Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

駐車場をコンクリートにするなら!違う素材使用でおしゃれに

2019.12.3

新しく家を建てるのに、駐車場をコンクリートにしようと思う方は多いようです。

駐車場の素材には色々ありますが、コンクリートには仕上がりの美しさがあり、メンテナンスがほぼ必要ないことを考えると、多くの方に選ばれるのは分かるような気がします。

ただ、全面コンクリートなどにしてしまうと、味気ない印象になってしまうことも。

そうならないためにも、違う素材を合わせることによって駐車場をおしゃれに仕上げていきましょう。

一戸建ての駐車場にコンクリートが多い理由

一戸建ての駐車場を見た場合、コンクリートを敷いている場合が多いことに気づくことでしょう。

なぜコンクリートが多いのでしょうか?

それには、コンクリートの駐車場のメンテナンスがほぼ必要ない、ということがまず挙げられるでしょう。

車のような重いものが毎日通過するのに、駐車場自体がもろくては困ってしまいますよね。

他の素材よりも丈夫であることも、需要の多さの理由でしょう。

他には、使いやすさという点も挙げられます。

コンクリート上での車の乗り降りは、靴が汚れたり車が汚れるようなことはありません。

安定して乗り降りできる点もメリットとして大きいでしょう。

コンクリートならモダンな家が好みの場合は特に、家を引き立てることができるはずです。

ただ、全面コンクリートにしてしまうと、コンクリートならではの冷たさを感じてしまう人もいるようです。

また、コンクリートだけでは無機質さや味気なさを感じることもあるでしょう。

コンクリートの駐車場をおしゃれに仕上げるにはどのようにすればいいのでしょうか?

コンクリートの駐車場をおしゃれにするには?

一戸建ての駐車場にコンクリートが使われることは多いですが、ただ全面的なコンクリートにしてしまうと、コンクリートの冷たさ、無機質さ、味気なさなどを感じてしまうことになるかもしれません。

また、家とのバランスや個性を出したい場合、ただコンクリートにするだけでは物足りない方も多いことでしょう。

それを解消するには、コンクリートを全面に使うのではなく、部分的に違う素材を取り入れることで対応できます。

費用の高いことで知られているコンクリートを使うことは、駐車場をコンクリートだけで済まそうと思っている場合、それだけで費用がかかってしまうことになります。

駐車場を部分的に違う素材にすることで、費用を削減できる場合もあるのです。

ただし、部分的に違う素材にする場合、気を付けたいことがあります。

それは、車が乗る部分だけは必ずコンクリートにすることです。

車が乗る部分は大きな負荷がかかりますので、他の素材よりもコンクリートにすることによって劣化を防ぐことができます。

車が乗る部分をコンクリートにすれば、後の部分はおしゃれにする工夫が施せるでしょう。

砂利を使っておしゃれなコンクリートの駐車場に!

駐車場をおしゃれに仕上げるには、全面コンクリートではなく、車が乗る部分はコンクリートにし、その他の部分は違う素材を使うことをおすすめしてきました。

それでは、そのようなコンクリートの使い方の場合、その他の部分にどのような素材をつかうのがいいのでしょうか。

費用を安く済ませたいのであれば、砂利がおすすめです。

砂利にも種類があるため、安く済ませるだけでなく、選ぶ砂利によってはおしゃれに仕上げることも可能です。

コンクリートとの一体感が欲しいのであれば、砂利の色は通常のものを選ぶといいでしょう。

白い砂利を使うと、コンクリートのなかでも白さが際立ち、おしゃれな雰囲気になります。

黒い砂利はコンクリートとのコントラストが引き立つはずです。

雨に濡れると黒い色がよりいっそう映えて、モダンな家をさらにおしゃれに魅せてくれるでしょう。

また、赤い砂利なら、レンガ造りのような家によく似合います。

その他にも、洋風の家に合うブラウンやベージュ系の砂利もあり、好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

コンクリート駐車場をナチュラルおしゃれに!芝生を活かす

前項では、コンクリート駐車場に砂利を敷くことでおしゃれに仕上げるコツをご紹介しました。

砂利の色によってイメージが変わりますので、家との一体感を得られるような色を選ぶ必要があるでしょう。

ここでは、砂利ではなくナチュラル素材によってコンクリート駐車場をおしゃれにするコツをご紹介します。

ナチュラルで駐車場に使える素材としてメジャーなのが芝生です。

芝生を使ったケースをお伝えしていきます。

芝生を使うと、ナチュラルな雰囲気が一気に高まることでしょう。

砂利にはない温かみが芝生にはあるからです。

庭などでガーデニングを楽しむような方には特に、コンクリートと芝生の組み合わせがおすすめです。

ただ、芝生で注意いただきたいことに、日中車を停めたままにしないということが挙げられます。

芝生は植物ですので、太陽の光がないところでは枯れてしまいます。

日中車を停めっぱなしにするような方には芝生はおすすめできません。

どうしても芝生の緑が欲しい場合には、人工芝を使う方法もあります。

人工芝なら枯れる心配もなく、美しい緑をキープすることができるでしょう。

コンクリートの駐車場に目地!デザイン次第でおしゃれに!

コンクリートの駐車場では、全面コンクリートにせずに、目地を入れることがあります。

目地はコンクリートのひび割れ防止に入れられますが、直線的なものが多く、デザイン次第でおしゃれにすることが可能です。

目地を大きめの正方形にしたり、大きさをランダムにすることだけでもデザインを感じることができます。

曲線を使った目地なら、よりデザイン性を感じることができるでしょう。

そして、目地に使う素材も大切になります。

どのような素材を使うかによって、駐車場の印象がガラリと変わってしまうからです。

目地に使う素材として、さきほどご紹介してきました砂利や芝・人工芝もおすすめですが、ここではそれ以外におすすめの素材をご紹介します。

目地におすすめの素材としては、ピンコロやレンガがあります。

ピンコロは正方形の石で、目地を埋めることによってそこにデザイン性が生まれます。

レンガを使えば、レンガの色によって温かみが得られ、コンクリートとのコントラストが引き立つでしょう。

コンクリート以外を天然石で仕上げる!駐車場を高級おしゃれに!

ここまで、駐車場をコンクリートと他の素材を組み合わせることによって、おしゃれに仕上げる方法をご紹介してきました。

最後にご紹介したいのは、おしゃれに魅せると共に高級感ある仕上がりになる素材です。

それは、天然石になります。

費用は高くなってしまいますが、それだけ高級感ある仕上がりになることでしょう。

石をカットして天然石を張っていきますが、全面的ではなく部分的に使うことによって、天然石の美しさがさらに際立つことになります。

天然石の色は、黄色系やピンク系があります。

どちらもモダン風にも洋風にも仕上げることができるでしょう。

植える木や庭までのアプローチとしても天然石は非常に映えるはずです。

また、フェンスや街灯やポストなどによっても、より洋風な雰囲気に仕上げることができるでしょう。

おしゃれなコンクリートの駐車場!他の素材と合わせて可能に

おしゃれなコンクリートの駐車場を造りたい場合、コンクリート以外の他の素材をうまく組み合わせることによって可能になります。

砂利と一口に言っても色々種類があるため、好みの石を見つけることができるでしょう。

また、芝生を使えばナチュラルさがアップします。

他には、目地をデザインしたり、目地に入れる素材を工夫することでもおしゃれに仕上げることができます。

いくつも方法がありますので、ご自分にあったものを探してくださいね。

 - エクステリア, 建物