賃貸アパートの網戸が破れた!修理費を負担するのはだれ?

室内に虫が侵入することなく、空気の入れ替えができる網戸。

どの窓にも取り付けてる賃貸アパートが、ほとんどではないでしょうか。

簡単に壊れてしまったり、交換しなくてはいけなくなるわけではありませんが、網戸も劣化して破れてしまいます。

今回は、網戸の貼り替え修理について、お話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

土地活用を検討中!アパートを建てる費用はいくらかかるの?

これからアパート経営していくことを検討している方は、まず、「アパートを建てるのに費用がいくらかかる...

家を新築する!それぞれの不動産登記をするタイミングは?

新たに家を建てるときなどに必要となる「登記」ですが、聞いたことはあったとしても、それが一...

窓に貼るフィルム!外から見えないからプライバシー効果抜群

賃貸物件に住んでいると、1階に住んでいる場合は特に、窓からの他人の視線が気になる方が多いのではない...

不動産登記の意味は?簡単な手続きではないが大切な記録

土地や戸建て、マンションといった不動産を売買する際には、登記が必要になります。しかし、登記と...

窓からの冷気対策に!隙間テープを貼る位置やポイントとは?

寒い季節に、窓を閉めてエアコンをつけていても室内の温度が上がりにくい場合があります。それは、外か...

アパートでの生活音はどれくらい聞こえるもの?その対策とは

アパート内の住民同士のトラブルの原因として、騒音問題が多いとされています。ここでは、騒音とな...

アパートでギターなどの楽器演奏をする際には騒音対策を!

アパートの壁は薄く、隣の住人の生活音が聞こえやすいイメージがありませんか。特に、ギターなどの...

建築面積に庇は含まれる?柱の有無で変わる建築面積を知ろう

家を建てる時に大切なものとして、建ぺい率というものがあります。建ぺい率とは、敷地面積に対して...

アパートで突然の雨漏り!誰の責任?損害賠償は?

住んでいるアパートで突然雨漏りをすると、修理費や損害賠償など気になることが沢山あります。もし、...

窓からの冷気を遮断!冬を暖かく過ごすおすすめ方法をご紹介

暖房をつけていても部屋がなかなか暖まらなかったり、底冷えを感じたりすることはありませんか?部屋...

新築の際に必要な「登記」について解説!その意義や流れとは

家などの不動産を購入する際に申請が必要となる「登記」とは、どのようなものかご存知ですか?聞いた...

引っ越しが済んでも敷金が返還されない!一体いつ戻るの?

賃貸物件を解約すると、敷金が返還されることが多いでしょう。しかし、引っ越しが済んで日にちが経...

マンション入居時に支払う敷金礼金が返金されるのはいつ?

マンションやアパートの賃貸契約をする際に、敷金礼金を支払うことがあります。家賃とは別に、家賃...

部屋の寒さが限界!窓にプチプチを貼ると断熱性が高まる!

「冬になると部屋が寒い」と悩んでいる人は、まず窓をチェックしてみてください。窓は室内の暖かい空...

貸でも大丈夫!ブラインドの特徴と取り付ける方法について

「ブラインドを取り付けたい、でも賃貸だから穴を開けるわけにはいかないし…」そんな風に思っている方...

スポンサーリンク

網戸を破いたら賃貸アパートに住んでいる人が負担するの?

網戸が何らかの理由で破れてしまったとき、網戸の交換費用は、借主が負担するのでしょうか。

それとも、大家さんの負担になるのでしょうか。

おそらく、はじめに、この問題が疑問になってくると思います。

貸住宅紛争防止条例では、借主が居住している期間は、借主の自己負担。

退去時に修理が必要であれば、貸主である大家さんや管理会社の負担になるとされています。

入居者が網戸を破いてしまったら、修理費用は、借主の負担になることが一般的です。

わざとで破いてしまったわけでなくても、小さな子供がいる家庭では、「網戸を破いてしまった」なんてことは、よくある話ですよね。

この場合、こちらが指定した業者で行なってもらうように、賃貸借契約書に記載しておきましょう。

掛かった費用ですが、直接業者に支払ってもらうのか、後から大家さんや管理会社に支払うのかなども、事前に伝えましょう。

網戸が破れていた場合、修理費はだれ負担?

故意に破ってしまったわけではなく、「気付いたら破れていた」という相談もあります。

破れている状況を見れば、原因がだいたい分かります。

自然に破れているようなら、劣化によるものかもしれません。

網戸は使用して5~10年ほどで、網全体が劣化してきます。

この場合は、大家さんの負担で網戸を交換・修理しましょう。

しかし、室内側から押されたような形跡があれば、室内から押して破れたと考えてよいでしょう。

ですが、どこにも故意に破ってしまったという証拠はありませんよね。

入居者と波風を立てないためにも、一度はこちらで負担し、何度も続くようであれば、慎重に注意してみましょう。

また、退去時の網戸の修理は、大家さん負担だとお話しました。

通常、業者に網戸の貼り替えをお願いすると、1枚あたり3,000~5,000円ほど費用が掛かります。

特殊な形の窓のものだと、さらに費用が掛かります。

賃貸アパートを経営している大家さんの身としては、なるべく費用を掛けたくないですよね。

そんなときは、ご自身で網戸の交換をしてみませんか?

修理する前に網戸ネットの種類を決めよう

網戸の修理の前に、ネットの種類に付いてお話します。

同じようでも、材質やメッシュの細かさによって、特徴があります。

網を選ぶときの、参考にしてみてください。

【素材】

☆ポリプロピレン

一般的に使われている網で、「PP」と略式表記されていることもあります。

耐久性は、そこまで高くなく、5~10年で貼り替えが必要になってきます。

☆ポリエステル

先ほどご紹介したポリプロピレンと比べると、線が太いので強度が上がります。

強度があるため、ペット用の網戸として販売されている網戸もあります。

☆グラスファイバー

熱に強い特徴があるので、キッチン周りや日差しの強い所におすすめです。

☆ステンレス

強度と耐久性が高いです。

自分で貼り替えることは困難ですが、ペット可の賃貸アパートにする場合など、検討してみてはいかがでしょうか。

価格は高めですが、防犯の面を考えても優秀です。

【メッシュ】

メッシュですが、1インチ(25.4mm)に対して、網目が何個あるかで表しています。

・18メッシュ(18♯) 1.15mm
・20メッシュ(20♯) 1.03mm
・24メッシュ(24♯) 0.84mm
・30メッシュ(30♯) 0.67mm
・40メッシュ(40♯) 0.64mm

網目が細かくなれば虫の侵入が防げますが、細かいことで風通しが悪くなったり、埃がつきやすくもなります。

コバエは1~2mmと言われているので、24メッシュあたりがおすすめです。

賃貸アパート経営者必見!網戸の貼り替え方①

春先から夏場に向けて、窓を開ける機会が増えるたび、「網戸が破れている」といった相談が多くなります。

1枚だけで1件だけなら良いですが、2枚・2件となると、大変ですね。

しかし、業者に網戸の貼り替えをお願いすると、そのぶん費用が掛かります。

そこで、賃貸アパート経営者である大家さん自身が、網戸の貼り替えをマスターするのがおすすめです。

業者に頼むよりも費用を抑えられますし、簡単に修理することができます。

☆網戸の貼り替え

【材料】

・貼り替え用の網
・網押さえゴム(太さがあるので確認してから購入してください)

【道具】

・網戸ローラー
・ドライバーまたはピンセット
・歯ブラシ
・雑巾
・網戸クリップ(数個)
・ハサミ
・網戸カッター(カッター)

【網戸の取り外し手順】

①まず、古い網戸を取り外していきます。

網戸のゴムがあるほうを上にして置き、ゴムの切れ目を探しましょう。

その切れ目からドライバーなどを使ってゴムを外し、後は引っ張って取り外します。

②古い網が挟まっていたりするので、歯ブラシを使って溝を掃除しましょう。

仕上げに、網戸全体を雑巾で拭きます。

網戸の交換の際に掃除をすることで、網戸の滑りもよくなります。

賃貸アパート経営者必見!網戸の貼り替え方②

古い網戸を取り外せたら、新しい網戸を張っていきます。

【網戸の貼り替え手順】

①貼り替え用の網を、窓枠より5cmほど大きめに切っていきます。

②網を切ったら、動かないようにクリップなどで固定しましょう。

③溝に網押さえゴムの端を合わせ、網戸ローラーを使ってゴムを溝に、はめていきます。

網戸を外側にピンッと引っ張るようにしながら、はめ込むと仕上がりも綺麗になります。

角は、はまりにくいので、ローラーの突起部分を使用すると良いでしょう。

④ゴムをはめ込んだら、余っている網を網戸カッターで切れば完成です。

網戸カッターがない場合も、普通のカッターで切れます。

その際は、カッターの刃を外側にして、窓枠を沿わせるようにすると、簡単に綺麗に切れます。

集合住宅である賃貸アパートでは何枚も網戸があり、全て業者に修理をお願いするとなると、かなり費用が掛かります。

自分で貼り替えられるようになれば、長い目でみても、修繕費を節約できます。

自分で網戸の修理をすれば安くできる

自分で網戸の修理をした場合、費用はそれぞれ、いくらになるのでしょうか。

●網

貼り替え用の網ですが、種類によって、値段は変わります。

長くなればなるほど、1mあたりの単価は安くなるので、まとめて購入すると良いでしょう。

●網押さえゴム

約20mのもので、中窓用網戸約4枚分が修理できます。

値段は600円~です。

●網戸ローラー

必須工具なので、必ず購入してください。

200円~で販売されています。

●網戸カッター

300円~で販売されています。

●網戸クリップ

2個で300円~で販売されています。

●ドライバー・歯ブラシ・雑巾・ハサミ

すでにお持ちでしたら費用は掛かりませんし、お持ちでなくても100円ショップなどで購入可能です。

最初こそ道具は必要ですが、揃えてしまえば、網とゴムだけの費用で貼り替えができます。

賃貸アパートの経営をしている大家さんでも、簡単に修理ができるでしょう。

抑えられる費用は抑える

網戸の貼り替えなら、簡単にできて、なおかつ、掛かる費用も抑えられます。

アパートの経営をしていると、様々な修繕費が掛かるものです。

自分が修理をすることで、抑えられた費用を、他のことに回すことができます。

ぜひ、チャレンジしてみてください。