木造アパートで多い騒音トラブル!入居者にやって欲しい対策

賃貸物件は、木造アパートか軽量鉄骨造の場合が多いですね。

建物が古くなるにつれて、相対的に音が響く物件は増加しますが、新築だからといって、騒音対策がバッチリとは言い切れません。

ですから、入居者同士の騒音トラブルも多いのです。

そこで今回は、特に音が響きやすい木造アパートの防音対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

無理に開けない!アパートの郵便受けが開かないときの対処法

アパートの郵便受けが開かないとき、皆さんはどうしますか?もし開かない場合であっても、無理やり...

アパートに引っ越し!オーナーや近所への挨拶はどうする?

引っ越しをする際、いままでお世話になった方々だけでなく、新しく生活を始める場所の近隣住人へ対して...

鍵を部屋に取り付けたい!目的や状況によって鍵を選ぼう!

鍵がついていない部屋に、何らかの理由で後から鍵を取り付けたくなることもあるでしょう。鍵を取り...

窓からの転落防止対策は?危険は部屋の内側で食い止めよう!

アパートやマンションに住んでいると「窓から子供が転落した」という話を耳にすることもあるのではない...

アパートの入居日に都合がつかなくなった!変更はできる?

引っ越し予定のある方、退去日までにするべきことは終わりましたか?いよいよ新居への引っ越しです...

窓からの冷気を断熱シートで対策!驚きの100均アイテム!

冬の寒い時期に窓から冷気が入り、お部屋が寒くて暖まらないといったお悩みはありませんか?暖房機...

アパートで水漏れによる修理費は誰が負担するのか?

アパートなどの集合住宅等で、水漏れなどの被害に関する相談が多く寄せられています。被害にあうだけ...

LDKのそれぞれに合うおすすめの照明の色は?

ご自宅の照明の色にこだわっていますか?照明の色を変えるだけで、部屋の雰囲気を大きく変えることが...

窓に貼る結露防止シートは100均が素敵!他の対策もご紹介

窓の結露が目に入った瞬間は特に気にも留めないかもしれませんが、カビ発生の前段階です。結露は寒...

窓の日よけには何を選ぶ?内側と外側で考える日差し対策とは

窓から降り注ぐ日の光は、部屋に温もりを与えてくれます。しかし、強すぎる日差しは部屋を暑くし、...

窓・床・壁には防音シートで騒音予防!気になるニトリの商品

暮らしのなかで発生する足音や人の声は、隣人に迷惑や不快感を味わわせてしまった時点で騒音問題に発展...

窓の遮熱に気を使ってエコな夏!部屋の冷え方が変わる方法!

暑い夏場の時季に、室内までもが暑くなってしまう原因は窓にあります。なぜなら窓は、室内の大部分...

ベランダに洗濯機を置く場合の洗濯用品の収納はどうする?

賃貸住宅などで、洗濯機置き場がベランダにある場合に、風雨による洗濯機の傷みが気になります。また、...

木造住宅の騒音トラブルを防ぐ!床の防音対策おすすめ商品

木造住宅は、主に木材を使用している住宅のことで、日本では最もポピュラーな構造形式です。一方で、...

アパートの立ち退きに関わる書面が届いた場合

アパートなどでよく問題になるのが、立ち退き問題です。今回は、書面にて立ち退きを要求された場合に...

スポンサーリンク

木造アパートなどで騒音トラブルが絶えない理由

アパートで他人と同じ建物内で生活している入居者にとっては、色々な騒音が気になるものです。

入居者本人が気付かずに、自ら騒音を出している場合もあれば、近隣住人が騒音の元となっている場合もあるでしょう。

次第に、それは不満となり、騒音トラブルへと発展してしまいます。

しかし、「トラブルを起こしてやろう」と考える人はおそらく、いないでしょう。

それでも、アパートなどの集合住宅において、騒音トラブルが後を断たないのは、なぜなのでしょうか。

その理由のひとつに、部屋の素材が、音をよく伝えるものでできているということが考えられます。

つまり、騒音トラブルの原因は、音が伝わり過ぎるからなのです。

古い木造アパートと、新築の鉄筋コンクリートマンションを比較したら、どちらが騒音トラブルになりやすいと思いますか。

これは、圧倒的に古い木造アパートのほうが、騒音トラブルになりやすいでしょう。

近年は、建物の素材も変化しつつあります。

しかし、木造アパートには、メリットもあります。

通気性や断熱性の高さ、梁がないので家具を置きやすい、小規模なので住人の顔がわかりやすいなどです。

ですが、木材は音を通しやすいなどのデメリットもあり、素材がトラブルを誘発するということがあるのです。

効果的に騒音対策をするとしたら、建物がどんな素材でできているかを、考えることも大事ですね。

木造アパートでなく鉄筋コンクリートのアパートなら騒音はなくなる?

木造アパートとは、壁・柱・床・梁・屋根などの主要構造部に木材を使った建築物で、構造上、小規模な造りとなっています。

たいていの物件が、平屋か2階くらいの低層住宅です。

軽いのに強度もあり、加工が簡単なので、賃貸住宅で使われる場合が多いのです。

しかし、トラブルになりがちな音の防音は、木造アパートの場合は特に難しいと言えます。

音の感じ方には、もちろん個人差があります。

小さな音にも過敏な入居者がいたとして、その人が気にならなくなるレベルの防音は、不可能と言っても過言ではありません。

当然、木造と比較すると、鉄筋コンクリートのほうが音を遮断する能力はあります。

しかしながら、鉄筋コンクリート造りでも、コンクリートの厚さや鉄筋の太さが、全て同じではありません。

また、鉄筋コンクリート造りは木造とは異なった音の伝わり方をするので、これも建物の構造次第という側面もあります。

つまり、鉄筋コンクリート造りでも、音に関しては簡単に解消はできないということです。

そして、それが木造だと、よりいっそう限界点が低いということです。

煩わしいと感じる生活音の響きは、千差万別です。

同じアパートの住人として気持ちよく暮らすためにも、入居者同士が騒音を抑える工夫は必要です。

次は、木造アパートに暮らす際にやって欲しい、騒音対策についてご紹介します。

木造アパートの騒音対策で入居者ができること①

ここでは、木造アパートの騒音対策で、入居者ができることについてご紹介します。

木造アパートの部屋に、ひと工夫をするだけで、効果的に遮音が可能になります。

さっそく、その方法について見ていきましょう。

●壁の近くに音の発信源を置かないようにする

木でできた壁は、音を伝達しやすい性質があります。

そして、音は衰退しながら広がっていきます。

もしも、音が小さくなっていく前に、壁に当たったら、大きいまま伝わってしまいます。

そのため、壁の近くに、音の発信源を置かないようにするだけでも、効果があるでしょう。

●壁の近くには背の高い家具を置く

壁の近くにタンスなどの背の高い家具を置くことで、遮音効果をアップさせることができます。

背の高い家具を置くことで、直接壁に音が衝突しないだけ、音の漏れが低くなります。

もっと遮音効果をアップさせたい場合は、家具の中に荷物をギュウギュウに詰めておきましょう。

意図的に障害物を配置することで、遮音効果を生むことができます。

上記のような対策をすることで、隣人との騒音トラブルが起きる確率を、低下させることができるのです。

木造アパートの騒音対策で入居者ができること②

前項に引き続き、木造アパートの騒音対策で、入居者ができることをご紹介します。

●隙間テープや防音シートを活用

アパートの壁を、入居者が勝手に防音素材にする工事を行ってはいけません。

しかし、手軽に騒音対策をしたいですよね。

そういう場合は、隙間テープや防音シートを活用しましょう。

安価で手に入り、誰でも簡単に張り付けることができるので、とても便利です。

ドアや窓の隙間には隙間テープを張り、壁や床には防音シートを張ってみましょう。

それだけでも、効果は違います。

パネル型の防音壁も販売されていますが、こちらを張り付ける作業は、大家さんの許可を必ず得てからにしましょう。

●カーテンやカーペットは厚手のものにする

音が侵入してくるのは壁からだけではなく、床や窓からも入ってきます。

この対策には、厚手のカーテンやカーペットを使用しましょう。

そうすることで、遮音効果をアップさせることが可能です。

それでも下階の住人が、足音の苦情を伝えてくるようであれば、カーペットの下に防音シートや畳を入れることで改善できるでしょう。

騒音対策=近隣住民へのマナー

木造アパートでの防音は完全には難しいとしても、少しの工夫をすることで軽減させることができます。

入居者同士が、お互いにできる騒音対策は行うべきなのです。

これはもはや、近隣住人へのマナーとも言えるでしょう。

騒音トラブルを避けるために大事なことは、もうひとつあります。

それは、近隣住人との関係を強化することです。

日頃から、顔を合わせた際に気持ちよく挨拶したり、ちょっとした会話をするだけでも、騒音に対して寛大になってくれることがあるからです。

誰でも、顔を知らない人より、顔見知りの人には理解を示せますよね。

騒音問題の基本は「先手必勝」なのです。

人間関係が希薄な現代ではありますが、自分から努力して、近隣住人との適度な距離感を作れるようにしてみましょう。

木造アパートは、防音対策などの工夫次第で、住み心地も快適になります。

賃貸アパートを探している人は、新生活に木造アパートはいかがでしょうか。

古い木造アパートをリノベーションして入居者を増やす方法

ここまで、木造アパートの騒音対策についてお話してきました。

最後に、大家さん向けのお話をひとつご紹介します。

日本全国には、数多くの賃貸住宅が溢れていますね。

よって、入居者が希望の部屋を選択して住むことができます。

一方で、他の物件と差別化できない物件は、入居者が決まりづらくなっているのが現状です。

そのため、築年数が経過した木造アパートなどでは、空室が目立つようになりました。

入居者がいないと、大家さんは困ってしまいますよね。

そこで、古くなった木造アパートをリノベーションしてみましょう。

そうすることで、空室対策も可能なのです。

●骨組みを活かす

木造ならではの、柱や梁の質感を活かして、洗練された和室を作ってみましょう。

畳の部屋は、需要に合わせて、フローリングに変更してもいいですね。

柱や梁の風合いに合わせた無垢材を使用することで、さらにオシャレな雰囲気作りができるでしょう。

●古い木造アパートの押入れをリノベーションする

古い木造アパートをリノベーションするときの大きなポイントは、押入れにあります。

若者などに好まれる生活スタイルは、部屋数は少なくても開放的な空間です。

押し入れをなくすことで、部屋を広く使うことが可能になります。

●外観もリノベーションする

賃貸住宅の外観を重要視する入居者も多いです。

特に、古い木造アパートはちゃんと手入れがされていないと、雰囲気がおどろおどろしくなってしまいがちです。

古い木造アパートの周りは、雑草が生えているような空き地になっていることが多く、リノベーションのやりがいがあります。

植栽やオシャレな照明を施すことで、雰囲気が断然良くなるでしょう。

空室率が悩ましい大家さんは、思い切ってリノベーションをして、入居者を募集してみてはいかがでしょうか。

入居者ができる常識的な対策はしっかりと

アパートの防音には、限界があります。

木造だったら、なおさらです。

騒音トラブルを避けるためにも、入居者は近隣住民への気遣いをしっかり伝え、できる限りの騒音対策をしていることを、アピールすることも大事です。