仲介手数料を賃貸物件で値引きする方法をご説明!

賃貸物件を借りる時、仲介手数料を値引きできたらと思いませんか?

賃貸物件を掲載しているポータルサイトを見ると、仲介手数料無料の広告を見ることもよくあります。

「それならば値引きできる方法があるのでは?」と思う方もいるでしょう。

今回は仲介手数料の値引きのポイントについてご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

建築図面で窓の位置や大きさが簡単にわかる!図面の解説

新築やリフォームなどで、工務店や設計事務所などから建築図面を見せてもらうことがあります。また、不...

床面積にバルコニーは含まれる?屋根・柱・壁の有無が重要!

これから家を建てる方、あるいはリフォームする方の中には、バルコニーの設置を考えている方もいることでし...

賃料に管理費を含むアパートは果たしてお得なのか?

アパートに住む際に支払うのは賃料ですが、それだけではありません。実際には「賃料+管理費」を支払っ...

賃貸住宅の床への傷防止対策と普段から気をつけたいこと

マンションやアパートなどの、賃貸住宅の床に目立つ傷をつけてしまった場合に、修理費用を請求されるのでし...

自分で窓やクーラーの掃除をしよう!そのときのコツは?

ご自宅の窓やクーラーの掃除をやらなければいけないと分かっていても、掃除方法や正しいやり方などが気...

賃貸の窓や壁に飾ろう!貼って剥がせるジェルやテープ類

賃貸物件にお住まいの方は、退去時に原状回復の義務が生じます。その為、窓や壁などをオシャレに飾...

自分で直せる!玄関のドアノブが緩みはじめた時の対処法!

玄関ドアを開閉するためのドアノブは、使用年数とともに劣化してきます。ドアノブがグラグラと緩み...

賃貸契約書を紛失してしまった!紛失した際の対処方法

賃貸を借りる際に受け取る賃貸契約書。借りるにあたってのルールなどが記載された、大切な書類です...

引っ越し先に郵便物が届かない?住所変更には転居届の提出を

引っ越しをする場合、しなければいけないことが多すぎて大変ですよね。引っ越し作業だけでなく様々...

賃貸のベランダの管理は誰が?ドアが開かない原因あるある

賃貸物件には、ベランダが付いている部屋も多いです。ベランダがあると、部屋の中に置いておくには...

住宅(共同住宅を除く)の階段は蹴上と踏面のバランスが重要

注文住宅で家づくりを始める方は、自由な設計に夢が膨らんでいることでしょう。最近の住宅では、目...

家の床面積の計算に便利な「坪」と「m²」を換算する方法

家の床面積は、一戸建てを建築するときやマンションを購入するときに重要な指標です。その床面...

家賃の日割り計算はどうやるの?返金されない場合もある!?

賃貸物件に住んでいると、退去時の家賃の支払いが気になりませんか。月末まで入居している場合は問...

防犯やイタズラ防止に!窓用のストッパーは100均商品が優秀

100均で購入できる窓用のストッパーを使ったことはありますか?窓をしっかり防犯したい時や、窓...

仲介手数料に消費税はかかる?社宅についても検証

仕事の関係で会社が契約している社宅に居住する人がいます。単身赴任の場合や、家族で世帯ごと入居す...

スポンサーリンク

仲介手数料はどこに支払う費用?

賃貸物件を借りる時、仲介手数料を値引きしてもらいたいと誰もが思うはずです。

ではその仲介手数料はどこに支払うお金なのでしょうか。

まずは、1つの賃貸物件に関係する方たちをご説明します。

・大家さん

賃貸物件を所有する方です。

・管理会社

大家さんに依頼を受け賃貸物件の管理や、入居者の募集をしている会社です。

・仲介業者

賃貸物件を探している方は仲介業者に依頼し、希望の物件を探してもらいます。

中には管理会社が仲介業者の仕事も行い、1つの会社で完了する契約もあります。

仲介手数料は、契約が締結した際の成功報酬として仲介業者に支払うものです。

つまり、契約が締結しなければどれだけ賃貸物件を見学しても仲介手数料は発生しない、売り上げにならないということになります。

賃貸物件の仲介手数料を値引きしても利益はある?

仲介手数料無料という広告を見ることがありますが、賃貸物件で仲介手数料を値引きしても仲介業者に利益はあるのでしょうか?

実は仲介手数料以外にも、仲介業者に利益が入る可能性があります。

管理会社と仲介業者が一緒の場合、契約を締結させると大家さんから紹介料として1ヶ月分の手数料を頂けることがあります。

また管理会社と仲介業者が別の場合は、広告料という名目で管理会社から仲介業者へ支払いが発生することもあるのです。

広告料は付いている賃貸物件と付いてないものがあり、賃貸物件によっては3ヶ月分の手数料が支払われることもあります。

広告料を付ける理由としては、人気のない賃貸物件に早く入居者を決めてもらうために行っているようです。

これにより仲介業者が人気の無い広告料付きの賃貸物件を中心にご紹介してくる可能性もあるため、消費者が不利になることから広告料は禁止となりました。

広告料は禁止になったのですが、業務委託手数料という言葉を変えて今でも存在しているのです。

つまり仲介業者は、仲介手数料以外にも利益がでる場合があることを知っておきましょう。

気に入った賃貸物件が仲介手数料を値引きできるか確認

気になる賃貸物件が仲介手数料を値引きできるか確認する方法もあります。

まずは、賃貸物件を掲載しているポータルサイトを見てみましょう。

検索サイトで気になる賃貸物件の名前を検索するだけで出てくる場合もあります。

ポータルサイトで探す場合は地域や賃料から絞り込み探していきましょう。

そうすると同じ賃貸物件をいくつもの仲介業者が掲載している場合があります。

しっかりと全ての業者の掲載内容を確認し、仲介手数料が半額や無料の業者が無いかを見ておくようにしましょう。

中には賃貸物件の名称や住所が表示されていない物件もあります。

その場合の確認作業は、見学に行った時に行うしかありませんので、その後にポータルサイトで確認するようにしましょう。

また見学の際に、管理会社の看板が出ている時もあります。

そこならば無料になる可能性もでてきますので、会社名で検索し仲介を行っているか確認をするようにしましょう。

もしサイトで1社しか出てこない場合は、専任物件というその賃貸物件の紹介を独占している可能性があります。

その賃貸物件を借りる場合は、必ずそこでしか契約できない可能性が高く、値引き交渉が少々難しくなってくるかもしれません。

賃貸物件を借りる時に値引きのできる費用とは?

仲介手数料以外にも、賃貸物件を借りるとき値引き交渉できるものはあります。

・礼金

日本の昔からの風習で、お礼金として大家さんに収めています。

ただ仲介業者によっては、礼金を上乗せして利益にすることを大家さんや管理会社から予め了承してもらっている会社もあります。

礼金は敷金と違いますので値引き交渉を行いましょう。

・消臭や害虫駆除などのオプション費用

賃貸物件を借りる際には必要のないものです。

本当に支払わなければ借りれないかを確認してみましょう。

・家賃

あまりに大きな金額を交渉すると入居審査に落ちる場合もあります。

常識の範囲内で値引きをするようにしましょう。

・日割り家賃

フリーレントと呼ばれており、契約は開始するが家賃の発生を遅らせるものです。

例えば契約開始日は4月15日からですが、4月15日から30日までの家賃を無料として5月分の家賃だけ前払いしておくサービスです。

これらを全て通すのは難しいですが、交渉は自由なのでできる限りやってみましょう。

仲介手数料の値引きを話すタイミング

賃貸物件を申込む前に、仲介手数料の値引き交渉を行いますが、最も良いタイミングはいつでしょうか。

それは見学が終了し会社へ戻り初期費用の説明を受け、申込用紙に記入する前、ここが一番良いタイミングとなります。

ここで調べたポータルサイトなどを利用し交渉するようにしましょう。

仲介業者は、賃貸物件の見学に行く前、仮計算として初期費用でどれぐらいかからかを提示してくる場合もあります。

これは、営業会社でよく行われるテストクロージングと呼ばれるものです。

本当にその物件を借りる気があるのか確認するためです。

ここで仲介手数料の値引きをしてしまうと、見学を断られる可能性もあるので注意してください。

最初にお話ししましたが、仲介業者の利益は契約を締結させなければ発生しません。

つまり、見学に行って無益になることを一番恐れており、そのため見学前にテストクロージングを行うのです。

見学をした後に契約締結にならない場合は、利益にならない無駄な時間を費やすことになり、これだけは営業マンは避けたいと考えています。

もし、あまりに丁寧に感じよく応対してくれた営業マンに、値引き交渉がしにくいとなればやめておきましょう

その時は仲介手数料ではなく、オプションやフリーレントの交渉に変えてみるのも良い方法です。

賃貸物件の初期費用を支払うときの注意点

賃貸物件の仲介手数料の値引き交渉が上手くいったら、費用の支払いになります。

仲介業者は預り金という名目で入金を促すことがあります。

預り金とは、該当の物件に住みたいという意思表示をするために支払うものです。

これを支払うことで、募集を一時的に止め優先してもうらうことができます。

つまり、物件の仮押さえをするために支払うもので、契約が成立した場合は契約金等の一部に充てられ、契約が成立しない場合は基本的に返金されます。

本来は重要事項の説明を受けなければ金銭を支払う必要はないので、支払いをする前にその物件に本当に住みたいのかをもう一度冷静に考えてみましょう。

できれば夜の周辺環境を見ておくのも良いかもしれません。

もし支払いを3日以内という話ならばそれまでに気になる点をしっかりと確認し、納得をしてから支払うようにしましょう。

仲介手数料の仕組みを知っておくと値引き交渉力がアップ

賃貸物件の仲介手数料の値引き方法をご説明しましたが、意外と簡単に出来そうだと思いませんか?

こちらから交渉をしなければそのままの金額ですが、交渉方法を知っているだけで状況を変えることができるのです。

値引きは恥ずかしいと思わず、引っ越し費用を抑えるためにも、試してみてください。