アパートの車庫証明!引っ越しによってどう手続きするのか?

アパートへ引っ越しするのに、車を持っている場合は車庫証明を取得する必要があります。

基本的には、車を持っている限り車庫証明は必要になりますが、引っ越し先の住所によっては車庫証明が必要ない場合もあります。

他にも、引っ越しはするものの駐車場は変更しない場合の手続きや、引っ越し先で新たな車庫証明を取得する必要もありますよね。

引っ越しによって車庫証明はどのように手続きすればいいのかお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

町家と長屋の特徴やメリット・デメリット!二つの違いとは?

町家や長屋と聞いて、まずは木造の建築ということをイメージする方は多いことでしょう。それでは、そ...

アパートでドライヤーを使う時間は何時までなら許される?!

壁一枚で仕切られているような賃貸アパートでは、普通に生活しているだけでも音が漏れ、ときには騒音ト...

アパートのポストが開かない!?ダイヤル式の開け方や注意点

アパートのポストは、他人が簡単に開けることができないダイヤル式のポストを設置していることが多いよ...

修繕積立金の値上げで、払えない場合はどうすればいいのか?

マンションにお住まいの方は、修繕積立金を払わなければなりません。修繕積立金とは、将来のマンシ...

新築マンション購入の前に人気の間取りをブログから探る!

住まいの形は、時代や流行を映しながら変化し続けています。住まいも、新築一戸建てだけでなくマン...

アパートの住民から生活音が原因で苦情が!対処法は?

アパートで暮らしている人は騒音問題が生じないように、マナーを守って生活することが求められます。...

アパートの隣人の騒音問題!管理会社と大家はどう対処する?

アパートを借りて新生活を始めたものの、隣人の騒音で眠れないという人は多いようです。騒音に慣れ...

アパートの火災保険は年末調整に使えるのか?地震保険は?

アパートに住む際に、火災保険や地震保険に加入される方は多いですよね。万が一に備えての保険です...

アパートの壁紙にカビが生えてしまった!原因と対策をご紹介

何気なくアパートの壁を見たとき、壁紙にカビが生えていることに気づいたら焦ってしまいますよね。アパ...

アパートのネット環境について!光ファイバー対応の意味とは

アパートなどの賃貸物件を選ぶときに、様々な条件の中でもインターネットの環境が決め手になることがあり...

冬場のアパートの1階は寒い?!その理由と防寒対策をご紹介

アパートの1階というと、様々なデメリットがあるというイメージではないでしょうか。そして、実際...

木造アパートの防音性!他の構造との比較と自分でする対策

木造アパートは防音性が低いといわれていますが、その理由はご存知ですか?単に防音性が低いと...

退去時のアパートの壁紙の張り替えはだれが負担する?

住んでいたアパートを退去する際、原状回復が求められますよね。原状回復に関する項目の中では...

一戸建ての防犯対策を大公開!シャッターだけでは危険なの?

空き巣の被害に遭っている方は、残念ながら後を絶ちません。被害の多さに、もはや人事ではありません...

アパートの洗濯機から水漏れがあったときはどうすればいい?

アパートに住んでいると、自分だけでは解決できない問題が出てくるのものです。洗濯機からの水漏れ...

スポンサーリンク

引っ越しはどう関係する?アパートでの車庫証明の必要性

車を所有している場合は、誰しも車を保管する場所を証明する車庫証明が必要になります。

どこに車を保管しているかをきちんと登録することが必要になるのです。

また、車が新車であっても中古車であっても車庫証明は必要です。

例えば車を買い替えた場合でも車庫証明は新しく登録しなければならないのです。

車に関する情報が変化した場合は、必ず登録の変更が必要であると思っておきましょう。

それでは、アパートのような賃貸物件の場合の車庫証明はどうなるのでしょうか。

これは、アパートに住む場合においても車を所有していることに変わりはありませんので、やはり車庫証明は必要になります。

駐車場がアパートのものであっても、他で借りたものでも同じことです。

基本的には、車を持っていること=車庫証明の取得は必須、ということになります。

引っ越しをする際には、新しい車庫証明が必要になるということを覚えておきましょう。

全ての車の持ち主が車庫証明を取得していることによって、好き放題に車を停めてしまうようなことが避けられているのです。

車庫証明が不要な地域もある!引っ越し先の確認を

前項では、車を所有しているのであれば、車庫証明が必ず必要だというお話をしてきました。

しかし、実は例外もありまして、車庫証明が不要な地域もあります。

その地域は47都道府県全てに存在しています。

どのような場所が多いかというと、交通量が多くない村などが当てはまります。

好きな場所に車を停めていたとしても、交通の障害にならないような地域だということですね。

もし引っ越し先のアパートの住所が車庫証明が不要な地域であれば、車庫証明を取得する必要はありません。

ただ、市町村は合併などで日々変化していますので、以前は車庫証明が必要ない地域だったとしても合併などによって車庫証明が必要になっている場合もあります。

車庫証明が必要な地域かどうかは事前に役所で確認しておきましょう。

なお、車庫証明が必要な地域に住んでいて、駐車場が車庫証明の必要のない場所の場合、その駐車場の車庫証明は必要になります。

反対に、車庫証明が必要でない地域に住んでいて、駐車場が車庫証明の必要な場所の場合、その駐車場の車庫証明の必要はありません。

車庫証明が必要かどうかは、駐車場のある場所ではなく引っ越し先の住所が決め手になりますので注意しましょう。

駐車場は変わらずアパートは引っ越しする場合の車庫証明

引っ越し先が以前のアパートと近く、駐車場は変更しないけどアパートを変更する場合があります。

その場合、車庫証明はどうなるのでしょうか?

駐車場は変わらないため車庫証明は新たに必要ないように思いますが、アパートの住所は変更になるため、再度車庫証明は必要になります。

車庫証明の取得の条件のなかに、アパートなど自宅から直線距離で2km以内に車を保管するというものがあり、引っ越し先のアパートの住所がその条件を満たしているかどうか確認されるからです。

もし、駐車場と引っ越し先の住所が2kmを超えて離れている場合には、条件に合った新たな駐車場を探す必要がありますので注意しましょう。

なお、車庫証明の住所変更は、住所変更日から15日以内に済ませることが決まっています。

住所変更があったにも関わらず車庫証明をそのままにしておいた場合、10万以下の罰金を取られる可能性もありますので、期限内に手続きを済ませることが大切です。

アパートの駐車場も新たに取得!引っ越し先で申請する車庫証明の条件

引っ越し先のアパートが以前のアパートよりも離れた地域の場合、アパートの変更だけでなく駐車場も変更になるため、新たな車庫証明の申請が必要になります。

車庫証明は、取得するための条件があります。

・駐車場の位置と住居が直接距離で2km以内

・駐車場から道路の出入りが支障なくでき、車全体を駐車場に入れることができる

・駐車場を使用する権利を持っている

アパートの駐車場を利用する場合はアパートから駐車場が離れていないことが多いですが、アパートに駐車場がない場合は、駐車場を近くで借りることになりますので、距離が2km以内であるか確認は必ずしておきましょう。

また、駐車場が利用しやすく車がきちんと駐車場に収まっていることも大切です。

駐車場を使用する権利については、アパートの駐車場なら不動産会社に、賃貸駐車場ならその管理者に許可をもらうことが必要になります。

引っ越し先で取得する車庫証明!必要書類は?

ここでは、引っ越し先のアパートでの駐車場のために車庫証明を取得する場合の必要書類についてご説明していきます。

基本的に以下の4点の書類が必要になります。

・自動車保管場所証明申請書
・保管場所標章交付申請書
・保管場所の所在図と配置図
・保管場所使用承諾書

なお、軽自動車の場合は、自動車保管場所証明申請書ではなく自動車保管場所届出書という用紙になりますので注意しましょう。

上記の書類は、近くの警察署の窓口で受け取るか、各都道府県警察のホームぺージからダウンロードできます。

ただし、窓口で受け取れば複写式の書類はそのまま記入できますが、ダウンロードする場合は必要枚数印刷し、1枚1枚記入する必要があります。

また、書式などは各都道府県によって違うようですので覚えておきましょう。

自動車保管場所証明申請書と保管場所標章交付申請書については自分で記入する必要があります。

所在図と配置図・保管場所使用承諾書に関しては、不動産会社が用意してくれることもありますので、確認してみましょう。

ただし、書類発行に伴う手数料を請求されてしまう場合もありますので、その件についても合わせてご確認ください。

アパートの駐車場の車庫証明!取得手順

こちらでは、アパートの引っ越しに伴って車庫証明の取得がスムーズに行くよう、取得手順についてご説明していきます。

①書類を用意し記入する

前項でご説明した必要書類を用意し、記入例を確認しながら書類の記入をしていきましょう。

②警察署にて車庫証明の申請をする

書類と印鑑を持参し申請します。

申請にかかる料金は2千円前後ほどかかるようですが、地域によって金額が違うようです。

また、現金ではなく収入証紙を購入するような地域もあります。

申請後には納入通知書兼領収書をもらいますが、交付を受け取る際に必要になりますので保管しておきましょう。

③再度警察署に出向き、車庫証明の交付を受ける

大体申請日から3~7日後に車庫証明は交付されるようです。

申請の際にもらった納入通知書兼領収書を提示すると、車庫証明をもらうことができます。

また、標章交付手数料として500円ほど支払う必要があります。

車庫証明で受け取る書類は以下の3点です。

●車庫証明書

●保管場所標章番号通知書

●保管場所標章(ステッカー)

アパートを引っ越しする場合!車庫証明は再度必要

アパートを引っ越しする場合、住所変更するため車庫証明は再度必要になります。

駐車場は変わらずにアパートのみが変更する場合でも同様です。

車庫証明を受けるには条件があり、その条件を満たしていることが必要です。

車庫証明を申請する際の必要な書類や手順についても記載してありますので、よく確認してから申請するようにしましょう。