Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

アパートの契約に連帯保証人がいない!借りることはできる?

2019.1.23

アパートなどの賃貸物件を借りる際、必要になってくるのが「連帯保証人」です。

ですが、連帯保証人の審査に通らなかったり、何らかの理由で連帯保証人を頼める人がいないという人もいるでしょう。

ですが、連帯保証人がいなくても賃貸を借りる方法があります。

そこで今回は、連帯保証人のことや、連帯保証人なしで契約する方法などをご紹介していきましょう!

アパートの連帯保証人は誰でもいいわけではない

まず、通常、アパートなどの賃貸物件を借りる際に必要な「連帯保証人」について詳しくお伝えしていきましょう。

連帯保証人制度は、一般的に「入居者が貸家に対して負う債務について連帯で保証する」と定められています。

つまり、連帯保証人になった人は、入居者とまったく同じ義務を負うことになります。

仮に入居者が、部屋や設備を壊してしまい多額の請求をされたり、家賃を支払えない場合、連帯保証人が負担を負うことになります。

賃す立場からすれば、連帯保証人制度は、保険的な要素もあるのです。

また、連帯保証人になるためには、誰でもいいというわけではありません。
きちんと審査され、決められた条件が揃わないと連帯保証人としては認められません。

保証人として頼むとしたら、両親が一般的かとは思いますが、中には身近な両親すらいないという方もいると思います。

しかし、連帯保証人になるためには「支払い能力があるか、安定した職業であるか、高齢ではないか」などの審査条件を満たせないと連帯保証人になることはできません。

ですので、両親とはいっても絶対に連帯保証人になれるとは限らないのです。

連帯保証人がいない!保証人不要のアパートを探す

連帯保証人は誰でもなれるわけではありません。
大きな責任を負わせてしまう可能性もあると考えると、たとえ親戚や兄弟であっても頼みづらいものですよね。

両親が、審査を通過することができなかった場合、誰に連帯保証人になってもらえばいいのか、途方にくれてしまう人もいるでしょう。

そのような方は、「保証人不要物件」を探してみましょう。
最近では、保証人を不要としている、アパートなどの賃貸が増えてきています。

「身近に保証人を頼める人がいない!」という方は、まず保証人不要の賃貸を探してみるのが手っ取り早いです。

保証人不要物件は、契約する際、保証人の印鑑や書類なども不要になるわけですから、契約手続きもスムーズに行えるというメリットがあります。

しかし、保証人不要の物件は、保証人が必要ない代わりに家賃保証や賃貸保証という保険に加入する必要があるため、家賃や更新料が高めに設定されていることも多いです。

さらに、入居時に保証金を入れるところもあります。

気になる方は一度、賃貸物件に問い合わせてみるといいでしょう。

連帯保証人の代わりになる保証会社を利用する

連帯保証人を頼める人がいない方たちのために、最近では連帯保証人を代行する、「保証会社」も増えてきました。

保証会社とは、アパートなどに入居する際、入居者が保証会社に保証料を支払うことで、代わりに連帯保証人の役割を担ってもらえるというものです。

大手不動産会社であれば、保証会社と契約されているところがほとんどです。

また、不動産側が用意されている保証会社を紹介してもらうことになりますから、自分で探す心配はありません。

仮に安いからといって、自分で勝手に保証会社と契約しても、ほとんどの不動産会社では、提携している保証会社しか利用することができませんので注意が必要しましょう。

不動産側と保証会社、共に入居者の審査が通れば、契約することができます。

保証会社に支払う契約料の一例をご紹介すると、

・2年契約の場合で、初回時に1~3万円程度
・1ヵ月家賃の数%を毎月支払う
・2年ごとに家賃の30~70%の料金を支払う

など、保証会社によって様々です。
しっかりと、内容を確認をした上で契約をしましょう。

アパートの連帯保証人がいないけどクレジットカードで代用できる!?

アパートなどの賃貸物件を借りる際、連帯保証人がいない場合でも、「クレジットカードで家賃の支払い」をすれば連帯保証人が不要となることもあります。

入会する場合、入会審査を受ける必要がありますが、カード審査で落ちる人はほとんどいませんのであまり心配しなくても大丈夫でしょう。

クレジットカードを利用する際ですが、賃貸物件と契約している保証会社が取り扱っているクレジットカードでなければなりません。

クレジットカードで家賃の支払いをすると、2~3%の手数料がかかります。
しかし、クレジットカードを利用することで、ポイントを貯めることができます。

家賃を毎月支払うともなれば、金額も大きいですから、その分ポイント還元も大きいです。

家賃の2~3%の手数料がかかっているとしても、ポイントが還元されるので、実際の負担額は微々たるものでしょう。

クレジットカードは利用限度額を守りさえすれば、便利でお得な方法のひとつといえます。

UR賃貸物件なら連帯保証人はいらない?

最初、賃貸物件でも連帯保証人不要物件があるとお伝えしましたが、「UR賃貸物件」も連帯保証人は不要です。

では何が違うのか、といいますと、保証人不要の他、礼金、契約更新料、仲介手数料がかかりません。
このようにたくさんのメリットがあります。

ただし、他の周辺アパートなどの賃貸に比べ、家賃が割高となっています。

また、UR賃貸物件に入居するためには、収入もしくは貯蓄の審査に通らなければ入居することはできません。

審査を具体的にいいますと、「平均年収額が家賃の4倍であること」、または「貯蓄額が月額家賃の100倍以上あること」とされています。

保証人を頼む人がいない方でも、収入と貯蓄額が基準を満たしていれば良質な物件を借りることができます。

UR賃貸物件を探していると、思わぬ掘り出し物件が見つかることもあります。
余裕があるのでしたら、UR賃貸物件も視野にいれてみるといいでしょう。

連帯保証人がいないことはそこまでデメリットではない

賃貸物件を借りる際、今までは連帯保証人が必要でしたが、責任も重いため誰にも頼めず悩んでしまう人もいたでしょう。

近年では、連帯保証人よりも、保証会社などを利用する会社も増えてきています。

保証会社を導入する理由としては、親戚や両親が連帯保証人としてなるよりも、確実に保証を受けられる保証会社の方がリスクは少ないですし、書類などの手間も減ります。

そして、保証会社を利用することは、大家にとっても大きなメリットとなるからです。

連帯保証人がいないことは、マイナスと捉えるかもしれませんが、今では保証会社を利用したり、クレジットカードを利用するなどすれば不要になることも多く、それほど問題ではなくなってきています。

しいてデメリットを挙げるならば、契約料などが多くかかることでしょう。

連帯保証人がいなくて悩んでいる方は、一度アパートなどの物件に問い合わせをしてみてください。
良い提案をしてくれるかもしれません。

連帯保証人がいなくても、借りられる部屋は意外にもたくさんあるものです。
諦めずに、気に入った物件を探してみてください。

連帯保証人がいなくても物件は借りることができる

ここまでご紹介したように、賃貸物件を借りる際、必ず連帯保証人が必要という時代ではなくなってきています。

連帯保証人なしで物件を借りる際、保証会社やクレジットカードの契約内容、または料金等をしっかりと確認をした上で決めましょう。

気に入った物件が見つかるといいですね。

 - アパート, マンション, 住宅