Real Estate And Living Library│不動産と住まいの図書館

Real Estate And Living Library

窓の断熱フィルム施工で得られる様々なメリットをご紹介!

2019.5.20

窓は、採光や眺望、通風を目的に設置される建具です。

多くの窓に取り付けられているガラスは、光や熱を通しやすいため、外の影響を受けやすい場所といえます。

そんな窓の対策には断熱フィルムが効果的です。

断熱効果だけでなくプライバシーや安全対策など、様々なメリットをもたらすものもあります。

こちらでは、窓に断熱フィルムを施工した場合、どんなメリットがあるのか、断熱フィルムが持つ様々な効果についてご紹介します。

窓に断熱フィルムを施工した場合どんな効果が得られる?

断熱フィルムはその名の通り、断熱効果を持つフィルムですが、どのような構造をしているのでしょうか。

断熱フィルムは、基本的にいくつかの素材を重ね、層にして構成されています。

その中にある金属製の薄膜層が日射熱を反射させ、断熱効果を生む仕組みとなっています。

窓に断熱フィルムを施工すると、生活の中で次に挙げるような様々なメリットを得ることができます。

●断熱効果がある

日差しが強く差し込む夏場など、なかなか冷房が効かないことありますよね。

逆に寒い冬場は、窓から冷気が伝わり、さらにせっかく暖房で温めた暖気も外に逃げていってしまうため、なかなか暖房が効かないという経験はないでしょうか。

断熱フィルムは、夏場は外から差し込む強い太陽の光を反射吸収し、冬場は魔法瓶を同じ効果で室内の暖気を逃さず保温する働きを持ちます。

このような反射吸収の作用が、室内外の熱の出入りを抑え、快適な室温に保つのです。

これは、結果的に空調費の節約にも繋がります。

●結露を軽減できる

冬場や梅雨の時期などは、室温と外気温の差や湿度の関係で、結露が発生しやすくなります。

通常は結露が発生すると、窓に付着した水滴が流れ落ちて線ができてしまいます。

対して、断熱フィルムは表面に特殊な加工がされているため、水滴が引っかかり水垂れを防止します。

この他にも、さらに機能が備わった断熱フィルムがあるので、次項でご紹介していきます。

窓の断熱フィルム施工で得られるさらなるメリットとは?

断熱効果や結露の抑制の他にも、次のような機能を備えた断熱フィルムがあります。

●UVカットができる

断熱フィルムの中には、UVカット効果を施したものもあります。

窓に当たる光の中で、可視光線のみを通し、害を及ぼす紫外線はカットできるフィルムです。

紫外線は、フローリングや畳、家具や壁紙などの日焼け・色あせの大きな原因の一つです。

また、室内でも、UVカットされていない窓際などに居ると、シミやそばかすといったお肌のトラブルを引き起こす可能性もあります。

90%以上UVカットできる機能をもつ断熱フィルムの施工はおすすめです。

●マジックミラー効果でプライバシー対策できる

マジックミラー効果とは、室内から外の景色は見えても、外から室内の様子が見えない効果のことです。

外から見た時、鏡のように外の景色が反射して写るため、マジックミラー効果と呼ばれます。

製品によって目隠し効果の度合いが異なるので、条件に合うものを検討しましょう。

●窓ガラスの飛散防止ができる

窓は、誤って物がぶつかることで割れるほか、台風や地震、泥棒などの侵入者に割られてしまう事もあります。

窓に断熱フィルム施工しておけば、フィルムが窓に密着しているため、ガラスが砕け散るのを防ぐことができ、ガラスの破片でケガをしてしまうような二次災害の防止にも役立ちます。

自分では窓に断熱フィルムは貼れない?!

ご紹介してきたように、窓に貼る断熱フィルムは、断熱だけでなく様々な効果が期待できることが分かります。

個人住宅はもちろん、アパートやマンション、高層ビルや公共施設・商業施設などで、この断熱フィルムは使われ始めています。

節電や災害などにも大きく役立つ断熱フィルムは、これからさらに需要が伸びることでしょう。

では、この窓の断熱フィルム施工は、素人ではできないものなのでしょうか。

断熱フィルムは、ネット通販やホームセンターなどで各種取り揃えられているので、購入して自分で施工することも可能です。

しかし素人が貼ると、シワになったり気泡が出来てしまったりすることが多いです。

貼る面積が大きくなるほど、キレイに貼ることが難しくなります。

また、フィルムの寿命にも貼り方は大きく関わっています。

窓に断熱フィルム貼ることを考えている場合は、やはり熟練した職人に施工してもらうほうがよいでしょう。

窓の断熱フィルム施工を業者に依頼する時の流れ

窓の断熱フィルム施工を業者に依頼したい場合は、次のような流れで行います。

●業者を選ぶ

最近では、ネットでいろいろな情報を集めることができます。

断熱フィルムの施工業者に関しても、一覧で出ているサイトがあるので、口コミなどを参考に選んでみましょう。

●要望を伝える

窓に貼るフィルムには、前項でお話ししたように、断熱以外にも様々な機能を備えたものがあります。

各業者ごとに問い合わせデータがあるので、窓に施したい機能を細かく伝え、問題解決となるフィルムの選定をしてもらいましょう。

●見積もりを出してもらい、予算と比較検討する

業者は、依頼者の要望から目的や用途に合うフィルムを数種類に絞り込み、提案してくれます。

あとは、予算と照らし合わせて交渉しましょう。

●施工依頼する

施工が確定したあとは、次のような手順で工事を進め完成させます。

・防水養生
・フィルムカット
・サッシやガラスの清掃
・フィルムの貼り付けと仮圧着
・エッジカット
・フィルム本圧着
・清掃と点検

業者に依頼する窓の断熱フィルム施工はいくらくらい?

これまで、窓に断熱フィルム施工をするなら、業者に依頼するのがおすすめとお話ししてきました。

ただ業者に依頼する場合、かかる費用はどのくらいなのか気になるところですよね。

一般的な履き出し窓の場合、窓ガラスの大きさは80×180cmです。

この窓ガラス2枚分で考えた場合、断熱フィルムの相場は「3.5万円~5万円」といわれています。

相場の幅は、断熱フィルムが持つ機能によるものです。

断熱フィルムを貼りたい窓は、履き出し窓だけでなく、天窓や吹き抜けの窓などもあるので、大きさにより価格は異なってきます。

おおよその価格把握としてはこの金額を目安にしてもよいですが、本格的に施工を考えている場合は、業者できちんと見積もりを出してもらい、よく検討しましょう。

自分でもできる窓の断熱対策はある?

窓に断熱フィルムを貼ることを考えている場合は、業者に依頼したほうが間違いありませんが、断熱対策として自分で手軽にできる方法もあります。

それは、フィルム施工ではなく、断熱シート(プチプチ)や断熱スプレーによる対策です。

断熱シート(プチプチ)は、ホームセンターやネット通販、100均のお店などでも数多く取り扱われている商品です。

梱包用のプチプチに似た構造で、窓用に加工されています。

窓の断熱対策としてその効果は高く、素人でも手軽に貼れるので人気のアイテムです。

価格も一般的な履き出し窓2枚分で「1,000円~2,000円」とリーズナブルです。

ただ、耐久年数は約1年で、効果や見た目も断熱フィルムよりは劣ります。

断熱スプレーは、窓ガラスにシリコンの膜をつくり断熱性を上げるアイテムです。

価格は、履き出し窓2枚分で「1,000円~2,000円」と、断熱シート(プチプチ)とほぼ同じです。

ただ、耐久性は約1ヵ月と短く、やはりフィルムよりその効果は劣ります。

断熱フィルムは、1度貼ってしまえば約10年はもつといわれます。

フィルムの場合は、初期費用は高めですが、耐久年数も長く、高い断熱効果やその他の効果も期待できるものなので、予算や希望をよく検討した上で、対策を選んでみてください。

窓の断熱に「断熱フィルム」の施工も検討してみよう

窓は寒さや暑さがダイレクトに伝わる場所です。

節電や省エネが必要な現代では、そんな窓の対策が見直されてきています。

地域によっては、断熱フィルムの施工に助成金が出る所もあるほどです。

窓の断熱をお考えの場合は、高い効果をもつ断熱フィルムの施工をおすすめします。

値段は高めですが、効果や見た目、長持ちする点など考慮すると決して高すぎることはありません。

是非この機会に、断熱フィルムの施工を検討してみて下さい。

 - レイアウト, 住まい, 暮らし