賃貸住宅のベランダでガーデニングを楽しむ!注意点もご紹介

季節によって様々な楽しみ方ができるガーデニング。

たとえ庭のない賃貸住宅のベランダでも、ガーデニングを取り入れることができたらうれしいですよね。

しかし、賃貸住宅のベランダでガーデニングを行うためには、注意しなければならない点があります。

狭いベランダでも楽しめるおすすめの花や野菜についてもご紹介しますので、四季の移り変わりをぜひ実感してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓についた赤い三角マークは何?正しい意味を知っておこう!

ビルやマンションなどに窓に赤い三角マークがついているのを、大半の方は見かけたことがあるのではない...

ベランダの洗濯機を綺麗に保つには?おすすめDIYで解決!

マンションやアパートなどの賃貸で、洗濯機を置くスペースが外という物件があります。ベランダは室...

引っ越し先ではBSが見られない!NHKのBS受信料の解約方法

今まで住んでいたところでは、NHKのBS受信料を支払ってBS放送を楽しんでいたとします。...

窓のサッシの種類は?窓のサッシやレールの簡単な掃除方法

家を新しく建てるときに、窓のサッシまでこだわって選んでいるでしょうか。窓のサッシの種類によっ...

購入する住宅は公道に接する?それとも私道?見分け方は?

不動産広告では、私道という言葉をよく見かけます。「私道負担有〇〇平方メートル」などと記載され...

床をきれいに保とう!ワックスがけの頻度や基本の手順は?

新築の家や、賃貸物件に入居して間もないころはきれいだった床も、時がたち長く生活を続けることでどん...

賃貸物件の退去が決定!敷金の返金はいつ頃どの程度される?

賃貸物件に住んでいる人は、入居時に支払った敷金は退去する時に戻ってくるものだと認識している人は多...

賃貸住宅のフローリング、ワックス剥がれは誰が負担する?

現代の生活様式に合わせて、多くの賃貸住宅がフローリングを採用しています。生活の中で、最も多く...

家賃5万円の賃貸物件を借りる場合、初期費用はいくら必要か

社会人になったのを機に、一人暮らしを始めようという人は多いと思います。また、お給料を1年程度貯...

共同住宅の階段を使いやすくするための踏面や蹴上の設計は?

共同住宅の共用階段は多くの人が使うため、使いやすく設計されている必要があります。実は、階...

敷金が返金されない!こんなときはいつまで待てば良いの?

アパートを退去してしばらく経つのにいつまでも敷金の返金がされなくて困った、という経験がある人は意...

一戸建てなら窓にシャッターをつけよう!シャッターの必要性

新築で一戸建てを検討しているなら、窓にシャッターをつけるかどうか悩むところですよね。最近は窓ガ...

部屋の寒さが限界!窓にプチプチを貼ると断熱性が高まる!

「冬になると部屋が寒い」と悩んでいる人は、まず窓をチェックしてみてください。窓は室内の暖かい空...

ベランダに洗濯機を置いて使う物件!問題点と対策をご紹介!

近年の賃貸物件では、室内に洗濯機置き場がある物件が主流になっていますが、なかにはまだベランダなど...

窓のゴムパッキンに生えるカビ!その掃除と予防の方法は?

お住まいの窓枠のお掃除はしていますか?窓ガラスを拭くことはあっても、窓枠まではなかなか手が回...

スポンサーリンク

賃貸住宅でもガーデニングは楽しめる!

アパートやマンションなどの賃貸住宅に住んでいても、ガーデニングを楽しみたいですよね。

たしかに、庭があるほうがガーデニングの多様性は広がるでしょう。

しかし、賃貸住宅などの広さが限られたベランダでも、ガーデニングを行うことはできます。

ベランダに緑や花があれば、季節の変化を目で見ることができ、心理的にも癒しの効果を感じられます。

また、ベランダで野菜を育てることで、料理に使ったり、子供の食育にも役立てたりすることができます。

もし、賃貸住宅のベランダでガーデニングを始める場合は、まずアパートやマンションの管理規約を確認しておきましょう。

住宅によっては、禁止事項が決められていることもありますので、注意してください。

その他にも、べランダでガーデニングを行う上での注意点がいくつかありますので、次項から詳しくお話しします。

ここに注意しよう!賃貸住宅でベランダのガーデニングをするとき

それでは、賃貸住宅のベランダでガーデニングを行う場合の注意点についてお話ししていきます。

賃貸住宅のベランダは共有部分と定められています。

つまり、廊下などと同じく複数の人が所有権を持つ場所と位置付けられているのです。

その理由は、天災や火災などの際に他の住民の逃げ道としての使われ方もあるためです。

しかし、共有部分とはいえ、賃貸住宅の居住者がベランダの使用や管理をすることは認められています。

そのため、一般の常識の範囲内でガーデニングを行うようにしましょう。

〇鉢やプランターを利用する

賃貸住宅のベランダでガーデニングを楽しむときは、鉢やプランターを使うようにしてください。

地面に直接土を撒いてしまうと、避難経路を塞いでしまうことが考えられます。

そのため、鉢やプランターの置き場所も、避難する際の邪魔にならないように考えて置きましょう。

また、階下に落下する危険性がある場所に置くのも避けてください。

その他の注意点について、次項でもお話ししていきます。

まだある!賃貸住宅のベランダでガーデニングを行うときの注意点

引き続き、賃貸住宅のベランダでガーデニングを行うときの注意点についてお話ししましょう。

〇排水溝を詰まらせない

ガーデニングをしていると、土や葉などが地面に落下してしまいます。

落下した土や葉をそのまま放っておくと、雨が降ったときに排水溝に流れ込み、詰まってしまうことがあります。

排水溝の詰まりから、隣の部屋や階下の部屋へ水が侵食してしまうことも考えられますので、こまめな掃除を欠かさずに行ってください。

〇エアコンの室外機の前にはものを置かない

エアコンの室外機の前に鉢やプランターを置いてしまうと、エアコンの効きが悪くなってしまいます。

最低でも室外機の吹き出し口から20センチ以内にはものを置かないようにしましょう。

逆に、エアコンの室外機から少し離れた場所に影を作るように樹木を置くことで、エアコンの効率が良くなることがありますので、夏場などは試してみてもいいかもしれませんね。

〇土や肥料の保管方法に気を付ける

土や肥料などは、どうしても臭いを発してしまいます。

そのため、ガーデニングの際に余った土や肥料は蓋がついているケースなどに密閉して保管しましょう。

賃貸住宅のベランダで育てやすい植物は?

ベランダでガーデニングを楽しむなら厳しい環境でも育ちやすい植物を選ぶようにしてください。

賃貸住宅のベランダは場所によって日当たりが悪いところもあり、寒さに弱い植物だと上手に育てられないことがあります。

これからベランダでも育てやすいおすすめの植物を、季節ごとにご紹介していきます。

【春】

・パンジー
・ビオラ
・チューリップ

【夏】

・ペチュニア
・ニチニチソウ
・ポーチュラカ

【秋】

・マーガレット
・コスモス
・マリーゴールド

【冬】

・デージー
・アリッサム
・ノースポール

この他に、ハーブや多肉植物などもベランダのガーデニングにはおすすめです。

これらの植物を寄せ植えすれば、インテリア性も増し、彩り豊かなベランダにすることができるはずです。

もし、日光の力が足りずに植物の元気がないようでしたら、台を使って植物を置く高さを調整するとよいでしょう。

ベランダで野菜を育てるのもおすすめ!

賃貸住宅のベランダはガーデニングだけではなく、野菜を育てるのもおすすめです。

野菜は収穫の時期を想定して種をまく必要がありますので、それぞれの野菜を植える時期をご紹介します。

【春~初夏】

・ジャガイモ(2月~4月下旬)
・トマト(4月中旬~5月下旬)
・レタス(4月中旬~5月中旬)
・枝豆(4月中旬~7月中旬)
・キュウリ(4月下旬~5月上旬)
・ナス(5月初旬)
・ピーマン(5月初旬)
・シソ(5月中旬)
・オクラ(5月)

【夏~秋】

・ニラ(3月中旬~11月下旬)
・ホウレンソウ(9月初旬)
・春菊(9月中旬~10月下旬)

【秋~冬】

・イチゴ(10月下旬~翌年4月下旬)
・小松菜(12月上旬~翌年2月上旬)

これらを見ると、やはり春から夏にかけてが野菜を植えるのに適していることが分かりますね。

ニラなどは、切って収穫した後もそこから次の葉が生えてくるので、長い期間にわたって楽しめます。

この他に、野菜でベランダにグリーンカーテンを作るのもおすすめです。

グリーンカーテンがあれば、見た目だけではなく、日差しを和らげるのにも役立ちます。

野菜でグリーンカーテンを作れば、収穫もできるのでなおさらうれしいですよね。

グリーンカーテンに向いているのは、ヘチマやゴーヤなどのウリ科の植物です。

夏になる前にグリーンカーテンの準備をすれば、暑い日差しから私たちを守ってくれるはずです。

ベランダのガーデニングには小物をプラスしよう!

ベランダのガーデニングは、小物をプラスすると見た目をより華やかにしてくれます。

賃貸住宅でも使える小物を2つご紹介しますので、参考にしてみてください。

〇すのこ

100均でも売っているすのこは、ガーデニングを楽しむためにとても役立つアイテムです。

すのこの板の並びを床と水平にして壁に立てかければ、隙間にラックを掛けてそこに植物を置くこともできます。

ベランダは使える範囲が限られているので、縦の配置を意識すると空間を無駄なく使うことができるでしょう。

また、すのこは室外機隠しにも使えますので、雰囲気を壊さない演出にも役立ちますよ。

〇缶詰

缶詰の空き缶をリメイクして使えば、オリジナルの鉢として生まれ変わります。

海外の缶詰に多肉植物を植えれば、それだけで素敵なインテリアの一つになるでしょう。

このように、賃貸住宅でも工夫をすれば見違えるほど素敵なベランダを作ることができます。

色や雰囲気が統一したものを選ぶと、全体がまとまってバランスも良くなるはずですよ。

注意点を守ってガーデニングを楽しもう!

賃貸住宅のベランダでは、注意点を守ってガーデニングを行わなければなりません。

近隣住民の方の迷惑にならない範囲で、季節ごとのガーデニングを楽しみましょう。

ベランダの雰囲気を一新するためには、ガーデニングに小物を組み合わせるのもおすすめです。

センスのあるベランダにするためにも、様々な工夫を凝らしてください。