Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

アパートを自主管理している大家さんへの電話のかけ方は?

2019.5.29

アパートの自主管理をしている大家さんもいらっしゃるため、このようなアパートに引っ越しをすることがあるかもしれません。

この場合、大家さんが身近な場所で生活をしている傾向があるため、大家さんに電話をかける機会が増えることかと思います。

しかしながら電話をかけるといっても、どんなときにかければ良いのか、電話の仕方や電話をかける時間帯なども気になりますよね。

当記事で、大家さんに電話をかける際におさえておきたいポイントをみてみましょう。

大家さんが自主管理しているアパートも少なくはないのが現状

アパートといった集合住宅で暮らしていて、大家さんが自主管理をしているというケースも少なくはないようです。

実際にそうであるという方は、これまでに電話や直接大家さんと話す機会が多かったかと思います。

近年では管理会社にアパートの管理を委託している大家さんも多いなか、このようなアパートはコミュニケーションを大事にしているという印象ですよね。

なかでも、大家さんが管理しているアパートの近くに住んでいたり、アパートの部屋で暮らしている場合には、必然的にコミュニケーションをとる機会が増えることでしょう。

何か困りごとが発生した場合には、相談しやすいというのが嬉しいポイントですよね。

例えば、「水道が出ない」など、修理を要するようなトラブルが発生してしまったとします。

この場合には、大家さんに電話をかけて相談することかと思いますが、アパートを管理する大家さんにダイレクトに確認がとれるため、素早い対応をしてくれることが多いようです。

アパートの騒音トラブル!困ったら大家さんに電話を

例えば木造の築年数がある程度ある古めのアパートで暮らしている人は、特に騒音問題に敏感になってしまっているかと思います。

アパートの構造の問題もありますが、持ち家を所有している人と比較しても、アパートで生活を送っている人のほうがお部屋に響き渡ってしまう音にストレスを感じてしまいやすいのが事実でしょう。

もちろん、ご自身で遮音対策が行えるのであればしていただきたいのですが、騒音の原因を作り上げている他の入居者にこの事実を伝えたいというのが本音ですよね。

始めは小さなストレスだったとしても、その騒音がいつまでも続いているとなると、それに比例するようにストレスもどんどん蓄積されてしまいます。

それでは健康によくありませんし、このアパートでこれからも生活を続けていきたいのであれば何とかしたいですよね。

このように、騒音トラブルを抱えてしまった場合、そのアパートが大家さんの自主管理のもと運営されていたら、まずは大家さんに電話をして騒音に困っているという内容を伝えるのがベターです。

やはり、安全性を考慮すると、直接的に騒音の原因と考えられているとされる相手を訪ねてクレームをいうのはNG行為となります。

日頃から大家さんとコミュニケーションをとることがあり、関係性が築き上げている場合には、解決策を挙げてくれことでしょう。

前項で挙げた「水道が出ない」といった修理を要するようなトラブルが発生してしまった場合と同じように、騒音トラブルに関してお困りなら大家さんに電話してみてください。

大家さんが自主管理しているアパート!電話の仕方

大家さんが自主管理を行っているアパートも存在していることから、上記で挙げたようなことも含めて大家さんに電話をかける機会が訪れるかもしれません。

そこで、こちらではアパートを自主管理している大家さんに電話をかけるときのコツについてお伝えしていきます。

最初にいうべきことは、以下のような挨拶から始めます。

通常は前者のほうが丁寧で良いでしょう。

・「お世話になっております。」
・「こんちには(こんばんは)。」

次に、自分が住むアパートのことを伝えましょう。

大家さんによっては、いくつかのアパートを所有している可能性もゼロではないからです。

最後に自分の名前を伝えます。

・「〇〇県□□市(町)の△△アパート、◆◆号室のお部屋をお借りしている☆☆と申します。」

そして、この時間に電話が可能なのか確認をとり、許可がおりたらその後に相談したいことを伝えていきましょう。

・「お時間(お電話)よろしいでしょうか?」→相談したいことを述べる

特に騒音問題などについて相談する際には、事細かに状況が説明できるようにあらかじめメモを作成してから大家さんに電話するのが好ましいかと思います。

アパートの大家さんに電話をかける時間帯について考える

さて、何かしらの困り事や他の用事があるにしろ、さまざまな理由でアパートの大家さんに電話をかける可能性があります。

先ほどはアパートの大家さんへの電話のかけ方についてみてみましたが、次に着目したいのが電話をかける時間帯(タイミング)ではないでしょうか。

常識的な人ならば、相手の迷惑になるような時間帯には、電話をかけたくないなと感じることだと思います。

では、電話をかけるのはどのくらいの時間帯の幅が良いと考えられているのかネットでの口コミを参考にして、考えていきましょう。

やはり、よく見られた意見としては、朝は早すぎてもNG、夜は遅すぎてもNGという意見です。

当たり前といえばそうなのですが、具体的には「朝9時から夜18時」という意見が多数で、「遅くても夜は21時までにしてほしい」、「子供がいるから夜20時まで」などの意見もありました。

朝の時間帯は準備などで忙しいですし、夜はゆっくり休みたいから電話は控えてほしいと感じている方が多いようです。

また、休日の午前中に電話がかかってくるのに不快感を示している人もいます。

こればかりは個人の考え方にもよりますし、裁量に任せるしかありませんが、大家さんにも生活スタイルがあるため、かけても不在な場合には留守番電話を活用するのも手段の一つですね。

アパートを自主管理している大家さんには挨拶に訪れると◎

大家さんがアパートを自主管理しているとなると、所有しているアパートの近くで暮らしている場合や、そのアパートのどこかの部屋で生活しているケースが多いです。

そのくらい、大家さんは身近な存在だということです。

そんな大家さんが自主管理しているアパートに引っ越しをすることが決まったら、引っ越しの挨拶をしておくのが礼儀です。

身近な場所に大家さんがいる場合には電話での連絡ではなく、ダイレクトに大家さんに会いにいきましょう。

まず最初に挨拶を済ましておくだけでも相手から好印象をもたれることにもつながりますから、円滑な人間関係にするための第一歩です。

これからお世話になりますという気持ちを込めて挨拶に訪れることができると良いですね。

また、借りていたお部屋を退去するときにも、同様に大家さんに挨拶をするために訪れるのがベターです。

アパートは管理会社が管理!大家さんに電話で挨拶する?

大家さんが自主管理をしているアパートよりも、アパートの管理を管理会社に任せているというタイプのアパートのほうが多いでしょう。

その場合においては、何かしらのトラブルが起こってしまった場合など、相談したいという場合には管理会社に電話をするのが一般的です。

ですから、ダイレクトに大家さんとは関わり合いがないという入居者の方も少なくはないのが現状でしょう。

こういったパターンは、大家さん自体が身近な場所で生活していない可能性も高くなります。

では、大家さんではなく、管理会社が管理を行っているというアパートの引っ越しが決まったら、大家さんに挨拶を済ますのが良いのかどうか考えてみましょう。

やはり、大家さんはアパートを所有しているので、電話で軽く挨拶を済ましておくのがベターな選択肢だといえます。

しかしながら、現代においては大家さんに挨拶を行わない人が多い傾向にあるのが現状です。

特に管理会社があるという場合には、どちらかというと挨拶を済ましておくほうが賢明だという程度の考え方で構わないといえるのかもしれません。

少しの気遣いで人間関係の円滑さに結びつく

アパートを自主管理している大家さんに電話をかけるタイミングは、修理を要するトラブルや騒音問題に困った場合の他にも、引っ越し時(入居時、退去時)などが多いですね。

実際に大家さんに電話をかけるときには、言葉や時間帯に配慮することが重要なポイントです。

もし、管理会社がいるアパートに引っ越すことが決まったとしても、できたら電話で軽く大家さんに挨拶を済ましておくと賢明かと思われます。

できる範囲の気遣いができれば、人間関係をより円滑にできることにつながるでしょう。

 - アパート, マンション, 住宅