アパートのお風呂にはユニットバス!サイズがポイント!

アパートやマンションをお持ちの方にとって、お部屋のリフォームは、大きなターニングポイントです。

はじめに考えるのは、水まわりのリフォームではないでしょうか。

今回は、アパートのお風呂に使われるユニットバスや、そのサイズについてお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートでBSを見るためには?見れないときに確認したいこと

新しい住まいを探すとき、お風呂が好きなら、ゆったりとしたユニットバス。お料理が趣味なら広めの...

アパートの退去は立会いなしでも大丈夫?想定されるトラブル

アパートから退去する際に、管理会社から立会いなしでもOKと連絡される場合があります。このとき...

アパートの退去費用!6年ならどれくらい掛かる?

アパートを退去する際に発生する『退去費用』何度か引っ越しをした人なら、ご存知ではないでしょうか...

住まいを購入予定の方必見!戸建てとマンションならどっち?

住宅の購入を検討している方のなかには、「戸建て住宅とマンションのどっちにしようか」と迷っている方...

アパートの管理会社が変わる時、どんなことに注意が必要?

突然アパートの管理会社が変わるという通知が来たら、どうしていいかわからない人も多いのではないでし...

慌てないために知っておきたいアパートの立ち退き補償

突然、アパートの立ち退き請求を受けてしまったら、以下のような疑問が湧くのではないでしょうか。・立...

アパートの契約内容に変更があったら名義変更を!費用は?

アパートに住んでいて契約内容に何らかの変更があった場合、名義変更が必要になるかもしれません。...

アパートで壁掛け時計の穴を空けた場合原状回復義務がある?

アパートなどの賃貸で、壁掛け時計やフックを取り付けたい。でも、穴の跡がついてしまったら…。...

アパートでは騒音問題が発生しがち!苦情を言いたい場合は?

アパートやマンションなどの賃貸物件で生活を送っている方も数多くいらっしゃると思いますが、よくある問...

中古マンションリフォーム!後悔しないためのポイントとは?

近年、中古マンションのリフォーム・リノベーションをする方が増えています。自分の思い通りにアレ...

防音施工をして賃貸アパートの隣人トラブルをプチdiyで解消

賃貸アパートでの隣人トラブルには、色々な理由があります。その中のひとつが、騒音問題です。防音...

アパートの更新料が高い!少しでも費用を抑えるためには?

賃貸アパートの場合、契約期間が決まっていて、この契約を継続するためには、更新料を支払う必要があり...

アパートの足音がうるさい!管理会社への上手な伝え方とは?

アパートに住んでいると、他の住人の足音が気になることがあります。一度気になりだすと、そのこと...

アパートのトラブル!給湯器の電源が入らないときの対策は?

仕事の疲れを癒やすには、あたたかいお風呂に浸かってゆったりと過ごしたいものです。ところが、ア...

入居者アップにつながる?アパートの名前の決め方のポイント

アパートの名前は、アパートのオーナー自身で自由につけることができます。しかし、アパートの名前...

スポンサーリンク

アパートのお風呂は戸建のお風呂と違う?

住宅においては、水まわりの設備は重要なポイントです。

それは、アパートやマンションでも同じことです。

アパートのリフォームを考える際に、真っ先に水まわりのリフォームを考えるのではないでしょうか。

リフォームのためにも、ユニットバスについて学んでおきましょう。

アパートのお風呂は、一般的な住宅のお風呂より狭いと言われますが、実際には違いがあるのでしょうか。

戸建住宅とアパート・マンション用のユニットバスは、サイズが異なります。

ユニットバスのカタログを見てみると、戸建用、アパート・マンション用と分かれているのです。

もちろん、費用の違いもありますが、大きく違うのはサイズです。

詳しくご説明していきます。

戸建のお風呂は、アパートのお風呂に比べて、床下や天井が高くなっています。

反対に、アパートのお風呂は、床下や天井が低めの造りになっています。

ですから、床下サイズやユニットバスの高さが、戸建用とアパート用では、そもそも違っているのです。

また、戸建用のユニットバスでも、小さいサイズになることがあります。

1216(120cm×160cm)というサイズがあります。

戸建用になると、115cm×160cmになっていることがあります。

これはなぜかと言いますと、木造住宅の尺度に合わせたサイズにするためだからなのです。

戸建でも、鉄筋やコンクリート造りの場合は、木造住宅の尺度と違ってきます。

こちらの場合は、戸建であっても、アパート用のユニットバスが使用されることがあるのです。

お風呂のサイズを見てみよう

ユニットバスのサイズには、規格があります。

どのようなサイズがあるのか見てみましょう。

アパート用ユニットバス

・1014サイズ(100cm×140cm)
・1115サイズ(110cm×150cm)
・1116サイズ(110cm×160cm)
・1418サイズ(140cm×180cm)

戸建住宅・アパート共通ユニットバス

・1216サイズ(120cm×160cm)
・1217サイズ(120cm×170cm)
・1317サイズ(130cm×170cm)
・1616サイズ(160cm×160cm)
・1717サイズ(170cm×170cm)
・1618サイズ(160cm×180cm)
・1620サイズ(160cm×200cm)
・1621サイズ(160cm×210cm)

戸建用ユニットバス

・1624サイズ(160cm×240cm)
・1625サイズ(160cm×250cm)
・1818サイズ(180cm×180cm)

このように、サイズは豊富です。

しかし、一般的なお風呂に使われているサイズは、限られているようです。

戸建…1216サイズ、1616サイズ、1620サイズ
アパート…1418サイズ、1116サイズ、1216サイズ

主に、これらのサイズが多く使われています。

どんなサイズのお風呂が設置できるのか確認しよう

アパートであっても、できるだけ快適なお風呂にリフォームしたいですよね。

前項でもご紹介した通り、ユニットバスのサイズは、10cm単位で変わっていきます。

10cm程度大きくなっただけでは、あまり変化がないのでは、と思われるかもしれません。

しかし、お風呂という小さな空間では、10cmの差が大きな違いになります。

お近くのショールームなどで、体感してみることをおすすめします。

しかも、最新のユニットバスには、配管経路などの見直しで、お風呂内を広く取ることができるようになったものもあります。

先ほどもお伝えしましたが、お風呂という空間は、5cm10cmの差でも大きく違います。

アパートのリフォームでは、お風呂の空間を広げることはできませんよね。

ですが、拡張工事をせずに、今のお風呂よりも、広いお風呂にできる可能性もあるのです。

アパートの場合、はじめから少し余裕をもって、ユニットバスを設置していることがあります。

その余裕を使って、空間いっぱいにユニットバスを設置すれば、拡張工事なしで広いお風呂になる、ということです。

ただ、このパターンは、どのアパートにも当てはまるというわけではありません。

事前に、今のお風呂の状態がどのようになっているのか、きちんとした調査や測定が必要になります。

アパートのお風呂にはユニットバスがおすすめ

現在では、アパートだけでなく、戸建住宅にまで広がっているユニットバスです。

ユニットバスは、メリットが多いのですが、反面、デメリットもあります。

その両方についても、知っておきましょう。

まずは、メリットです。

①断熱性の高さ

ユニットバスは、簡単に言うと、建物の部屋の中に、お風呂が作られているという状態です。

部屋の中に、さらに部屋を設置しているのですから、断熱性に優れているのです。

そのうえ、天井・壁・床にも断熱材が入っているので、暖かい空気が外に漏れだすのを防いでくれます。

②水漏れしにくい

ユニットバスの床は、継ぎ目がありません。

しかも破損しにくい造りになっているので、水漏れしにくいのです。

特にアパートですと、水漏れが起きると、ほかの住民にも被害を与えてしまいますよね。

ユニットバスは、そういった点で安心して使うことができます。

③使いやすい設計

ユニットバスの設計は、誰にでも使いやすい設計になっています。

脱衣所と洗い場がフラットにつながっていたり、浴槽の高さが跨ぎやすくなっていたり、さまざまな工夫が施されています。

④掃除のしやすさ

ユニットバスは、汚れが付きにくく、落としやすい素材が使われています。

また、カビの発生を防ぐために、水はけの良い床を採用しています。

⑤短い工期で設置できる

ユニットバスは、決められたサイズのものを工場で作り、現場で組み立てるだけで設置できます。

そのため、工期を短くすることができます。

これは、人件費の削減にもつながっています。

アパートにユニットバスが設置できないかも?!

続いて、ユニットバスのデメリットについて触れておきます。

①サイズ・デザインが決められている

ユニットバスは、サイズやデザインの自由度が低いため、合うものに出会えないこともあります。

基本的に、サイズやデザインは決められており、そこから選ぶことになります。

特にリフォームの場合、現在のお風呂に合うサイズがないことがあります。

メーカーによっては、オーダーメイドでオリジナルのサイズに対応していますが、規格サイズより割高になります。

デザインの面では、こだわりがある方ですと、物足りないと感じるかもしれません。

最近では、ユニットバスも浴槽や壁紙の種類が豊富になってきました。

ですが、やはり自由度は低く、気に入ったデザインにするために、追加で費用が掛かることもあります。

②後付けで設備が付けられない

ユニットバスを設置した後ですと、ほかの設備を追加することは難しくなります。

設備を追加するために、天井や壁の解体が必要になり、大掛かりな工事になってしまいます。

また、設備によっては設置不可能なこともあります。

メリットに比べて、デメリットはこのくらいです。

アパートに設置するのであれば、断然ユニットバスをおすすめします。

工場で生産されるため、品質に差が生じにくく、工期も短く済みます。

メリットのほうが、大きくなるでしょう。

ユニットバスの規格サイズが入らなかったら

ユニットバスには、前項でご紹介したデメリットがあります。

アパートのお風呂のリフォームをしようとしたけれど、ユニットバスが入らなかった、ということもあるかもしれません。

そのような場合、ほかの方法を考えてみましょう。

まず、ユニットバスですが、オーダーメイドでオリジナルのサイズを作ってくれるメーカーがあります。

部屋数の多いアパートですと、注文数も増えますので、メーカーが融通を利かせてくれることもあるかもしれません。

しかし、規格サイズのものよりは、費用が掛かることは覚悟しなければなりません。

ほかにも、在来工法で、お風呂をリフォームすることもできます。

在来工法とは、防水加工を施してコンクリートで基礎を作り、床や壁を現場で職人が作り上げる、昔ながらの工法です。

メリットは、サイズやデザインの自由度が高いことです。

イチから作るのですから、お好きな形、サイズにすることができます。

ただ、この方法もコストが掛かります。

職人の手作業になりますので、工期や費用が、そのぶん掛かってしまいます。

ユニットバスと、在来工法を組み合わせた工法もあります。

ハーフユニットバスです。

これは、床から浴槽の立ち上がり、壁の下部までが一体化し、ユニットバスの状態になっています。

壁の上部と天井は、在来工法で仕上げることになります。

ただ、商品として取り扱われている数が少なく、かえって選択肢がありません。

また、在来工法よりはコストカットできますが、ユニットバスよりコストが掛かります。

このように、ユニットバスが設置できない場合も、いくつか方法はありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

アパートにはユニットバス!

アパートにユニットバスをおすすめする理由が、お分かりになりましたでしょうか。

水漏れしにくく、ほかの部屋に被害が出にくいだけでなく、毎日の掃除のしやすさやメンテナンスのしやすさなど、ユニットバスを選ばない手はありません。

サイズがどうしても合わない、ということでなければ、ぜひユニットバスを選びましょう。