湿気対策を心掛けることも忘れてはならないでしょう。