アパートの契約内容に変更があったら名義変更を!費用は?

アパートに住んでいて契約内容に何らかの変更があった場合、名義変更が必要になるかもしれません。

名義変更は、契約者の変更や結婚や離婚によって姓が変わった場合などにする必要があるのです。

ただし、名義変更できずに、新規契約という形を取らなければならないケースもあります。

また、費用も掛かってきますので注意が必要です。

ここでは名義変更に関わることを色々解説してますので、確認してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの管理会社は騒音の悩みをどう解決してくれる?

アパート住まいの方は、普段快適な生活を送れているでしょうか?快適に過ごすためには、静かな環境...

アパートがペット禁止それでも猫を飼ったときのトラブルは?

アパートがペット禁止でも、猫と住みたくなってしまう、そんな衝動に駆られる方も多く沢山います。...

アパートの老朽化による立ち退き費用は誰の負担になるのか

長く住んでいるアパートが老朽化し、大家さんからある日突然、立ち退きをせまられたとしたら、あなたはど...

アパートはお風呂にカビが生えやすい!?対処方法をご紹介

アパートなどの賃貸物件に住んでいて、「カビに悩んでいる」という方もいるのではないでしょうか。...

アパートの駐車場の位置は変更可能?場所変更に伴う手続き

アパートの駐車場は長い間住んでいれば、契約時よりも違う位置に変更したい方もいらっしゃいますよね。...

アパートを退去する際の流れ!退去挨拶マナーを心得ておこう

転勤などで、住んでいたアパートを退去する場合に、退去する際の大家さんへの連絡の流れはご存知ですか...

アパートの給湯器が故障したときは?修理費用はだれの負担?

アパートなどの賃貸物件では、給湯器の故障時にどのような対応をすればよいか迷うことがありますよね。...

アパートの契約に連帯保証人がいない!借りることはできる?

アパートなどの賃貸物件を借りる際、必要になってくるのが「連帯保証人」です。ですが、連帯保証人の...

アパートでのトラブル!駐車場ではどんな事例があるの?

アパートなどいろいろな人が暮らす集合住宅ではときにはトラブルも発生してしまう恐れがあるのは否めませ...

アパートにある洗濯機の防水パンの役割と注意点をご紹介

アパートの洗濯機を置く場所に設置されている防水パン。一戸建てには設置されていないことも多いので、...

アパートの郵便受けを手作りで改良したい!その方法とは?

アパートでは、ドアに投函口がついている「ドアポスト」タイプの郵便受けがよく見受けられます。...

アパートのドアの郵便受け!防犯上気をつけるべきことは?

新しい賃貸物件では、アパートのドアに郵便受けがついているタイプの部屋はあまり見かけませんよね。な...

アパートの給湯器が故障した場合はどう対応すればいいの!?

皆さんが借りているお風呂付きのアパートには、必ず給湯器が付いていますよね。当たり前のように日...

アパートに住むことが決まったら!光熱費の契約はいつする?

アパートの契約が決まったら、後は引っ越しすれば新生活の始まりです。それまでに、アパートで生活...

アパートの玄関ドアの幅が狭くて荷物が入らない!どうする?

新しいアパートに引っ越しをするときや、新しい家電や家具を購入したときは、家に搬入しなければなりま...

スポンサーリンク

アパートの名義変更!必要なのはどんな時?費用は?

アパートに住んでいるということは、住む際に賃貸契約を結んだはずですよね。

この賃貸契約は、貸主と借主双方の合意に基づいて結ばれた契約のことです。

契約に何らかの変更があった場合、基本的に名義変更が必要になります。

そして、アパートに住んでいて名義変更が必要な場合は、以下の通りです。

・契約者の変更
・連帯保証人の変更
・結婚や離婚などによる姓の変更
・入居者の変更

まずは、契約者に変更があった場合ですが、これは契約者自体が変更になっているということですので、当然名義変更が必要になります。

たとえば、結婚によって妻のアパートに夫が住み、契約者を夫に変更したい場合などには契約者の変更となり、名義変更することになります。

次に、連帯保証人の変更です。

連帯保証人は契約者に何かあった場合の保証人でありますので、もし変更があった場合は必ず名義変更が必要になります。

また、連帯保証人は貸主の審査が必要ですので、勝手に変更することはできません。

貸主が認めた場合のみ連帯保証人は変更できますので間違えないことが大切です。

名義変更には費用も掛かってきますので注意しましょう。

氏名の変更や同居人の変更でもアパートの名義変更を

前項でご説明したアパートで名義変更の必要があるケースについて、引き続き解説していきます。

ここでは、結婚や離婚などで姓が変更した場合についてです。

結婚をして姓が変われば、賃貸借契約書に記載されている契約者の氏名と違ってしまいますので、やはり名義変更が必要になります。

同様に、離婚して姓が変更になった場合も名義変更が必要になります。

どちらの場合も契約者には変更がなく、姓が変わっただけのことだと思いがちですが、姓が違うため本人確認ができなかったり、違う人を住まわせていると勘違いされてしまうこともあるかもしれません。

そのようなトラブルを防ぐためにも、名義変更は行っておいたほうが良いでしょう。

また、同居人が増えるなど、入居者に変更があった場合も名義変更が必要になるようです。

こちらも契約者に変更があるわけではありませんが、入居者の変更は他の住人からの苦情に繋がる恐れがあったり、知らない人を勝手に住まわせていると思われてしまうこともあります。

そのような誤解を招かないためにも、費用は掛かりますが、名義変更をしておいたほうが良いでしょう。

アパートの名義変更ができないケース!費用はどうなる?

アパートの契約上何らかの変更があった場合、基本的には名義変更で対応するのが良いようですね。

しかし、名義変更をしたくてもできないケースもあります。

それはどういったケースなのでしょうか。

それは、アパートの種類によって違ってきます。

アパートには単身者向けとそうでない場合とありますが、単身者向けの場合は名義変更することができないのです。

単身者向けアパートは基本的に1人で入居することが想定されており、最初から1人しか住まないわけですから、名義変更になるようなことはないというわけなのです。

それは、家族であっても夫婦であっても変わらないことですので注意しましょう。

単身者向けアパートでは契約者は1人であり、契約者に変更がある場合には新規契約という形になるということを覚えておいてください。

新規契約ということは、敷金礼金など初期契約の費用が再び掛かるということになります。

名義変更よりも費用は高くなってしまいますので、家族や子供が住む場合などでもある程度の費用が掛かってしまうことを想定しておく必要があります。

アパートの名義変更をしたい!誰に連絡?

アパートの契約内容に変更があった場合、その手続きを怠ったままにしておくと契約違反とみなされてしまうことがあります。

名義変更の必要性がある場合は必ず手続きを行ってください。

それでは、契約者の変更や姓の変更などでアパートの名義変更が必要な場合、まずは誰に連絡すれば良いのでしょうか。

この場合、基本的にアパートを管理している管理会社に連絡する必要があります。

契約を結んだ際の不動産会社が管理している場合はその不動産会社に連絡をしますが、管理会社が別にある場合は管理会社への連絡が必要になるのです。

名義変更の手順は各管理会社によって違いますが、一般的な流れをご説明します。

まず、変更契約書または覚書などの書類に必要事項を記入することになります。

その他、変更内容が分かるものが必要です。

新規契約のような説明がいらないため、手続きはそれほど大変ではありませんが、名義変更には費用がかかることを忘れないでおきましょう。

アパートの名義変更で必要な書類

アパートの名義変更をするためには、管理会社などに用意してもらった変更契約書への記載の他に、こちらで用意の必要がある書類があります。

必要書類に漏れがないよう事前にチェックしておきましょう。

名義変更で必要と思われる書類は、新たな契約者の書類になります。

具体的には

・身分証明書
・収入証明書
・在籍証明書

などがあります。

身分証明書は写真がついている運転免許証が望ましいと思われますが、健康保険証やマイナンバーカードでも受けつけてくれるはずです。

収入証明書は、給与明細書や源泉徴収票などで対応できます。

在籍証明書は勤めている会社に出してもらう証明書で、その会社でちゃんと働いていることを証明するための書類になります。

在職証明書はその日にもらえる場合もあるようですが、1~2日くらいは日にちを見ておいたほうが良い場合もあります。

その辺りは会社へ確認してみましょう。

また、審査などで新たに別の書類が必要とされる場合もあります。

具体的には管理会社へ問い合わせをして確認してみてください。

次項では、アパートの名義変更に伴う費用についてお伝えします。

アパートの名義変更に掛かる費用

アパートの名義変更には費用が掛かります。

それでは、その費用には決まりがあるのでしょうか。

アパートの名義変更に掛かる費用は、特に決まっていないのが現状です。

費用は管理会社によって変わってきますので注意しましょう。

管理会社や大家さんによっては無料になる場合もあるそうですよ。

費用が無料だと大変ありがたい話ですが、一般的な例では、費用は1万円で済むケースや1~2か月分の家賃請求であることが多いようです。

費用を聞いた方の中には、名義変更だけなのにどうしてこんなに費用が掛かるのか不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに名義変更だけではありますが、実際には賃貸借契約書や火災保険などの書類にも変更が必要になります。

新規契約ほどの大変さはありませんが、名義変更だけとはいえ必要な手続きを済ませる必要があるのです。

名義変更を手間に思ったり費用も掛かったりするからと言って名義変更しないことはいけません。

契約違反とみなされないよう、しっかりと手続きは済ませましょう。

アパートの名義変更に費用は掛かる

名義変更は、契約者・連帯保証人・氏名の変更・入居者などに変更があった場合に必要です。

そして、アパートの名義変更には基本的に費用がかかり、1万円から家賃1~2か月分と開きがあります。

必要書類としましては、身分証明書・収入証明書・在籍証明書などが必要になるようです。

ただし、費用や必要書類は各管理会社によって違いがありますので、詳細は管理会社へご確認ください。